FC2ブログ

2015.3.27 大谷翔平攻略へ。デーブ楽天の開幕スタメンを予想する

スポンサーリンク





20150219DATA04.jpg

まだ他社刊の名鑑を使っているの??
野球ファン皆必携の史上最強の選手名鑑!!
コレを楽しめない人は野球好きではありません!!
当ブログ歴代書籍・雑誌売上ランキング8位浮上!!
Slugger特別編集『2015プロ野球オール写真選手名鑑』が凄い!!

読書感想文はコチラをクリック。
◎話題沸騰名鑑。前年版まで未掲載・本年初登場となったNPB貴重データとは?!
◎同名鑑で確認する、松井裕樹のストレートが異次元と断定できるその理由
◎同名鑑で確認する、打率.263の嶋基宏が球界No.1打者である決定的証拠


2015.3.27 大谷翔平攻略へ。デーブ楽天の開幕スタメンを予想する



@eagleshibakawaです。

例年1月初めに実施するその年の開幕スタメン予想。

今年はあれよあれよとこの時期まで来てしまったが、大久保監督の大谷翔平対策がスポーツ紙面を賑わせているこのタイミングで実施してみたいと思う。

沖縄本島に渡る前の2月下旬、「結果を残したヤツから、開幕スタメンに当てはめていく」と結果至上主義宣言をしたデーブ監督。背景にはその多くを2軍で過ごした現役時代の苦い思い出があると言う。

そのため、オープン戦がまだまだ残っている今後次第では、私の予想も変わっていくと思う。あくまでも3/3時点での予想ということで、お楽しみ頂きたい。

開幕スタメンを選ぶに当たり、開幕戦をどのように捉えるか?という問題も生じる。その年この面子で戦っていくという宣言の意味合いが込められているのか?それとも開幕戦を144分の1として捉えず、初めの一歩で必ず勝利を取りにいくという姿勢なのか?

本稿では後者に主眼を置いている。あくまでも3.27に大谷翔平の攻略を目指す。大谷をマウンド上から引きずり降ろすために必要な10人を選んでみた。

それではお楽しみ下さい!

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



銀次、松井稼頭央・・・大谷翔平攻略へ欠かすことのできない最重要戦力



まず、私の構想の中に大前提としてあったのは、銀次、松井稼は必須であること。

両人は共に大谷翔平との対戦成績で好戦果を収めていることは1/12エントリーで確認したとおり。銀次はここまで20打数8安打の.400、松井稼も16打数5安打の.313をマーク。銀次の8本はチーム最多で、松井稼の5本は銀次に次ぐ2番目の多さなのだ。この2人は大谷のストレートをしっかり打ち返すことができている、イーグルスの中で数少ない貴重な存在だ。

大谷もこの両人を苦手にしているようで、同郷対決でもある銀次との対戦を振り返り、大谷は「銀次さんに関しては、もうムリでした」と脱帽。9/21の対戦で154キロを右翼席まで運んだ松井稼については「真っ直ぐを張って、確実にとらえる」「強打せずとも上手く合わせて打つ」「インコースの捌きがうまい」と舌を巻いているらしい。

◎参照URL 【楽天好き】投手・大谷翔平、実は楽天打線が苦手?(J SPORTS)

守備位置に関して、銀次ホットコーナーはすんなり決まった。しかし、松井稼をどこに入れるか?で思案した。

西田骨折で遊撃に適材が不在だが、背番号7を遊撃に戻すようなことはしないだろう。外野勝負を決めたベテランに対し、梯子を外すような真似はいくらデーブ監督と言えどもしないはずだ。ここでは打撃に専念してもらいたいという思いもあって左翼としたが、2軍では中堅・右翼で白球を追いかけているというので、右翼も十分にありえる。

大砲2門は外せない。対戦出塁率.667の枡田が割って入る可能性も



長打供給を期待されているサンチェス、ペーニャもラインアップから外すことはできない。

MLBでは左投手キラーながらも右投手に弱かったサンチェス。しかし、例年速球には強さをみせていた。昨年MLBで残した速球打率は.306。93マイル(149.7キロ)以上速球の条件設定でも、48打数12安打、12三振、1死球、2犠飛、1二塁打、1本塁打の.250とまずますのアベレージを記録している。93マイル以上唯一の柵越えは、シンシナティレッズの右腕ホーマー・ベイリー(MLB通算58勝。2度のノーヒットノーランでも知られる)から。4/14の試合で82マイル(128.7キロ)のナックルカーブ直後の95マイル(152.9キロ)4シームを一閃している。

ところで、本当にペーニャはクリムゾンレッドに袖を通してくれるのだろうか? ペーニャ獲得報道が出たのは2/23のこと。あれから1週間経過したが、正式発表はまだない。ここでは近々に入団の運びとなることを願って、DH起用にした。

ただ、ペーニャは大谷と通算7打数0安打3三振とかんばしくないのがネックか。大久保監督も「ペーニャを取ったとしても、(枡田)慎太郎らと競争だよね。それは変わらない。結果を出した方を使うよ」と改めて結果至上主義を明らかにしており、大谷との対戦出塁率.667を誇る枡田の今後のアピール次第では、DHに枡田が座る可能性も大いにありえる。

完全一択の開幕バッテリー



開幕バッテリーは則本x嶋で決まり。怪我等の重大事件が無い限り、このバッテリーが3年連続で開幕バッテリーを務める。

嶋の開幕スタメンは山崎武の7連連続、鉄平の6年連続に次ぐ5年連続になる見込み。則本の新人から3年連続開幕投手は2リーグ制以降では南海・杉浦忠(1958~60年)以来55年ぶりの出来事になる予定。

則本vs大谷のマッチアップは2013年4/5に1度だけ実現している。しかし、こちらは大谷は大谷でもロッテの大谷智久。大谷翔平との投げ合いは初になる。

二塁も藤田一也一択、遊撃は守備力を重視した



開幕セカンドも怪我等が無い限り、藤田一也の完全一拓だろう。

昨年は二塁UZRが落ち込んだ藤田だが、オープン戦でも見せたセカンド左を射抜こうかというゴロ打球に追い着き、1塁へストライク送球する華麗な美技は健在。大谷との通算打率が.158でかんばしくないことはマイナス材料にはなるものの、それを補って余りある堅実な守備力ということで、藤田と予想。正直、藤田と阿部・岩崎・三好・・・の間には大きな実力差があるため、藤田以外の選手がここに割って入ることは考えにくい。

西田骨折で混沌としている遊撃定位置争い。現時点では後藤、阿部の2人に山崎、三好、岩崎が続くかたちだろうか。

経験と実績という点では後藤なのだろうが、衰えたベテランと大谷翔平の対戦はまだ無いのだが、鎧袖一触でヤラれてしまう図が浮かぶ。というのは、昨年の後藤は145キロ以上のストレートに対し、16打数2安打8三振の.125だった。バットを振りにいった44球に対し、空振り14球。スイングの3回に1度は空を切っていたことになるのだから、二刀流右腕の剛速球についていくことはできないと診る。

後藤以外で選ぶとなると、阿部、山崎、三好、岩崎。このポジションの選手に大谷相手に打撃を期待するのは難しく、しっかり守備をしてくれれば十分という観点で、そつのない守備が定評の岩崎を選出した。

残り外野2枠:岡島、福田を外せざるをえない苦渋の決断



さて、迷いに迷ったのは残り外野2枠である。

1番・中堅でレギュラー奪還を目指す聖澤は紅白戦から好アピールが続いており、クイックが苦手だという大谷攻略と、超機動力野球のキーマンだ。3/3時点で判断するなら、中堅・聖澤を脅かす存在はいない。

となると、右翼(または松井稼が右翼に入る場合は左翼)を誰にするか?である。

逡巡した挙句、私が右翼に名前を書き入れたのは、背番号35、島内宏明の名前だった。

なぜ岡島ではなくて島内?と訝しがる人も多いのだろう。

デーブ監督が提唱した格付け制度では外野で恐らく1,2を誇ると思われる岡島。よっぽどのことがない限り、岡島を外すことはありえないのだが、ここへきて対外戦成績が19打数2安打の打率.105とかんばしくない。

3/1ソフトバンク戦ではスライダー連投の飯田の前に、ファーストストライク、2ストライク目いずれも見逃しで奪われ、最後は腰砕けの空振り三振に倒れ、試合後、指揮官に「(ゴルフで)OB3連発は素人でもやらない。(振っていれば)アジャストするから。見逃し、見逃しで2ストライクになった後、3球目を振ってもプロの球は打てないよ」とボヤかれた。

対外戦の成績がいまひとつなのが理由の1つ。

2つ目の理由は岡島と大谷の通算対戦成績が17打数4安打、9三振2四球1犠打の打率.235とかんばしくない点だ。本稿では大谷攻略のための開幕スタメン10人を選ぶという趣旨のため、これが最大理由になる。

大谷と対戦した全打席数の約半数が三振。スイングした約3回に1度でバットが空を切るというタケローらしくない成績なのだ。1/12エントリーでも言及したが、カウントを取りにくる真っすぐに対応できず、追い込まれてしまうケースが大変多くなっている。大谷が投げ込んでくる剛速球に対し、後手後手を余儀なくされているのだ。

足で大谷を崩していきたい楽天にあって、岡島の盗塁技術が島内より劣っている点も考慮した(昨年の盗塁成功率、岡島は47.4%、島内は85.7%)。

以上の理由で岡島を外さざるを得ない苦渋の決断を強いられた。大谷以外の投手が相手なら、岡島を外すことはなかったことを書き記しておきたい。あくまでも大谷翔平という異次元を攻略するための緊急措置である。(もちろん、今後のオープン戦の結果次第で、島内が結果が出ず、岡島が挽回してくれば、私の予想も岡島に変わる可能性はある)

私が島内のバットに期待するその理由



一方、島内と大谷の通算対戦成績は8打数1安打、2三振、1四球、1犠打、1本塁打の打率.125と、良いとは言えない。しかし、9/21の対戦では150キロの真っすぐを右越えソロ弾にする打撃も見せている。

島内は楽天でも有数のスピードボール打ちに長けた打者で、150キロ以上速球の通算打撃成績は下表のとおり、13打数3安打4三振、5四球、1犠打、1三塁打、2本塁打である。打率こそ.231だが、四球を多く選んでいること、打った安打は全て長打であること等でOPSでは驚異の1.291である。

私にとってこの特性はどうしても捨て難く、通常なら外すことはありえない岡島を押しのけてまでも、スタメンで見てみたいと思った理由だ。守備位置は右翼としたが、左肩の具合次第では左翼もありえるだろう。(そのときは松井稼が右翼に入る)

(下記に続く・・・下記で打順を発表)

■島内宏明 150キロ以上速球 通算打撃成績
※2014年終了データ
20150303DATA02.jpg

左右ジグザグ打順にしてみた



これまでの対外試合を見ていると、左右ジグザグに組んでいるケースが多いので、下記にしてみた。

1番・聖澤諒(中)
2番・岩崎達郎(遊)
3番・銀次(三)
4番・サンチェス(一)
5番・松井稼頭央(左)
6番・ペーニャ(指)
7番・島内宏明(右)
8番・嶋基宏(捕)
9番・藤田一也(二)
先発・則本昂大(右投)


◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天選手に読んで欲しい、カウント別球種割合から探る大谷翔平その傾向と対策
Plate Disciplineなど珍記録から紐解く、銀次ら楽天各打者vs大谷翔平との対戦成績


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}