FC2ブログ

「イニング先頭打者の四球は失点につながりやすい」は真っ赤な嘘である

スポンサーリンク




イニング先頭打者の四球は失点につながりやすいは本当か?!



今年も数多くの野球を観戦してきた。

楽天戦、田中将大や岩隈久志登板などのMLBの試合、高校野球やオールスター、日本シリーズ、日米野球など全てをひっくるめれば200試合前後になるのかもしれない。

数多くの野球中継を観ていると、実況アナや解説者が、野球界お決まりの文句を繰り出すことが、しばしばある。

きっと皆さんも幾つか心当たりあると思う。

「イニング先頭打者の四球は失点につながりやすい」も、その中の1つ。あまりにも有名な野球界の定説だ。

この文脈の中には、単打より四球のほうが失点につながりやすい、どうせランナーを出すならヒット(単打)を打たれたほうが良いという意味合いも含まれている。勝負を避けて四球を出すより、勝負した結果、打たれたほうが悔いが残らない。好打者でも7割は打ち損じるのだから、勝負すべきという教訓めいたものも含まれている。

この定説、今季の楽天戦でも、何度も聞く場面に出くわした。

山村宏樹氏を始め何人かの解説者は「90%失点につながる」と力強くコメントをしていたのも覚えている。

しかし、この定説、本当に合っているのだろうか?

単打も四球も同じ無死1塁だ。アウト塁状況は、どちらが有利でどちらが不利ということはないはずだ。

確かに打者を怖がっての四球はいただけないが、勝負した結果のフォアボールもあるはずだ。単打の中にも勝負しにいって打たれた単打もあるだろうし、こわごわ投げたのが甘く抜けて痛打された単打もあるだろう。勝負しにいった結果=単打、勝負を避けた結果=四球とは一概に区別できるはずもない。

そんな違和感に苛まれながらも、野球中継を観戦してきたが、このたび、この疑問が解決したのでお知らせしたい。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



記録好きの野球ファンにお薦め、データスタジアムさん監修の一冊



今夏発売され、今秋読了した『高校球児に伝えたい!プロだけが知っているデータで試合に勝つ法』(東邦出版)に紹介されていた。

同書はデータスタジアムさんが記録収集した2009~2013年のNPBデータを用いて、ヒットが出やすいカウント、長打になりやすい球種、見逃し三振を奪いやすいコース等々、様々な状況を解説している一冊である。紹介されているデータは全てNPBのものなので、私のような野球好きが読んでも、十分に楽しめる内容になっている。

その中の188ページに、先頭打者出塁内容別イニング平均失点が掲載されていた。

単打や二塁打、四球、エラー・・・などで先頭打者を出塁させた場合、3アウトまで平均何失点するのか?のNPBの2009~2013年の平均値が紹介されていた。

単打0.78点
二塁打.096点
三塁打1.28点
本塁打1.45点
四球0.80点
死球0.74点
エラー0.82点

結果はこのとおり。単打と四球の平均失点では明確な差異は確認されていないのだ。

単打より四球のほうが失点につながりやすいのは真っ赤な嘘と言えるし、楽天戦の実況席で何人かの解説者が口にした90%の失点も認められない。もし本当に失点確率が90%近くあるなら、平均失点は0.80どころじゃ済まされないからだ。

しかし、絶対エースの田中将大が抜けて、リーグ5位の防御率4.14に終わった楽天投手陣である。

松井裕樹や森雄大などの若手投手が、驚くほどの四球を連発していた今シーズンである。

確かにNPB平均値では、「イニング先頭打者の四球は失点につながりやすい」は真っ赤な嘘だと判明したけど、こと楽天投手陣に限って言えば、違うのではないか?

そんな疑問が頭をもたげてきたので、いつもどおりに断続的にシコシコと、今年の楽天投手陣の数字を調べてみた。

■2014年 楽天投手陣 回先頭打者出塁内容別の平均失点


今年の楽天投手陣をみても、差異は確認されなかった



ここで言う回先頭打者は無死走者なしでのもの。例えば、先頭打者が出塁し、次打者が本塁打を放ち、なおも無死走者なしで次々打者が打席に入った場合、この打者が出塁した時のケースもカウントに含まれている。

御覧のとおり、今年、楽天投手陣がイニング先頭打者を単打で出塁させた場合、その平均失点は0.86だった。四球の場合は0.83。ほとんど変わらないのだ。

今年の楽天投手陣、回の先頭打者をフォアボールで出した場合、その失点確率は45.0%だった。90%だなんて、ないない(ヾノ・∀・`) という結果が判明している。楽天戦でそのようにコメントした解説氏は揃って頭を丸めて勉強しなおしたほうが良いようである。

ただし、失点もリーグ5位と多かった今年である。前掲書に記載のあった2009~2013年のNPB平均値と比べた場合、いずれも悪い結果が出ていた。

ということで、リーグ平均値と比べた場合、悪い結果が出ているが、単打か?四球か?では大きな差異は発生していなかったという結論になる。

投手別のデータを週明け月曜のメルマガで発表します



さて、それでは、個々の投手別ではどうか? 

週明け月曜日12/15(月)の当ブログ運営の有料メールマガジン「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」では、投手別のデータをコメントと共に発表する予定でいる。(すでに調べはついている!)

やっぱり、投手別になると、色々と差異が発生しているのだった。

新規読者登録さんは初月無料。まぐまぐと直接購読で販売しております



もし気になる方いましたら、ぜひ当メルマガをどうぞ。月額税込514円で基本、月曜日発行です。

メールマガジン配信大手の「まぐまぐ」でお申し込みの方は下記URLでどうぞ(クレジット決済)

http://www.mag2.com/m/0001609734.html

直接、当ブログから御購入頂く場合は、tan_5277アットマークyahoo.co.jpまで御連絡をどうぞ(銀行振り込み)。

どちらの決済方法でも、新規読者登録初月は無料購読頂けます。例えば12月じゅうに登録頂いた場合、12/1、12/8、12/15、12/22、12/29の5配信分は全て無料で全文をお試し購読いただけます。

より詳しい御案内はコチラをクリックして御参照下さい。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天投手の打者圧倒力を診断する~~投手別の三球三振&初球内野フライ獲得数を調査した
敵軍投手による楽天打者圧倒力を診る~三球三振がきわめて少ない銀次、意外にも多かった岡島と藤田ほか
【記録】2014年パリーグ盗塁記録(4)投手別の許盗塁数。盗塁を許さない投手、走られ放題の投手は?!


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}