FC2ブログ

【試合評】 解せない6回2死2,1塁、菊池→福山への継投作戦~2015年7月26日●楽天イーグルス0-10ロッテ

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

楽天、継投失敗でロッテ戦3連敗



楽天は今季8度目の零敗。今季3度目の同一カード3連敗を喫した。

相手先発・大嶺祐の前に打線がつながらず、無四死球8安打。相手先発に完封されたのは、4/19日本ハム戦の大谷翔平、4/29オリックス戦のバリントン、5/26阪神戦の岩田稔、6/30ロッテ戦の石川歩、そして本戦の大嶺祐太となった。

楽天先発・菊池は5回まで2失点と好投した。しかし、6回、2死走者なしからピンチを招く。4番・デスパイネに中安、暴投を挟んで5番・クルーズにフルカウント四球を与えて2,1塁、バッターボックスに前の打席で二塁打を放っていた6番・大松を迎えたところで、大久保監督がマウンドへ。菊池を諦め、二番手で3連投の福山を起用したが、この継投作戦が上手くいかなかった。

福山は大松に3-1から四球。満塁とした。ここから悲劇が始まった。

7番・鈴木は完全に討ち取ったボテボテである。対戦内容では完全に福山に軍配が上がったが、飛んだコースに恵まれなかった。インハイを突いて詰まりに詰まらせた小フライ。これがショートのかなり前方に着弾した。詰まりすぎたのが災いし、ショート阿部も懸命の前進、素手で弾んだ球を掴むと必死に1塁送球を試みたが、間一髪のセーフ。ハードラックな適時打を許すかたちになった。

この1本で試合の主導権が完全にロッテ側に移ってしまった。

その後、この3連戦で楽天を苦しめた8番・伊志嶺にボール先行3-0。結局3-1から押し出しを与えてしまい、続く9番・田村にはトドメの三塁打を浴びる。インハイのシュートをおっつけられ、横っ飛びしたセカンド後藤の左側を破り、浅目に守備していた右中間の守備網を真っ二つに切り裂く走者一掃打。この回だけで5点を失い、スコアは0-7。勝負が決まってしまった...

楽天は8安打。サンチェス、後藤が2安打。3番・ペーニャが4タコ。相沢晋が2013年ドラフト組で最後となるプロ初登板。7回8回の2イニングを投げ、5安打2四死球3失点のほろ苦デビューになった。

チーム成績は88試合39勝46敗3分、借金7、勝率.459の5位。ゲーム差は1位・ソフトバンクと16.0、2位・日本ハムと11.0、3位・西武と4.5、4位・ロッテと1.5、6位・オリックスと3.5とした。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150726DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

ロッテ=1番・中村(三)、2番・角中(左)、3番・清田(右)、4番・デスパイネ(指)、5番・クルーズ(二)、6番・大松(一)、7番・鈴木(遊)、8番・伊志嶺(中)、9番・田村(捕)、先発・大嶺祐(右投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・ウィーラー(三)、3番・ペーニャ(指)、4番・サンチェス(一)、5番・松井稼(右)、6番・後藤(二)、7番・伊志嶺(左)、8番・嶋(捕)、9番・阿部(遊)、先発・菊池(右投)

あまり悲観することもない3連敗



後半戦、日本ハム相手に敵地3連勝の後、ロッテ相手に本拠地3連敗。出入りの激しい後半戦スタートになった。お得意様だったはずのマリーンズに3タテくらったのは痛いが、決定的なダメージでもなく、まだまだ希望を持つことはできそうだ。

というのは、3位・西武が7/8以降の11試合で1勝10敗、現在、球宴を挟んで6連敗と大失速しているからだ。このおかげで、楽天も3連敗したが、西武も日本ハムに3タテされて、3位とのゲーム差は変わらずの4.5。4.5という数字は3位の背中を視界に捉えている状態というイメージになり、楽天のCS争いもまだまだこれからが勝負と言えそうだ。

調べてみると、初のCS進出になった2009年、同じ88試合消化時点での3位・西武とのゲーム差は今季と全く同じ4.5だった。

もちろん、2009年は投では岩隈、田中、永井の3本柱。打では3番・鉄平、4番・山崎の活躍。投打の軸が確立されていて、今季はそれがなかなか見えてこないという“事情の差異”はあるにせよ、4.5はまだ諦める数字ではない。藤田、銀次が帰ってくるまで、なんとかくらいついて欲しいと思う。

各種戦績は、7月6勝10敗1分、後半戦3勝3敗、ロッテ戦8勝7敗(コボスタ4勝4敗)、コボスタ18勝19敗3分、TOHOKU GREEN5敗、先制された試合13勝28敗2分の推移としている。

20150726DATA03.jpg

好投した菊池保則



5回2/3、打者23人、球数96、被安打4、被本塁打1、奪三振3、与四球2、失点4、自責点4。

6/21ロッテ戦の勝利を最後に白星から遠ざかっている菊池だが、本戦では好投を見せた。

前回登板7/15西武戦から中10日。間が空いたのでブルペンに2度入り、調整を実施したという。上半身で投げがちだった投球フォームを見直し、下半身を意識した取り組みが本戦で奏功した。本戦のストレート平均球速139.3キロは今季ワーストの数字。しかしながら、そのストレートでストライク寄与ファウル11本、多くの凡打を稼ぐことができたのは、下半身主導で投げることができたため、球速表示以上に質の良い真っすぐが行っていた証拠だと思う。

鈴木に真っすぐを打たれた先制3号ソロは、ボールカウントが招いた悪事だったと思う。2-0のバッティングカウント。狙い球を絞られ、積極的なスイングを許した。さらに逆球になってしまったのが、もったいなかったか。

前回7/15西武戦では変化球がボールになることが多く、なかなか機能しなかったことが5回途中7安打4失点の結果を招いた。しかし、本戦の変化球は上々の機能を発揮した。

特に今季多く投げているフォークの精度は良く、23球中、追い込む前に9球、追い込んでから14球と、カウントに関わらず使うことができ、三振やゴロを記録することができた。

しかし、2失点目を喫した5回、先頭・大松にフォークを打たれた。すくいあげの巧打で右翼線二塁打にされ、その後、バントで三進、伊志嶺の犠飛でホームを踏まれた。これは大松の打者としての力量が勝っていたと見るべきツーベースである。

大松と言えば、田中将大をカモにした打者として知られている。田中との通算対戦成績は46打数17安打、8三振、5四球、1死球、4二塁打、1三塁打、3本塁打の打率.370。調べてみると、田中が武器にした低め誘い球(スライダーやフォーク、スプリット)に手を出す頻度が少なかった。低めを良く見きわめることができるローボールヒッターなのだった。もう少し低めに落としていたら・・・とたらればはあるものの、菊池の失投とは言えない投球。ここは相手が菊池を上回ったと見たい。

解せない6回2死2,1塁での菊池→福山の継投



6回2死2,1塁。2死走者なしから安打四球でピンチを招いたとはいえ、あとアウト1つで攻守交代である。大松を迎えたところで福山にスイッチする必要、果たしてあったのか?

結果から言えば、福山は菊池が残した走者2人を生還させ、これで今季のIR%は46.2%に上昇してしまった。前の投手が残した走者26人中12人にホームを踏まれているのである。福山は昨年もこの値が51.6%と高く、イニング途中・走者有で出て行っての登板は苦手としている傾向があることが確認できる。しかも福山は今季初の3連投。42登板目と登板数も多くなっていただけに、あの場面は例え打たれて結果が同じであっても菊池に託すべきだった。

確かに大久保監督が継投に動いた心情も理解できる。

6回、菊池は良い当たりを許していた。角中の一直はサンチェスのジャンピングキャッチに救われたものの芯を食った痛烈な当たりだった。清田の二ゴは外角低めフォークをバットを投げだすようにして打たせたが、案外良い当たりのゴロだった。デスパイネには外角を厳しく狙った真っすぐがシュート回転して甘く入ったところを中前に運ばれた。迎えた大松は前の打席で二塁打、1打席目も三塁線の良い当たりの三ゴを放っていた。指揮官が菊池の球威・握力が落ちてきたのでは?と判断しても、不思議はないシーンだった。

それでもだ。あの場面、菊池に託すべきだったのでは?と思う。もしそれで打たれても、福山がダメージを負うことはなかったからだ。

時間がなくなってしまった。大嶺祐のデータのみ挙げて終わりにしたい。

20150726DATA04.jpg

9回、打者32人、球数124、被安打8、被本塁打0、奪三振2、与四死球0、失点0、自責点0。

◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】 松井稼頭央の球団新150キロ撃ち。150キロ以上に滅法強いカズオBurn!!の好成績を確認する~楽天イーグルス主要打者150キロ以上ストレート打撃成績より
【試合評】 雨中のコボスタで嶋基宏と美馬学の信頼関係の“揺らぎ”を垣間見る~2015年7月24日●楽天イーグルス2-6ロッテ
【試合評】 サンチェス、伊志嶺、後藤。本拠地初の3連弾も、むなしく空砲~2015年7月25日●楽天イーグルス4-7ロッテ



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}