FC2ブログ

【楽天久米島キャンプ9日目】2013年2月9日(土) 初の紅白戦。暴れまくったジョーンズ、マギーの両外国人。空振りが取れない投手陣

スポンサーリンク






3/29開幕戦、採点寸評企画を実施します!!

まず最初に告知です。3/29開幕戦、楽天のスタメン選手のプレーに皆さんと共に採点、寸評をつけてみようという試みをしたいと思っています。まだ先の話ですが、下記URLに詳しいことを書きましたので、目を通していただけたら幸いです。

◎【読者参加型企画】3/29(金)楽天vsソフトバンク開幕戦、楽天選手への採点&寸評企画を実施します


9日目の声出しは、枡田、銀次、仲澤

キャンプも佳境に入ってきた。

9日目の早朝、イーフビーチでは星野楽天の象徴となった枡田慎太郎、銀次の声が響いていた。

「8年目、枡田慎太郎、既婚、女の子2人います! 今年は、優勝したい! そのために1つでも多くの勝利に貢献したいです。そして、立花社長! 昨日、電話での失礼な対応、すみませんでした!」

なぜか立花社長への謝罪つきとなった枡田の決意表明。(何があったのかな?)

「今年の目標は、開幕スタメンで144試合フルイニング出場することです。首位打者をとり、優勝に貢献したいです。そして、いつも応援してくれる東北の方々のためにも、日々努力していきたいです」。

きっぷの良い決意表明は、やっぱりこの人、銀次だ。

首位打者は「運」も介在してくるものの、私は少なくとも3割は打ってくれるのでは?そんな期待を抱いている。ちなみに144試合出場は2011年に聖澤が球団初の達成者だ。しかし144試合フルイニング出場となると、いまだ楽天の球団史は白紙のままなのだ。

2人に続いて、巨人から移籍してきた仲澤も叫んだ。

「今年の目標はシーズンを通して1軍の戦力になることです。そのためにも、練習からチームに必要な選手になれるよう、頑張ります!」

西村手術明け、藤田も怪我で離脱してしまった今、仲澤の価値は相対的に上昇している。このチャンスをモノにして、宣言どおり1軍の内野ユーティリティとして活躍してもらいたい。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




初の紅白戦

本日は午後から今キャンプ初の紅白戦が実施された。午前中天候がぐずついていた久米島。風も強く横殴りの雨も降ることもあり、久米島野球場のグラウンドにはブルーシートが敷かれ、はたしてできるのか?と心配されたものの、ほどなく天候が回復。グラウンドも整備され、予定どおり12時30分ちょっと過ぎにプレイボールのサイレンが鳴り響いている。

各々のラインアップは下記のとおり。打順が10番まであったり、途中、選手が相手チーム側に移ったり、6イニング制だったりは紅白戦ならではの特別ルールだ。

紅組・・・1番・聖澤(中)、2番・阿部(二)、3番・鉄平(左)、4番・ジョーンズ(指)、5番・枡田(一)、6番・マギー(三)、7番・嶋(捕)、8番・定岡(右)、9番・三好(遊)、10番・伊志嶺(指)、先発・菊池

白組・・・1番・森山(中)、2番・島内(左)、3番・西田(遊)、4番・小斉(一)、5番・銀次(三)、6番・牧田(右)、
7番・岡島(捕)、8番・仲澤(二)、9番・中川(指)、10番・小関(指)、先発・戸村




HANREI.jpg

戸村、2回7失点・・・

試合は1回表から大きく動いた。白組先発の戸村が1死後、阿部、鉄平、ジョーンズ、枡田、マギー、嶋、定岡にあれよあれよのつるべ撃ち(定岡の当たりは仲澤が弾いた「二ゴ失」)。マギーの3ランを含む6安打をくらい、いきなりの5失点でスタートした。 (紅5-0白)

戸村はようやく三好、伊志嶺を討ち取って悪夢の1回を終えたものの、翌2回も精彩を欠いた。併殺崩れの打者走者を1塁に置き、鉄平に初球快打され右中間を破られてしまう。一走は長躯してホームイン。さらにはジョーンズにも痛烈なひっぱり打撃を許し、打球が左前へ抜けてこれもタイムリーに。結局、戸村は2回、打者15人に9安打、7失点と散々な実戦初登板となった。(紅7-0白)

前日、戸村は報道陣にスライダーやフォークでカウントを取るのを試したいと意気込みを語っていたという。その変化球が甘かったということになる。3ランを打たれたマギーとの初対決、初球ショートバウンドしたのはカウントを取りにいきたい変化球だったはずだ。結局、青写真どおりにならず、追い込む前のカウント球をことごとく打ち返されてしまったということになる。(打者15人に対し、追い込むことができたのは僅か2人だけだ) それにしても、コントロールが悪すぎた。

一方、若手主体の白組だ。いきなり2回まで7点のビハインドを抱えてしまい苦しい展開を余儀なくされた。2回裏、紅組先発・菊池から3連打で無死満塁のビッグチャンスをつかむものの、中川が併殺ゴロ。この間に三走が生還、1点を返すのがようやくという状況である。(紅7-1白)

再び反攻をみせたのが5回裏だった。紅組三番手・高堀の1イニング目を攻め立てた。小関、島内、西田の若鷲3単打で塁上は再び埋まって1死満塁。ここで見事な槍働きをみせたのが、小斉である。前の打席、福山の初球をセカンドゴロに倒れていた楽天2年目の眠れる好打者が、ここでは右前へ弾き返していく。矢のような鋭い打球が右前で弾み、2点タイムリーに。さらに銀次もセンターへの犠牲フライを打って、この回3点を返し、一矢報いることに成功している。(紅7-4白)

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

小関、痛恨の失点・・・

最終6回表、白組で出場した小関にとって悔やまれる一幕となってしまった。4年目の今季は何が何でも1軍初出場を目指したい22歳の若鷲にとって「良薬口に苦し」というシーンが待ち受けていた。(苦い経験といえば、川口だろうか?3塁から飛び出して捕手の牽制で刺されるというシーンもあった。このときの捕手は小関だったことを明記しておきたい)

2死3,1塁、伊志嶺の打席時、0-1からの第2球目。2塁へスタートを切った一走を刺すべく小関が慌てて2塁へ送球する。しかし、少し遅れて三走もホームへ向かってスタートを切っていた。ボールが2塁から再びホームへ転送されたものの、時すでに遅し。この場合、試合は大量ビハインド。アウトカウントも2死のため無理に投げる必要は全くない。三走の動きにこそ気を配るべき場面だったものの、目に入っていなかったのだろう。防げる失点だったため、大変もったいない。初の実戦で、つまづくかたちになってしまった。

結局、試合は8-4で2回までに7点を奪った紅組が勝利している。

ジョーンズ、マギーの両助っ人砲、いきなり火を噴く!!

それにしても、初の紅白戦、紅組13本、白組10本、両軍合わせて22本ものヒットが乱れ飛ぶ結果となったわけだが、中でも目を見張らされたのは、ジョーンズ、マギーの両助っ人砲の打ちっぷりである。

ジョーンズは3安打猛打賞。1回、戸村から三塁線を破っていく強打のシングルヒット、2回にも再び戸村から左前へ痛烈なタイムリーをお見舞いすると、4回には則本に追い込まれはしたものの、0-2からの第3球をひっぱってみせ、レフト左を襲う容赦ないツーベース。メジャー1933安打434本塁打という屈指の実績に相応しい、まさに額面どおりの“実戦デビュー劇”となった。

マギーも非凡な才能をみせてくれた。今季実戦チーム第1号は、来日前に15cm程度あった髭を綺麗さっぱり剃り落としたので夏に来日する奥さんに嫌われてしまうんじゃないか、入団報告会でそのようにおどけてみせた31歳のバットから誕生した。ボール先行2-0、戸村が投じた3球目。完璧に振り抜いた。白球は諦めの様子で追うセンターの左上を悠々越えて左中間スタンドに吸い込まれていく3ランとなった。

それにしてもだ。連日ニコニコ動画で腕っぷしの良い打撃練習を目撃したり、今日のようなバッティングを早々に披露されてしまうと、いやがおうでも期待は高まってしまう。まさに青天井状態。そんなファン、多いのではないだろうか。

明暗分かれた銀次、枡田

朝の声出しを担当した両者は明暗分かれる結果になった。白組の銀次は2打数1安打1打点。第1打席は飛んだコースに恵まれなかった。タイミングよく流し打った当たりはライナー性だったものの、マギーの正面を突いた。2打席目以上は左前フライヒット、3打席目はしっかりセンターへ犠牲フライと、自分が成すべき役割をしっかりこなしていた。

枡田は3打数1安打1打点。初回は猛攻劇の一翼を担う適時打を左前へ運んだものの、2打席目以降が良くなかった。4-6-3と渡る併殺ゴロに、片山にバットを見事にへし折られてしまってのセカンドゴロ。今日の出来だけで言えば、軍配は銀次に上がったかな?という印象だ。

外野1枠を巡る争い、今日の結果は?!

2/8付河北新報「星野監督が2軍視察 東北楽天・久米島キャンプ」の記事内で報じられた「外野の定位置争い激化」。

記事によると「沖縄県久米島町で行われている春季キャンプでは、米大リーグ通算434本塁打の新外国人ジョーンズが打撃練習で持ち前の長打力をアピールし、昨季盗塁王の聖沢とともにレギュラーは確定的だ。残り1枠をめぐり鉄平、島内、牧田、枡田の4人がしのぎを削る。 定位置奪取のポイントは「打つこと」(仁村チーフコーチ)。今キャンプで目を引くのが2009年の首位打者鉄平だ。フリー打撃で力強い打球を飛ばし、「今の段階では感じがいい」と手応えを口にする」とある。

なんでも、視察に訪れていたWBC打撃コーチの立浪氏の「前に突っ込みすぎ。前はできてたよ」というアドバイスを受け、目指すべき方向がくっきり見えたという。草野アンバサダーが手渡した色紙には「貫」と書いた選手会長。6日のフリー打撃では釜田から一発を放つなど、復調へ向けて階段を一歩ずつ昇っているようだ。

その鉄平が結果を出した。初回は一二塁間を真っ二つにする右前安打でその後の5得点劇のチャンスメイクに寄与。2回は左中間を割ってみせるタイムリースリーベース。

ライバルの島内、牧田も負けじとアピール。島内は3打数1安打。凡打に倒れた第1打席も右翼ウォーニングゾーンまで打球を運ぶ捉えた当たりだった。牧田も必死だ。1打席目は追い込まれながらも外の球を巧くライン際に流して出塁。残り2打席はポップフライを打ち上げてしまったが、守備で魅せた。6回伊志嶺のレフトライン沿いの飛球。フライヒットコースかな?と思われた当たりを見事追いついてのランニングキャッチ。さすが牧田だなと感じさせるプレーを披露した。

西田が攻守でアピール

藤田離脱で二遊間の若鷲台頭が「さらに」なくてはならないものになっている楽天。そんな中、白組のショートで出場した西田が元気の良さを見せた。バットでは2安打1四球。四球はフルカウントまで球を見定めてのもので、ヒットは2本とも左前へ運んでみせた。守備では6回中川が打ったショート左へひっぱりゴロに対し、しっかり追いつき1塁スローイングでアウトにしてみせている。ライバルの阿部、仲澤、三好が精彩を欠いたため、さらに際立つ結果となった。

合計23本の安打を浴びた投手陣、総じて調整不足なのか・・・

この時期、調整は投手陣のほうが先行しているケースが多い。初日からブルペン入りして肩を作っていける投手陣に対し、野手陣は生きた球となかなか対峙することができず目慣らしが済んでいない打者も多い。なおかつ楽天ならではの事情もある。昨年アーリーワークを導入した大久保打撃コーチが2軍監督になったため、昨年と比べると1軍選手はバットを振り込む回数は確実に減っているはずなのだ。それでもこの状況なのだから、投手陣の調整が遅れているのかな?と少し心配を覚えてしまう。

戸村は論外だが、則本、片山、菊池、福山、高堀といった他投手も、どちらか1イニングでは好内容をみせるものの、もう1イニングではおぼつかない面もみせてしまう、そんなピッチングだったかと思う。

空振りが奪えない

調整が遅れているのかな?と私が感じている根拠の1つは、空振りの少なさだ。下記に各々の球数と空振り数を記してみた。

戸村・・・42球、空振り2球
則本・・・33球、空振り1球
片山・・・32球、空振り2球
菊池・・・30球、空振りゼロ
福山・・・26球、空振りゼロ
高堀・・・29球、空振り1球


総じて空振りが少ない。この時期のため、シーズン中よりも速球主体の組み立てだったのでは?とも推測できる。それを踏まえたにせよ、少ないのかな?と感じる。

戸村と片山が奪った空振りは全て高卒2年目でプロ入り後に野手転向した三好から記録したものになる。一般に高卒野手は4,5年かけて育成するのが通例だ。そんな中でも三好はセンスがあるなあと私も感じているのだけれど、それでもまだまだこれから1軍レベルで通用する技術を磨いていこうという段階だ。そんな若鷲から奪った空振りは参考程度にしかならない。

則本が奪ったのも聖澤が飛び出していた3塁走者を助けるため故意にハーフスイングしたもの(だと思う)で、しっかり奪った!というイメージのものではない。

空振りが少なく、快音響く良い当たりのヒットが多かったということを合わせて考えれば、調整不足なのかな?と思うのだ。

マウンド度胸を示した則本

とはいえ、良い所もあったわけで。則本は1イニング目を三者凡退に抑えてみせた。特に3ランをぶっ放したマギー、嶋から連続見逃し三振を切って取った場面は、昨年暮れの新入団選手発表会見でアピールポイントは?と訊かれたときに「ユニフォームを着てマウンドに立つと人が変わったように、気迫ある、気合いをこめて投げるのが僕のピッチングスタイルす」と答えたときのことを思い出させるものだった。

他には2本のヒットは許したものの、6個のアウトを全て内野で獲得した「おっぱっぴー」福山のピッチングは良かったのでは?と判断している。巻き返しを狙う片山も抑えなければいけない左打者は(伊志嶺だけ牧田の力は借りたものの)しっかり抑えており、まずまずかな?というイメージだ。

紅白戦は結果を出すということと同等に、課題点を再度洗い出すとい作業も重要になってくるだろうから、まだまだこれからである。めげずに戸村もここから頑張っていってほしいと思うし、存在感をみせつけた両外国人は寒さが厳しい本土へ渡ってからがどうなのか?という点があるので、開幕1軍、レギュラー争いはまだまだこれからなのだ。【終】


■紅組の打撃詳細、カウント推移
※球団オフィシャルサイトを見ると、定岡の当たりは「二ゴ失」でした。
20130209DATA2.jpg
20130209DATA3.jpg


■白組の打撃詳細、カウント推移
20130209DATA4.jpg
20130209DATA5.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【楽天久米島キャンプ4日目】状況別の実戦形式が増した4日目。ジョーンズ、マギー、松井がブルペン入り(2013.2.4)
【楽天久米島キャンプ5日目】 バントシフト練習に投手の活きた球を打ち返す初の打撃練習(2013.2.5)
【楽天久米島キャンプ怪我人情報】 楽天・藤田一也が左腹部を故障、精密検査へ。どうなる?!内野布陣 (2013.2.6)
【楽天久米島キャンプ6日目】 第1クール最終日。2軍の三好匠、1軍練習に初参加!!(2013.2.6)
【楽天久米島キャンプ8日目】 第2クール突入も、、、今キャンプ初の本格的な雨模様に(2013.2.8)

---------------------------------------------------------------
【アンケート募集!! 2/28(木)まで】「優勝」を取りにいく楽天
あなたが最も期待する野手、投手は?

---------------------------------------------------------------
◎投手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57828_0.html
◎野手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57827_0.html
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。140人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}