FC2ブログ

【試合評】 2013年4月21日(日) ●楽天イーグルス5-9千葉ロッテ。まさかの空砲、AJ、マギーの本塁打攻勢。鬼門と化したQVCマリンフィールド

スポンサーリンク




20130421DATA4.jpg



◎本日1本目のブログエントリー>>【記録】 楽天イーグルス投手 2013年 1軍 2軍 対左打者 被出塁率 被打率

AJとマギーの歓喜のホームランが、まさかの空砲に...

先制点こそロッテにもっていかれたが、楽天は4回表終了時で4-1と勝ち越しに成功。3点リードを作っていた。

2回、AJが1塁へ散歩に出かけた直後のできごとだった。ここ2試合当たりが止まっていた5番・マギーのバットが火を噴いた。吉見の失投スライダーを芯で捉えた一撃は、センター・岡田が早々に追うのを諦めるほどの大飛球となり、左中間の最深部へと消えていく逆転2ラン!(楽2-1ロ)

すると、4回表には再びAJとマギー。高めの速球を完璧な一振りで仕留めたAJの一撃は、左翼席上段へ。推定飛距離140mのソロショットを放ってみせると、マギーも続く。2打席連続のホームランは、88キロから134キロ、46キロ差の緩急攻めに遭いながらも外角速球を打ち返した当たりだった。飛球はセンターバックスクリーンへと消えていく3号ソロに。

ジョーンズが「センター方向に強い打球を打ち返す意識で、フルカウントだったからストライクゾーンに来たボールをしっかり打とうと思った」と手応えを口にすれば、マギーは「前の打席と一緒で、芯で捉えることとセンター方向に打ち返すイメージで打った」と戦果を報告。

今後何度も目撃することになるであろう、AJとマギーの初のアベックホームラン、マギーの力強い2打席連続ソロショット劇を目撃したファンの多くは、連敗ストップを確信したはずだ。

ところが、まさか空砲に終わろうとは・・・・・・

お祭り騒ぎに沸いた楽天ファンの中で、いったい何人が予想していたことだろう?

直後の4回裏の悪夢だった。

2回3回と三者凡退の好投をみせていた菊池が、まさかの5失点劇。2つの味方エラーに足をひっぱられると、合計5本の猛打を浴び一気に5点を失い、逆転を許してしまう。(楽4-6ロ)

先頭・井口に右打ちで安打出塁されると、続くホワイトセルには左翼フェンス直撃の適時二塁打(楽4-2ロ)。なおも無死2塁で今江の当たりはショート正面のイージーゴロ。3塁へスタートを切っていたホワイトセルを見た松井が3塁送球タッチアウトを狙ったが、これがやってはいけない悪送球。完全アウトのタイミングだっただけになおさら痛い失策となって無死3,1塁にしてしまう。

バッターボックスには直近5試合.389とイケイケドンドンの鈴木を迎えていた。菊池が高めに失投したカーブを逃そうはずもなく、きっちり左前へ4試合連続適時打。1点差に肉迫された(楽4-3ロ)。

悪夢はまだまだ続く。無死2,1塁、伊志嶺の送りバント。今度はマギーがお手玉した。塁上全て埋まって楽天投手陣今季3度目のノーアウト満塁の窮地に立たされてしまう。この後、代打・神戸、根元にタイムリーを浴び、合計5点を失ったというわけなのだ。(楽4-6ロ)

この後、もはやテンプレートと化した毎度おなじみトホホな光景が今日も繰り広げられた。

5回には二番手・片山が1失点、6回には三番手・福山が2失点。

打線は先頭打者の出塁に成功した6回、マギーと鉄平の連続二塁打で1点を返すのが精いっぱい。

3本のホームランは飛び出したものの、スコアリングポジションに走者を進めることができたのは先頭打者マギーが二塁打を放った6回無死2塁と、9回1死後に松井、藤田の連打で作った2,1塁の好機、合計3打席に止まってしまったのも、反撃を封じられた要因になっている。

嗚呼...ほんとにガックリなゲームになってしまった。

同一カードの3連敗は今季初。チーム成績は20試合8勝12敗の借金4。順位は日本ハムと共に最下位の5位タイ。ロッテ戦争は2勝4敗、ビジターゲーム3勝6敗、相手先発左投手試合2勝6敗としている。

腰に張りの松井が戦列復帰。聖澤、今季初の3番

相手先発が左腕の吉見ということで、楽天は聖澤、藤田を除く7人が右打者。腰の張りで3試合スタメンをはずれていた松井が1番でスタメン復帰。聖澤が今季初の3番。楽天は聖澤を入れて7人の3番打者を起用したが、ここまで3番打者の打率は.182と低迷。指揮官の悩みの1つになっていたが、直近10試合.294と調子をあげてきた聖澤を使う布陣を敷いてきた。

聖澤は期待に応えて2安打。AJの前で出塁することに成功。塁上に走者を置いた状況でAJの打席を迎えることができる理想のシチュエーションを作ったが、AJの前だと塁に出ても盗塁を仕掛けていくことは難しいとみられ、困った状態になってしまっている。

両軍のスターティングオーダー

楽天=1番・松井(遊)、2番・藤田(二)、3番・聖澤(中)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(一)、6番・中島(左)、7番・高須(三)、8番・嶋(捕)、9番・牧田(右)、先発・菊池(右投)

楽天=1番・根元(遊)、2番・角中(右)、3番・井口(一)、4番・ホワイトセル(指)、5番・今江(三)、6番・鈴木(二)、7番・伊志嶺(左)、8番・江村(右)、9番・岡田(中)、先発・吉見(左投)



ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


HANREI.jpg

星野楽天にとって鬼門と化しているQVCマリンフォールド

楽天対ロッテ戦といえば、2009年7/9から2010年9/19までKスタでのロッテ戦16連勝という記録があった。ところが、今や立場逆転。2012年以降、楽天はQVCマリンフィールドでのロッテ戦に3勝12敗と分が悪い。次回こそは敵地での勝ち越しを期待したい。


■星野楽天 QVCマリンフォールドのロッテ戦履歴


AJとマギーのベンチリポート

試合中に届けられたAJとマギーのベンチリポートが興味深かった。AJは日本独特の変化球を主体とした攻めにメジャーとのギャップを感じているようだ。メジャーでは投手はだいたい2つの球種を中心に打者に投げ込んでくるが、日本では複数の球種を投げ分けてくる。日本では球種を4つ持っている投手が多いという印象受けたという内容のリポートを聞くことができた。

一方のマギー。巨人との争奪戦になったが、最終的に楽天を選んでくれた理由は幾つかあるのだろうけど、ヤンキースでも同僚だったAJがイーグルス入りを決めたことも大きかったようだ。

「彼がイーグルスに来たから僕も加わった。彼はメジャーで殿堂入りに相応しい選手だと思っている。仙台ではアンドリューとお互いの家を行き来して相手投手の話をしたり研究したりしているよ」という声が届けられた。


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




■菊池保則 球種別 投球詳細
20130421DATA5.jpg

菊池、三度目の正直ならず...

3回1/3、打者19人、82球(1回当たり24.60、1人当たり4.32)、被安打6、奪三振3、与四球1、失点6、自責点4。

結局、二度あることは三度ある、そんなピッチングになってしまった。

悪夢の5失点劇となった4回、確かに味方の2つのエラーは痛かった。松井とマギー、中心選手の両人がやってはいけないミスをしてしまったのが、菊池に動揺を与えてしまったのは想像に難くない。ただ、あの場面を乗り越えていかなければ、この投手の来季はない。

3回までを1失点でまとめることができたのは、決して満足とはいかないもののまずまずのカウント構築ができていたからだ。3球目2ストライク率は3回まで50.0%。ところがこのパーセンテージ、4回は0.0%になってしまっている。ホワイトセル(左越二)、今江(遊ゴ失)、鈴木(左安)、神戸(左安)の4人に3球目で追い込むことができていなかった。

他にも、先頭・井口、根元にはボール先行1-0からヒットを許してしまった。

4回は満足に追い込むことができなかった。たとえできたとしてもボール先行の苦しい中での2ストライクピッチングだった。その結果、もつれてフルカウントにしてしまっているケースが2例あった。このことが5失点劇を生む下地になってしまっていた。

塁状況別の被打率を調べてみた。このとおり、走者無しと走者有りでは被打率の差異が1割を記録してしまっている。走者無しと得点圏では実に2割まで差が広がってしまっている。

それにしても、菊池という投手は、つくづく課題が多い投手だなあということを強く感じるのだ。

同じく1軍定着できずにもがいている戸村と比べても、課題が山積しているように感じる。

ストレートを安定したレベルで投げ込むようにすること。コントロールの問題。使える球種が限られてしまっている点、セットポジションでの投球。色々と手をつけなければならないところが多すぎて、がんじがらめに囚われているのではないだろうか?

いま1度ファームでじっくり優先順位をつけ、課題に対してシンプルに向き合う姿勢が必要なのかもしれない。これ以上、1軍の先発ローテで菊池を見るのは、ちょっと苦しいのだ。首脳陣にはローテの再編を再び要求し、今度こそ藤原の昇格を期待したい。

■菊池保則 塁状況別 被打率


■吉見祐治 球種別 投球詳細
20130421DATA6.jpg

楽天打線の快飛球、ロッテ外野陣の広大な守備網に防がれてしまった

4回、打者18人、70球(1回当たり17.50、1人当たり3.89)、被安打4、被本塁打3、奪三振1、与四球2、失点4、自責点4。

吉見といえば、それほど怖さは感じられない左腕だ。しっかり抑えられることはないだろうし、十分勝機があるだろうと思っていた。事実、AJ、マギーが3本の放物線をスタンドまで描き、吉見に強烈なプレッシャーをかけることに成功した。(ただ、平均球速89.2キロのカーブはやっかいだ)

ロッテ打線が放った外野奥深くへの当たりがことごとく長打になったのに対し、左翼・伊志嶺、中堅・岡田、右翼・角中のロッテ外野陣は、楽天打線の外野飛球をよく防いでいた。1回藤田の左飛、2回中島の左飛、3回松井の左飛はいずれもウォーニングゾーン手前もしくはウォーニングゾーン内を襲う飛球になったものの、俊足の伊志嶺の守備範囲内だった。

広大な守備範囲といえば、4点を追う8回1死1塁で高須が南昌輝から打った左中間への快飛球がそれを象徴している。恐らく他球団のセンターなら追いつくことはできなかった可能性のほうが高い。しかし、岡田にぎりぎり追いつかれてしまう。最後はめいっぱいグラブを伸ばしてのランニングキャッチ。抜けていたら1死3,2塁、もしくは1点返してなおも1死2塁となっていただけに、反撃の機運を見事にふさがれてしまうかたちになった相手側のファインプレーだった。

フライアウトが多いロッテ投手陣。その原因はパークファクター?!

鋭い読者の皆さんには、何を今さら・・・と言われそうだが、今年になって1つ考えていることがある。

ロッテ投手陣にフライアウト型が多いのは、本拠地QVCマリンフィールドの球場特性に起因する要素が多いのでは?という点だ。他球団のゴロアウト投手がQVCで投げるときゴロ率が少なくなる傾向もあるのではないか? ロッテのフロントはそのことを把握しているがため、岡田や伊志嶺、荻野など俊足の外野手をドラフト指名してきたのでは?と思うのだ。


◎◎◎関連記事◎◎◎
《菊池の前回登板試合》
【試合評】 2013年4月14日(日) ●楽天イーグルス2-4西武ライオンズ。好投・菊池、4回突如崩れる... 今季初の二桁安打黒星
《最近2試合の試合評》
【試合評】 2013年4月19日(金) ●楽天イーグルス1-3千葉ロッテ。晴れのち曇り。時々雨。共感を覚えた星野監督の退場劇
【試合評】 2013年4月20日(土) ●楽天イーグルス3-6千葉ロッテ。人さし指1本立てながらダックに頼らざるをえなかった佐藤義則投手コーチの懊悩。4カード連続の負け越し決定


---------------------------------------------------------------
【お薦め新刊の読書感想文を書きました】
◎『プロ野球なんでもランキング』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関 係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源 です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}