FC2ブログ

【犬鷲通信簿】AJは90点。鉄平は58点。優勝戦線を戦う犬鷲戦士、主な野手の前半戦プレーに採点と寸評をつけてみた

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





相手打者との対戦結果から探る、田中将大、進化の理由

8月5日(月)創刊の当ブログメールマガジン。その主な内容の1つが、こちらになります。

開幕13連勝。途切れたとはいえ42回1/3イニング連続無失点を成し遂げた田中将大投手。今シーズン、楽天の躍進を「投」で牽引するエースは、飛ぶボールに変更されていた環境下で、なぜ昨年よりも良い成績を残すことができているのでしょう?

その秘密を、当ブログが記録し続けてきたピッチングデータ、相手打者との対戦結果等から探ってみようと思います。(現在、記事作成中)

まぐまぐで御登録頂くと登録初月が無料になります。そのため、当管理人から直接購入頂けるお客様にも、現在、御登録頂くと8月の4通は無料とさせて頂きます。銀行振込でお願いしている都合上、8月に入ると週末を挟むため入金確認ができなくなる恐れがあるため、8月分の無料サービスは7月いっぱいまで入金頂いた方を対象とさせていただきます。

メルマガについての詳しい御案内は下記URLを御参照下さい。皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html


2013年前半戦の犬鷲通信簿〔野手編〕

オールスターブレイクを利用して前半戦を振り返るエントリーを幾つか書いてきた。

今回は、主な野手の前半戦プレーを振り返って、100点満点の採点と寸評をつけてみたい。便宜上、採点は及第点を60点、合格点を75点に設定、1点刻みとする。

昨年オフも同様の企画を試みた。しかし、肩肘張って大上段に構えて、図やグラフなどを盛り込んでエントリーを作成していたら、僅か数人で力尽きてしまった(ガクッ!)。大変悔いが残るかたちになったので、今回はそんなに身構えることをせず、ラフに書き殴るスタイルで綴っていきたい。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

◎聖澤諒=74点

合格点に1点足らない点数とした。やはり、不満が残るのは、盗塁の少なさである。82試合終了時で昨年は33個だった数が今年は半減15個。中軸に両外国人が座ること。今季はベンチサインで走っているフシが窺える等チーム事情に影響されている部分は理解はしてはいるのだが、寂しい数字だ。一方、打撃ではもう少し固め打ちが欲しいものの、適役不在の時期に3番を見事務めあげた。守備では打者カウントを考えて位置取りをするなど一段階上のプレーを披露。5/25広島戦では外野手の連続守備機会無失策のパリーグ記録を塗り替えてみせた。現在736まで来ているこの記録、今季中のNPB新記録樹立も視野に捉えている。

◎アンドリュー・ジョーンズ=90点

1度もバットを振らずに相手バッテリーを追いこんでいく威圧感は凄まじく、四球62個はリーグ最多。安打以外の出塁率IsoDは見たことがない.154を記録する。打率.226は規定打席到達者内で下から2番目と低いものの.380を記録する出塁率ではリーグ8位。.200しかない得点圏打率が槍玉に上がることもあるがチャンスで稼いだ打点はマギーと変わらない。過去の実績を考えれば、もっと欲を言いたいところだが、加齢を考えれば上々の成績だ。4番としてもDHとしてもリーグ平均を上まわるOPSを記録するところは、しっかり評価されるべき。4番打者が久しぶりに機能する至福の季節を我々は体験している。

◎ケーシー・マギー=89点

成績はAJより好成績を残すもののAJより1点少ない採点にしたのは、AJあってこそという見方から。楽天入りを決めた理由の1つにもAJの存在を上げているほどで、AJの下で伸び伸びプレーに集中することができているからこその好成績とも言える。二人揃ってフォア・ザ・チームに徹する姿勢がナインに好影響・好循環をもたらし、特に4番・AJ、5番・マギーの並びで相手投手を破砕する様はまさに見どころ。勝利点10は日本ハム・中田の13に続くリーグ2位とチャンスにも強い。心配されていた守備でも魅せ、現在レンジファクターは2.60と好値を記録している。

◎藤田一也=84点

久米島キャンプ中に左腹斜筋の筋挫傷を負った時は開幕微妙か?!と思われたものの、開幕までにしっかり合わせてきた所は、さすがである。82試合中67試合で2番スタメン。全守備イニングの84.5%セカンドの守備に就くなど、移籍2年目の今季は攻守共にチームに欠かせない得難い存在となった。サッカーで例えれば、さしづめアンカーの名手といったところだろうか。守備では先日確認したとおり、言わずもがなの働きだ。打撃では簡単にアウトを取ることが難しく、相手側からすれば集中力を削がれる疎ましい存在だろう。5/9、5/10では2夜連続決勝打、固め打ちも得意で猛打賞はすでに8度。6/25西武戦では1試合4安打を打っている。

◎嶋基宏=88点

“野村克也最後の愛弟子”は、国内FA取得を目前に控えた7年目の今季、大輪の花を咲かせようとしている。プロ野球選手会の会長就任という経緯もあって当初は好成績は難しい、そんな憶測もあった。しかし前半戦はフィールドの内外で目覚ましい働きぶりだった。外では統一球問題に毅然として対応した。内ではまさにフィールドの指揮官。5月終了時でチームの得失点差プラマイゼロ。投手陣が盤石だった訳ではない中、貯金6個を作ることができたのは、嶋の力に寄る所も大なのだろう。課題の盗塁阻止率もV字回復し.354は現在リーグ2位だ。右打ちが光る打撃は開幕から好調で、下位打線での打点マシーンと化している。



◎松井稼頭央=69点

WBCでの調整不足、加齢によるフィジカル面での不安がつきまとう“すっきりとしない”前半戦となった。OPS.713はリーグ平均.710とほぼ同じ。リーグ平均レベルの打者のはずがないということを考えれば、物足りない数字だ。しかし、西武・中島が抜けた今季のパリーグ遊撃手の中では頭1つ抜きん出た存在で、チームに利得をもたらしている。これから夏本場へ向けて、成績が著しく改善される確率は高いとは言えず、このまま横ばいの成績が続いていくのかもしれない。とはいえ、主将の存在は大きい。指揮官には背番号7を適宜上手く休ませ、大切に起用していってもらいたいと思う。

◎銀次=84点

銀次の前に一点の曇りなし。この人が打たなければ諦めもつく。そんな頼もしさが出てきた。規定打席到達も間近だ。予定どおりなら後半戦2カード目のロッテ戦で到達となる。ソフトバンク・長谷川の打率次第では1位で初登場という快挙も。期待が高まる銀次だが、オープン戦で飛ばし過ぎたのが影響したのかシーズン入ってから不振に悩まされた。死球で1度登録をはずされ、4/23に戻ってきてからの打率は.352と復調。宣言通り、楽天で3人目の首位打者も現実味を帯びてきたと言えそうだ。主にファーストに就く守備でも積極的なプレーを連発、チームの危機を救っている。.365を記録する2ストライク以降の打率が秀逸だ。

◎島内宏明=73点

牧田の離脱後、鉄平との右翼レギュラー争いを制したあたりは、この人の成長の証だろう。しかし2年目も成長痛に悩まされている。目立つのは走塁ミスだ。幾つか挙げるとすると5/26広島戦、反撃の機運を削ぐ2塁牽制死。7/12西武戦、岩崎同点打で二塁をオーバーランして挟死などだ。しかし、そんなミスを補って余りあるポテンシャルを秘めた打撃力を維持するのが、この人で、指揮官がチャンスを与えたくなる気持ちは十分理解できる。7/16オリックス戦では第1打席の牽制死を取りかえす逆転決勝打など3打点の活躍をみせ、エースの13連勝を助けてみせた。今後は右投手に強く(.282)左腕に弱い(.194)、ビジターで強く(.337)ホームで弱い(.169)という極端な差異の解消を期待したい。

◎鉄平=58点

開幕1軍も2年連続の開幕スタメン落ち。当初は控え扱いだった選手会長にチャンスが到来したのは、牧田の故障離脱だった。以来、右翼スタメンの試合が増える。このまとまった期間内でバットで結果を残したいところだったが島内との競争に敗れて打率.240で7/1に登録抹消。この数字は昨年より悪く、かつボールが飛ぶ環境下で昨年よりリーグ平均打率が1割上昇していることを考えれば、事実上の.230と言える。鉄平こそ統一球最大の被害者かもしれない。しかし、他選手も条件は同じなので言い訳はできない。土俵際に追い込まれてしまった感はあるも/のの、ファームでは好成績。なんとか7月末日のデッドラインをやり過ごし、再度の捲土重来を期待したい。

◎牧田明久=55点

オフに下半身強化に取り組んだ。田代コーチの指導の下、骨盤を意識した打撃フォームに修正した。その結果が実を結び開幕前から戦果を上げ調子の良かった牧田の春は、シーズン入ると、あまりにも短いものになってしまった。開幕2戦目、ソフトバンク・山田から放った左本を皮切りに7試合連続長打と打棒爆発をみせたものの、その後は疲労から調子を崩し、尻切れトンボに。4/21ロッテ戦で古傷の左手首を再度痛めてしまい、それが原因で4/24に抹消された。後半戦、優勝戦線を戦うイーグルスにあって、この人のパンチ力、野性的な守備は欠かせない。ファームでは準備万端のようなので、近々の1軍合流が楽しみだ。8/7からはこの人の季節到来なだけに、好活躍が待望される。



◎中島俊哉=63点

楽天が誇る偉大なる1ツールプレーヤー、左投手キラーの中島も今年33歳を迎えている。11年目の今季は内海からホームランを放った6/9東京ドームでの巨人戦までは上々に思えた。ここまでの左投手打率は.327。しかし、ホームランを放った後から、明暗分かれるかたちとなってしまう。以来、サウスポーから24打席ヒットなし。左投手打率も遂に.239まで落ち込んでしまった。こうなってしまうと、牧田合流後、相手先発左腕のときのスタメンは「左翼・枡田(島内)、中堅・聖澤、右翼・牧田」という構想が考えられ、中島の立ち位置は、より一層、苦しさを増してしまう。なんとか早い段階でHのランプが欲しいところだ。

◎枡田慎太郎=42点

前半戦の誤算の1つ。まさか枡田が26試合、75打席に止まるとは、開幕前に予想できたファンはどれだけいたことか。故障した左膝の影響でオープン戦の時から結果が出ずに苦しんだ(打率.152)。シーズン入ってからも精彩を欠き、4/15に打率.171で登録抹消。ファームでは5/4利府での巨人戦で香月からデッドボールを受け右手甲を骨折。約1カ月リハビリに費やすハメになった。遠回りしてようやく1軍に帰ってきたのが7/2。復帰後は31打数9安打の打率.290と好成績を残し、途中出場した7/15オリックス戦では9回値千金の決勝ソロを放ってみせている。後半戦、この人のリベンジがいよいよ始まる。そこに期待したい。

◎森山周=73点

主に中盤以降の外野守備固め、代走出場として脇役の仕事に徹しているが、スタメンも11試合(いずれも左翼)あり、先発出場時の打撃成績は34打数9安打の打率.265。あまりバットでは期待されていない中、まずますの仕事ぶりをみせている。思い出すのは今季初スタメンとなった4/24オリックス戦。3打数2安打1打点2盗塁、走攻守のハッスルプレーで古巣に存在感をみせつけた。特筆すべきはこの人の盗塁だ。ここまで7企図で全て成功させている。今季は聖澤を始めチーム全体の盗塁成績がかんばしくない中、この人の成績は傑出。失敗がないこと等から、この人にはグリーンライトが付与されている可能性は高い。

◎岩崎達郎=76点

オープン戦さなか突然の獲得劇となった。藤田が開幕に間に合ったこと等もあり、1軍昇格は4/16。即2番・セカンドで先発出場も、失点につなげてしまうファンブルを記録するなど、守備の人らしくない“初陣“となった。松井の休場が増えていった6月下旬以降、代役としてスタメンでの機会が増える。6/23ホークス戦ではチームの危機を救う三遊間へのスーパーダイビングキャッチを見せると、6/25西武戦では球団記録を更新する21本目のヒットを記録、6/26西武戦では野上から13球粘ってみせ、翌6/27西武戦では初の猛打賞をマーク。松井の穴を埋めようという必死さが伝わってくるプレーを披露してくれた。藤田をセカンドに固定できるのは、この人あってこそ。指揮官の評価も高い。

◎高須洋介=45点

大変残念なことになってしまうのだが、楽天の初期を支えたバットマンがバットを置く瞬間を、今季、我々は目にしなければならないかもしれない。その時ショックを受けずに済むよう、少なくとも心の準備だけは整えておきたいと思っている。できれば、右の代打戦力が乏しい現状、切り札として優勝戦線に復帰してもらいたい所なのだが、昨年来、1軍の左投手を打てていないことが再登録へのネックになってしまうのか(115打数22安打の打率.191)。最後にもう1度、必殺仕事人がKスタの良い場面で快音を響かせて、ヒーローインタビューでKスタを湧かせてくれるところを見たい。そう願っているファンは決して私だけではないはずだ。

◎◎◎関連記事◎◎◎
【前半戦総括その1】楽天イーグルスのポジション別OPS診断 (7/17終了時データ)
【前半戦総括その2】 楽天イーグルスの打順別OPS診断 (7/17終了時データ)
【記録】楽天・藤田一也の守備力をRFで確認する>>2013年パリーグ球団別・選手別二塁手レンジファクター (7/17終了時データ)

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}