FC2ブログ

【試合評】 勝敗の分かれ目を担った大谷翔平の落差大フォーク~2015年3月27日●楽天イーグルス2-5日本ハム

スポンサーリンク






毎週月曜発行、当ブログ運営メルマガ
「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。

2015プロ野球開幕記念!! 新規読者獲得キャンペーン
【4/30まで期間限定】月額購読料514円→350円に!!

ぜひこの機会を御利用下さい。詳しい御案内はコチラでどうぞ。


《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

デーブボール初陣は2-5の逆転負け



一致団結のイマジネーション野球を掲げる大久保楽天の初陣。北の大地に乗り込んでの開幕戦は、中盤ミスも絡んで3点を失った楽天が2-5で逆転負けを喫している。

則本昂大vs大谷翔平。初のマッチアップになった試合は序盤2回表、早々に動いた。

先手を取ったのはイーグルス。序盤制球に苦しんだ大谷翔平の2イニング目、2回表のことだった。先頭・サンチェス、松井稼が2者連続四球。いずれもボール先行から1塁へ歩く。続く後藤は送りバント。処理した捕手・近藤の3塁送球がセーフ。フィルダースチョイスで無死満塁のビッグチャンスを迎え、ここから1点を奪取した。

8番・嶋が3球で空振り三振に倒れたものの、9番・藤田がインハイに浮いてきたスライダーを一撃で仕留め、右翼ファウルゾーンに運ぶ犠飛。三走・サンチェスが悠々タッチアップ生還する。なおも2死3,1塁、一走・後藤が二盗成功! 一打出れば2点追加のシーンを演出したが、聖澤あえなく三振。ここは1点に終わる。(楽1-0日)

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150327DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・聖澤(中)、2番・ウィーラー(左)、3番・銀次(三)、4番・ペーニャ(指)、5番・サンチェス(一)、6番・松井稼(右)、7番・後藤(遊)、8番・嶋(捕)、9番・藤田(二)、先発・則本(右投)

日本ハム=1番・西川(左)、2番・田中(二)、3番・陽(中)、4番・中田(一)、5番・ハーミッダ(右)、6番・レアード(三)、7番・近藤(捕)、8番・谷口(指)、9番・中島卓(遊)、先発・大谷(右投)


則本昂大、4回までパーフェクト投球



楽天先発・則本は4回までパーフェクトピッチング。気が早いshibakawaさんは開幕戦快記録も?!とソワソワするほど。

1回は僅かに9球、2回はたったの8球、3回、4回も14球と球数少なくテンポ良くファイターズ打線を退けていく。主に真っすぐと落ちる球(チェンジアップ&フォーク)の組み立てが有効だった。

いつまでも続くのでは?と思われた快投だったが、5回に綻びが生じた。

1死後、ハーミッダ&レアードの新外国人コンビに、女房役・近藤の3連打で2点を失った。1打席目も内角球を左中間最深部に運ぶ左飛を打っていたハーミッダに今度はインコース速球を右前へ打ち返された。続くレアードにはボール先行3-0からストライクを取りにいった外の真っすぐを軽打で狙われ中前へ。1死2,1塁で近藤を追い込みながらも1-2からのインハイ148キロをこれまた中前へ、藤田がジャンプするその上を越えて運ばれてしまう。二走・ハーミッダが三塁を蹴って本塁を狙う。

ここでまさかの守備ミスが生じる。

球はバックホームされ、オーバランして急ブレーキをかけ慌てて手から三塁帰塁を試みたハーミッダを嶋が刺すべく3塁送球。ところが、これが銀次も取れずの悪送球に。ボールが三塁後方ファウルゾーンに転々とする瞬間、走者2人が生還し、打者走者も一気に3塁へ。逆転を許してしまった。(楽1-2日)

その後、谷口にも低め落ちる球を上手くひろわれて右翼に運ばれる犠飛で1点を失ったイーグルス。この回、合計3点を失った。(楽1-3日)

2点を追いかける楽天は6回、大谷と相性の良い銀次、松井稼に安打が飛び出し、2死ながらも2,1塁のチャンスを作る。松井稼に左安を打たれた後、大谷が右足ふくらはぎをつり降板。2死2,1塁で7番・後藤のところで二番手・谷元が登板。見事な火消しに遭い、反撃することができない。

終盤8回表、楽天はウィーラーがバックスクリーンへ1号ソロ弾。球団史上6本目となる開幕戦本塁打で1点差に迫ったが、直後の裏、救援陣が2点を失った。三番手・福山が2者連続四球で無死2,1塁~1死3,2塁のピンチを招くと、四番手・武藤が中田に犠飛を浴び、五番手・濱矢も則本の快投にヒビを入れた新外国人コンビの打棒の餌食になり、さらに1失点。

結局、中盤以降に失点を重ねた楽天が2-5で敗れている。

大谷翔平のフォークに阻まれた2回と6回の攻防劇



序盤真っすぐの制球に悩んだ大谷翔平だが、本戦では武器のフォークが上々の機能を発揮していた。キレがあり、落差が大。対応するのが困難だった。

この日、二刀流右腕は22球のフォークを投げ込んだ。楽天打者はその68.1%に当たる15球でスイングしにいき、振りにいった15球の半数に当たる7球で空振りを喫した(6三振含む)。バットに当たってフィールド内に入った3打球も全てゴロだった(うち安打1)。

これは楽天打線から16三振を奪って完投勝利した昨年7/9を彷彿とさせる。あの時は34球のフォークを投げ、楽天打者は67.6%に当たる23球でバットを振りにいったが、その半数に迫る11球で空振り(7三振含む)の辛酸を舐めた。バットにかろうじて当たった打球3本も全てがゴロ(安打0)。

つまり、緊張感からか制球を乱し、コマンドが乱れた真っすぐの大谷に、付け入る隙はあるように見えたが、その実、フォークのキレ味は昨年7/9と同レベルで、付け入る隙がほとんど無かったと言える。

大谷はこのフォークで悉く窮地を脱した。

例えば2回だ。2四球野選で無死満塁のピンチ。打席に迎えた8番・嶋を真っすぐで2度ファウルを打たせて追い込んだ後、決め球に使ったのはフォーク。落差大で嶋はついていけずに空振り三振。無死満塁で守備側にとって大切なのは最初の打者を三振やポップアウトでアウトに取ること。これがフォークで実現できた。粘り打ちの嶋に全く仕事をさせず、藤田犠飛後の聖澤も落として仕留めた。

銀次、松井稼がヒットを打った6回もそうだ。1死1塁でサンチェスにフォークを2度振らせてバッターボックスの外に退場させ2死1塁とした点が、ファイターズサイドから言えば大きかった。その後、松井稼に浮いたフォークを左前へ打ち返されたが、それでも2死なのだ。

楽天から言えば、ペーニャ、サンチェスと並べてしまった点に敗因の1要素がある。相性の良い銀次と松井稼の間に昨年全く大谷を打てなかったペーニャ(7打数0安打3三振)と、あまり期待もできそうにないサンチェス。せっかく銀次が先頭打者で安打出塁しても、両人のおかげで2死1塁である。サンチェスと松井稼の打順を入れ替えるべきだったように感じる。であれば1死1塁で松井稼安打で1死2,1塁、(ゲッツーがなければ)得点圏で2打席を確保できたのにである。

開幕前、外国人を並べず、中に日本人を挟んでいくことを示唆していた大久保監督なのだが、なぜだか並べてしまった点が拙かった。

8回、サブちゃんの珍しい2者連続四球



ポテトキャノン発動で1点差に迫った直後の8回裏。三番手・福山が誤算だった。1番・西川、2番・田中に連続四球。西川には11球投げさせられてのフルカウント四球だったので、これは相手を褒めるより他にない。拙かったのは無死1塁で田中に与えた四球だった。

田中は2度まさかの送りバントを空振りした。その初球前、福山は1塁塁上の昨季盗塁王・西川に5球連続で牽制を入れる。5球目には場内ブーイング。それを受けてバツが悪そうに苦笑したサブちゃんの表情を見れば、この牽制がバッテリーによる牽制ではなくベンチ指示だったことが推測できる。

オープン戦でも3球4球と執拗に牽制するシーンが目立った楽天。4球も投げれば走者も5球目はないだろうと思いスタートを切る。その逆を突くという作戦なのだろうが、上手くいかず、逆に福山のリズムが乱れてしまうかたちになった。

まさかの田中がバントを2度空振りしたのも、福山には誤算だったかもしれない。素直にバントしてくれたら、得点圏に走者を背負うことになるとはいえ、西川の盗塁をある程度気にしなくて済む。サブちゃんにはそっちのほうが良かったのかもしれない。(参考までに昨年福山の2者連続四球は9/28西武戦の8回1死走者なしから渡辺、浅村に与えた1例だけ。それだけ珍しい光景だった)

この後、無死2,1塁で3番・陽の打席、外野陣が超前進守備を敷いた。これは福山が極度なゴロ投手(ゴロ率60.7%)で、もし外野に抜ける安打を打たれても、それは外野の頭上を越される当たりではなく、ゴロ安打だろうという首脳陣の思惑があったのだろうと思われる。キャンプ中、大胆な守備位置を敷くと発言していたので、楽しみにしていたのだが、その一端が今日垣間見ることができ、興味深かった。

20150327DATA03.jpg

則本昂大、メリハリの効いた好投も実らず



6回、打者22人、被安打4、被本塁打0、奪三振7、与四死球0、失点3、自責点0。
ストレートのMAXは151キロ。

田中将大のような、腹7、8分でメリハリのついた投球を目指す──

今季、則本が掲げるテーマだが、上手く表現できていたように感じる。5回は守備ミスが無ければ1死満塁。則本ならゼロで切り抜けることも大いにありえた場面だっただけに、意気消沈の3失点だった。自責点ゼロ・防御率0.00なのに敗戦投手とは本人以上にファンが納得行かない。

則本が同期・年下先発投手と投げ合ったのはこれで8度目。ここまでは7戦5勝負けなしだったが、8度目にして初めての黒星にもなっている。(下記表参照)

ただ、心配な点もある。オープン戦からずっと楽観視する自分と心配になる自分が交互に襲ってくる。そんな心境なのだが、今日の心配な点は、スライダーのコマンドが悪かった点だ。

この試合、全体の13.4%に当たる11球しか投げなかった。昨年は23.6%の球種割合だったことを考えると10%減である。肘に負担がかかるためオープン戦では最初の2戦で封印していた球種だ。封印を解いた最後の登板でも10球前後しか投げなかった。投げ込みが足りずに制球不足ということなのか、それともスライダーを投げる際にどこか身体に違和感が生じているのだろうか、11球中6球で嶋の構えたミットとはあらぬ所にいく抜け球になっていた。

スライダーをあまり投げなくなったのは、肘に負担がかかるためなのか? それともスライダーの状態がかんばしくないからなのか、どちらなのだろう?

このこともあって、ボール先行2-0としてしまうケースが、ストライク先行0-2と同じ数の5人と多かった。昨年プロ初完投勝利を飾った開幕戦では0-2が8人に対し、それよりも少ない6回までながらも2-0が5人だったことを考えると、同数は多いなあという印象を抱く。【終】

■則本昂大 同期・年下対決時の投手成績
※2015年3/27終了時データ


◎◎◎関連記事◎◎◎
Plate Disciplineなど珍記録から紐解く、銀次ら楽天各打者vs大谷翔平との対戦成績
ファン46人が選ぶ今年活躍を期待したい野手アンケート結果。1位を分け合った3選手とは?!
約4割の得票率を記録した若鷲。楽天ファン46人が選ぶ2015年活躍を期待したい投手アンケート結果発表


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}