FC2ブログ

ビジュアルで確認する2009~2014年の楽天ドラフト戦略

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

22日に迫る今秋ドラフトを考える



「長所を引き出す」。本日、正式に梨田楽天がスタートした。1年前はファンの間で就任反対署名運動が起きた中での異例の新監督就任になったことを考えると、球団、ファン双方が共に指揮官にと思い描いた梨田氏が第6代監督に就任したことは、本当に理想郷になったと思っている。


◎ファン110人が参加した楽天イーグルス次期監督候補アンケート結果 (2015.9.25)


その星野・梨田新体制による最初の大仕事が今月22日に迫っているドラフト会議だろう。

今シーズン支配下登録70人の枠を全て使い切った楽天は、斎藤、小山、山崎、小斉、永井が現役引退。上園、藤江、梅津、高堀が戦力外。片山が来季から育成契約が濃厚とされている。報道によるとサンチェス、ペーニャは退団というので、現在、支配下登録枠は59人に絞られている。ドラフトで最低でも6人を取り、トライアウト等で1~2人、新外国人で1~2人を獲得するとなると、枠をあと数人は空けておきたいところ。秋季練習等を通じて梨田監督の意向が反映するかたちで、第2次戦力外通告があるものと思われる。

さて、ドラフトである。イーグルスに足らない戦力はどのポジションか?誰を1位指名していくのか?などを考えるために、
今回、このような表を作ってみた。

2009年以降のドラフトで楽天がどのポジションを獲得してきたか?
をビジュアル的に一目瞭然にすることが狙いの表である。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さん、今季も当ブログの試合評をご覧頂き、有難うございました。
オフシーズンも定期更新しますので、ぜひ投票よろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



※岡島や内田など捕手として入団したものの、現在は外野手、内野手など他ポジションに移っている選手。外野手登録なのに今季は専ら内野だったという柿澤のような例は、現在に則したかたちにしている。

投手偏重の指名が続いた



御覧頂いているように、イーグルスは2009年以降に指名した支配下38人中、投手が最多の22人と投手を多く指名してチーム作りを続けてきた。特に2012年以降は拍車がかかった。その成果が今年前半戦6/21に記録した球団史上初のリーグ防御率1位だったのだろう。

他は二遊間を守れない内野手3人、二遊間を守ることができる内野手4人、外野手7人、捕手2人というかたちだ。育成枠に目を移すと、こちらも7人中3人が投手。投手がポジション別で最も多くなっている。

今回、他球団のそれを調べることができなかったが、投手が多くなる傾向は多かれ少なかれ他球団も同様だろう。しかし、2013年が象徴するように、楽天は偏り過ぎてしまった感は否めない。

そのため、昨年に引き続き今年も投手を指名しながらも、野手の指名も増えるだろうと思われる。

上の表を、高卒、大卒、(独立リーグやクラブチーム含む)社会人の3つに分けるべく、もう少し細かく色分けした表がこちら。


20151008DATA02.jpg

色の濃淡で高卒・大卒・社会人卒を表してみた



星野政権の2011年以降、投手は上位で高卒の逸材を、中位・下位で大卒、即戦力を多く指名する傾向がみてとれる。外野手は大卒・社会人卒が多く、高卒はあまり視野に入っていないように感じられる。

2009年以降、楽天は2人の捕手を指名してきたが、いずれも高卒。捕手は1人前に育てるのに他ポジションと比べて膨大な歳月が必要とされるため、大卒・社会人はよっぽどの即戦力でない限り指名は見送ってきたのだろう。逆に言えば、岡島は即通用する戦力として見られていたことを意味する。

以上、この表から今秋のドラフトへのいくつかのことが確認できる。

1つめは、補手の指名がありそうだということ。

過去2年指名がなく、岡島が外野手転向したため2009年以降は支配下で2人のみ。育成のセゴビアは化ければ楽しみになるが、未知数なところもまだ多い。25歳の小関、22歳の下妻に続く高卒の捕手を指名するのか?それとも即戦力か? 今季の予期せぬ捕手難を考えれば、1軍出場できる即戦力を取りにいくのかもしれない。

2つめは、二遊間を任せることができる内野手を取りにいくであろうということ。

捕手と中堅手に加えて、二遊間のキーストーンコンビこそ、そのチームの心臓部ともいえる。今季の楽天のようにセンターラインで破綻をきたしているチームの上位浮上は難しいだろうし、逆を言えば、センターラインが盤石なチームは常勝軍団のポテンシャルを持つ。

重要ポジションにも関わらず、2009年以降、イーグルスが指名してきた二遊間内野手は、2009年ドラ2の西田(右打、25歳)、2010年ドラ3の阿部(左打、28歳)、2011年ドラ3の三好(右打、23歳)、2012年ドラ6の柿澤(左打、22歳)のたった4人だけだった。(育成指名は除く)

この中で三好、柿澤はアマ時代は投手で、二遊間はプロに入って本格的に取り組んできたポジションだ。いわば、本職ではない。さらに柿澤は現在、育成枠であり、支配下にいるのは西田、阿部、三好の3人だけである。

現役引退した山崎を抜かすと、現在二遊間の支配下は藤田(34歳)、後藤(38歳)、ムリーロ(34歳)、西村(33歳)、岩崎(32歳)、阿部(28歳)、西田(25歳)、三好(23歳)のラインアップになっており、アラフォー、アラサーが多くなっており、25歳以下のデプスは西田と三好の2人しかいない。

後藤の出来はここで何度も書いてきたので割愛するとして(今季のWARは昨年の-1.0より悪い-2.0であることだけ付記しておく)、藤田も走攻守で初V時に見せた大きな利得を稼ぐことが難しくなっており、ここ2年間はリーグ平均付近に止まっている。

このことを考えれば、大卒・社会人卒の即戦力二遊間内野手の獲得は喫緊だと思う。また、25歳以下のデプスに未来を持たせるという点では、U18で木製バットへの対応力もみせつけた仙台育英・平沢大河の上位指名にも期待したい。

明大の高山が一身に注目を集めているが、星野副会長の母校の後輩であるだけに、上位指名の可能性は高いと言えそうだ。だが、この表をみると、楽天は星野政権の2011年以降、数多くの外野手を指名してきた。そのため、彼らとの「折り合い」をつけなければならず、早晩、人員整理が実施されることにもなりそうだ。

とりあえず、本稿はここまで。機会があれば、また違った表を作成してドラフト展望を書いてみたい。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
記録で読み解く、則本昂大の右打者新兵器「インスラ」 その全貌
ナンセンス以外の何物でもなかった則本昂大の最終戦登板



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}