FC2ブログ

10年以上で実に5球団。ジャーニーマン・山崎浩司が楽天で求められている役回りとは?

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆11/10配信最新号の主な内容は「2ストライク以降のアプローチで診る主要打者の粘り適性検査/楽天2軍選手の2014年本塁打記録」です


山崎浩司、楽天入り



昨日、楽天は、西武を戦力外になった山崎浩司(34、内野手)と、同じくDeNAからリリースされた藤江均(28、投手)の入団を発表している。

かねてより獲得調査の報道が流れていたが、一昨日宮川ら5選手と新たに育成契約を交わしたことで、昨日の正式発表になったのだろう。

藤江についての所感は11/10エントリー『DeNA戦力外の藤江均。はたして楽天で「第2の福山」になれるのか?』で書いたので、そちらを御参照頂くこととして、本稿では山崎浩について語ってみたい。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


因縁の2013.6.27



山崎浩で真っ先に思い出すのは、昨年の交流戦明け、6/27大宮で戦った西武戦である。

試合自体は楽天のワンサイドゲームだった。味方打線が序盤早々に敵先発・涌井を攻略。大量援護に守られた先発・川井は6回6安打1失点の好投をみせる。終盤9回にダメ押しの5得点を入れたイーグルスが10-1で大勝を飾るという展開だった。ちなみに、左投手が先発した昨年初のゲームでもあった。

試合は初回から動いた。1回表、2番・藤田、3番・銀次の連打で好機を作ると、4番・ジョーンズが外角低め誘い球を3度見きわめて四球を獲得。塁上全て埋まって1死満塁、バッターボックスには5番・マギーを迎えていた。マギーは追い込まれた後、ファウルで粘り、フルカウント勝負に持ち込む。ラスト8球目はサード・ヘルマン正面のゴロ。5-4-3のゲッツーコースかと思われた。

しかし、楽天に先制点が転がり込むことになる。

ヘルマンの2塁転送封殺を阻止しようと、一走AJがゲッツー崩しのスライディングを敢行。ベースカバーに入った遊撃手・山崎浩が足を大きくすくわれるかたちになって転倒。結局、左足首負傷でそのままベンチに引き上げ、翌月、登録抹消。そのままシーズンを終えることを余儀なくされていた。

その時の映像がこちら。



当時愛読していたブログに「日刊埼玉西武ライオンズ」がある。その頃の筆者はライオンズファンのカズさん。本職は受講生にプロ野球選手もいるというパーソナル・ピッチング・コーチ。そのカズさんがAJのスライディングに対し的確な批判をし展開、当時思わず納得させられたので、一部を引用したい。

さて、今夜はもう一点書いておきたい。それは初回のイーグルスの攻撃時、ジョーンズ選手のセカンドへのスライディングに関してだ。一塁走者だったジョーンズ選手は、併殺を防ごうとして二塁に右脚を上げてスライディングをしていった。通常のスライディングは、基本的には二塁ベースを壁に見立て、その壁に足を就いて安全に止まるという意味も含まれているプレーだ。もちろん勢い余ってベースを飛び出してしまうことはあるわけだが、それでもスライディングは、止まるということを前提に行うプレーだ。そのスライディングで、ジョーンズ選手は右脚を上げた状態で滑り込んだ。これでは当然ベースに足は付かず、止まることはできない。そしてそのままスパイクが山崎浩司選手の脚に直撃した。

この場面では特別揉めることはなかったが、しかしラフプレーではないだろうか。MLBではもしかしたら普通のことなのかもしれない。だがNPBではそうではないはずだ。スパイクを上に上げるスライディングは危険プレーだと筆者は思っている。

(中略)

その後ジョーンズ選手は山本淳投手から死球を受け怒りを露わにしたが、ジョーンズ選手はその死球に対して怒る資格などはない。バリバリのメジャーリーガーならばそんな姑息なプレーなどせず、50本くらいホームランを打って相手を圧倒すればいいのだ。併殺を防ぐためのスライディングは必要だ。しかしそれは相手を怪我させてまで行うべくプレーではない。両手を広げてスライディングし、それにより送球がしづらくなり併殺が上手く行かなかったのならばまだ分かる。だがジョーンズ選手は明らかにスパイクを山崎選手に向けて滑り込んでいた。これでもし山崎選手の選手生命が左右されるようなことになれば、ジョーンズ選手は最悪の助っ人というレッテルを貼られるだろう。


アクシデントはこれだけでは終わらなかった。

7回にはAJが西武四番手から報復死球を受けると、仏のAJの表情が厳しくなり、険悪なムードに。これを受けて9回裏に小山がスピリーに背中を通るすっぽ抜けの投球を見舞ったことで(当たらなかったが)、両軍ベンチから飛び出す乱闘寸前の騒ぎになり、警告試合に。初Vの昨年を振り返っても、1,2に入るかもしれない後味の悪い試合だった。

渡辺直人再生のきっかけとなった山崎浩司の負傷



話はまだ終わらない。

山崎浩負傷離脱で二遊間戦力に不安を感じたライオンズは7/7、長田との交換トレードで当時DeNAで燻ぶっていた元犬鷲戦士・渡辺直人を獲得。その渡辺はライオンズで見事生き返り、イーグルスを苦しめている。

その渡辺の対楽天戦打率、昨年は27打数9安打の打率.333。今年は59打数13安打、打率こそ.220なものの、8打点は対戦チーム別で最多を記録。イーグルスファンにしてみれば、一言で言い表せない心中複雑な思いなのだ。

山崎浩にしてみれば、AJのいる楽天は因縁の相手だと思うのだが、昨日の敵は今日の友、今回の獲得劇でプロの厳しさをまた垣間見た思いがする。

山崎浩司獲得狙いは?!



さて、楽天が来年35歳を迎える内野ユーティリティのベテランを獲得した狙いは、どこにあるのだろう?

報道されているように、センターラインの強化を課題の1つにしているイーグルスにとって、遊撃を始め内野全ポジション手堅く守ることのできる山崎浩の存在は、魅力的ということなのだろうか?

「山崎は、遊撃のレギュラー争いに加わって欲しい」という大久保監督のコメントにあるように、遊撃レギュラー争いにおける西田の好敵手という位置付けなのだろうか?

個人的にはそうではないと思っている。山崎浩が評価の高い守備力を活かし、内野ユーティリティとして存分に能力を発揮したのは、オリックス在籍時で97試合に出場した2009年と78試合の翌2010年あたりの話だろう。

特にここ数年は自慢の守備でも衰えが始まっているように思う。

■山崎浩司 年度別 遊撃レンジファクター


通算打率.228。遊撃RF3年連続リーグ平均以下



上記に2012年以降直近3年分、山崎浩の遊撃レンジファクターを出してみた。表欄外左側の数字はリーグ平均値。いずれの歳も平均を大きく下まわる数字で推移し、かつ、2012年の3.91を起点に年々目減りが続いている。

この程度の守備なら、正直、松井稼を守らせたほうがまだマシであるし、ひょっとすると後藤のほうがもっと良い働きをするかもしれない。むろん、打撃は期待できない。スラッシュラインの通算成績は.228/.267/.286のOPS.555。昨年は.155の低打率。今年も.242とに留まった。長打がないのでOPSも一向に上がらない。

言い方は悪いが、楽天は年俸600万の仲澤を戦力外にして、今季2600万だった山崎浩を手に入れた。同じ右打ちの内野ユーティリティで、仲澤より幾分かマシな選手を獲得した、という表現が妥当なのだろう。事実、戦力として多くは期待できない。

5球団を渡り歩いてきた経験の還元を



しかし、そんなことは楽天のフロントも現場も、重々分かり切っていて、それでもあえて獲得に踏み切ったのだと思っている。

山崎浩に要求されているのは、目に見える数字以外の部分だろう。バッターボックスでの犠打や進塁打、フォア・ザ・チームの打撃もその1つになるが、それよりも一番期待しているのは、日々のルーティンワークへの取り組み姿勢、控えで出番がいつ訪れるかもしれない時へ向けての決して怠らない準備と意識の持ち方。そういったプロとしての、ベテランならではの「あるべき姿」だと思うのだ。

その姿を、若手が多いイーグルスのナインに学んで欲しい。そういう狙いで獲得したのではないだろうか。また、そういった所が評価されないと、1度も3割を打ったことのない選手が実に5球団を渡り歩いて1軍で10年以上もプレーすることは難しいと思う。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天も獲得調査を進めたい広島退団のバリントン
楽天・星野政権4年間その功と罪を検証する(1)繰り返されたコンディションに考慮しない選手起用法。多かった投手の手術数
DeNA戦力外の藤江均。はたして楽天で「第2の福山」になれるのか?


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
37位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}