FC2ブログ

【試合評】 2013年4月14日(日) ●楽天イーグルス2-4西武ライオンズ。好投・菊池、4回突如崩れる... 今季初の二桁安打黒星

スポンサーリンク








両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・松井(遊)、2番・藤田(二)、3番・小斉(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・牧田(右)、6番・マギー(三)、7番・枡田(左)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・菊池(右投)

西武=1番・片岡(二)、2番・秋山(中)、3番・栗山(左)、4番・スピリー(指)、5番・ヘルマン(三)、6番・浅村(一)、7番・金子(遊)、8番・石川(右)、9番・炭谷(捕)、先発・十亀(右投)



4回表、それまで好投を演じていた先発・菊池が突如崩れた

立ち上がりの1、2回は三者凡退。3回は松井のエラーで出塁を許したが、後続を内野ゴロで討ち取り3回まで無失点。打者10人と対戦し1本のヒットも許さない。凡打の中身を見ても自身の打撃を許さないものばかりで、上々に思えた。

ところが、4回表だった。秋山を追いこんだものの、ほとんど投げないフォークが甘く入ってしまったところを逆方向へ弾き返され、先頭打者出塁を許してしまう。この試合初の無死1塁で、打席に栗山を迎えた所でこの人の悪い癖が出てしまった。

明らかなボール球が多く、ボール先行3-1から結局歩かせてしまう。

行き先は球に聞いてくれ。それが菊池の制球力だ。対する栗山の選球眼は球界屈指である。ストライクいっぱいの所を突く投球でも、少しでもボールになれば悠々看破される可能性は高かった。だったら、ストライクゾーンめがけてとにかく腕を振るべきだったのでは?と思うのだが、今となっては後の祭りだ。

栗山を歩かせて無死2,1塁、待ち受けていたのは両外国人の猛撃だった。

4番・スピリーには足元を射抜かれるピッチャー返し、5番・ヘルマンには高め速球をセンター奥深くへ打ち返され、エンタイトルツーベースに。いずれもタイムリーとなり、さらに無死3,2塁で浅村に右翼犠牲フライを打たれ、3失点。

なおも止まらない。

1死3塁、打席に金子を迎えて3球目フォークが逆球に。これがタイムリーワイルドピッチになってしまい、塁上綺麗に走者がいなくなった所で金子にもクリーンヒットを打たれ、ここでノックアウトとなった。(楽0-4西)

打線は相手先発・十亀の前に6回まで無失点。毎回走者を出塁させて十亀を攻めていくものの、ホームが遠かった。

1、3回の出塁はいずれも2死以降で、点につなげくには辛い状況といえた。

2回は1死から好調のマギーが左前クリーンヒットで切り開いていくものの、後続の枡田が凡退した。

十亀に12球投げさせるなど、追いこまれてから6連続ファウルで粘ってみせた点は評価できるものの、走者を進塁させることができず三振に倒れてしまったのは、いただけない。ここ4試合先取点を取れていないイーグルスにとって致命的で、マギーが2進できていれば次の打者は打点マシーンの嶋基宏だ。先制点の期待高まるシチュエーションになっただけに、残念な攻撃となった。

4、5、6回はいずれも得点圏に走者を進めることができたが、そこからつながらない。開幕当初「線」を描写していた9人の打者が、今はブツ切り状態に陥っている。

4回1死3,1塁は、その枡田が今度は初球打ち当たり損ねのショート併殺打。5回1死2塁、6回2死2塁でも点が入らず、結局6回終了時のスコアは0-4のままだった。

統一球以降この3シーズン、セパ12球団全体で6回終了時にビハインドのチームの勝率が物凄く低くなっていることは、皆さん御存じかもしれない。当ブログ調査では昨年の楽天、6回終了時に負けている展開は58試合あり、そこから勝利を収めたのは僅か5試合に止まった。勝率.086である。

今日の敗因は先発・菊池が試合を作れなかった点。打線が6回を零封されてしまった点、この2つといえる。

楽天は2カード連続、アタマを取るものの連敗し負け越しとなっている。二桁安打を放って負けたのも、今季初のことになる。

これでチーム成績は14試合7勝7敗の五分。Kスタ戦績は8試合4勝4敗、直近10試合は4勝6敗としている。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


HANREI.jpg

童心に帰る好調マギー、今日も2安打

昨日終了時で打率.429でパリーグ1位、出塁率.510で同1位、長打率.619で同1位。目覚ましい活躍を続けるマギーは、AJの打棒にためらいが生じているのを尻目に、今日も2安打と気を吐いた。

2回1死後、高めの球をひっぱりレフト左へ弾き返すクリーンヒット。4回1死1塁ではチャンス拡大の左前安打。いずれも追いこまれてからのヒットであり、特に4回の打席は外角の際どい所を攻められ、打てる球がなかった。フルカウントからの第7球、ようやく甘めに入ってきた変化球をしっかり一撃で仕留めてみせたところに、この人の絶好調を見る思いだ。

打撃好調について羽村亜美さんに訊かれたマギーはこう答えたと言う。

「おかしく聞こえるかもしれないけれども、4歳5歳のときに野球をやっているときの感じなんだ。余計なことを考えず、ピッチャーの球を純粋に打つことを心掛けているよ」

今、マギーは球が止まって見える状態なのだろう。

スタメン起用の小斉が2安打

先日のエントリーに菊池と小斉は同じようなタイプと書いた。2軍で習得すべきものはもはや何もなく、あとは1軍定着への殻を打ち破ることができるか?だけの選手という意味で、似たような立ち位置にいると書いた。

その小斉、4/8ロッテ戦に続く今季2度目のスタメン起用となった。菊池は結果を残せなかったが、小斉は5打数2安打と起用に応える。初回の第1打席は腰が引け気味になりながらも上手くバットの面を合わせて、左前へ流して出塁。2打席め、3打席めは凡退したものの、7回2死2,1塁の好機では、この試合チーム初得点となるセンター前に運ぶタイムリーヒットを放ってみせている。

前回スタメン時にも3打数1安打の成績を残しており、これで先発起用成績は8打数3安打。前日、銀次が死球で抹消され、代わりに上がってきたのが金刃とラズナー(本日ハウザーも抹消となった)の投手2名だから、今後も小斉の出場機会は増えていくのかもしれない。

場内騒然。8回アタマから登板の五番手は釜田佳直

投手交代のアナウンスが流れたとき、場内がざわざわっと騒然とする雰囲気になった。告げられた名前は4/10日本ハム戦で5回5失点と精彩を欠いた釜田だった。ヒット2本を打たれ、1死2,1塁のピンチを背負ったものの、代打・嶋を併殺打に討ち取り、8回1イニングをゼロで抑える。

報道によると、星野監督は「何かのきっかけで、調子を戻すこともある」ということで中継ぎ起用を決めたという。結果はゼロに抑えたとはいえ2安打され「でもダメだね。あれじゃ」

この日のストレート球速は140.4キロ。昨年の142.9に及ばないもので、これ1つ取っても、依然本調子ではないことが伺える。

先発のようにペース配分を考える必要がなく、腕を振って投げることが重要視される救援というポジションで、いつもの腕の振りを取り戻してほしいという親心だったのだろう。理解できるところだ。しかし、腕をいくら振っても現状ではこの程度のレベルというのが実際なのだろう。釜田をどうするのか? 菊池をどうするのか? ローテの再編はあるのかないのか? 指揮官の頭痛のタネは尽きない。


▼4/11に発売されたばかり。私、買いました。今、読んでます。



■菊池保則 球種別 投球詳細
20130414DATA13.jpg

菊池保則、球種が少ないのも悩みの種

3回1/3、打者16人、71球(1回当たり21.30、1人当たり4.44)、被安打4、奪三振3、与四球1、失点4、自責点4。

やはり、この人の課題はコントロールということになるのだろう。それも、セットポジションに入ってからの制球力だ。走者が出ると、制球・球威とも落ちてしまう。試しに今日の走者無し、走者有りのストレートの平均球速を調べてみた。

走者なし・・・141.1キロ
走者あり・・・140.4キロ

その差わずか0.7キロだが、バッターボックスの感覚では数字以上の開きがあるのだろう。ストレートが走らないと、変化球も活きてこず、適時打を放ったスピリーや犠牲フライの浅村に低め変化球であってもくらいつかれ巧打を許すことになる。

また、ストレート、スライダーにプラスアルファの信頼の置ける変化球が欲しい。

昨日のブルペンではフォークが良かったという本人談だが、現状、使えるレベルの球種にはなっていない。今日も秋山にヒットを、フォークでタイムリーワイルドピッチを献上するなど散々の球種になっている。持ち球が少ない点も、菊池の課題の1つだ。


■十亀剣 球種別 投球詳細
20130414DATA14.jpg

7回1失点の十亀、獲得アウト21個中19個を内野で取る

7回、打者31人、119球(1回当たり17.00、1人当たり3.84)、被安打8、奪三振5、与四球3、失点1、自責点1。

前夜、菊池の完封勝利をまざまざ見せつけられた指揮官は試合後の会見場で、「明日は菊池投手が先発ですが」と記者陣に訊かれ、「完封!」と一言残し、会場を後にした。

雄星の完封を発奮材料にしたのは、同姓の菊池保則ではなく、この日の西武先発・十亀剣のほうであった。

獲得アウト21個のうち、実に19個を内野で獲得していた点も特徴的だ。(三振5個、併殺含む内野ゴロ11個、内野フライ3個)



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
《菊池前回登板試合》
【試合評】 2013年4月8日(月) ●楽天イーグルス2-11千葉ロッテ。今季2度目の投壊とEウィングのナイトメア...
《最近2試合の試合評》
【試合評】 2013年4月12日(金) ○楽天イーグルス3-2西武。難産、綱渡り、遠まわりしすぎの則本
【試合評】 2013年4月13日(土) ●楽天イーグルス0-6西武ライオンズ。イヌワシ打線、今季最少3安打。プロ初完封勝利の菊池雄星に完敗...


---------------------------------------------------------------
【新刊の読書感想文を書きました】
◎『プロ野球なんでもランキング』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関 係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源 です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}