FC2ブログ

【久米島キャンプ2015初日】チーム最多122本のシャトルランを走り抜いた西田哲朗。好フィールディングの辛島航

スポンサーリンク





アンケート募集中「あなたが選ぶ2015年活躍を期待したい野手&投手」

締切2/15(日)まで。抽選1名様に選手名鑑プレゼントも実施中。詳しい御案内はコチラをクリック。
※2/1現在32名様の御応募有(名鑑プレゼント13名様)



球春到来。11年目の久米島キャンプ、始まる!!



こんにちは。@eagleshibakawaです。

待ちに待った2月1日。当ブログは2013年、2014年と2年連続でニコニコ動画で生中継されている久米島キャンプの模様を綴ってきましたが、今年もできる限りフォローしていきたいと思っています。

今年の楽天は1軍2軍の呼称は使わず、久米島球場で練習を行う班を久米島班、仲里球場を仲里班としている。後者は特定の課題を持っている選手、怪我明けの選手、ベテランの選手が主に振り分けられている模様だ。新人の中では安楽の他に、入野、加藤、福田が久米島班入りしている。ちなみに今年は嶋がキャプテン、副に松井稼と小山が就いている。

久米島班の顔ぶれは下記のとおり。


◎投手21人
松井裕樹、塩見貴洋、則本昂大、安楽智大、戸村健次、永井怜、武藤好貴、西宮悠介、青山浩二、ミコライオ、川井貴志、クルーズ、入野貴大、加藤正志、相原和友、横山貴明、小山伸一郎、辛島航、菊池保則、上園啓史、藤江均

◎捕手4人
小関翔太、嶋基宏、伊志嶺忠、小山桂司

◎内野手10人
阿部俊人、サンチェス、後藤光尊、藤田一也、銀次、ウィーラー、西田哲朗、中川大志、山崎浩司、小斉祐輔

◎外野手6人
牧田明久、松井稼頭央、聖沢諒、福田将儀、岡島豪郎、島内宏明



しかし、ニコニコ動画の中継が始まった9時30分、背番号11の姿だけ久米島球場にはなかった。37度9分の高熱を発し、診察結果はインフルエンザだという。5日前後の静養が必要とのことで、今日は宿舎で療養となっている。

練習に先立ち、本日48歳の誕生日を迎えた大久保監督は報道陣に「則本が大候補であることは間違いない。でも2カ月先のことはまだ決めない。投手陣全員に期待している。戸村もチャンスがあるし、塩見だってそう。失敗しても納得するだけの努力が見たい」とコメント。その期待されている塩見がいきなりの離脱になってしまったのは、少し残念だ。(感染が他選手に広がらないこと、塩見がしっかり回復することを祈りたい)

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


西田、チーム最多122本のシャトルランを走り抜く



朝9時現在の久米島は曇り、気温15度、湿度70%、風速5m。前年は快晴。気温も24度まで上昇するほどのキャンプ日和だったが、今年はやや肌寒いといった感だろうか。9時30分、外野での全体写真撮影終了後、約1時間をかけて外周ジョギング、柔軟体操、シャトルラン等のウォーミングアップが実施された。

やっぱり、目玉はドレミファソラシドに乗せて行われる外野での恒例シャトルランだろう。この頃になると日差しも差し込み始め、心地よい汗を流すには格好の空模様になった。

長らくイーグルスオフィシャルライブのベンチリポーターを務めていた羽村亜美さんが以前秋田トレーナーに取材したところ、このシャトルランで各選手がキャンプまでの自主トレでどれだけしっかり身体を作ってきたかが分かるとのこと。

60本近くでウィーラーが、70本手前で松井稼が、100本前後で聖澤、武藤らが脱落していった中、100本を悠に超えて残ったのは西田と相原の2人。相原が120本で力尽きた中、西田はチーム最多122本まで走り抜いている。

シャトルランの後は11時手前からキャッチボールを20分近く。安楽は松井裕と。新人・加藤はキャッチボールの時もサブマリン投法だった。本日は安楽、ミコライオ、クルーズを除く投手陣は皆、ブルペン入りの予定。「キャンプは仕上げ」と指揮官が語るように、レギュラー争い、先発ローテ争い、1軍争いは2月1日以前に既に始まっている。

■2014年 楽天投手別の投ゴ処理数


ギャオス内藤氏、辛島のフィールディングを評価



ウォーミングアップ、キャッチボールの後は投内連携だ。11時18分前後から始まり、約30分強続いた。

内野では投ゴを処理した投手が2塁送球する練習、ライトでは一ゴ時の一塁ベースカバー練習、レフトでは投ゴ処理後に3塁送球する練習が繰り広げられていた。

実はこの日J SPORTSが無料の日ということで、途中からJ SPORTSで実況・中田浩光アナ、解説・ギャオス内藤氏のやりとりを聞きながら観ていたのだが、その中で内藤氏がステップせずに2塁送球した安楽にダメ出しする中、辛島のフィールディングを評価していた。

そこで2014年のデータを確認してみた。昨年、楽天投手陣が処理した「投ゴ」「投ゴ併」「投バゴ」「投バゴ併」は合計131本を数えた。その中でチーム最多22本を処理していた。9イニング当たりの処理数を見ても100回以上投げた投手4人の中では最多だった。

もちろん、ゴロ率が高めということもあるのだけれど、手元の観戦メモに視線を落とすと、22本中5本は好処理によるアウトだったことが分かる。(4/6ソフトバンク戦3回中村投ゴ、4/13ロッテ戦1回根元投ゴ、7/15オリックス戦4回T-岡田投ゴ、7/26日本ハム戦2回大引投バゴ、8/12ソフトバンンク戦7回川島投バゴ)

相手の投前バントが「投バゴ」「投バゴ併」の失敗に終わったケースは10個あったが、そのうち辛島の4個が最多。辛島のフィールディングの良さはデータ上からも確認できるのだ。

投内連携の後は12時40分前まで10分×4セットのゴロ捕球等のノックが内外野、三塁ファウルゾーンで実施された。12時40分、アジリティ、ランチを経て、午後の打撃練習、ブルペンでの投球練習等に移っていく。

※J SPORTSの中継は14時まで続くが、本エントリーはココまでにしておきたい。




◎◎◎関連記事◎◎◎
【楽天久米島キャンプ2013初日】 釜田&辛島、共に開幕投手宣言。TL上の写真6枚で確認する初日の久米島
【久米島キャンプ2014】 球春日和に恵まれた初日、日本人投手16人全員がブルペン入り


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}