FC2ブログ

【試合評】2回辛島3四球で自滅。17試合二桁安打なし冬の時代で借金最多10へ~2014年6月6日(金) ●楽天イーグルス1-5中日

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆6/2配信最新号の主な内容は「連覇へ向けた昨オフ補強、ここで改めて振り返る」です。


20140606DATA08.jpg

遂に二桁借金へ突入。借金10は2011年8月18日以来



借金は今季最多の10へ。遂に二桁に乗ってしまった。借金10は2011年8/18西武戦以来、星野政権下では2度目。やるせない一戦を中継観戦できず、テキスト速報のみのチェックに止まったのは、返って良かったのかもしれない。もし中継映像を見ていたら今季既に何度か味わってきた失望感や絶望感をひしひしと感じていたと思うからだ。

これでチーム成績は54試合22勝32敗。順位は5位変わらず。ゲーム差は1位・オリックスと11.5、2位・ソフトバンクと11.0、3位・日本ハムと6.0、4位・ロッテと4.0、6位・西武と2.0としている。

交流戦成績は5勝8敗で11位。交流戦チーム打率.207は12球団最下位。得点25もワーストの数字だ。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

嶋基宏、プロ初の一塁スタメン起用



2番・藤田が1番に座って以来、多くの試合で聖澤が2番を担当してきた。しかし、相手先発が左腕の雄太ということで、相性の悪さ、今季左投手を打てていないこと等もあったのだろう、聖澤を下位に下げ、思い切って嶋を2番に上げてきた。

嶋の2番スタメンは2012年以来。右打ちに長けて、犠打や小技も上手い。そのことを考えると、私も2番・嶋にはまとまっと打席を与えて様子を見たいと思う1人である。しかし、ここまでの2番打撃成績は95打席79打数15安打22三振7四球8犠打1犠飛1二塁打の.190。今季3番に起用されたときに荷が重いと周囲に漏らしていたことからも、やはり、嶋上位起用は水に合っていないのかもしれない。

守備位置は驚くことにファースト。Twitterのフォロワー氏によると「後から思えば、辛島/小関コンビを活かしながら、嶋の打率にも望みをかける。でもDHだと後で捕手ができない。ナゴヤドームには嶋の故郷からバスで応援団が来ているはず。そんなこんなだったんでしょう」とのこと。なるほど、頷かされる指摘だ。

嶋の一塁起用はスタメンでは初だが、途中出場を入れての通算では2度目。1度目は2010年9/1ロッテ戦、E6-16Mの10点ビハインドの最終8回裏の1イニング、捕手から一塁へまわったことがあった。

両軍のスタメン

楽天=1番・藤田(二)、2番・嶋(一)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・牧田(左)、6番・松井稼(三)、7番・聖澤(中)、8番・小関(捕)、9番・西田(遊)、先発・辛島(左投)

中日=1番・大島(中)、2番・エルナンデス(遊)、3番・森野(一)、4番・ルナ(三)、5番・和田(指)、6番・平田(右)、7番・松井佑(左)、8番・谷繁(捕)、9番・堂上直(二)、先発・雄太(左投)


20140606DATA09.jpg
HANREI3.jpg


序盤の先制失点が目立つ辛島航



6回1/3、打者28人、117球(1回当たり18.47)、被安打9、被本塁打0、奪三振3、与四球3、失点5、自責点5。

初球28球・・・速球9、スライダー/カット9、チェンジアップ5、カーブ5
2ストライク以降32球・・・速球12、スライダー/カット6、チェンジアップ11、カーブ3

「序盤に四球から失点してしまい試合の流れを悪くしてしまいました。チームに申し訳ないです」

好投すれども報われず。4/13ロッテ戦で星野監督が「一番安定感がある」と評した6年目左腕は本戦前で3勝6敗の黒星先行成績だった。この結果はひとえに打線の援護力不足によるもの。辛島先発の1試合平均得点は3.22、しかし5/11ロッテ戦の12得点があるため、これを対象外にすると、実質的には2.13。これではいくら好投しても、なかなか白星にはつながらない。

黒星先行責任の8割は打線にある。しかし、辛島に全く責任がないか?と言うと、そうは言えない。

6敗のうち5敗が序盤、少なくとも4回までに相手に先制点を許すかたちになっているのだ。先制されたチーム成績は4勝23敗(本戦前)、1度先取点を奪われると追いつき追い越す体力がない今シーズンの打線の力量を考えると、序盤に先取点を奪われるのは先発投手として力不足と指摘できる。もちろん、なかなか勝てないため、序盤からより慎重になりすぎるあまりに制球を乱すということもあるだろう。点が取れない打線が辛島に必要以上の重圧を与えているという側面は大いにあるのだが、辛島にここを乗り越えて欲しいと強く思うのも本音。本戦も2回早々に2点の先制をドラゴンズに許すかたちになった。

2回裏は4番・ルナから始まる打順。1-2と追い込んだルナに対しフルカウントから四球を与えると、続く5番・和田にはボール先行3-0、3-1からフォアボール。無死2,1塁で1度はバントの構えを見せた平田にも、ボール先行2-0とし、そこから甘く入った速球を左前に打ち返され、先制された。その後、谷繁にもボール先行で四球を与えると1死満塁で堂上直に右犠飛を打たれ2失点目。佐藤監督代行が「残念でした。(辛島は)あの回(2回)だけ。でも、自滅。四球3つは、いただけない」とコメントしたのも、当然のことになった。

その後、3、4回は三者凡退投球。3回は雄太の三振投球に刺激されたのか、2、3、4番を3者連続三振のピッチング。立ち直りをみせたかな?と思われた5回裏、1点を失う。2死後、1番・大島の左前安打を起点に3本の短長打を浴び1失点。前の打席、追い込んでから勝負球チェンジアップで三振に取った2番・エルナンデスに、追い込む前の速球が高めに上ずったところを打ち返され、タイムリーツーベースにされたようだ。その後、森野にも右前安打を打ち返され、2塁からエルナンデスにホームを狙われたが、ここは本塁憤死させている。

6回表、味方が1点を返して2点差に詰め寄った後の7回裏、堂上直、大島の短長連打を受け1死3,2塁、117球で降板。マウンドを火消しの宮川、西宮に託したが、その後残した走者2人が生還することとなり、7回途中5失点の成績で今季7敗目となった。

序盤、変化球が決まらなかった辛島航



変化球の精度が悪すぎた。56.3%はここまでの平均57.9%とやや下まわる数字でさほど悪くないのだが、序盤2回までに限って言えば45.5%。22球投げて12球がボールカウントになっていた。

2回は3四球を与えた。四球後の打者初球はよく注意が必要と言われている。投手心理としては簡単にストライクを取っておきたいところ。しかし、そこを打者に狙われ痛打を浴びるケースがあるというのだ。そのこともあったのだろう。ルナ四球後の和田初球、和田四球後の平田初球、谷繁四球の堂上直線初球、いずれも制度が悪すぎた変化球を投げざるをえなく、ことごとく初球ボールになった。これがリズム悪化に拍車をかけた一因になっていたとも言えそうだ。

配球図を確認すると、打者の左右問わず、球が高めに集まり、高めで5本のヒットを打たれていることが確認できる。本戦の対戦被打率23打数9安打の.391。ゴロ率も33.3%とかんばしくない。白星から遠ざかっているうちに辛島の状態も落ちてきていると言えそうで、辛島にはここが踏ん張りどころとなっている。

20140606DATA10.jpg

20140606DATA12.jpg

鷲キラー川井雄太の前に打線沈黙



6回、打者21人、90球(1回当たり15.00)、被安打4、被本塁打0、奪三振5、与四球1、失点1、自責点1。

6回表、2死走者なしから9番・西田の中安から藤田のタイムリー二塁打、嶋の中安。3連打が飛び出し1点を返し、なおも2死3,1塁のチャンスで岡島という場面だったが、2-2からの甘いチェンジアップを打って二ゴに倒れている。ここでもう1本出なかったのも痛かったが、つながり不足の現状においては2死3連打は上出来。それよりも2回、5回にあった無死1塁の攻撃の起点をいずれも活かせなかったのが大きい。

2回は先頭AJが1塁に歩いたが、牧田が0-2からサードゴロ併殺打、5回は再びAJがヒットで無死1塁にしたが、1死後、松井稼がセカンド併殺打。攻撃の起点にすべきところを、雄太お得意のゴロアウト投球をされ、ゲッツーでフイにするというイーグルスにとっては最悪の拙攻になってしまった。

雄太から二番手・福谷が登板した7回表も反撃のチャンスだったのではないか。記録をみると速球が高めに集中していたことがうかがえる。球威ある速球が高めにビシバシ決まっていたのなら別だが、球が高めに上ずっていたということになると、攻略のチャンスはあったのではないか。実際、松井稼が高め速球を打ち返してフェンス直撃ツーベースで出塁もしている。そのことを考えると、高め速球でいずれもゴロ凡退に倒れたAJ、牧田は残念なかたちになってしまった。

それにしても、イーグルスはこの日も5安打。二桁安打から遠ざかって実に17試合。マギー退団で空いた5番の穴を、ユーキリスで埋めることができず、その後も手当てができずにいるのが続いている状況だ。AJ&マギーで打線の中心を作った昨年とは異なり、「中心なき組織は機能せず」の典型になっているイメージがある。

昨年はMJが4、5番にどっしり座って機能したことから、枝葉を担う岡島、藤田、銀次、枡田らが安心して自身の役割に没頭できたところがあった。しかし、今季は中心がAJだけとなったため、打線に安心感がない。この状況は銀次が帰ってくるまで続いてしまうのだろうか・・・【終】

■中日・雄太の楽天戦投手成績
20140606DATA11.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
《辛島航の前回登板試合》
【試合評】拙攻3併殺。イヌワシ打線、巨人・内海に今季初白星献上~2014年5月29日(木) ●楽天イーグルス0-6巨人
《直近2試合の試合評》
【試合評】二桁借金を回避した牧田明久、殊勲の一撃。誕生日サヨナラは球団初記録~2014年6月3日(火)○楽天イーグルス4x-3阪神
【試合評】 序盤7失点で勝負あり・・・~2014年6月4日(水) ●楽天イーグルス1-9阪神


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}