FC2ブログ

終盤8回以降、5点以上リードしている攻撃側の盗塁は是か非か?~~2012年パリーグ盗塁記録より

スポンサーリンク




こんにちは。@eagleshibakawa です。

今回も時間がないため、ざっくりいきます。

去る5月17日、東京ドームでの巨人対西武戦で巨人・長野が試みた盗塁が話題を呼んでいるようです。

巨人が5点リードしていた終盤8回、安打出塁した長野が二盗を狙うそぶりをみせ、この行為に対し、阿部慎之助が長野に注意を与えたというのです。

詳しい記事を下記に引用しましたので、御参照下さい。


---引用開始---
「大量得点差の盗塁はNG? 野球界における暗黙の了解とは」
(Sports Watch)
http://news.livedoor.com/article/detail/7687050/
17日、東京ドームで行われたセ・パ交流戦=巨人×西武の一戦は、7-2で巨人が勝利を挙げた。

だが、一部の報道によると、巨人のチームリーダー・阿部慎之助は、この試合中、長野久義を叱ったという。理由は、5点の大量リードとなった8回裏、センターへのヒットで出塁した長野が盗塁を狙った場面に対し、「あの点差で走るのは相手に失礼」と、大量得点差における盗塁を咎めたというものだ。

野球界では、ルールにこそ定められていないものの、概ね5点以上の得点差で試合後半を迎えた場合、バントや盗塁を慎むといった幾つかの暗黙の了解があり、長野はこれを破ったとされる。一連の風習がどうのような経緯で生まれたものなのかは不明だが、これを破るとデッドボールによる報復を受けるケースもあるため、阿部が長野を叱ったのは、長野を守るため――という見方もある。

だが、常に全力プレーを望むファンにとっては受け入れ難いもの。この記事がネット掲示板上に取り上げられると、「暗黙の了解とかいうクソみたいな文化 10点差ならまだしも5点差ならええやろ」「むしろ100点差が付いてもやるべき」「手を抜くほうが失礼というのは幼稚な考えなのだろうか」「こういう暗黙の了解が山ほどあるのが野球で気に入らんところだわ」「アメリカの方が厳しいでこういうのって」「真剣勝負しないほうが紳士じゃないし失礼と思うわ」といった野球界独特の風習に疑問の声を寄せるユーザが散見された。
---引用終了---



この場面、確かにプロ野球では「好ましくない行為」とされています。負けているチームが盗塁を試みるならいざ知らず、大量点差でリードしているチームによる盗塁作戦ですから、敗者に鞭打つ眉をひそめる行為とされています。

阿部は「常に紳士たれ」の巨人軍主将(ですよね?自信なし)ですから、模範たれ!という意味合いもあったでしょう。捕手ですから対戦相手の捕手心理も、よくわかっていたことと思います。そういった諸々が重なって、長野に注意を与えたということなのでしょう。

ですが、これ、絶対にしてはならない禁止行為なのでしょうか?

もちろん、野球規則にはそんなルールは載っていません。

当ブログは今年の年初に2012年パリーグの試合で試みられた全937の盗塁記録を調べたことがありました。そのデータを用いてみましょう。

2012年パリーグの試合で、攻撃側が5点以上リードしている終盤8回以降、攻撃側走者による盗塁は、はたして何回あったのか?


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■2012年パリーグ 終盤8回以降、5点以上リードした攻撃側による盗塁作戦
※成否の網掛け箇所はその後の本塁生還を表す



937企図のうち、同状況で試みられた盗塁作戦は11企図を数えました。パーセンテージにすれば僅か1.2%という値ですが、全く記録がないというわけでもなく、11個の盗塁作戦がありました。

この状況での盗塁が「ダメ!ゼッタイに!」という“厳しい暗黙の了解”だったとしたら、その後、盗塁を試みた走者は手痛い報復を受けることになるはず。そう、仕返しのデッドボールです。

直後の試合のデッドボールの有無を調べてみました。11人の走者のうち直後の試合で死球を頂戴したのは、5/2楽天対西武戦で盗塁した牧田明久ただ1人だけでした。直後の試合、西武・小石からデッドボールを貰っています。

しかし、これも詳細をみていくと、必ずしも盗塁したわけでもなく、必ずしも当てようとして当てたわけではないことが分かるのです。

というのは、5/2楽天対西武戦での牧田の二盗失敗は三振ゲッツーだったのです。1死1塁、ガルシアの打席時、カウントは3-2を迎えていました。ラストとなった第7球でスタートを切った牧田ですが、ガルシアが見逃し三振。牧田も2塁で盗塁死という三振ゲッツーでした。この時の牧田のスタートはいわゆる単独スチールによる盗塁作戦ではなく、フルカウントになっていたがための自動エンドランだったでしょう。

翌5/3の4回1死走者なし、牧田は小石から死球をぶつけられてしまいます。しかし、これは単なるすっぽ抜けだと思います。というのは、もし本当に報復死球なら、最初の1球か2球で実施されることでしょう。このときはフルカウントからの投球でした。そこまで手の込んだ報復死球はしないはずです。

同状況での盗塁企図は11個を数えましたが、中には牧田のように自動エンドランで三振ゲッツーのものもあるはずです。事実、自動エンドランかどうかは不明なものの、三振ゲッツーで3アウト攻守交代となったケースは、牧田の他にも5/25阪神対ソフトバンク戦での阪神・柴田や9/24ロッテ対オリックス戦のロッテ・根元のケースも該当します。

また、そんな状況はおかまいなく、自身の生き残りのために盗塁をしかけた走者もいます。6/17広島・木村と7/16ロッテ・早坂はいずれも代走として起用されてからの二盗企図でした。この場合、代走としての目に見えた結果が欲しいところ。試合の点差がどうのとか言っていられる余裕はない状況に置かれている選手達です。

5点以上の終盤8回以降に攻撃側走者が、大した事情もなく本当に盗塁企図した事例は、前述の2ケースを除くと6回と言えそうで、やはり野球界では、好ましくないこととされていることが数字上からも浮かび上がってきました。

さて、話を元に戻して。先日の長野の例はどうだったのか? どうやら長野には長野なりの目標があって盗塁を狙ったようです。

下記は5/17早朝配信のスポーツ報知の記事です。一部を引用します。


---引用開始----
「長野、盗塁狙うぜ!交流戦は走りまくる」
(スポーツ報知 2013年5月17日06時02分)
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20130516-OHT1T00210.htm
巨人の長野久義外野手(28)が16日、交流戦での盗塁数アップを目標に掲げた。プロ1年目の10年から昨年まで12、19、20と年々、増えているが、今季はここまでわずか1盗塁。「パ・リーグはクイックがうまい投手が多いですが、チャンスがあったら走っていきたいです」と1番打者としての自覚を見せた。
---引用終了---



確かに、私も状況によっては敗者に鞭打つようなプレーは、観ていて気持ちの良くないと思うときも、実際にあったりします。ただ、ルール違反ではないですし、目くじらをを立てて批難するのはどうなのかな?と思います。【終】



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】2012年パリーグ。投手別の盗塁記録を公開。多くの盗塁を許した投手、走者に走らせなかった投手ランキング
【記録】2012年パリーグ。投手別の牽制死を公開。走者を最も多く牽制で刺した投手は?!

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、たまあに実況しながら記録などをつぶやきます。


《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!210人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa


ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}