FC2ブログ

【試合評】「連覇」へ向けて強烈な日差しが雨中の大阪に降り注ぐ。松井裕樹、希望の12イニング無失点65球~2014年3月13日(木)○楽天イーグルス3-0オリックス

スポンサーリンク





当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。登録初月の購読料は無料です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆3/10配信最新号の主な内容は「現時点で考える開幕ローテ予想、セルジオ・ミトレのスカウティングレポート」です。




松井裕樹、オープン戦合計12イニング無失点



近畿から関東にかけての広範囲で天気が崩れた木曜日、御多分に漏れず大阪も雨模様に見舞われた。そんな雨中の京セラドームで行われた楽天対オリックスのオープン戦デーゲームは、松井裕樹が熱いピッチングを披露した。

4回までスコアボードにゼロを並べた背番号1は、5回に最大のピンチ。2死満塁でヘルマンをセカンドゴロに討ち取って5回無失点で終えている。これで松井裕樹の無失点記録はオープン戦合計12イニングまで伸びている。


オープン戦3度目のマウンドは、いきなり逆風の中、スタートした。

1番・ヘルマン。0-2と追い込んでからの球が甘かった。右中間を真っ二つにされ、悠々の二進。初回表に幸先良く後藤のタイムリーで1点を先制したイーグルスだったが、直後の裏、僅か3球でピンチを迎えていた。

1死2塁、T-岡田の打席時には“プロ初の盗塁”を許してしまった。二走・ヘルマンにヘッドスライディングで三塁を盗まれて1死3塁。

しかし、ここから踏ん張ることができるのが、松井裕だ。打席内のT-岡田をセカンド正面のイージーゴロに討ち取ると、後続・竹原の初球打ちは同じくセカンドポップフライ。ここはオリベンチが仕掛けてこなかった。シーズン中はゴロゴーのサインが出てもおかしくない場面だ。

松井裕は初回の窮地を脱した後、2回から調子を上げ、上々のピッチング。

主軸が期待されている糸井とペーニャが揃って右脇腹を痛めて離脱中で、ラインアップの多くは1.5軍選手で占められているオリ打線とはいえ、球界の先輩方を4回までの3イニングきっちり3人で片付けていく圧倒ぶり。オリのバッターに思うような打撃を微塵もさせず、良い当たりの凡打すら1本も許さない。

中でも3回の「3球連続空振り劇」は凄かった。

三振に倒れた安達の結果球から続くヘルマンの2球目まで。安達には追い込んでから高め速球でファウルを打たせた直後、低めに絶妙なさじ加減のチェンジアップを落としていく。1打席目にツーベースを浴びたヘルマンには初球速球で空を切らせると、2球目今度はキレのあるスライダーを低めへ。これで立て続けの空振りを奪うと。1球ボール球を挟んだ後の1-2から低めチェンジアップで三振に仕留めている。“初顔合わせ”のリベンジを2打席目で成し遂げてみせた。

2度目のピンチは5回裏だった。2死走者なしから始まった。

川端に対し、膝元に投げ込んだスライダーが曲がりすぎてワンバン。つま先に当たってしまい“プロ初の死球”。続く山崎には真中高めに甘く入った速球を左前へ弾き返され2,1塁、この試合2度目の二進を許した。

2死2,1塁として、ここで突如制球を乱した。続く安達にはストレートのフォアボールを与えてしまった。どうしたのかな?と思っていた所へ解説席から岡義朗の絶妙なコメント。初回ヘルマンに三盗を決められたことを気にし、二走・川端を必要以上に気にし過ぎてしまったとの指摘。なるほど、もっともだった。

塁上が埋まって2死満塁、できればこのピンチで対戦したくなかった嫌なヘルマンを3度目の打席に迎えた松井裕。1打席目はヘルマンに軍配が上がり、2打席目は空振り三振でリベンジを果たした松井裕。がっぷり組んでの3度目の対決は、落ち着いたマウンドさばきで追い込むことに成功した松井裕に上がっている。

1-2からアウトコース142キロ速球を打たせて、セカンドへのイージーゴロ。見事、窮地を脱した松井裕は、5回を無失点。オープン戦2勝目を手にした。



雨中の京セラドームに「連覇」へ向けて強烈な希望の日差しが降り注いだ65球



5回、打者19人、65球(1イニング当たり13.00)、被安打2、奪三振4、与四球1、与死球1、無失点。

速球の最速は145キロだった。獲得アウト15個のうち、三振(4個)と内野アウト(ゴロ8個フライ1個)の合計は実に13個。ゴロ率も高く69.2%。本格派の投球でオリ打線を黙らせた。外野飛球は2本、いずれもセンターフライだったが、飛距離をも許さない。これで3試合12イニングを投げた松井裕は相手打者に凡打であっても外野後方への飛球すら1本も許していない。上々の安全運転になっている。

これで名実共に開幕ローテを99%手中にしたと断言できそうだ。残り1%は不慮の事態だけ。

それにしても、(巨人戦は見れなかった)2試合の投球を見て思うのは、もしかすると松井裕樹の1年目は、田中将大の1年目を超えてくるのでは?ということ。絶対的な決め球を持たなかった釜田と比べると、釜田の1年目は確実に超えそうな気配だが、田中の1年目をも超えてくるかもしれない。

松井裕はプロの投手でも経験を積んで掴んでいく一流の投球術を、プロ1年目でまだ記録的には1球も投げていない中、既にいくばくかを会得しているように感じられる。これも久米島キャンプ、則本と相部屋になった効果も大きいのではないだろうか。

雨中の京セラドームに「連覇」へ向けて強烈な希望の日差しが降り注いだ65球だった。

余談だけど、3.13は私の誕生日。節目の日に良いピッチングを見させてもらった。

とは言っても、課題点も見受けられた。

松井裕が気にしたセットポジションの投球もその1つなのかもしれないが、今日はカウント構築に少々失敗した。打者3球目2ストライク率は前回60.0%だったのが、今回は18.2%まで急落。打者2球目にボール先行2-0としてしまうケースも3度あった。少し制球を乱す場面も見受けられた。丁寧にいこうとした姿勢の結果だろう。

2つめに気になったのは、サイン違いと思われる投球が少なくとも2度あった点だ。

1度目は2回川端の2球目。118キロだったので恐らくカーブだろう。内角に投げ込んだ投球に対し、嶋が慌てて捕球体勢をし直すシーンが見受けられた。結局、その球を川端がファウルにしたため、追いこむことに成功したが、たぶんサイン違いだろう。2つめは5回2死2,1塁で安達の2-0からの3球目だ。低めスライダーのワンバンを伊志嶺が良く止めた。普段は見ない「おやっ?」というシーンが相次いだので、少し気になる。基本的な約束事なので次回までしっかり修正したい。

3つめに、やっぱり投げ終えた後、大きく3塁方向に身体が傾く点が気になる。佐藤コーチが指摘するように、あのままだとシーズンに入ってから早い段階で疲労に足をひっぱられるのでは?という不安がある。佐藤コーチがどうしていくのか?見守りたい。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞよろしくお願い申し上げます

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140313DATA03.jpg
HANREI3.jpg

楽天8連勝! 3月に入り、一発を打たれない犬鷲投手陣



8回9回は1イニングずつ斎藤隆、ファルケンボーグがパーフェクトピッチで締めている。

オープン戦初登板となった3/7西武戦、2安打1四球で1点を失うなどバツの悪い苦笑を浮かべていたベテランは、この日しっかりと修正した。先頭・山本を初球ストレートでバットをへし折らせるピッチャーゴロに討ち取ると、3人目の高橋信二にはインコースいっぱいに決まるストレートで見逃し三振。頼もしいところをみせた。

3/1ホークス戦、3/9中日戦と2試合連続でファンの期待を裏切りかけていた新守護神候補も、ようやくファン期待どおりの好内容。駿太、川端を、田中将大が握りを参考にしたと言われているスプリッターで空振り三振。低めの落差大の変化球は圧巻だった。

これで8連勝。オープン戦成績を9勝2敗としている。

ちなみに、楽天の連勝記録はここまで7だった。2008年3/26オリックス戦から4/3ロッテ戦、2011年8/20ソフトバンクから8/27ソフトバンク戦、2013年7/26ロッテ戦から2013年8/4日本ハムの7連勝が最大だった。この8連勝はオープン戦のため、もちろん、記録に反映されないものの、連覇へ向けて希望の持てる白星街道になっている。

攻撃陣には不満が残る場面が多々あったりするファンはいるかもしれない。しかし、投手陣の仕上がりは、他球団と比べた中でトータルで見れば、多くのファンが少なくとも及第点はつけるだろう。合格点以上をつけるファンもかなりいるはずだ。

何より特筆すべきは、3月に入って投手陣がホームランを1本も打たれていない、このことである。一振りで1点が入ってしまう(塁上に走者がいれば複数点)ホームランは投手が最も回避しなければならないリザルトだ。このことが良くできている。

練習試合~オープン戦の試合結果

2/16〇楽天8-5三星(赤間)〔練習試合〕
2/18●楽天3-4起亜(金武)〔練習試合〕
2/19●楽天6-15阪神(宜野座)〔練習試合〕
2/22○楽天7-4ヤクルト(浦添)〔オープン戦〕
2/23●楽天2-3x巨人(那覇)〔オープン戦〕
2/25○楽天7-3西武(宮崎)〔練習試合〕
2/27●楽天1-13ロッテ(清武)〔練習試合〕
3/1●楽天2-4ソフトバンク(ヤフオクドーム)〔オープン戦〕
3/2○楽天4-1ソフトバンク(ヤフオクドーム)〔オープン戦〕
3/4○楽天2-1ロッテ(倉敷)〔オープン戦〕
3/5○楽天5-2ロッテ(倉敷)〔オープン戦〕
3/7○楽天3-2西武(倉敷)〔オープン戦〕
3/8○楽天1-0中日(倉敷)〔オープン戦〕
3/9○楽天4x-3中日(倉敷)〔オープン戦〕
3/12○楽天8-5オリックス(京セラドーム)〔オープン戦〕
3/13○楽天3-0オリックス(京セラドーム)〔オープン戦〕


岡島豪郎が2試合休場しているその理由



実況・大前一樹アナがさらっと言ってのけたコメントにその理由が隠されていた。

なんと、奥歯が少し欠けてしまうアクシデントに見舞われたため、大事を取って休場ということらしい。開幕までまだ2週間が残されているこの時期であって、不幸中の幸いと言える。

それにしても、なぜ歯が欠けたのか? Twitterのフォロワーさんが上手いことを言っていました。先月のバレンタインで最多を貰った岡島のこと。チョコの食べすぎで奥歯が欠けてしまったという説に座布団を差し上げたい(笑)

両軍のスタメン

楽天=1番・森山(右)、2番・藤田(二)、3番・後藤(左)、4番・ジョーンズ(一)、5番・ユーキリス(指)、6番・銀次(三)、7番・松井稼(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・松井裕(左投)

オリックス=1番・ヘルマン(三)、2番・平野恵(左)、3番・T-岡田(一)、4番・竹原(指)、5番・ベタンコート(二)、6番・坂口(中)、7番・川端(右)、8番・山崎(捕)、9番・安達(遊)、先発・金子(右投)


(下記へ続く)


アンケート「あなたが選ぶ今年活躍を期待したい野手&投手」
締切:2014年3月16日(日)まで

3/12現在、東北40代男性x3、東北40代女性、東北30代男性x4、東北20代男性x2、東北10代男性、関東30代男性x4、関東30代女性、関東20代男性x5、関東10代男性x2、甲信越40代男性x2、甲信越10代男性x2、東海30代男性、近畿40代男性x2、近畿40代女性、近畿10代男性、近畿10代女性、四国20代男性、四国10代男性x2、九州10代男性、沖縄20代男性x2、海外10代男性1名の40名様から御応募承り中。

詳細は下記URLでどうぞ
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2089.html


後藤の好活躍、牧田の一発が外野争いを面白くする



攻撃陣についても確認しておこう。

1回表の先制劇は相手二塁手ベタンコートのエラーを起点に始まった。

1死後、藤田のイージーゴロを後逸。1死1塁で後藤。ボール球をも厭わずに手を出していくローボールヒッターらしく、金子の低めチェンジアップをさばいている。追い込まれていたが、バットが良く振れている。右中間をワンバウンドでフェンス到達する完璧なツーベースで一走・藤田をホームへ迎え入れている。

後藤は6回にも長打を放った。二番手・東野から左前へ、レフト・平野恵の拙判断を誘うスリーベースを放った。これでオープン戦打率は.435まで上昇した。

1点をリードした7回表、四球走者を塁上に置いて2死1塁で途中出場の牧田も魅せた。2試合連発だ。今日も外の球を逆方向へ打ち返した飛球がそのまま右翼席へ飛び込んでいく2ランショットになった。

昨日の榎本といい、好調を維持している後藤といい、ここへきて牧田の連発など、外野レギュラー争いが面白くなってきた。島内も春季教育リーグで結果を出しており、そろそろ1軍に合流するのでは?という中、にわかに外野構想が読めなくなってきた。

岡島の歯痛は開幕までに治るだろうし全く問題ないのだが、カギを握るのは、心配してしまう聖澤の不振である。

今日も2回1死2,1塁で4-6-3のゲッツーゴロ、5回の2打席目はレフトファウルフライの2-0だった。これで対外戦25打数4安打の.160になっている。

このままの状態だと、開幕スタメン落ち、十分にありえる話になる。

聖澤がはずれるということで話を進めると、センター岡島か。とすると、両翼は枡田、後藤、牧田、これから合流してくるであろう島内の4人の争いになってくる。熾烈なライバル争いは2週間残されている。【終】

■後藤光尊 対外戦打撃成績
※斜線は練習試合です。


◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】森雄大のほろ苦4回3失点を払拭した、岡島豪郎のサヨナラ打~2014年3月9日(日)○楽天イーグルス4x-3中日
昨日中日戦の劇的勝利。岡島豪郎がサヨナラを打つべくして打ったその理由~2013年vs右投手ゾーン・コース打率より
【試合評】楽天オープン戦7連勝も、オリ打線がファンミル攻略法を発見しちゃったかも?!~2014年3月12日(水)○楽天イーグルス8-5オリックス


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}