FC2ブログ

【試合評】楽天を苦しめたロッテ正捕手・里崎智也の存在感──2013年8月13日(火)●楽天イーグルス0-3ロッテ

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!!
---------------------------------------------------------------
いよいよ当ブログの有料メルマガが8月5日(月)スタートしました。毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始等除く)、月額499円(1通当たり 約125円)。おかげさまで、私の想像以上の皆さんに御登録頂き、ありがとうございます。なぜ今メルマガなのか?クレジット決済 以外の購入方法など詳しいご案内はコチラにしたためました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。
◎8/5発行Vol.001:相手打者との対戦結果から探る、田中将大その進化の理由
◎8/12発行Vol.002:データから探る楽天・銀次覚醒3つの理由とは?
---------------------------------------------------------------


【訂正】上記表、勝利投手と敗戦投手の名前が逆になっています。脳内補完でお願いします。



クリーンアップ、機能せず。今季5度目の零封負け



スコアは0-3。今季5度目の零封負けとなった。終わってみれば完敗だった。敵地ロッテ3連戦の初戦、イヌワシ打線は、古谷、松永、カルロス・ロサ、内の敵投手の前に全く歯が立たず、ゲームセットを迎えてしまった。チャンスでバッターボックスにのべ7人の打者を送り込んだものの、最後までタイムリーを放つことはできなかったのだ。

3番・銀次、4番・ジョーンズ、5番・マギー。楽天を1位に押し上げた「打」のメインエンジンが、幕張の夜空の下、全く機能しなかったのだから、仕方がない。3人合わせて11打数ノーヒット、4三振1四球。快音1本も出ず。ここまで封じられたのは、本当に久しぶりのことかもしれない。

3番・銀次、4番・ジョーンズは走者を置いた6打席、得点圏の4打席で古谷の前にことごとく凡退に倒れた。1回1死1塁で銀次は遊飛、ジョーンズは二ゴ、3回1死2塁では遊ゴ、見三振、5回1死3,2塁では一ゴ、投直。

5回2死3,2塁でAJが放った打球が古谷のグラブの横を襲う。抜けて中前コースの当たりか?と思われたものの、上手く反応されてグラブへ収まるピッチャーライナーとなった。不運に泣いたともいえるシーンになったが、AJに要求したいのは、投手の上を軽々超えていくような打球を放って欲しかったこと。この点である。打球が上がらず、詰まり気味のハーフライナーになった点こそ、古谷─里崎バッテリーがしっかりインサイドを攻めた結果とも言える。

5番・マギーは、2、4、6回で先頭打者としてバッターボックスに入った。しかし、先陣として戦端を切り開く一撃を生み出すことができない。2回は高めの釣り球に釣られ、レフトへ打ち上げる平凡飛球。4回は2-2から外角低めの難しい速球に手を出し、3塁線へのイージーゴロ。6回はファウルでカウントを稼がれ、1-2から落差ある低めのチェンジアップに完全に泳いでの空振り三振。2点を追う8回は2死からAJが1塁へ歩き、打席はマギー。一発出れば同点という場面だったが、徹底して低めにスライダーを集められ、なすすべなく空振り三振に倒れた。マギーは打率3割を再び切って.297としている。

イヌワシ打線、6回以降、10三振



ロッテ先発・古谷は中盤5回まで毎回走者を背負う内容。しかし、尻上がりに調子を上げ、楽天打線は6回、7回の2イニング三者凡退に料理されてしまった。特に7回は嶋、島内、岡島が3者連続三振。完全にもてあそばれる展開となった。イヌワシ打線は6回以降、ロッテ投手陣の前に10三振、散発1安打。全く点が入る気配がなかった。

打線が点を取れずにもたもたしていたから、4回無失点で要所を抑えていた戸村も、5回、遂に崩れてしまうことになる。

もし援護できていたら、もっと粘れたのでは?と思わずにはいられない、5回表の先制2失点劇になった。

1死後、里崎にチャンスメイクの仕事を許した。ストライクゾーンの両サイドを使って2-2と追い込んでいた楽天バッテリーだが、アウトコース低めを狙った結果球の速球が高めに浮いて入ってしまう。これをバット一閃され、飛球は背走する島内を悠に越えていくセンターフェンス上段直撃のツーベース。高濱の進塁打で2死3塁となった後、1番・荻野貴、2番・岡田の餌食になってしまう。いずれも嶋が要求した所とは違う高めに入った甘い逆球を痛打された。

荻野の打撃は左中間に運ばれる先制二塁打、岡田の当たりは懸命にジャンピングキャッチを試みた藤田の頭上を超えたセンター右へのクリーンヒット。この当たりで2塁から荻野貴がロッテ2点目のホームを踏んだ。(楽0-2ロ)

戸村はここで無念のKO。2死1塁で打席に角中を迎えたところで二番手として長谷部が登板する。角中にツーベースを打たれてピンチを広げたものの、2死3,2塁から今江をピッチャーライナーに討ち取り、危機脱出。回またぎの6回はロッテ打線を3人で片づけると、7回は小山がゼロに抑え、8回、金刃がマウンドに向かっていた。

金刃は角中、今江に長短連打を浴び、無死3,1塁のピンチ。ここから打者2人を連続アウトにして2死3,1塁、バッターボックスは鈴木、その初球投球前だった。1塁への牽制球をファーストの銀次がポロッとこぼしてしまい、慌てて球を追いかけている間に三走の生還を許してしまう。(楽0-3ロ)

3点差を追いかける9回裏、伊東監督は益田ではなく内を指名する。その内の前に2死から代打・聖澤が1本放ったものの、ラストバッター島内が空振り三振、楽天は27個目のアウトをロッテに渡し、7/17オリックス戦以来の零敗としている。

これでチーム成績は98試合58勝39敗1分の1位。貯金は19。2位・ロッテとのゲーム差は1.0縮まって5.5へ、3位・西武との差は7.5変わらず、4位・ソフトバンクとは8.5としている。なお、各種戦績は下記のとおり。

直近10試合=6勝3敗1分
リーグ戦=74試合43勝30敗1分
後半戦=16試合11勝4敗1分
8月=9試合6勝3敗
ロッテ戦=14試合8勝6敗 (QVC1勝5敗)
カードの初戦=40試合27勝13敗
ビジター=48試合28勝20敗
ナイトゲーム=66試合39勝26敗1分
相手先発左投手=36試合22勝14敗

両軍のスターティングラインアップ

ロッテ=1番・荻野貴(左)、2番・岡田(中)、3番・角中(右)、4番・今江(三)、5番・ブラゼル(指)、6番・大松(一)、7番・鈴木(遊)、8番・里崎(捕)、9番・高濱(二)、先発・古谷(左投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(左)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(左)、先発・戸村(右投)


ロッテは井口が球場。右ひじの遊離軟骨が動き、痛みがひかないためスタメンをはずれたという。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130813DATA11.jpg
HANREI.jpg

■楽天 戸村健次 球種別 投球詳細
※シュートは便宜上、ストレート換算しています。
20130813DATA12.jpg

4回2/3、打者20人、75球(1回当たり16.07、1人当たり3.75)、被安打5、被本塁打0、奪三振2、与四死球(四1死1)、失点2、自責点2。

《初球20球》
右打者7球=ストレート5、スライダー1、カットボール1
左打者13球=ストレート7、スライダー5、カットボール1

《2ストライク以降15球》
右打者8球=ストレート4、スライダー2、カットボール1、フォーク1
左打者7球=ストレート4、スライダー1、フォーク2

戸村、速球被打率が大幅悪化



戸村は4勝2敗。QS率は54.5%となっている。

中8日の登板だった。QVCマリンフィールドのマウンドは昨年救援で2イニングを投げてはいるものの、先発では初。独特の風にコントロールを乱すことを心配していたものの、この試合では風速2m前後とほとんど風がなく、海風の洗礼に悩まされることはなかった。

しかし、降板後の本人談のとおり、下記配球図でも一目瞭然なのだが、球が総じて高めである。右打者のインコースにシュートをかけた速球で攻めていたが、インコース高めに浮いてしまうケースも多かった。もう少し低め低めに制球したいところなのだ。

■配球図


嶋が構えたミットどおりへ投げ切ることができていないという課題点はあるものの、一方で球自体の球威もないのでは?という印象を抱くのだ。下記に6月までと7月以降の速球被打率をまとめてみた。ご覧のとおり、明暗分かれる結果となった。今後もローテを守っていくなら、速球の精度をいま1度上げていく、取り戻していく作業が急務となっている。

■楽天 戸村健次 2013年 期間別 速球 被打率
20130813DATA15.jpg

■ロッテ 古谷拓哉 球種別 投球詳細
20130813DATA13.jpg

7回、打者28人、109球(1回当たり15.57、1人当たり3.89)、被安打6、被本塁打0、奪三振8、与四球2、失点0、自責点0。

楽天を苦しめた里崎智也の存在感



前回対戦は7/4。このときはイヌワシ打線が古谷を完全攻略。3番・銀次、4番・ジョーンズ、5番・マギーがきっちり仕事をこなし、AJの二発を含む8安打6失点で5回途中で古谷をマウンドに沈めてみせる快挙だった。

しかし、今日はリベンジされてしまった。ヒーローインタビューで古谷が語っていたように、クリーンアップにやり返してやろうという強い決意だっただろうし、また、前回には不在だった里崎智也がマスクをかぶっていたことも、やっぱり大きかったのでは?とつくづく感じさせられたのだ。

球種割合に目を転じてみよう。前回金澤がマスクをかぶっていた7/4時にはカーブが少なかった。しかし、この試合、カーブの割合がグググっと増え、代わりにチェンジアップが少なくなっている。女房役が変わったことで、球種割合も変わり、配球も変わったといえる。

カーブを効果的に用いることで、緩急差を生み出し、それが楽天の打者を苦しめた。2回1死満塁の絶好のチャンス、島内がショートゴロ併殺打に倒れてしまったのも、1-1からアウトコース136キロ速球で見逃しストライク、1-2から一転、106キロカーブを打たされ、6-4-3のゲッツーゴロ。実に30キロ差の緩急攻めで討ち取られていた。4回2死1塁の嶋も同様。カーブで追い込まれた後、20キロ差の速球を投げ込まれての振り遅れの空振り三振を喫していた。

その緩急をさらに効果的にしていたのが、古谷の球威のあった速球である。松井のバットをへし折ったり、岡島や銀次を詰まらせて内野フライに討ち取ったり、空振りも取れるなど上々の効果を発揮していた。

それにしても、銀次、ジョーンズ、マギーの3人は同じようなパターンでヤラれていたのが、明日以降、尾をひかなければいいが・・・と思っている。

5回の2点先制失点劇の口火を切ったのも、そういえば、里崎のセンターオーバーのツーベースだった。個人的には、この試合、影のヒーローは里崎だと感じている。

前回対決7/4時の球種割合
20130813DATA16.jpg

この試合の球種割合
20130813DATA17.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
《戸村の前回登板試合》
【試合評】打撃練習場と化した札幌ドーム。二塁打祭り23安打の新記録旋風──2013年8月4日(日) ○楽天イーグルス14-4日本ハム
《古谷との前回対決試合》
【試合評】 2013年7月4日(木) ○楽天イーグルス8-4ロッテ 満を持しての同率1位。イヌワシ打線、追い込まれてからの本領発揮
《直近の試合評》
【試合評】銀次3安打2打点、枡田2安打4打点。05年秋ドラフト組揃い踏みの好活躍──2013年8月11日(日) ○楽天イーグルス10-6ソフトバンク

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類 、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠 慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。 ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterで つぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!250人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}