FC2ブログ

実現を強く望みたい、田中将大vs攝津正、2度目のマッチアップ

スポンサーリンク






中5日、10連戦の最終戦、田中の登板はあるか?



東北楽天は明日から10連戦の長丁場に突入する。球団創設9年目の集大成を目前にして、最後の正面場となりそうだ。

最初のカードは敵地で2位ロッテとの直接対決3連戦。御存じのようにQVCマリンフィールドは相性が悪い。昨年からの合計で5勝15敗。今年も2勝6敗。しかしゲーム差は6.0。もし3タテされても3.0のリードがある。帰仙してKスタにお迎えするのは金子の登板がない(だろうと思う)お得意様オリックスであること、10連戦のうち7試合がKスタでのゲームであることを考えれば、ロッテ3連戦が仮に最悪のかたちに終わったとしても、何ら慌てる必要はないと感じている。

この10連戦、やはり気になるのは、先発ローテの問題だ。他球団がそうであるのと同様、楽天も決して投手陣の台所に余裕がある訳ではない。10連戦の谷間をどうするか?が、悩みどころの1つであり、さらに言えば、田中将大を中5日で投げさせるのか?にも注目が集まりそうだ。


■10連戦の先発ローテ予想
10日(火)vsロッテ=レイ
11日(水)vsロッテ=美馬
12日(木)vsロッテ=2軍から?(ハウザー?菊池?)
13日(金)vsオリックス=田中
14日(土)vsオリックス=辛島
15日(日)vsオリックス=則本
16日(月・祝)vsオリックス=?
17日(火)vsソフトバンク=レイ?
18日(水)vsソフトバンク=美馬?
19日(木)vsソフトバンク=田中?


御存じのように、オールスター明けの後半戦、田中は金曜夜のマウンドに登板してきた。しかし、その金曜日も今週の9/13オリックス戦で途絶えてしまう。来週の金曜日、楽天は試合がないのだ。田中の次々回登板は木曜日10連戦の最終戦9/19ソフトバンク戦か土曜日の9/21札幌ドームでの日本ハム戦のどちらかが濃厚とされている。

個人的な願望を言えば、ここはぜひとも中5日で9/19ソフトバンク戦への先発を望みたい。

こういうことを言うと、必ず「中5日だと調整が難しくなるのでは?」と言う人がいるのだが、高い修正能力を持つ日本No.1投手にとって、その心配はあまり関係のない話だろう。実際、今年は交流戦で中5日で投げて結果を残してもいるし、近い将来に活躍の場を移すMLBでは中4日が当たり前。中5日で投げることも通常だからだ。

バチバチしたガチンコの投手戦が観たいのだ!!



私が強く要望するその理由には、攝津正との2度目のマッチアップの可能性が高まってくるからである。

というのは、攝津の直近登板も田中と同じ9/6だった。同じく今週金曜日にホークスは試合がなく、次回登板は中5日で木曜日の9/12西武戦か、中7日で土曜日の9/14日本ハム戦のどちらかということになる。ソフトバンクも金無英や巽といった投手に先発を任せるほど台所事情が苦しいチームである。ということを考えると、攝津の次回登板は9/12西武戦になる可能性がきわめて高いと言えそうだ。

もし中5日で9/12西武戦登板ということになると、翌週はそのまま中6日で9/18Kスタでの楽天戦ということになるのだ。

田中将大vs攝津正の投げ合いは、過去1度だけ記録がある。

昨年9/24Kスタでの21回戦で実現している。この試合の両者の成績は下記のとおりだった。

田中=9回、打者34人、120球、被安打7(全て単打)、被本塁打0、奪三振13、与四死球0、失点1、自責点1。
攝津=8回、打者30人、119球、被安打7(二塁打1含む)、被本塁打0、奪三振9、与四死球0、失点1、自責点1。

共に無四死球。両軍の長打は僅かに1本だけ。田中が二桁奪三振を記録すれば、攝津も9個の三振を奪う。この成績だけみても、両者互いに譲らずのハイレベルの投手戦だったことがうかがえる。

試合は2回、ホークスが先手を取ることで始まった。1死後、田中が長谷川、中村、今宮の3連打を浴びて1点を失う。1点を追いかけた楽天は5回、追いつくことに成功した。ガルシア、草野のヒットで好機を広げると、島内がレフトへ飛距離十分の同点犠飛。試合は振り出しに戻った。以降、両者2点目は許さない投球で、攝津が8回1失点、田中は9回1失点。スコア1-1のまま延長戦へ突入。決着がついたのは、両先発が退いた後の10回裏、松井稼頭央のサヨナラホームランだった。

◎参照エントリー>>〔試合評〕延長10回の「ちょっとした奇跡」。田中将大が許したのべ24人の猛打賞履歴──2012年9月25日(月)○楽天イーグルス3x-1ソフトバンク

今季の田中将大の凄さは、改めてここで書き記す必要はないだろう。前人未到の、不滅の、不世出の、どんな言葉を用いても決して足りることはないほど、傑出している。あと残っているのは、ノーヒットノーランか?完全試合か?という次元まできているのだ。誤解のないよう丁寧に書くと、田中がいなければ、当ブログは今なかったかもしれない。それほど田中の投球に惚れ惚れしている私が、田中の活躍に、不満なんてあるはずがない。

ただ、対戦相手には大いに注文をつけたい。

なぜ田中将大にエース級の投手をぶつけてこないのか?と。

両監督に強く要求したい田中vs攝津2度目のマッチアップ



下記一覧は、今季、田中と投げ合った他球団投手の一覧だ。(カッコ)内は9/8終了時現在の成績。


■田中と投げ合った対戦投手の今季主な成績
巨人=澤村(3.38、4勝9敗)、内海(3.02、11勝5敗)
阪神=スタンリッジ(2.49、7勝9敗)、藤浪(2.63、10勝5敗)
中日=ブラッドリー(3.71、2勝2敗)
DeNA=三浦(4.35、8勝11敗)

ロッテ=唐川(4.12、8勝9敗)、グライシンガー(4.50、5勝3敗)、西野(3.61、9勝6敗)
ソフトバンク=大隣(3.38、3勝3敗)、帆足4.75(7勝7敗)
西武=牧田(2.80、6勝9敗)、野上(3.61、8勝5敗)
日本ハム=新垣(14.54、0勝1敗)、吉川(3.36、7勝12敗)、木佐貫(3.13、9勝5敗)、武田勝(4.27、7勝6敗)、ウルフ(2.91、7勝5敗)、大谷(4.06、3勝0敗)
オリックス=海田(4.28、2勝5敗)、東野(7.85、1勝3敗)、ディクソン(2.73、6勝7敗)


この顔ぶれをみて、球界を代表するエース級の投手で、今季もタイトル争いに絡むほどの傑出した成績を残している投手は、いったい何人いることだろう?

阪神のスタンリッジの名前が上がりそうだが、外国人のためエースという雰囲気がない。巨人・内海は確かに素晴らしい投手だが、田中と対戦した6/9当時、通算100勝を目前にして調子を落としていた時期だった。これには理由があって、WBCの疲労が残る田中が開幕を回避して2カード目から今季をスタートさせたことも大きいのだろう。しかし、それを考慮に入れても・・・という思いのほうが今は強い。

そもそもこのような面々で田中に勝とうというのが、虫の良すぎる話なのだ。QSを達成した対戦投手は僅かに7人。しかし、8回以上投げた投手は1人もいない。

前述した攝津との投げ合いのような、誰も立ち入ることが許されないような、両先発のきわめて高い次元での投手戦という試合が、今季の田中登板試合には1度もないといって良いのだ。

この点だけが、田中が投げる試合について、私が対戦相手の指揮官に抱えている唯一の不満である。先日Twitterのフォロワー氏に言われた。相手指揮官がビビって自軍エース級を回避する選択をするのも、田中の凄さなのだと。うんうん、確かにそうだと思う。でも、本当にそれでいいのか?

今季、田中と真っ向勝負で投げ合うことができるのは、ソフトバンクの攝津とオリックスの金子しかいない(前半戦活きの良かった西武・菊池をかろうじて入れても良いかもしれない)

そのことを考えると、田中には中5日で9/19ソフトバンク戦への登板を期待したいし、ソフトバンク秋山監督には攝津をぶつけてきてもらいたいと思っている。

バチバチしたガチンコ勝負の投手戦が見たいのだ!!

今季、初優勝へ向けて様々なレジェンドや奇跡を作ってきたイーグルス。オリ金子、巨人・内海、ソフトバンク・帆足といった天敵だった投手をことごとく撃破してきた。その中で唯一攻略できていないのが攝津なのだ。

エース田中で好敵手・攝津を撃破して、初優勝への階段をまた一歩登っていこうではないか。

田中将大vs攝津正のマッチアップは、初優勝に欠かせないシナリオの1つなのだ。

ぜひその実現を強く望む!!

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧

---------------------------------------------------------------





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】楽天・田中将大、226イニングを投げて防御率0点台へ突入──2013年8月23日(金) ○楽天イーグルス5-0ロッテ
【試合評】田中将大、シーズン防御率0点台に黄信号──2013年8月30日(金) ○楽天イーグルス11-6ソフトバンク
【試合評】違和感残る田中将大の世界新記録報道──2013年9月6日(金)〇楽天イーグルス3-2日本ハム

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!250人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}