FC2ブログ

楽天も獲得調査を進めたい広島退団のバリントン

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆10/27配信最新号の主な内容は「2軍投手12人の獲得凡打、その打球内訳を診る~GO/AO指標から」です


現有戦力底上げが基本線の投手陣も・・・



ドラフト、第2次戦力外通告も終わり、来季へ向けてのチーム構想も段々と見えるようになってきた。

投手陣の戦力外は育成の井坂と木村、有馬、ミトレの4人に止まった。予想外に少なかった印象だ。高堀、宮川の2名は育成枠へ移行。宮川は右肘手術明けで実践復帰が5月頃と見られているため、支配下枠を空けておきたい処置によるもの。恐らく高堀も同様だろう。

ドラフトでは1位で安楽を引き当てた。2位では小野、いずれも高校生投手を指名した。即戦力と見られる入野、加藤は5位6位の下位指名だった。

外国人の整理はこれから。11月下旬の発表と思われるが、ブラックリーは退団が規定路線。ファルケンボーグは去就が微妙とされており、クルーズ、ファンミルは来季も契約という感じだろうか。

近年、高卒投手を数多く指名してきたことから、投手陣は全体的に若く、伸びしろのある逸材が揃っている。これから始まる秋季キャンプ、年明けの久米島キャンプでは「現有戦力の底上げ」が基本線になっていく。彼らが自分の殻を破って成長の階段を順調に登ってくれさえすれば、楽天の未来は明るい。

しかし、全く補強せず・・・という訳にもいかないのでは?と思っている。

下記に楽天の先発防御率の年度別推移を、リーグ平均値と比較してみる折れ線グラフを作戦した。2009年以降の推移だ。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

※2011~2012年=極度な投高打低の統一球時代

急務となる先発陣の立て直し、その再建



今季の先発防御率は4.06。リーグ5位。チームQS率は43.8%。同最下位に沈んだ。

先発防御率が4点台に突入したのは、同じく最下位に沈んだ2010年のブラウン政権以来、4年ぶり。しかし、上記折れ線グラフが示すように、2010年はリーグ平均値を下まわる良い数字だった。2008年以前は未調査だが、2009年~2013年までの5シーズンはリーグ平均値の下に収まる安定推移をみせていた。

しかし、今年の4.06はリーグ平均3.82を上まわってしまう悪い数字。2009年以降、初めての悪化ということになり、過去6シーズンの中で今季が最も悪かったと言える。

チームQS率が5割を割り込み40%台に突入したのも、2007年(45.1%)以来のこと。期待されていた塩辛コンビは二桁届かず。昨年日本シリーズMVP右腕の美馬は終始冴えず、ゴールデンルーキー松井裕も4勝8敗に終わり、二桁勝利投手は則本1人だけに終わった。

もちろん、美馬の復活、塩辛コンビの1年通しての二桁勝利、松井裕2年目の躍進、菊池の大器晩成、先発チャンスを与えられた森、濱矢、横山の台頭など、既存戦力のさらなる活躍を私は願っている。投手個々を見ればポテンシャルも高く、もっと良いパフォーマンスをみせてくれるであろうという期待感が高まる。

しかし、期待と計算は別ものだ。我々ファンは期待する権利がある一方、チームの編成を預かる立花球団社長以下統括本部の立場から言えば、判断者の“主観”でどうにでもなる期待というアヤフヤな物差しではなく、しっかり計算に基づいたV奪還ビジョンを構築しなければならない。

その意味で、冷静に考えてみると、彼ら既存戦力が来季活躍する保証はどこにもないことになる。

2年連続先発ローテで機能、来季も戦力として十分計算できそうなのが、現状では(今季は約1ヵ月の低迷、中継ぎ転向も間に挟んだとはいえ)則本ただ1人だけと言える。

塩見にしろ、辛島にしろ、怪我持ちで1年通して投げた実績を持たない(塩見の1年目は5月デビュー)。美馬も楽天入り後も怪我に悩まされ、来季は29歳。立花球団社長・チーム戦略室が掲げる「投手23~25歳ピーク説」からすれば“下り坂”の投手であり、多くは計算できない。

松井裕には期待したい。しかし、二桁勝利を確約できるか?と言われると、即答できない所も多い。森、濱矢、横山、菊池に至っては経験が足りず、粗削りの投手がどう化けるか?は未知数。特に菊池は2012年終盤も今季同様の好投をみせながら翌2013年フタを開けたら開幕4連敗だった前歴もあるのだ。二桁の算盤を弾くことはできない。

ドラフト獲得投手も上位では即戦力と言い難い高校生投手を指名したことからも、先発陣への補強が必要だと思われる。

その中、2011年から4年間広島で通算40勝を挙げたバリントンが来季構想から外れ、退団することが報じられている。そのバリントンを真中ヤクルトが早くも獲得調査を進めているとも報道された。

(下記に続く)

■バリントン NPB 年度別 投手成績


20141102DATA03.jpg



今季のバリントンは9月に右尺骨神経炎を発症。1ヵ月早くシーズンを終えたこともあり、131回2/3で9勝8敗。2年連続の二桁勝利には手が届かなかったが、QS率60.9%はチーム2位(HQS率は26.1%)。チーム勝利の可能性を残すゲームメイクの仕事をみせた。

私は、イーグルスもバリントンの獲得調査を進めるべきだと思っている。

バリントンも来季は35歳。204回1/3を投げて11勝をマークした2011年のような傑出した成績を求めることはできない。しかし、今季のようにQS率60%台の、コンスタントにゲームメイクしてくれる投球は、ある程度は想像できるのでは?と思う。

ちなみに今季QS率60%以上を記録した楽天先発投手(10先発以上)は則本だけだった。(8先発で75.0%の菊池は残り2戦未達でも60%台を維持するため、菊池を入れても良いかもしれない)

防御率、被OPS、WHIPといった数字が悪化を見せており、その部分では加齢&勤続疲労等が疑われ、終盤に患った右尺骨神経炎は気がかりではある。尺骨神経炎は2週間以上経っても改善が見られない場合は手術が必要だという。バリントンがメスを入れたというニュースも聞かないので、炎症は収まっている可能性は高い。もしフィジカル的に問題がないようであれば、リーグを変えて新規一転、また一花咲かせる余地はあるのでは?と思う。

パリーグは広い球場が多い。セリーグと違って打ち損じたフライがそのままスタンドに入るケースも少ない。投手有利の環境と言える。セリーグと比べてパークファクターの部分で一発や長打も少なくなることが予想される。

それに、屈指のゴロアウト投手という部分もチーム構想にフィットする。今年の2月、Web Sportivaの取材に対し、立花球団社長はゴロ率を重視する点を披歴している。

立花「例えばピッチャーを見る場合、勝った、負けたではなく、何失点で抑えたのか、どういう点の取られ方をしているのか、ゴロ率はどれくらい高いのかと見るようになります。フライばかり打たれているピッチャーはいつかホームランを打たれるので、ゴロピッチャーにならないといけない」

その点、3年連続でリーグ平均を大きく上回るゴロ率のバリントンは打ってつけ。今季のゴロ率は不明なもののGO/AOは当方計算で2.03と高い値。自身のピッチングが出来た時には、ゴロを打たせてアウトを取る投球ができていたことになる。

外国人枠を懸念される方もいるかもしれない。野手2名投手2名が基本線だとすると、バリントン獲得でクルーズとファンミルが1軍で使えなくなる恐れも出てくる。これは大久保監督がぶち上げた中継ぎターンオーバー制が実現できれば、解消されることになる。バリントン+クルーズorファンミル(うち1名は下で待機)というかたちができる。

ただ、マネーゲームをしてまで取りにいくことはないとも思う。

年俸1億以内の1年契約が妥当。

少なくとも2億円を貰って日本津々浦々の観光を楽しみ、オーストラリアにフィアンセと共に帰っていくどこかの助っ人左腕よりかは、働いてくれそうな気がする。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天の初V4番AJ、アンドリュー・ジョーンズ去就問題を考える


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
38位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}