FC2ブログ

【試合評】 エンストを繰り返す「投」のメインエンジン。則本昂大、混迷の5回4失点~2015年4月25日●楽天イーグルス3-7ロッテ

スポンサーリンク






毎週月曜発行、当ブログ運営メルマガ
「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。

2015プロ野球開幕記念!! 新規読者獲得キャンペーン
【4/30まで期間限定】月額購読料514円→350円に!!

ぜひこの機会を御利用下さい。詳しい御案内はコチラでどうぞ。


《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

永井と美馬を足して2で掛けたような・・・



魂溢れた走攻守投の3時間5分を快勝で飾り、カードの初戦を取ったイーグルス。その勢いに乗じてエース則本の2勝目を期待した3連戦の第2戦だったが、その則本が誤算だった。

「おい!どうした!則本!!!」

思わず心の中でそう叫ばずにはいられないほど。

マウンド上でもがき苦しむ背番号14の表情は終始冴えない。昨年僕らが何度も目撃した眉毛をキリリとさせてゲームをコントロールした自信満々の右腕とは全く別人だった。テンポが長い永井と、制球が悪かった昨年の美馬を足して2を掛けたような投手が、そこにはいた。結局、デスパイネに3ランをくらうなど、5回106球、7安打4失点で3敗目。

6回には二番手・長谷部が満塁ピンチを招き、今江に走者一掃の左翼線二塁打をかっ飛ばされ、3失点。3番4番の中軸に合計6打点を許した。

イヌワシ打線は知り上がりに調子を上げた相手先発イデウンの前に7回2失点に抑えられ、4勝目を献上している。

これでチーム成績は22試合9勝11敗2分、5位転落。得点61はリーグ最下位、失点89は同最下位。ゲーム差は1位・日本ハムと4.0、2位・ソフトバンクと2.5、3位・西武と2.0、4位・ロッテとゲーム差なし、6位・オリックスと2.5している。

各種成績は下記のとおり。

ロッテ戦2勝2敗
先制した試合7勝5敗
相手先発右投手試合7勝7敗1分
コボスタ6勝4敗2分

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150425DATA05.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

ロッテ=1番・岡田(中)、2番・鈴木(遊)、3番・今江(三)、4番・デスパイネ(左)、5番・クルーズ(指)、6番・根元(一)、7番・清田(右)、8番・吉田(捕)、9番・中村(二)、先発・イデウン(右投)

楽天=1番・松井稼(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・ペーニャ(指)、5番・サンチェス(一)、6番・後藤(遊)、7番・ウィーラー(左)、8番・嶋(捕)、9番・福田(中)、先発・則本(右投)


試合の明暗に直結した初回無死満塁の無得点



先手は楽天が取った。1回裏、1番・松井稼の今季2号ソロで先制した。立ち上がり制球定まらないイデウンの3-1からの高め真っすぐ、145キロを一閃した。「特に球種を絞っていたわけではないけど、ストレートに上手く体が反応しました。 則本に先制点をプレゼントできて良かったですね」と語った一発は、楽天球団通算22本目の初回先頭打者本塁打。松井稼による楽天での7本目のリードオフアーチだった。

この後、藤田&銀次の2、3番コンビも畳みかける。いずれも高めストレートを打ち返す連打で攻め立て無死2,1塁、4番・ペーニャはストレートのフォアボールで1塁に歩いて無死満塁。絶好の得点機がやってきた。

しかし、サンチェスが二飛、後藤が三ゴ、ウィーラーが遊ゴ。2点目を奪うことができず、イデウンに絶対絶命の危機から脱出することを許してしまう。今季の楽天、無死満塁4度目のチャンスで初めて無得点に終わった。

終わってみれば、ここが最大にもったいなかった。

イデウンを立ち直らせ、尻上がりの好投を許したのも、全ては無死満塁で追加点を奪えなかったことが大きかったと思う。

その後、サンチェスは8回にカルロス・ロサから3号ソロを右越えに運んだが、その一発が初回に出ていれば・・・。悔やみきれない1回裏の攻撃だった。

1点を先制した楽天だったが、2回表、ロッテに同点に追い着かれてしまう。

1死後、則本が6番・根元とのフルカウント勝負を投げ切れず四球を与えると、その後2死2塁で伏兵の8番・吉田に高めに甘く入った失投スライダーを左前へ打ち返される。処理したレフトのウィーラーが2度お手玉している間に(エラーは記録されず)、二走・根元に悠々ホームインされて同点。(楽1-1ロ)

取られたら取り返せとばかり、楽天は2回裏1死後、9番・福田の左翼線二塁打を起点にチャンスを演出。お膳立てで3番・銀次が決めた。低めフォークをバットを投げだすような感じで当てにいった技ありの当たりが中前に着弾。福田が帰って勝ち越し打になる。(楽2-1ロ)

しかし、味方打線が作った再度のリードを則本が守ることができない。

3回表、2安打で塁上を賑わせた中で、4番・デスパイネに高めに上ずったスライダーを一閃。左中間スタンドまで飛ばされる1号3ラン。この時点で半ば勝負あったというシーンになった。(楽2-4ロ)

長谷部康平、お察しの拙投・・・



半ば勝負あった試合展開で完全にトドメを刺されたのは6回のことだった。

楽天はこの回から継投作戦。二番手で連投の長谷部がマウンドへ。2安打1四球で満塁ピンチを作り、3番・今江にトドメの3点二塁打を浴びた。

この場面、武藤を先に出しておけば・・・と思うのだけど、終わった後だから言える話だと思う。こういうシーンで2軍で結果を残して上がってきた長谷部がしっかり試合を締め直してくれればいいのだが、先頭の8番・吉田のバントヒットが長谷部の精神にヒビを入れたのか、その後、我々はまるで前夜と同じパターンのグダグダ投球を目撃するハメになった。

大卒2年目・吉田は2回に則本から適時打を打ったことで、気を良くしたのだろう。この打席、何でもやってやろうという気持ちだったかもしれない。イデウンも尻上がりに調子を上げ、リード面でも手応えを感じていた矢先のことだった。初球セーフティバントにいく構えでサード銀次がチャージをかけてこないのを見ると、2球目にサード銀次の前方に絶妙に決めるバントヒット。銀次と長谷部が追う中間地点に球を転がされ、処理した長谷部は1塁に投げることができなかった。無死1塁、続く中村に初球で送りバントを決められたのも、メンタルに難のある長谷部にとってダメージ大だったかもしれない。

20150425DATA02.jpg

混迷をきわめる「投」のメインエンジン



5回、打者25人、球数106(1イニング当たり21.20)、被安打7、被本塁打1、奪三振6、与四球3、失点4、自責点4。

則本のコメント「本当に申し訳ないです。 何が悪かったのか・・・、今はちょっと考えられないです。 立ち上がりは決して悪くありませんでしたが。 頭を整理して、次の登板で取り返せるようにするだけです」

則本の降板後のコメントが闇の深さを表している。

則本が言うように立ち上がりの1回は、おっ!と思わせる投球をした。今季ここまで1回のストレート平均球速は141.4キロだったのが、本戦では144.5キロをマークした。1番・岡田を真っすぐで押し、最後はカーブで仕留めた三球三振。打撃の調子を上げてきた2番・鈴木には10球粘られ、フルカウント勝負の末、フォアボールを出したが、3番・今江、4番・デスパイネを退けて無失点。直近3登板いずれも1回に失点をしてきた則本にとって、まずは鬼門を無事に切り抜けたと思われた。

しかし、終わってみれば、この144.5キロというストレートも、則本の不調を表している数字のように思えてしまう。

初回、意識を持って投げたという則本。状態が昨年の今頃のような調子であれば、150キロ超えも投げ込んでいたはずだ。事実、昨年の初回ストレート平均球速は145.4キロだった。本戦は146キロ止まり、僅かに及ばない数字だった。

今季の則本、そのストレートが機能しない。最大原因は球速が昨年比で数キロ減に落ち込んでいること。このことで被打率が.380まで跳ね上がっていたが、本戦では11打数2安打3三振の.182。結果を出した。しかし、制球は不安定だった。2回以降、高めに入るストレートは全体の54.8%。昨年は49.4%だったので5%ほど多かった。

スライダーやチェンジアップなど、変化球全般で思うように操ることができず、コマンド不足が目立つかたちにもなった。

スライダーやカッターなど曲がる球種は高めに抜けたり、低めに完全に外れてワンバンするケースが目立ち、吉田適時打、デスパイネ3ランなど3本のヒットを許した。チェンジアップも左打者のインコースにひっかかって抜けたり、高めに上ずったり、しっかり投げ切ることができなかった。リリースポイントがバラバラなのは、身体のどこかに不調を抱えているのでは?と思わずにはいられないのだ。

3四球ながらも6回8安打2失点で今季初勝利を上げた前回4/18コボスタでの日本ハム戦。あの時は強風が吹くなど悪環境下でのピッチングだった。田中将大が3登板目でキリッと立ち直ったように、もし本戦で則本が好投をみせていれば、前回のかんばしくない内容は風のせいにすることができ、丸く収めることができたはず。しかし、本戦でも似たような状況だったので、私の懸念はますます強まってしまう。

昨年も則本は7/5ソフトバンク戦から約1カ月間、絶不調期に見舞われた。しかし、8/15ロッテ戦で先発ローテに復帰して以降、安定したハイレベルの投球を再開、見事にタイトルを奪取した。あのときのことがあるから、今年もそろそろ立ち直ってくれるだろうと信じている自分と、則本の不調は3月のオープン戦からでいよいよ2カ月になろうとしていること考えると「どうなってしまうのか・・・」と心配の度合いを強める自分がいる。

本日、岩隈が右広背筋を痛めて15日間のDL入りをした。則本に何事もなければ・・・と願っている。

則本の不調はチームの不調、ファンの悩みそのものでもある。今はまだレイが予想外の活躍を見せているので大事には至っていないものの、そのレイの好投がいつまでも続くわけではない。レイが踏ん張っている間に、エースが復調できるのか?! チーム総動員で則本をどげんかせんといかん時期に来ている。【終】

20150425DATA03.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 則本初勝利を支えた、チーム一丸、魂の一致団結~2015年4月18日○楽天イーグルス4-2日本ハム
【試合評】 今季初サヨナラ負け。その伏線は日曜9回にあり~2015年4月22日●楽天イーグルス1-2xソフトバンク
【試合評】 魂溢れた走攻守投の3時間5分~2015年4月24日○楽天イーグルス7-1ロッテ


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}