FC2ブログ

打順別OPSをリーグ平均と比べてみる、楽天イーグルス日本一の攻撃力 (シーズン終了時データ)

スポンサーリンク




お買い求めは当ブログからどうぞ


アンケート結果がまとまりました。犬鷲ファン51名が選んだ歴代ベストナイン発表!!
詳細はコチラをクリック。

~~

打順別OPSで振り返る楽天イーグルス日本一の攻撃力



先日、イーグルスの攻撃力をポジション別OPSで診断してみたが、今回はその打順版である。


■2013年 楽天イーグルス 打順別OPS (シーズン終了時データ)
※スタメン出場時のデータ。途中出場の選手、投手の成績は含まない。なお、記録集計にあたり、プロ野球ヌルデータ置き場さんを参照しました。
楽天イーグルス2013年打順OPS

昨年の弱点を一気に強みへと変えた2013年の楽天



貯金=4番、5番、6番、7番、9番
リーグ平均=8番
借金=1番、2番、3番



このような結果になった。

真っ先に目がいくのは4番、5番OPSのリーグ平均超過だ。

昨年は4番、5番でリーグ平均を著しく下まわていたイーグルスだった。中軸を任せることができる選手の不在、これが楽天が4位に沈んだ原因だった。補強ポイントが明確になっていたことも、約4億の投資となったMJ砲獲得を球団に決断させた一要因になっただろう。メジャーでの実績十分のMJ砲は、その期待に応え、環境の変化に良く対応してくれたと思う。

最も貯金を稼いだのは9番。島内の槍働き、光る



リーグ平均との差で最も貯金を作ったのは9番だった。リーグ平均.628に対し、楽天の9番は.721。実に+.093の利得を稼ぐことに成功している。これは45試合で9番スタメン出場した島内の尽力による所が大きい。

パリーグで40試合以上9番で先発出場した選手のOPSを調べてみると、

中島卓也(F) 75試合、OPS.541
鬼崎裕司(L) 61試合、OPS.629
細川亨(H) 72試合、OPS.611
島内宏明(E) 45試合、OPS.773
岡田幸文(M) 41試合、OPS.689
伊藤光(Bs) 64試合、OPS.628

となっており、島内が叩き出した.773がリーグトップの数字だった。この中では出塁率も.351でトップであり、島内が“恐怖の9番打者”として良く機能していたことを表すデータになっている。また、島内の次に多く担当した聖澤も27試合でOPS.856と良値を残しており、この+.093の貯金劇に貢献した。

先日出席したデータスタジアムさんのイベントでは、楽天の打順OPSについても話題にのぼる場面があった。その中で講師の金沢氏の話によると、楽天は近年9番打者のOPSがリーグ平均と比べて高いという。9番から上位へ攻撃の流れを作る点は、星野監督が楽天の監督に就任してからの特徴の1つと言えそうだ。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

7番&遊撃手としては優秀だった松井稼頭央



7番打者のOPSについても、注目しておきたい。

先日の契約更改で松井が3000万増の1億6000万プラス出来高でサインしたことが報じられている。「思った以上に評価してもらった」と松井本人も頬をほころばせたアップ査定、河北新報によるとその理由は「球団からは主将としてのリーダーシップ、遊撃手という内野の要としての存在感など数字では計れない部分を高く評価された」とのことらしい。

もちろん、キャプテンマークを付けた松井の存在。優勝経験がない若手中心のチームをまとめたリーダーシップ力は高く評価されてしかるべきである。しかし、決してそれだけではないと思うのだ。河北新報は松井の成績を「数字では計れない」と書いたが、数字でもしっかり確認することができる。

その1つが7番打者OPSだ。楽天で主に7番を担ったのが松井だった。74試合の7番スタメンはチーム最多。そこで.727のOPSを残した。松井を含めて13人の打者が7番先発出場した今季のイーグルスだったが、松井のOPSが全体の数字をリーグ平均以上に引き上げる役割を果たしていた。30試合以上7番先発した他球団打者と比べてみても、

金子侑司(L) 56試合、OPS.610
ラヘア(H) 33試合、OPS.662
松井稼頭央(E) 74試合、OPS.727
鈴木大地(M) 59試合、OPS.666
後藤光尊(Bs) 34試合、OPS.713

となっており、松井のOPSは5人の中ではトップだった。松井のOPSはポジション別OPSで診断しても、パリーグ主な遊撃手の中で最高値(.703)を記録していたことを考えると、7番・遊撃としてリーグ平均を上まわる打撃貢献をしていたことになる。

確かに、昔の凄かった時期の松井と今の松井を比べてしまうと、今季の成績はどうしたって物足りないものになってしまう。しかし、リーグ平均や他球団の7番打者&遊撃手との比較で言えば、松井は頭1つ飛び抜けた戦果を挙げていたと言えるのだ。

守備ではデータスタジアム社、デルタ社で全く正反対の結果が出ている。前者はリーグ平均を下まわると判断し、後者はリーグ平均を上まわったと診る。当ブログでは打力と合わせて考えたら、松井しかいなかったという判断をしたい。

岩崎、仲澤、西田・・・と代替要員はいたものの、打撃のことを考えると、彼らに数多くの試合をスタメンで任せるわけにはいかなかったということなのだろう。攻守合わせてリーグ平均と比べて大きく遅れを取るような事態を回避する方針だったのかもしれない。そう考えると、従来と比べると横への移動は衰えがあったかな?と思うものの、特に前方への詰まった打球に対する守備で好プレーを何度もみせてくれた松井の存在は大きかったと言える。

以上のことから、松井の貢献度はしっかり数字でも評価することができたと私は考えている。

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------

上位打線、リーグ平均を下まわるも、それを感じさせない健闘ぶり



一方、1番、2番、3番といった上位打線のOPSが軒並みリーグ平均を下まわった。

しかし、個々でみると健闘していると私は考えている。

楽天の1番スタメン最多は52試合で出場した岡島だった。その岡島の1番OPSはリーグ平均を超える.774。打率も.319を記録し、出塁率も四球23個を選んで.397。例えば、同じく1番打者として頭角を現したソフトバンク・中村の数字(OPS.798、打率.307、出塁率.393)と比べても、全く遜色ない数字を残している。

楽天の1番OPSが.673とリーグ平均.720を下まわってしまったのは、岡島以外の1番打者の成績が精彩を欠いたからだった。

松井稼頭央、49試合、OPS.671、打率.224、出塁率.288
聖澤諒、39試合、OPS.560、打率.222、出塁率.288

星野監督が岡島をリードオフマンへと大抜擢しなければ、楽天の1番OPSはもっともっと低い数字になっていたと言えるのである。岡島が1番に座って、必死になって穴埋め作業を頑張ったというのが実態なのだ。

同様のことは3番についても言うことができる。79試合先発出場した銀次、同46試合の聖澤はそれなりに頑張りをみせた。しかし、19試合で起用された両者以外の3番打者の成績が、下記のとおり惨憺たるもので、チーム全体の足をひっぱるかたちとなった。

銀次、79試合、OPS.769、打率.318、出塁率.365
聖澤諒、46試合、OPS.779、打率.305、出塁率.372
それ以外、19試合、OPS.444、打率.182、出塁率.247

3番で残した銀次の打率.318は本当に素晴らしく申し分のないかたちになったが、1つ指摘しておかなければならないのは、長打力不足だ。50試合3番スタメン起用されたパリーグ打者6人のうち(Fアブレイユ、L栗山、H内川、E銀次、M井口、Bs糸井)、ホームランが一桁に止まったのは銀次だけである(1本)。この差異も楽天の3番OPSがリーグ平均を下まわる要因の1つになった。

ただ、楽天の場合、後ろを打つ4番、5番が傑出した長打力を保持していた。そのため、3番に長打力を求める必要はなかったとも判断することができる。クリーンアップの中で長打はMJ砲、3番・銀次はとにかくアベレージを残すという役割分担が自然としっかりなされていたと見ることもできる。そのため、結果的にリーグ平均を下まわったものの、今季に関してはそれほど気にする必要はなかったと考えている。

119試合で藤田が先発起用された2番も同様で、OPSベースで結果的にリーグ平均を下まわるかたちにはなったものの、藤田の打撃の中身をみると、リーグ平均もしくはそれ以上の貢献があったと判断しているのだ。

以上、ざっとだが、日本一の攻撃力を打順別OPSでチェックしてみました。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
【前半戦総括その2】 楽天イーグルスの打順別OPS診断 (7/17終了時データ)
日本一の楽天イーグルス。その攻撃力をポジション別OPSで振り返る (シーズン終了時データ)

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!280人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}