FC2ブログ

【試合評】 ポテトキャノンの好調は本物かフェイクか?!~2015年3月10日(火)○楽天イーグルス8-6西武

スポンサーリンク






ベースボールチャンネルさんに寄稿しました



松井稼の1軍合流即2安打でいよいよ最終章に突入した楽天の外野レギュラー争い。その現状を概括しました。

◎39歳ベテランと22歳ルーキーが熱くさせる! 「結果至上主義」が生み出す、楽天・外野手レギュラー争い

デーブ楽天、連敗脱出



4年前のあの日あの時の明石トーカロ球場での一戦である。

スコアボード上のフラッグが常時右から左に強くたなびくほどの強風(7m)。途中から雪がちらつくなどの肌寒い悪天候(気温6.1度。体感温度はもっと低いはず)の中、オープン戦打率.298と好調のライオンズを迎え討ったゲームは、楽天が8-6で勝利を収めている。

1点を追いかけた1回裏、楽天打線が爆発した。エンジンがかからずにもたついている西武先発・新外国人左腕ルブランを5本の長短打を集め、1四球を絡めて6得点。一気に試合の主導権を握った。

1死後、2番・牧田&3番・後藤の短長連打攻勢にライト坂田のエラー(処理ミス)も絡んで同点。その後、2死3,1塁でフルカウント勝負の高め速球にポテトキャノンが火を噴き、左翼席へ消えていく3ランショット。

2死走者無しから7番・サンチェス&8番・小関にも長短連打が飛び出す。小関の左前安打で本塁を突く二走サンチェスを刺すべくバックホームが来たが、一足先にセーフ。その間、2塁を狙った打者走者・小関を阻止すべく、炭谷の2塁送球が外野へ大きく抜ける大暴投。これで小関も一気に生還した。(楽6-1西)

楽天は3回にもルブランから1点を奪取した。1死後、内野安打出塁の島内が二盗成功、ポテト進塁打で三進後、2死3,1塁で小関が2打席連続タイムリー。センターオーバーの二塁打で島内を悠々ホームに呼び込んだ。(楽7-1西)

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


両軍のスタメン

契約合意したばかりのペーニャと、2軍調整が続いていた森山が1軍に合流。一方、ミコライオが全治3ヵ月の椎間板ヘルニア...

西武=1番・秋山(中)、2番・栗山(左)、3番・浅村(二)、4番・中村(三)、5番・メヒア(指)、6番・坂田(右)、7番・脇谷(一)、8番・炭谷(捕)、9番・金子侑(遊)、先発・ルブラン(左投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・牧田(右)、3番・後藤(遊)、4番・ペーニャ(指)、5番・島内(左)、6番・ウィーラー(三)、7番・サンチェス(一)、8番・小関(捕)、9番・藤田(二)、先発・横山(右投)


悪環境の中、横山貴明、ゴロを打たせるナイスピッチング



楽天の先発は横山。ここまでの実戦は3試合、いずれも先発。合計10回7安打2失点と上々の内容を見せ、開幕ローテ入りを手中に収めようとしている。

2/18三星戦(3回、34球、被安打1、奪三振2、失点0) ※四死球不明
2/21日本ハム戦(3回、40球、被安打3、奪三振2、失点0)
2/28ソフトバンク戦(4回、52球、被安打3、奪三振3、与四球1、失点2)

本戦でも素晴らしいピッチングを見せ、6回、打者22人、70球、被安打3、与四球1、失点2、自責点2の内容。うち2、4、5の3イニングは三者凡退に退けた。

冷たい強風が吹く厳しい気候条件に、地方球場という慣れないマウンド。それが影響したのか、1回はコマンド不足が顕著だった。オープン戦好調の1番・秋山にストレートのフォアボールを与えると、2番・栗山の初球、外角狙いが真中に入る失投ストレートを一閃された。風にも乗ったか、伸びた打球はそのまま左中間フェンス直撃の二塁打。1点の先制を許した。

しかし、翌2回以降は見事な修正能力を見せた。2回以降はボールが3つ続くケースは一切なく、3球目以内に決着がついたのは打者10人。キレのある真っすぐとチェンジアップ等の変化球とのコンビネーションで、ゴロ率は実に87.5%という驚異の高さで、打たせて取る投球。

3回は先頭打者に安打出塁を許して2本の進塁ゴロで走者に三進されたが、2死3塁で浅村をしっかり三塁線への三ゴに抑え、無難処理したウィーラーも1塁遠投をきっちり決め、ゼロでしのいだ。6回に失った1点は1死3塁で浅村遊ゴ時(大量リードのため内野前進守備ではなかった)に三走の生還を許したもので、打たれて失った訳ではない。

小関翔太、攻守で好活躍



小関も良いリードを見せた。

対外戦に入って、小関はインハイ等、高めにミットを構える釣り球リードを見せることが多い。昨年もそのようなケースが見受けられ、小関のリードの特徴の1つになっているが、この日も昨年の本塁打王コンビ=4番・中村、5番・メヒアに対し臆することなく、その持ち味を貫いた。

1回中村の三ゴはインハイ速球を打たせたもの。同メヒアの空三振はインハイ真っすぐ連投で追い込み、アウトロー変化球で誘いをかけ、ラストは高め釣り球で空振りを誘ったもの。4回中村空三振、同メヒア三ゴもインハイ速球を絡めた攻めで討ち取っている。

その小関はバットでも好活躍。

4打数3安打、1得点2打点。2打席連続タイムリーの左安、中越二(最深部着弾)に、一ゴを挟み、8回の左安はエンドランでレフト右に弾き返したクリーンヒット。その後スクイズで8点目のホームを踏んだ一走を一気に三進させる、つなぎの一撃だった。

(下記に続く)

20150310DATA03.jpg
HANREI3.jpg

武藤好貴、7回絶賛炎上4失点



試合は7-2の楽天5点リードで終盤7回に突入。5点あれば連敗ストップできるだろうと思われたのも束の間だった。

この回から登板した楽天二番手・武藤が冴えない。

3連打含む4本の長短打と四球1個、味方守備ミスも絡んで、無死満塁などのピンチを作り、あれよあれよと4点を失った(満塁で一ゴ、サンチェス本塁送球が暴投になり2者生還するミスがあった)。

打たれた4本のヒットはいずれもコースがストライクゾーンの真中付近に入る甘い失投。指に息を吹きかける仕草を何度も繰り返しており、寒さに指先の感覚が狂い、本来の投球ができなかったということなのだろう。そのことを考慮に入れても、条件は両軍投手皆同じ。投手に必要な修正能力のカケラも見せることなく、サンドバッグのように打たれまくった。

球種を確認すると、その大半が真っすぐの単調一本槍。これではヤラれてしまう。この人の場合、カーブ等で緩急をつけて抑えていくのがプロで生き残る唯一の道なのに、カーブは恐らく1球しか投げていない。これではイカン。

4点を失い7-6。1点差に迫られ、なおも1死3,2塁のピンチ。大久保監督もたまらず投手交代を告げ、出てきたのはオープン戦初登板の2年目左腕・濱矢だった。この濱矢が見事な火消し役を演じる。

途中出場の左の永江を外のスライダーで三振に屠ると、右打者・木村にはアウトコースの真っすぐで2度空振りを奪取する三振劇。翌8回は3本のゴロアウトで三者凡退投球と、相手の反撃を断ち切った。

8回裏に山崎のセーフティスクイズで8点目を入れたイーグルスは、最終9回表は青山が3人で片付け、8-6の逆転勝利。連敗を脱出している。

これで2/15からの対外戦成績は4勝7敗2分、NPB球団相手の対外戦は2勝6敗2分、パリーグ球団相手では1勝4敗1分としている。

ポテトキャノンは本物か?!フェイクか?!



イヌワシ打線は12安打。2試合連続の二桁安打と打線の調子は徐々に上向いてきたか。

小関が3安打、牧田とサンチェスが2安打、後藤、阿部、島内、ウィーラー、藤田が1安打ずつだった。

さっそくチームに合流し4番DHで出場したペーニャは、見三振、二ゴ、遊飛と3の0。しかし、試合前の打撃練習では元気良く大飛球を見せ、オフの間は月曜日から土曜日までみっちり練習を積んできたという話なので、これからに期待したい。

そのペーニャ効果なのか、サンチェス、ウィーラーが揃ってハッスルした。ウィーラーの3ランはオープン戦2号。直近10打席で8打数3安打1四球1死球1二塁打1本塁打。NPBの野球に徐々に慣れてきたのかな?と期待感を持たせる数字である。

一方、記録を振り返ると、2本の一発はいずれも外国人投手から放ったもの。ここまでのNPB球団との対外戦成績を、日本人投手(アジア系含む)・外国人投手(アジア系除く)別に分けると、下記のようになり、明暗分かれている。

外個人投手の間合いや球の軌道には慣れているはずなので、タイミングが合っての2本塁打ということも言える。本戦で見せたポテトキャノンが本物か?フロックか?は今後も見守る必要性がありそうだ。

日本人投手・・・打率.176、17打数3安打、4三振、2四球、1死球、1二塁打
外国人投手・・・打率.286、7打数2安打、1三振、1四球、2本塁打

打撃好調の阿部俊人。不調の聖澤諒



後藤vs阿部の一騎打ちの様相を呈しているショート定位置争い。先発出場した後藤が同点二塁打を放てば、途中出場の阿部は4回1死1塁でエンドラン時の中安が見事だった。外角低め投球を合わせた巧打。スタートを切っていた一走の三進をアシストする一打をみせ、直近10打席で4安打2四球と好調、一歩も譲らない。

一方、心配なのが紅白戦からアピールが続いていた聖澤だ。

本戦では遊ゴ、二ゴ、空三振、空三振、一ゴの5の0。NPB球団との対外戦打率は.214に急落。9打席連続ノーヒットである。空振り4つ、あっさりバットが空を切るケースが増え、凡打に倒れた打席もただ当てただけというイメージ。かなりコンディションが悪そうな印象を受ける。

これまで好調だった状態がただ単に下がっただけなら良いのだが、どこか体を痛めているとか故障なのでは?とついつい心配になってしまうのだ。

【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 アリバイ作りの積極スイング。デーブ楽天、対外戦5連敗~2015年3月6日(金)●楽天イーグルス2-4ヤクルト
【試合評】 アリバイ作りの積極スイング。デーブ楽天、対外戦5連敗~2015年3月6日(金)●楽天イーグルス2-4ヤクルト
【試合評】スタミナ不足?! 売り出し中の入野貴大に訪れた試練のとき~2015年3月8日(日)●楽天イーグルス3-6中日


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}