【検証】 成績不振を「猫の目打線」に責任転嫁する楽天選手の甘えた言い分

スポンサーリンク



猫の目打線は悪なのか?!




◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

こんにちは。信州上田在住、郷里の英雄・真田幸村の「赤備え」がクリムゾンレッドに見える楽天押しのデータ好き、@eagleshibakawaです。

今季、ぼくらが推す楽天イーグルスは残念ながら開幕から低迷。
開幕63試合目、6/16阪神戦(●E1-2T)に敗れた後、梨田昌孝監督が遂にハラキリ辞任となりました。

監督を辞任に追い込んだ原因として、打順が固定できず、オーダーが頻繁に変わったことが各紙で取り上げられ、クローズアップされています。

たとえば、6/17付の河北新報「<梨田監督辞任>戦う体制の見直しを」は、以下のとおり伝えてました。


 不振の最大の原因はリーグ最少得点の打線にある。特に打順は主に球団側がデータ分析に基づき、現場に起用法を提案することもあり、梨田監督も基本的にそれを受け入れてきた。

 だが、15日までの62試合で打順が56パターンに上るという猫の目打線になり、爆発力を欠く結果になった。「当日の朝まで打順が決まらないから、どうしても試合に向けた準備が遅くなる」。選手らチーム関係者からは、こうした嘆きも聞かれた。準備の遅れは当然勝負の世界で命取りにもなった。


62試合で56通りの打順は、いくらなんでも多すぎです。

昨年は「1番・茂木、2番・ペゲーロ、3番・ウィーラー、4番・アマダー、9番・嶋」を、開幕~4/25まで完全固定で戦ったことを考えると、今年は本当に流動的です。

ただ、チーム戦略室が打順など作戦をデータに基づき提案するのは当たり前。
ビッグデータ全盛の時代、多かれ少なかれどの球団でも似たようなことはやっていますし、またそれが彼らアナリストの仕事ですから。

その提案を昨夏からの大失速で発言力が低下した梨田監督が取捨選択・交通整理できなかったのが問題。
そこでタクトを揮えずに右往左往したのが、この結果なのでしょう。

しかし、この猫の目打線が『打撃不振の決定的要因』とは、僕は思いません。

流動的というと悪いイメージになりがちですが、2位からプレーオフを駆け上がり日本シリーズを制して優勝した2005年のロッテは、データ分析に基づいた100通り以上のフレキシブルな打順を組み、そのマリンガン打線が奏功しました。

スポーツ紙も僕らファンもけっこういい加減な生き物で、点が取れないのに打順を変えずにいると「動かない...」と文句を言い、打順変更が当たれば「組み換えが的中!」と手のひら返しで称賛、打順変更が不発に終われば「猫の目打線...」と批判するテキトーな生き物なんです。

確かに打順については僕もどうなの?と思うことがありました。
その象徴が開幕スタメンで起用しながら開幕3戦目では早くもスタメンを外した内田の起用法、アマダーを4番で使ったこと、来る日も来る日も岡島を使い続けたことです。

アマダー4番は昨年も結果が出なかったのに、「学んでないんだねえ・・・」とガックリでした。
内気で気難しくムラっ気のあるアマダーに、4番の重責は務まりません。
案の上、プレッシャーに押しつぶされ、今季も4番で27打数3安打のトホホな結果です。

そういった起用法に疑問は持ちましたが、頻繁に変わる打順については今季はこういう苦しい戦いだから仕方がないだろうと思っていました。

開幕直後、今江や藤田を除き、ほぼ全ての選手が軒並みの大不振。
そのため、打順を固定して戦っても、猫の目打線になっても、結果はあまり変わらなかったというのが、僕の今のスタンスです。

今回の件で急遽ある調査をしました。

下記表をご覧ください。

前の試合と同じ打順のときの打率、前の試合と違う打順のときの打率を、選手ごとに調べてみました。

対象はいずれもスタメン出場したとき。
前の試合、当該試合が途中出場の場合は、含まれません。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■前の試合と同じ打順のとき、違う打順のときの打率
※2018年6月17日終了時データ


予想に反して結果はさまざま




◎「観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。こちらを読むようになってから、本棚に野球の関連本が増えました」(東海在住40代男性さん)

前の試合と打順が異なるとき、当然役割も異なるため、成績も出しにくくなるでは?と思いますよね。

ところが、予想に反し、結果はじつにさまざまでした。

同じ打順のほうが明らかに良い打率を残したのは、茂木、ウィーラー、嶋、田中の4人。

違う打順のほうがハッキリ良い打率を挙げたのは、ペゲーロ、銀次、島内、内田、こちらも4人。

どちらもあまり変わらなかったのは、今江、岡島、藤田、アマダーという結果でした。

チーム総合計では、同じ打順のとき打率.228、違う打順の打率.234、ほぼ同じ数字でした。

今回、急遽調べたため、打率しか算出することができませんでした。
OPSやwOBAといった違った打撃指標でみれば、また別の結果が出るのかもしれません。

ただ、打率に関して言えば、チーム全体を見たとき、前の試合からの打順変更による大きな変化やその悪影響は、確認できなかったという結果になりました。

あえて厳しいことを言えば、打順変更について「どうしても試合に向けた準備が遅くなる」と不満を垂らす一部選手、チーム関係者の声は、僕から言わせれば自身の成績低迷を棚に上げて責任転嫁する単なる甘え、言い訳にしか聞こえないのです。


今思い出す背番号23へのインタビュー




自身のやるべきことが明確になっていれば、打順変更に振り回されることはない。
打順に関係なく、自身のパフォーマンスに集中すべきだと僕に教えてくれた選手がいます

2011年オフに僕が唯一取材したことのある聖澤選手でした。
当時、聖澤選手は開幕から2番、1番、2番、3番、1番、9番と頻繁な打順変更の中で戦いながら盗塁王争いを繰り広げていました。

そのとき、僕にこう言ったのを今でもよく覚えています。

「3番に置いたからホームランを打たなきゃいけないってことはないですし、1番でも3番でも9番でも自分の役割は変わってこないと思ったので、打順が変わったから自分が変化していったってことはないですね」

「打順を動かされるというのは、そのときの自分の状態やプレーをみた監督が打順を決めるので、そこで自分が何か変えてしまうと(監督の意図に反した)違ったものがでてきてしまいます」


打順を固定する戦い方と、打順をフレキシブルに変えて臨む戦い方。
そのどちらにもメリット、デメリットがあるわけです。

そのデメリットの一部だけをことさら切り出して、過剰にクローズアップし、梨田楽天低迷の決定的要因のように語るのは、どうなのかな?と正直、思います。

猫の目打線は低迷原因を担ったかもしれませんが、それはワン・オブ・ゼムに過ぎず、もっと大きな原因は他にあると思うのです。【終】


◎日々の情報源に加えたいあなたの「鷲好き度」をグッと後押しする楽天応援マガジン!




機は熟した! 今年こそ2度め日本一


監督、コーチ、選手、フロント、裏方...
そして、背番号10のぼくたちファン。
天国の闘将へ捧げるその想いひとつに戦い
勝利のイーグルスをめざす2018年。

特別な年だからこそ、貴重な思い出を残したい。

今年はあなたが日々チェックする情報源に
ぜひ『shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン』を入れてみませんか?

2005年イーグルスと恋に落ち、ナベツネ教を脱会。
「ID野球」を掲げたノムさんとの出会いで
データを参考に野球観戦するスタイルに無我夢中。

2012年以来「1球単位」でデータ収集し
『週刊野球太郎』など専門媒体にも寄稿する
鷲ファンきってのデータ好き、@eagleshibakawaのタイピングが、熱くスパークする!

昨年、約60人のファンが楽しんだ
「鷲好き度」をグッと後押しする応援マガジン!

おもに試合評やコラムなど、月10本前後のコラムをお届け中です。

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 野球の“奥深さ”を覗き、野球の“楽しみかた”を広げたいキミ

  • スポーツ新聞にはないデータに基づいたゲーム評を楽しみたいあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」(東北在住40代女性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」(関東在住20代男性さん)


ご入会のご案内など詳細は下記URLでどうぞ!

こちらに詳しくご案内をしたためました。
1人でも多くのみなさんの御参加、お待ちしております。
ぼくたちとともに、2度めVの優勝戦線を見届けましょう!

https://tan5277.blog.fc2.com/blog-entry-3674.html




ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}