FC2ブログ

【試合評】後半戦の松井裕樹、実は失点イニングは1試合で1度だけなんです~2014年9月16日(火) ○楽天イーグルス6-3ロッテ

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆9/8配信最新号の主な内容は「楽天選手の主な同郷対決。その成績を確認する」です。




コボスタ初勝利の松井裕樹。序盤2イニングは重苦しかった



松井裕樹が苦しみながらも本拠地コボスタ初勝利を挙げた。

序盤2イニングまでを見れば、本当どうなるか?と思われた。立ち上がりから制球が思わしくなく、ボール先行の投球が目立っていた。1回表は1死後、2番・鈴木の当たり損ね捕前バウンドゴロを嶋がイレギュラーに対応できずエラー。2死後、4番・デスパイネに右中間フェンス直撃二塁打を浴び、2死3,2塁。このピンチは5番・クルーズをボール先行2-1から平凡な遊ゴに仕留めて難を切り抜けたが、翌2回表、3点を失った。

2回は1死後、7番・井上に3-1から四球を与えたのがきっかけだった。リリースポイントが安定せず、速球がてんでバラバラ。続く8番・田村には内角攻めの速球が逆球で外角に入ったところをひっぱられ、三遊間深いゾーンへの遊撃内野安打にされてしまう。9番・伊志嶺にも井上同様のフォアボールを与えて1死満塁。本戦初めて佐藤コーチがマウンドに歩を進めている。

この後、5打数3安打と相性の悪い1番・加藤に対し球数費やしながらも辛くも三振にとった松井裕だったが、2番・鈴木に3-1から押し出しのフォアボール。ここも速球がストライクゾーンを見失ったように完全なボール球になっての押し出し劇だった。1回裏に立ち上がりの相手先発・石川を攻めてAJ適時打で1点を先制していたイーグルスだったが、松井裕の自滅により追い着かれてしまった。

この後、なおも2死満塁で3番・今江に外角の自己最速更新152キロを右打ちされ、1,2塁間突破の右前安打で2点を失っている。(楽1-3ロ)

1回は20球、2回は35球。序盤2イニングだけで55球も費やした松井裕。四球は既に3個。ストライク率は41.8%と5割を大きく割り込む酷い数字。ボール先行2-0にしてしまう場面が4度と多く、本当に2回までの投球を見ていると、4月の頃に戻ってしまったのでは?と心を重くさせる投球内容だった。

しかし、ズルズルいきかねない中、3回以降、立ち直った。

3回は5番・クルーズから始まる相手攻撃を三者凡退。4回は2死から加藤、鈴木の1、2番コンビに連打を浴びて3,1塁としたが、3番・今江を追い込んでからイージーな三ゴに抑えた。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140916DATA02.jpg
HANREI3.jpg

4回裏、相手2度の守備ミスに乗じ、阿部鮮やかスクイズなど逆転に成功



すると、ピンチで粘った直後の4回裏、味方が石川から3点を奪取、逆転に成功する。

4回裏逆転の3点は相手ミスに乗じた得点劇だった。1死後に5番・銀次が右前へ運んで1塁に出塁、6番・枡田の当たりはファースト正面のゴロ。3-6-1か3-6-3のゲッツーコースだったが、一塁手・井上がファンブル。2,1塁と広がった好機でしっかり仕事をしたのは7番・嶋だった。フルカウント勝負はお得意の右打ち。二走・銀次は悠々生還。スタートを切っていた一走・枡田も返球より一足先に3塁を陥れていた。

なおも1死3,1塁のチャンスが続く。本戦で久々スタメン起用された8番・小斉の当たりはサード前方の当たり損ね緩いゴロ。これを処理した三塁手・今江が1塁へ悪送球。この間に三走が同点のホームを踏むと、一走・嶋は三進して1死3,1塁のかたちが続いていく。ここで8/26西武戦以来今季2度目先発の9番・阿部が1塁線へ絶妙なセーフティースクイズを決め、遂に逆転とする。(楽4-3ロ)

この時、阿部のバントを処理した一塁手・井上が処理に手間取り1塁にも投げられずのフィルダースチョイスとなる。2,1塁で1番・島内も安打でつなぎ1死満塁、一気に突き放したい場面で2番・西田が外角の難しい球を強引に打って出ての1-2-3併殺打。

この西田凡退のミスをリカバーしたのは翌5回裏、AJの槍働きだった。先頭・岡島が中前へ打球を運んで無死1塁、初球だった。外角狙いのスライダーが真中高めに甘く抜けた石川の失投を完全に料理した。左翼席のスタンド中段付近まで達した特大の一撃は本戦の決勝2ランとなる23号。AJはこの後もヒットを放ち、本戦3安打3打点の猛打賞だった。(楽6-3ロ)

終盤は福山、クルーズ、ファルケンの継投リレーで逃げ切り



松井裕は中盤5、6回を1四球だけに抑える好投をみせて6回3失点。終盤7回からイーグルスは福山、クルーズ、ファルケンボーグとつないだ。

いずれも得点圏に走者を背負ったが、8回無死2塁で高濱の三遊間の当たりをサード阿部が好守を見せる良い働きもあって、クルーズは無失点。9回は2死からファルケンボーグが今季2本目の被弾を今江にくらったものの、後続を退け、イーグルスが6-3。今季17度目の逆転勝利を飾っている。逆転勝利の月別回数を調べると、9月はこれで4度。これは大久保代行が指揮を執った7月に並ぶ数字になっている。

相手先発・石川は中5日続きの登板間隔が続いており、本戦がコボスタ初登板だった。マウンドとの相性もあったのかもしれない。

チーム成績は126試合55勝71敗の6位。借金は16に減らしている。ゲーム差は1位・ソフトバンクと20.5、2位・オリックスと16.0、3位・日本ハムと9.0、4位・ロッテ、5位・西武と1.5としている。

各種戦績は、後半戦20勝23敗、闘将復帰19勝20敗、9月8勝4敗、ロッテ戦12勝10敗、コボスタ25勝31敗の推移になった。

両軍のスタメン

ロッテ=1番・加藤(右)、2番・鈴木(遊)、3番・今江(三)、4番・デスパイネ(左)、5番・クルーズ(二)、6番・角中(指)、7番・井上(一)、8番・田村(捕)、9番・伊志嶺(中)、先発・石川(右投)

楽天=1番・島内(中)、2番・西田(遊)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(三)、6番・枡田(左)、7番・嶋(捕)、8番・小斉(一)、9番・阿部(二)、先発・松井裕(左投)


AJの槍働きに瞠目



9月に入ってからのAJの打棒が凄まじい。下記に昨年と今年の9月成績をまとめてみた。昨年もリーグ優勝を決定づける二塁打に象徴されるように、大詰めの優勝戦線でAJの槍働きが打線を力強く牽引した。

しかし、今年はそれを上まわる打棒だ。OPSは昨年.998から今年は1.230。打率も.257から.378に上昇している。



20140916DATA03.jpg

松井裕樹の投手成績

6回、打者28人、119球(1回当たり19.83)、被安打5、被本塁打0、奪三振7、与四球4、失点3、自責点3。

初球28球・・・ストレート20、スライダー7、カーブ1
2ストライク以降28球・・・ストレート13、スライダー6、チェンジアップ9
ボール先行36球・・・ストレート28、スライダー1、チェンジアップ4、カーブ3

松井裕樹のコメント「今日は調子自体はあまり良くなかったです。3点を取られた後に、チームの先輩方に『何とか粘れ』と言っていただいて必死に投げました。何とか6回まで投げることができた、という感じです。ただ、変化球が入らなくなり、四球から崩れてしまう部分が今回も出てしまいました。いろいろ試行錯誤しながらトライしているのですが。毎回同じミスを繰り返して、試合の流れを悪くしてしまい、野手の方々には申し訳ないです」

後半戦の松井裕樹、失点は1試合1イニングのみ



これで今季成績を24試合(先発14救援10)、防御率4.13、FIP3.11、3勝7敗3ホールド、WHIP1.47、QS率35.7%としている。

実は4~6月時と後半戦ローテ入り以降とで、松井裕樹の失点に明らかな傾向が見て取れるのだ。4~6月時には複数回で失点を重ねる傾向が多かった。5試合中3試合がそれに該当した。しかし、後半戦9試合で複数回失点は8/20ファイターズ戦のみ。他8試合は失点しても失点回を1イニングに止めているのが特徴的なのだ。

その意味では、ふっと魔に魅せられたように悪い癖が出て失点するイニングはあるものの、その他では立ち直りを見せているということになる。こういう点も後半戦ローテ入りした松井裕樹の成長度だろう。

後半戦に入って打ちこまれるシーンも目立っていたチェンジアップが本戦では機能した。本戦では追い込んでからがすこぶる機能した。

松井裕樹の球数過多は松井裕樹本人だけの問題なのか



ところで、松井裕樹の今季球数は1軍2軍合わせてこれで2120球を数えている。残り2試合、10/6(月)の最終戦もということになれば3試合か。今季は2350~2500球近くでフィニッシュしそうだ。

となると、釜田や藤浪の1年目を上まわる球数になりそうだ。正直、身体が出来上がっていない高卒ルーキーに投げさせる球数ではないと思う。

もっとも指揮官は、もしそのことを記者陣に訊かれたら、球数過多になっているのは松井裕本人の問題だと跳ね付けてしまうのだろう。

しかし、それで良いとは私は思わない。チームとして管理していくべき問題だと思う。

この影響が2年目以降に悪いかたちで出ないことを願うばかりである。

■主な高卒新人投手のプロ1年目球数

田中将大3109球
松坂大輔3086球
釜田佳直2254球
藤浪晋太郎2252球
松井裕樹2120球

※松坂は五輪予選、釜田、松井裕は2軍を含む

20140916DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
《松井裕樹の前回先発試合》
【試合評】「野球は9回までだから」。報復絶倒。諦観を通り越し思わず笑うしかない星野仙一発言~2014年9月8日(月) ○楽天イーグルス5x-4オリックス
《直近の試合評》
【試合評】大敗劇の西武ドームで古川侑利プロ初登板、ベールを脱いだファンミル三者凡退発進~2014年9月14日(日)●楽天イーグルス2-11西武
【試合評】初完封のイメージに縛られすぎた?辛島航12敗目~2014年9月15日(月・祝)●楽天イーグルス1-9西武


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}