FC2ブログ

【犬鷲戦力分析】リーグ平均との比較で眺めてみる、楽天イーグルスのポジション別OPS (4/30終了時データより)

スポンサーリンク




おはようございます!!

@eagleshibakawa です。

記録を集計していて判明したのですが、昨夜の勝利は楽天イーグルスが長打なしで勝利した今季初の試合でしたね。

さて、表題の件です。さっそく眺めてまいりましょう!


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■2013年 楽天イーグルスのポジション別OPS
※4/30終了時データ
※スタメン出場時のデータ。途中出場の選手は含まない。なお、記録集計にあたり、プロ野球ヌルデータ置き場さんを参照しました。



1試合平均得点4.64は首位・西武の4.93に次ぐリーグ2位の得点力となった楽天。

皆さん予想どおりの結果が出ました。

リーグ平均と比べた時に、捕手、三塁、指名打者といったポジションで大きな得点力を生み出すことができています。嶋、マギー、ジョーンズの貢献度が光ります。主に松井が担当する遊撃でもリーグ平均を上まわる数字となりました。

リーグ平均との差、大きい順では、捕手+.226、三塁+.201、指名+.072、遊撃+.051となっています。ポジション別OPSの観点で言えば、嶋はマギーやジョーンズよりも得点に貢献しているということになります。


一方、リーグ平均から水をあけられてしまったポジションは、二塁と左翼、右翼になりました。二塁と左翼の穴は偶然にも昨年の今頃と変わっていない点になります。

二塁は主に藤田が担当する二塁では-.076の穴を、枡田の不振が響くかたちとなり、中島、鉄平、森山もスタメン起用されている左翼では-.191の穴をあけるに至っています。右翼では開幕直後は絶好調だった牧田が徐々に調子を落とし故障離脱が響いた結果となり、-.066の穴になっています。

以上、ざっくりと確認してみました。それでは、皆さん、今日も良い1日を!



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
〔分析〕交流戦前夜の楽天イーグルスを戦力分析──守備位置OPS、打順OPSをリーグ平均と比較
【記録】 円グラフで眺めてみる、楽天イーグルスが記録した10,000安打の内容
只今リーグ最低防御率。3月4月を終えて、DIPS、与四球率、奪三振率で診る楽天投手陣の現在地

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}