FC2ブログ

【試合評】楽天、エース則本でも勝てず。投打噛み合わずに4連敗~2015年4月4日●楽天イーグルス

スポンサーリンク






毎週月曜発行、当ブログ運営メルマガ
「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。

2015プロ野球開幕記念!! 新規読者獲得キャンペーン
【4/30まで期間限定】月額購読料514円→350円に!!

ぜひこの機会を御利用下さい。詳しい御案内はコチラでどうぞ。


《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

則本初回3失点。投打噛み合わずに4連敗...



初戦が風速13~14mの強風で試合中止に追い込まれたロッテ3連戦の中日。一夜明けたQVCマリンフィールドは、初顔合わせの則本昂大vs涌井秀章がスライド登板した。2回裏以降、両投手はスコアボードにゼロを並べる投手戦を演じる。しかし、終わってみれば初回に決着がつく。そんな千葉ロッテ1回戦にもなっている。

味方打線が最初の攻撃を僅か9球であっさり終えた直後、1回裏に則本が捕まった。エンジンが温まるまでの立ち上がりを狙われるかたちになった。

荻野貴&根元1,2番コンビによる連打は、いずれもファーストストライクを取りにいく速球を打ち返されたもの。僅か3球で無死2,1塁のピンチを招くと1死後、4番・今江の打席時、則本の変化球ピッチングを嶋が取れずに捕逸。少し球を見失った間、二走・荻野貴に悠々三進されてしまう。

1死3,1塁に変わって今江の1-1からの第3球、楽天バッテリーは内角攻め。恐らく詰まらせて5-4-3、6-4-3の併殺打を狙ったのだろうが、制球が甘かった。嶋の構えたミットより球2個分ほど中に入る失投。これを今江におっつけられての右打ち先制打を浴び、1点を失った。(楽0-1ロ)

この後、5番・井口にボール先行しながらも捕邪飛に仕留めたが、2死2,1塁でバッターボックスにやってきた6番・クルーズが今日の刺客だった。

2球で0-2と追い込みながらも、1-2からの第5球、ウイニングショットの落ちる球(クルーズ本人はチェンジアップとのこと)が低めに決まらず、真中に入ってしまう。棒球の半速球を一閃され、レフトオーバーのフェンス直撃弾。返球は本塁まで達したが、走者2人に悠々生還される2点適時打になってしまう。(楽0-3ロ)

3点を先制されたイーグルス。直後の2回表、1点を返す。

先頭の4番・ペーニャによる右中間フェンス直撃二塁打でチャンスを作った楽天は、銀次の二ゴ(1,2塁間突破のヒット性を二塁手クルーズの好守に阻止された)で二走ペーニャを3塁に送り込む。1死3塁、6番・ウィーラーの中飛は浅目。タッチアップ難しいのでは?と思われた飛距離だったが、ペーニャが好走塁をみせた。相手の返球より先にホームを制して生還。ペーニャの攻・走に渡る活躍で1点を奪い返した。(楽1-3ロ)

1点を返した翌3回表、イーグルスは2回に引き続き先頭打者の出塁に成功する。ここで最低でも1点は取りたかった。

先頭・嶋がお得意右前安打で出塁、聖澤との間でのエンドランで二進に成功。1死2塁のかたちを作ったが、4試合ぶりにスタメンに戻った松井稼と、今季初2番起用の藤田が揃って凡退した。

松井稼は実戦から遠ざかっていたことでゲーム感覚に乏しく、まだ身体も本調子ではないのかもしれない。本日は4打数0安打1三振。このシーンでは左中間にフライを打ち上げていた。藤田はハーフライナーの遊直。ボール球への手出しが多い癖がここでも表れ、アウトローの落ちる球にバットを出してしまった。ここで1点取ることができれば、試合はまた違った展開になったのかもしれない。

この後、楽天は涌井に4、5、6回と3イニング連続三者凡退投球を許す。8回は1死から嶋がこの日2本目の右方向ヒットで出塁。反撃の足掛かりを作ったが、絶不調(打率.083)の9番・聖澤に代えての代打が、ここまで14打数2安打の打率.143の後藤だったという所に、今のイーグルスの置かれた状態が良く表れているように感じた。

3回のチャンスを最後に2塁へ送り込むことができない楽天が次にスコアリングポジションに走者を進出させたのは、最終9回2死からの2,1塁まで待たねばならなかった。ラストバッターは5番・銀次。ファウルを打たされ1-2に追い込まれると、ラストはアウトローの落ちる球。バットを放り出すようにして当てたゴロはボテボテの投ゴになり、1塁送球されてゲームセットになっている。

2回以降は則本も立ち直り、4失点目を防ぐ好投をみせた。しかし、打線が8回まで散発4安打に終わり、投打噛み合わず。デーブ楽天は4連敗。早くも借金を4に増やしている。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

HANREI3.jpg
20150404DATA02.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・松井稼(右)、2番・藤田(二)、3番・岡島(左)、4番・ペーニャ(指)、5番・銀次(一)、6番・ウィーラー(三)、7番・阿部(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・則本(右投)

ロッテ=1番・荻野貴(中)、2番・根元(指)、3番・角中(右)、4番・今江(三)、5番・井口(一)、6番・クルーズ(二)、7番・鈴木(遊)、8番・田村(捕)、9番・肘井(左)、先発・涌井(右投)


20150404DATA05.jpg

涌井の真っすぐを打ち損じ、凡打の山



涌井の投手成績・・・9回、打者32人、球数105、被安打6、被本塁打0、奪三振2、与四死球0、失点1、自責点1。

エース則本でしっかり連敗を止めなければならない大事な一戦。その中、則本が初回いきなり3点を取られたことで、打線全体に動揺が走ったのか。則本が初回に3点以上失ったのは実に2013年8/22日本ハム戦(初回5失点)までさかのぼる。昨年は初回合計でも4点しか取られなかったのが、今季は2登板目で既に3失点だ。

一昨年、田中が投げていた時はビハインドでも絶対に勝てるという確信がチームにみなぎっていた。しかし、今季、エースが投げているので4点取って勝たなければならないという「~せねばならない」という義務意識に変わっていたのだと思う。さらにチーム状態は3連敗と悪かった。今のイーグルスには、なおさら重い3失点だったのかもしれない。

イヌワシ打線は淡白な攻撃に終始した。序盤に伝えられた平石打撃コーチの談話によると、カウントを取りにくる甘い球を打ち損じることなく仕留めること。こういう指示が出ていたらしい。しかし、今日に限って言えば、その指示が裏目に出て、涌井に105球の省エネ完投勝利を許す要因にもなった。打者32人中、3球目で打席結果(17打数4安打1犠飛の打率.235)が出たのは56.3%に当たる18人に及んだ。

昨年、楽天は涌井を対戦打率.348と打ち込んだ。一昨年も.273とそれなりに打っており、涌井の楽天戦防御率は5.79と悪かった。ナインの間に、涌井何する者ぞ!という慢心もあったかもしれない。

スコアラーの報告は的確だったのか? 今季の涌井はオープン戦からストレートに球威があるという評判だった。開幕戦ではタレント揃いのソフトバンク勢相手に6回6安打無失点に抑える好投。中でも全体の約60%を占めたストレートが機能を発揮し、同球種の被打率は13打数1安打の.077。真っすぐに力強さが戻り、強力打線を封じた。スモーキーと呼ばれた往年の投球が戻ってきたのかもしれない。今年の涌井のストレートはここ数年と違う。楽天のスコアラーはそういった的確な報告を現場に上げることができていたのか?

本戦のデータを振り返ってみよう。ストレートの球種割合は52.4%。昨年は45.5%だったことを考えると、今年は真っすぐに手応えを感じているからこそ、割合が増えているのだろう。楽天打者が真っすぐを打っての成績は15打数2安打、1三振、1犠飛の打率.133。外野最深部を襲ったペーニャの2打球(右中二、右飛)を除けば、ストレートを打ち返しての良い当たりは7回銀次の中安まで待たねばならず、それまでの8凡打の中には良い当たりは見当たらなかった。

聖澤を始め、打撃の調子が上がらない打者が多く、チーム状態もかんばしくない中、楽天の首脳陣、選手達は涌井のイメージを昨年から更新することができず、昨年のままのイメージで臨んでしまったのかもしれない。

8回を終えて涌井の球数は85。9回14球以内で抑えられてしまったら、2012年4/29日本ハム戦・武田勝96球完封以来の100球未満完投勝利を献上するところだった。

20150404DATA03.jpg

則本、140キロ以下のストレートをあっさり打たれる



8回、打者33人、球数130、被安打7、被本塁打0、奪三振5、与四球2、失点3、自責点2。

初回に浴びた4本のヒットのうち、ストレートを打ち返されたのは3本。その3本とも球速不足だった。

荻野貴・右安は138キロ、根元・左安は134キロ、今江・右安は138キロ。前々日のファイターズ戦で18安打を打ったマリンガン打線。各打者の状態も上向きだったこともあるだろうが、一番の要因は140キロに満たないスピード不足だと思う。6回クルーズに浴びた中前クリーンヒットも140キロ。球威・球速に乏しいため、簡単に弾き返されてしまったのだ。

昨年の初回ストレート平均球速は145.0キロだったが、本戦では140.5キロ。昨年比で4.5キロ減、本戦中盤と比べても約3~5キロ球速が出ておらず、不安定な立ち上がりだったことが見て取れる。(ちなみに本戦の平均142.1キロは昨年と比べて約3キロ減)

◎則本のストレート イニング別の平均球速(km/h)

1回・・・140.5
2回・・・142.6
3回・・・145.0
4回・・・143.0
5回・・・145.0
6回・・・143.1
7回・・・143.0
8回・・・140.1

このような立ち上がりになったのは、
なったのか?
なってしまったのか?
そのどちらなのだろうか?


今季、則本が掲げるテーマの中にメリハリのある投球、球速表示以上に質の良い球を投げることがある。これを実践したことによる結果なのか? それとも調整が遅れたことによる弊害をまだ引きずっているのか?の判断は、今後の数登板を見ないと何とも言えないところがあるが、今の私は後者を心配している。(6回以降、球速が下落しているのも気になっている)【終】

20150404DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
朝令暮改のデーブボール。大久保監督自ら「一致団結」を反故にしかねないギャビー・サンチェスの抹消劇
【試合評】 塩見貴洋、今後に繋がる一発回避のゴロ快投~2015年3月31日●楽天イーグルス2-3西武
【試合評】 デーブ迷采配が招いた被弾&守乱のお粗末劇~2015年4月2日●楽天イーグルス1-6西武


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}