FC2ブログ

【試合評】 2013年4月20日(土) ●楽天イーグルス3-6千葉ロッテ。人さし指1本立てながらダックに頼らざるをえなかった佐藤義則投手コーチの懊悩。4カード連続の負け越し決定

スポンサーリンク






小斉祐輔、球団10,000安打達成

通算500勝の球団記録を前に足踏みが続いているイーグルスだが、本日一足先に球団10,000安打が樹立している。

9,997本で迎えた本日のロッテ5回戦、10,000安打のメモリアルは5回2死2塁でバッターボックスに入った小斉祐輔のバットから生まれた。

カウント1-1からの第3球だった。

渡辺俊介が投げた真中寄りに入ってきた変化球を痛烈なピッチャー返し。鋭い打球がサブマリンの右足甲を直撃する内野安打で出塁すると、スコアボードにはHのランプが点灯する。渡辺俊介は負傷降板。

ここまで粘投で試合を作ってきた相手先発を引きずりおろす一撃が、東北楽天ゴールデンイーグルスの球団一万本となるメモリアルヒットになった。

ちなみに球団初のヒットもこの球場で生まれている。今から約8年前の3/26ロッテとの開幕戦、初回、高須洋介が清水直行から右前安打を記録したのが、第一歩である。

両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・聖澤(中)、2番・藤田(二)、3番・鉄平(左)、4番・ジョーンズ(指)、5番・小斉(一)、6番・マギー(三)、7番・牧田(右)、8番・嶋(捕)、9番・岩崎(遊)、先発・ダックワース(右投)。

千葉ロッテ=1番・根元(遊)、2番・角中(右)、3番・井口(指)、4番・福浦(一)、5番・今江(三)、6番・鈴木(二)、7番・伊志嶺(左)、8番・金澤(捕)、9番・岡田(中)、先発・渡辺俊(右投)


主将・松井が3試合連続でスタメンはずれ。Twitterのフォロワーさんに教えてもらったところ、腰の張りを訴えての休養とのことらしい。

どうやら、今日もちり紙交換車が出動したらしい...

メモリアルヒットが誕生した記念すべきゲームになったが、試合内容は気温10度の寒空が象徴するかのような、お寒い内容になってしまった。

17日のソフトバンク戦で救援陣を「ちり紙交換みたいに、毎度おなじみというところ」と語った星野監督だったが、今日もまたまたちり紙交換のような試合をみせつけられた。

2回に渡辺俊の制球難で3四球1死球。労せずして押し出しで1点を先制した楽天だったが、4回に同点とされる。井口の二塁打に、鈴木の3試合連続適時三塁打が飛び出すというどこかで見た光景が今日も繰り広げられた。6回は両軍1点ずつとりあうかたちに。楽天が藤田の適時打、ロッテが今江の犠飛で得点を入れ、スコア2-2で迎えた7回裏のできごとだった。

7回裏、マウンド上は先発ダックワース。6回2失点とゲームメイクしたベテラン右腕が7イニングめを迎えていた。先頭打者は伊志嶺。追い込みながらも、出してはいけない先頭打者に綺麗なクリーンヒットを打たれてしまう。無死1塁、打席に左の金澤、岡田、根元、角中を迎えるところで、楽天ベンチは継投に出る。

ところが、二番手で登板した金刃が散々。

金澤が送って1死2塁、岡田の代打サブローに対し暴投と四球。1死3,1塁で根元にはアウトコースを狙った投球が逆球となってインコース低めに入った所をすくわれ、左前に落とされる勝ち越し打を浴びてしまう。左投手が投げる内角低めは根元のホットゾーン。昨年はこのゾーンで打率.364、ホームランも2本稼いでいたのだった。

この痛打で動揺してしまったのか、なおも1死2,1塁で角中にはストレートのフォアボール。結局、1アウトも取ることができず、高堀にバトンタッチ。

三番手の高堀も炎上劇を止めることができず、その奔流に呑み込まれてしまう。

井口、福浦の2者に連続押し出し四球。いずれも3-1から出してしまった。その後、今江の内野ゴロの間にも1点を失い、この回4失点。

1死満塁という厳しい場面で投げざるをえなかった点に同情の余地はある。しかし、なんとか踏ん張って欲しかった。直前の7回表、ロッテの四番手・南昌輝がジョーンズ、小斉、マギーを落差のあるフォークを武器に3者連続の空振り三振劇をみせていただけに、年明け岩隈塾に参加しフォークの投げ方を教わったという高堀にも同様のピッチングを見せて欲しかった、そんな場面だったのだが、無理な注文だったのだろうか。

今季、何度もみせられてきた救援陣の投壊で試合を落とした楽天は、このカードの負け越しが決定。カードの負け越しはこれで4カード連続となっている。チーム成績は19試合8勝11敗で借金3。直近10試合の戦績は2勝8敗... ロッテ戦は2勝3敗としている。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130420DATA2.jpg
HANREI.jpg

佐藤義則投手コーチの懊悩

救援陣がしっかり1本立ちしてくれないと、先発陣の負担が増してしまう。そのことを改めて指し示したロッテ5回戦になった。

首脳陣もそれは分かっちゃいるけど・・・という苦しい胸の内なのだろう。6回無死2塁~1死3,1塁のピンチを同点犠飛止まりでなんとかしのいだダックワースは94球でベンチに引き揚げていった。ダッグアウトの椅子にドカっと腰かけて一息つこうかという時、佐藤コーチがダックに近寄っていく。佐野通訳を介し、なにやら長い会話のやりとりが始まり、その光景を中継のカメラが射抜いていた。

人さし指を1本立てながら、佐藤コーチがこんこんとしゃべっている。当然、会話内容は分からない。しかし、そのしぐさから、「負担をかけてしまうけど、もう1イニングいってくれ。1本でも打たれたら代えるから」という続投要請だったのかもしれない。

寒さが身にしみるQVCマリンフィールドだった。頻繁に指先に息をふきかけるなど苦しい環境下でのピッチングだった。さらに断続的に降り続く雨模様が、マウンド状態を悪化させていった。

味方打線も元気がなく、満足な援護点をもらうことができない。2回1死2,1塁~2死満塁の好機では押し出しの僅か1点しか獲得できず、接戦の試合展開でのゲームメイクだった。6回はあわや逆転か?という窮地。しかしどうにかしのいでベンチに戻ってきた途端の、ホッとする間もない中での、「ムチャブリ」だったのかもしれない。

解説・小宮山悟氏が指摘していたように7回アタマから継投でいく選択肢もあったはずだ。いつもなら塁上を賑わせてから継投に出る後手後手を嫌う私だ。小宮山説に賛成するところなのだが、佐藤コーチが指を1本立てて嘆願する光景を目撃してしまっただけに、首脳陣の苦しい胸の内、にっちもさっちもいかないチーム事情が分かるだけに、こちらもなんとも言えないフクザツな心境になってしまう。

左対左にこだわっている場合ではない

星野がダメ。ハウザーもダメ。片山も冴えず、金刃まで使えないということになったら、後は残る左腕は2軍で元気なベテランの川井と藤原しかいない。高卒新人左腕コンビはまだ時期尚早だろうから、今後もし金刃が失敗続きになってしまうと、それこそ2軍から川井と藤原をあげることも考えなければならない。(個人的には藤原の救援起用には消極的だ。というのもファームでは先発として投げており、救援調整はしていない)

と同時に、左の中継ぎの戦力補強の道をマジ探っていかなければならない。外国人を連れてくるのか?他球団とのトレードになるのか?

並行して、この際、左対左にこだわっている場合ではないのかもしれない。下では土屋朋弘が9試合を投げ防御率1.32、被打率.156と活きの良さをアピールしている。一刻も早く彼を昇格させ、左が続く場面でも、右投手をぶつけていく必要性も探らなければならないだろう。

残塁14は今季最多に

ロッテとほぼ同じ獲塁数を得ながらも楽天は3点に止まり、ロッテは6点。

明暗分かれてしまった結果の1つに、首位打者・マギーが5の0と封じられてしまったのが痛かった。サブマリンとの2度目の対決になったマギーは、日本に来て初めてアンダースローの投手と対戦したという。イケイケドンドンだった前回は二塁打を1本放っていたマギーだったが、覚醒状態が終焉を迎えつつある今のマギーは、サブマリンに翻弄されるかたちになってしまった。

待てどもやってこない遅球にタイミングを狂わせ、1打席目はセカンドへの詰まり気味ハーフライナー、2打席目は詰まってのショートポップフライ。

5回2死3,1塁、得点圏で上野との対戦では外の球をひっかけての三塁イージーゴロ。7回2死走者なしで南昌輝と対戦した4打席目では、フォークボールを振らされての空振り三振。泳がされてバットが空を切った後、自分自身に怒りをぶつけるかのようにバットを放りだし、ヘルメットを脱ぎ捨てたシーンが、今まででは見ることができない、ちょっと異常な光景で衝撃的に映った。

覚醒状態はいつまでも続かないのだから、マギーが落ちてきた所を他の選手がカバーしていかなければならない。それがチームとしてのあるべき姿のはずだが、それができなかった。

苦しい戦いが続く背景には、昨年花開いた枡田の不振、銀次のデッドボール離脱も大きく影響しているのだろう。そんな状況だが、明日はなんとか踏ん張って連敗を止めてほしい。


■ダックワース 球種別 投球詳細
20130420DATA3.jpg

ダックは楽天のリトマス試験紙だ

6回0/3、打者25人、99球(1回当たり16.50、1人当たり3.96)、被安打6、奪三振1、与四球2、失点3、自責点3。

前述したような厳しい環境下で6回3失点。低い値のゴロ率が示すように理想の内容ではなかったが、事実上の6回2失点投球は十分評価できる内容といえるだろう。6回表に味方が勝ち越した直後の裏、先頭打者に長打を打たれ、その後おつきあいするかのように1点を失ったシーンは課題点なのかもしれないが、贅沢なことは言えない。

ダックワースのようなタイプの投手に順調に白星がついていくような状況なら、今季の楽天は最終的に良い位置にいると思うし、そうではない場合は昨年と同様Bクラスに沈んでいる可能性が高い。ダックの白星は楽天の状態を表すリトマス試験紙とも言えそうだ。

打線の援護に恵まれず、残念な結末になったが、これで4試合中3試合でクオリティスタート。十分、先発の仕事を果たしている。


■渡辺俊介 球種別 投球詳細
20130420DATA4.jpg

サブマリン独特の荒れ球がイヌワシ打線の打撃を狂わせた

4回2/3、打者23人、88球(1回当たり18.86、1人当たり3.83)、被安打3、与四死球6(四3死3)、失点1、自責点1。

楽天の1、2番に3死球。前回Kスタでみせたような捕手の要求どおりに投げ込む見事なコントロールは目撃できなかった。制球にばらつきがあり、荒れる内容となったが、かえって荒れていた点が、楽天のバッターに的を絞らせないことに一役買っていたともいえそうだ。そのことは楽天のヒットが僅か3本に止まった点からも推測できる。

楽天の打者が放った打球は全15本(犠打除く)。そのうち芯で捉えたと言える良い当たりは、1回ジョーンズの中前安打と5回小斉の投手強襲メモリアルヒットの2本だけだった(当ブログ調査)。

老獪な投球術に振りまわされた楽天打線は、渡辺がマウンドを降りた後も精彩を欠いた。サブマリンに狂わされた打撃のズレは最後まで修正できずに終わったと言えそうだ。【終】



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
《ダックワース前回登板試合》
【試合評】 2013年4月13日(土) ●楽天イーグルス0-6西武ライオンズ。イヌワシ打線、今季最少3安打。プロ初完封勝利の菊池雄星に完敗...
《最近2試合の試合評》
【試合評】 2013年4月18日(木) ○楽天イーグルス9-2ソフトバンク。ビジター遠征前の連敗ストップ大勝劇。話題の新人・東浜巨を打ち砕く序盤あっぱれの集中砲火
【試合評】 2013年4月19日(金) ●楽天イーグルス1-3千葉ロッテ。晴れのち曇り。時々雨。共感を覚えた星野監督の退場劇


---------------------------------------------------------------
【お薦め新刊の読書感想文を書きました】
◎『プロ野球なんでもランキング』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関 係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源 です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}