FC2ブログ

楽天・聖澤、キャリアハイの右投手打撃成績。苦手を執拗に攻められながらも苦心の達成~2013年vs右投手ゾーン・コース打率より

スポンサーリンク




聖澤諒の右投手ゾーン・コース打率を確認する



主要選手の2013年ゾーン・コース打率。ここまで銀次、ジョーンズを確認してきた。

銀次・・・vs右投手vs左投手

ジョーンズ・・・vs右投手vs左投手


今回は今シーズン無事にいけば国内FA権を取得?(するのかな?)と見られている背番号23、聖澤諒のゾーン・コース打率をチェックしてみたい。まずは、右投手対戦時から。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
昨日はいつも以上に数多くの皆さんにポチしていただき
ありがとうございました。
どうぞ今日も宜しくお願いいたします m(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■楽天イーグルス 聖澤諒 2013年 vs右投手ゾーン・コース打率
打率.287、268打数77安打、三振69、本塁打1
20140204DATA2.jpg


対右投手:キャリアハイのOPS、出塁率、打率



昨年の聖澤は対右投手打撃成績でキャリアハイの数字を叩き出していた。

OPS.744、出塁率.378、打率.287は、いずれもここまでの最高値になっている。

下記に右投手対戦時の年度別の成績を出してみた。


■聖澤諒 年度別 vs右投手 打撃成績


対右投手:レギュラー獲得以降、四球初の10%越え



昨年はMJ砲の加入により、チームがマネーボール路線に舵を切ったこともあり、聖澤の打撃アプローチも例年以上にカウント深くまで投手と対決する場面が多かったようだ。その代償として三振も増えたが、同様に四球も増えている。

打席に占める三振、四球の割合をそれぞれ確認してみよう。


■打席に占める三振、四球の割合
2008年 〔三振%〕21.4%、〔四球%〕11.9%
2009年 〔三振%〕30.4%、〔四球%〕3.6%
2010年 〔三振%〕19.0%、〔四球%〕6.5%
2011年 〔三振%〕19.6%、〔四球%〕5.6%
2012年 〔三振%〕20.0%、〔四球%〕8.1%
2013年 〔三振%〕22.1%、〔四球%〕10.9%


このようになっており、三振%は2010年以降でワーストになったものの、四球%はレギュラーを獲得した2009年以降で初めて10%を突破している。

数多くのファンが背番号23に改善を要求しているとおり、私も聖澤の3年連続三桁に乗ってしまう三振の多さには少々辟易している。しかし、その中にあっても、昨年は四球を多く選び、出塁率を上げ、打率、OPSを自己最高値まで持っていったということになるのだ。夏バテや腰痛や怪我等で苦しいシーズンだったが、右投手対戦時の打撃成績だけで言えば、逆風の中、良くやったと言えると思う。

対右投手:ホットゾーンは真中から高め全般



ホットゾーンを確認してみよう。

コースを内角・真中・外角で分けたときの「ストライクゾーン真中全般」、ゾーンを高め/上段、真中/中段、低め/下段で分けたときの「高め全般」に強さを発揮していた。

特に「高め全般」は聖澤の対右投手における鉄板ホットゾーンだ。



対右投手:高め速球は絶好球。外野深くの大飛球も多かった



当ブログが全ての球のゾーン・コースを記録するようになった2011年までさかのぼってみると、2011年以降3年連続、このホットゾーンで打率3割超を記録している。(2011年の空振り率はデータがすぐに加工できる状態ではなかったので算出断念)

しかし、2011年、2012年は20個前後の三振を右投手が投げる高め投球で喫していた。しかし、2013年は半減に成功。空振り率も微減したことから、どうやら打撃の精度が増したと言えそうだ。

中でも、右投手が投げる高め速球に注目したい。高め変化球も.375(24-9)というハイアベレージだったが、ヒットになった打球の幾つかは当たり損ねだったり、詰まったりしたゴロも多かったようだ。

右投手の高め速球に対し、聖澤は53打数17安打の打率.321を残したばかりではなく、OPSも.890と高値を示した。

長打が多いのも特徴的である。ここで3本の二塁打と2本の三塁打を量産している。右投手の高めに入った速球をフィールド内に打ち返して外野へ到達した打球25本のうち、外野後方からウォーニングゾーンを襲った当たりは24.0%に当たる6本。分母を外野へ到達したフライ・ライナーに設定しなおすと31.6%に当たる6本が、大飛球になっていた。

自身の最終的な打者像を3番に置いている聖澤である。3番打者になるには今よりもう少し長打が欲しい。その意味でも、今年、右投手が投げてきた高め速球に対し、昨年以上に長打を放つことができるかどうか?にも注目していきたい。

次に球種割合、球種打率を確認してみよう。

20140204DATA1.jpg

速球打率は.297と上々。空振り率20.0%を喫してしまっている落ちる系も打率は.306と奮闘している。カーブも.300を記録した。

フォーク、チェンジアップ、シンカーといった落ちる系は聖澤の苦手球種の1つだ。特に低めボールゾーンの落ちる系、ストライクゾーンから低めに落ちて、見逃せばボールになる誘い球の落ちる系に弱い。


■vs右投手 落ちる系 ゾーン打率


対右投手:落ちる系の失投を仕留める



こちらの図のとおり、水色網掛けで示した低めボールゾーンの落ちる系に対し、空振り率は実に27.7%。14三振。打率も20打数4安打の.200だった。

しかし、落ち切らずにストライクゾーン低め以高に入ってきた落ちる系の失投に対しては、空振り率も13.4%と低く、29打数11安打の打率.379と、しっかり仕留めていたことが確認できる。そのため、落ちる系トータルで打率.306を残すことができた。

ざっくりとした球種のうち、昨年、聖澤が苦手としていたのは右投手が投げる曲がる系。スライダーやカットボールだ。



対右投手:ゾーン・コースで明暗分かれた曲がる系



右投手の曲がる系、どのゾーン・コースを特に苦手としていたのか?を突っ込んで確認してみたい。上記図のように配球図を大きく3つに分けてみたい。

水色・・・内角
ピンク・・・真中・外角
緑・・・低めボールゾーン

と便宜上、呼びたい。各ゾーンに投げられた右投手曲がる系の打撃数値は下記のとおり。

■vs右投手 曲がる系 ゾーン打率


対右投手:苦手球種は内角の曲がる系



ストライクゾーンに甘く入ってきた真中・外角の曲がる系に対しては、空振りすることも少なく、打率.300をマークしている。ゴロを打たされることも少なかった。

一方、低めボールゾーンと内角の曲がる系に対しては、分が悪かったことが判明している。特に内角の曲がる系は昨年も苦手としていた。

実は聖澤、2012年右投手の曲がる系で打率.333の好成績を残していた。しかし、2013年は一転.235に沈んでしまったのは、苦手としている内角曲がる系が大きく影響している。

恐らく相手の聖澤研究が進んだのだろう。2012年に右投手が聖澤に投じた全1309球。そのうち内角曲がる系は7.5%の98球だった。しかし、2013年は1264球中21.0%の266球が内角曲がる系だったのだ。実に前年約3倍増だった。

対戦投手は聖澤が苦手コース、苦手球種を把握していた。だからこそ、インコースに数多くのスライダー、カットボールで攻めてきたと言えそうだ。

そういう執拗な攻めに晒されながらも、冒頭に記述したように、右投手対戦成績はトータルでキャリアハイの成績を残した。この点は、しっかり評価して良いと思っている。

次回は左投手対戦時のゾーン・コース打率を確認したい。最後に、ゾーン・コース空振り率を掲載して、終わりにしたい。【終】

■楽天イーグルス 聖澤諒 2013年 vs右投手 ゾーン・コース空振り率
20140204DATA3.jpg


当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額499円。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆2/3配信最新号の主な内容は「楽天主要選手の2014年成績予測〔投手編1〕」です。
---------------------------------------------------------------

◎◎◎関連記事◎◎◎
【犬鷲通信簿2013】聖澤諒74点。順風満帆だった右肩上がりの成長曲線、遂に止まる...
〔記録〕楽天イーグルス 聖澤諒 聖沢諒 選手 通算盗塁履歴 (2013年シーズン終了時データ)
【記録】楽天 聖澤諒 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!290人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}