FC2ブログ

【試合評】 ウィーラーが最も光り輝いた夜。70%に迫る先頭打者四球失点確率の辛島航~2015年9月4日○楽天イーグルス6-5ソフトバンク

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

今季、118試合目にして中軸が揃って好活躍したゲーム



敵地・福岡に乗り込んでの3連戦の初戦。先発・辛島が3回5安打4失点と崩れたものの、「こういう試合を待ち望んでいた!」という典型的な逆転ゲームになった。

3番・ペーニャが3安打3得点、4番・ウィーラーが3安打2得点3打点、5番・銀次は2安打3打点。3番、4番が揃って猛打賞を記録したのは今シーズン初。4番、5番が揃って2打点以上をマークしたのも今季初。118試合目にして中軸が最も活躍した一戦になっている。

両軍初回に1点ずつを取り合って始まった16回戦は、4回裏、先発・辛島が先頭打者の四球から崩れた。

ホークスの攻撃は2巡目に突入していた。打席は先頭の1番・川島。1回に追い込んでからのチェンジアップを巧打されたことを引きずってしまったか、3-1からフォアボールを与える。その後、バントで1死2塁、3番・柳田。8月の月間MVPにこの試合2本目となる適時打を中前へ弾き返され、勝ち越しを許す。なおも失点は続いた。内川を左飛に凡退させ2死2塁に漕ぎつけたものの、5番・李大浩、6番・松田に高め失投を連続ツーベースされ、2失点。この回3点を奪われた。(楽1-4ソ)

結局、辛島は3回4失点で降板。楽天は4回から継投に入る。5回だった。4回から3イニングを投げた二番手・入野が内川に失投スライダーを左翼席へ運ばれ、1失点。ホークスに5点目が入り、4点差とされてしまう。(楽1-5ソ)

4点を追って6回に突入したイーグルス。今夜の中田の出来、2.60というリーグNo.1救援防御率を誇るホークスのリリーフ陣の陣容を考えると、4点差を追いつくのは困難と思われた。

しかし、今夜は違った。

6回、先頭の3番・ペーニャが痛烈な中越えのフェンス直撃二塁打で戦端を切り開くと、4番・ウィーラーが中田の失投スライダーを左翼席に運ぶ2ラン。この一撃が8回逆転勝利の狼煙となった。(楽3-5ソ)

8回、イーグルスは二番手・森を攻め立て、短長3安打に1四球を絡めて3点を奪取。見事、逆転に成功する。

先頭の2番・松井稼が初球をコンパクトに中前へ弾き返すと、既に3安打猛打賞を決めていた3番・ペーニャがフルカウントから四球を選び、無死2,1塁。お膳立て整ったところで、松井稼をホームに呼び込む4番・ウィーラーの左中間二塁打、5番・銀次による中前2点タイムリーが飛び出した。(楽
-5ソ)

逆転に成功し1点リードした楽天は8回を青山、9回を松井裕で逃げ切り、敵地3連戦カードの初戦を勝利で飾っている。

勝利投手は7回1イニングをゼロに抑えた今季50登板目の武藤。6/10DeNA戦以来となる約3か月ぶりの白星は4勝目となった。松井裕は27セーブ。1995年にオリックス・平井正史が記録した高卒2年目までの最多セーブ記録に並ぶ快挙になった。

4点差をひっくり返しての逆転勝利は6/11DeNA戦(○E7-5DeNA)、7/15西武戦(○E7-4L)に続く今季3度目となった。

チーム成績は5位は変わらず。118試合49勝66敗3分、勝率.426、借金は17へ。

ゲーム差は1位・ソフトバンクと28.0、2位・日本ハムと18.0、3位・西武、4位・ロッテと7.5、6位・オリックスと1.5とした。

各種成績は、後半戦13勝23敗、9月2勝1敗、ソフトバンク戦4勝11敗1分、ビジター戦25勝33敗、1点差試合18勝18敗、先制した試合35勝24敗、7回終了時に負けている試合7勝54敗1分となった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150904DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・島内(中)、2番・松井稼(右)、3番・ペーニャ(指)、4番・ウィーラー(三)、5番・銀次(一)、6番・藤田(二)、7番・北川(左)、8番・嶋(捕)、9番・西田(遊)、先発・辛島(左投)

ソフトバンク=1番・川島(二)、2番・今宮(遊)、3番・柳田(中)、4番・内川(左)、5番・李大浩(指)、6番・松田(三)、7番・中村晃(右)、8番・吉村(一)、9番・細川(捕)、先発・中田(右投)

ゼラス・ウィーラーが最も活躍した日



4度の抹消を繰り返した助っ人が走攻守で躍動した。

打撃では左安、一邪飛、左本、左中二。4打数3安打、2得点、3打点の活躍。来日初の猛打賞、3打点は6/6広島戦、7/15西武戦に続く今季3度目の槍働きになった。初回の左安は銀次二塁打で先制のホームを踏んだペーニャを得点圏に送り込む重要なつなぎの一打になった。6回の左本はその後の逆転勝利の序章を担う一閃になり、8回の左中二は無死2,1塁から1点を返し、さらに無死3,2塁と絶好機をもたらす価値大のツーベースになった。

走塁でも魅せた。4-5と1点差に迫った8回無死3,2塁だ。銀次が弾き返したセンター右へのシングルヒットで2塁から一気にホームを狙った。打球は柳田からバックホームされる。間一髪の本塁クロスプレーになったが、細川のタッチを上手くかいくぐり左手でホームベースを陥れる決勝の好走塁をみせた。6点目が入った後、本塁付近でペーニャと喜びを爆発させた姿が印象的なシーンになった。

守備では初回にヒット性の当たりをもぎ取っている。辛島が柳田に同点二塁打を浴び1-1、試合が振り出しに戻った直後の1死2塁ピンチだった。4番・内川の当たりは痛烈。三遊間を突破し、左前へ到達するヒットコース。抜ければ俊足の2塁走者・柳田の本塁生還もありえた状況だった。その打球をダイビングキャッチでグラブに収めてみせた。

楽天歴代29代目4番打者として14試合目のスタメン出場になった本戦で、ウィーラーは4番以上の働きをした。

これで8/19西武戦以降の打撃成績は48打数15安打、7得点、8打点、9三振、4四球、4二塁打、2本塁打。打率/出塁率/長打率のスラッシュラインは.313/.365/.521。OPSは.886をマークしている。

当ブログは8/4の戦力外予想エントリーでウィーラーをその候補に挙げていた。しかし、ここ最近の活躍で、まさかの残留もありえるのでは?と思うようになってきた。残留あるのかないのか、今までは1:9の割合でないと考えていたのだが、ここへきて3:7の割合に考えが変わってきている。


◎三木谷浩史オーナーが二子玉川で考えるイーグルス粛清人員整理リスト2015(上)。楽天の戦力外候補を予想してみた。


ゴロ率は相変わらず高く、今なお50%近くを記録しているが、204打席で9二塁打、8本塁打の長打力は捨てがたいと球団が考えてもおかしくはない。もし残留でも年俸がそう大きく変わるとは思えず、今オフ、中軸を任すことのできる新外国人を探すにしても、保険の意味で5000万でウィーラーをキープしておくと球団が判断しても不思議ではない。そういうように思えてきた。

先頭打者四球から崩れた辛島航



3回、打者16人、球数69、被安打5、被本塁打0、奪三振3、与四球2、失点4、自責点4。

最後に辛島について触れておこう。

本戦もゴロ率は22.2%と低かった。これで6月以降のゴロ率は35.8%。信じられない数字になっている。

フィジカル、メカニカル両面で背番号58の投球に大きな狂いが生じているとみてよいのでは?と思う。

何かあるのでは?と心配になってくる。今季は既に終戦モードに入っているため、1度登録を抹消し、メディカルチェックなどをする必要もあるのでは?と思う。代役には、好投するかしないかは別として経験を積ませるためにも森を1軍に呼び寄せればよいと思う。

それにしても、3回の先頭打者四球がもったいなかった。先頭打者四球が先頭打者単打よりも失点につながりやすいというのは真っ赤な嘘だけども、投手個々で見れば、先頭打者四球が失点につながりやすいタイプは存在する。


◎先頭打者四球で動じないタイプ。崩れやすいタイプ~~2014年パリーグ規定投球回投手調査からの報告


2013年以降の辛島もその1人だった。

2013年は先頭打者に5個の四球を与え、そのうち3回で失点、失点確率は60.0%を数えた。昨年は先頭打者に11個の四球を与え、そのうち8回で失点した。パリーグ規定投球回投手の平均は46.3%の中、辛島の失点確率は72.7%とかなりの高めを記録していた。

そして今季D。本戦の先頭打者四球は8/26オリックス戦の2回に続く今季2個目。このときは失点を防いだが、今回3点を奪われ、今季の失点確率は50.0%になってしまっている。ここ3年の合計値は先頭打者に18個の四球を与え、そのうち12回で失点、失点確率は66.7%を記録している。高いと言わざるをえないのだ。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
緊急アンケート募集中:デーブ辞任。楽天の来季監督、あなたなら誰を選ぶ?
【試合評】 終盤反撃機をベテランの不甲斐なさと指揮官の不可解代打采配でフイにする~2015年8月26日●楽天イーグルス2-3オリックス
7勝目のカギを握った則本昂大の本領発揮、鎧袖一触の3球勝負とは?!~2015年9月1日○楽天イーグルス4-2オリックス



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}