FC2ブログ

【記録】2012年パリーグ。投手別の牽制死を公開。走者を最も多く牽制で刺した投手は?!

スポンサーリンク





投手別の牽制死を公開

2012年のデータを用いて、普段お目にかかれない投手の珍しいデータを調べてきた。

昨年秋には打者の併殺打を投手に紐付けした。多くの併殺打を打たせた投手を調べてみた。日本ハム・武田勝や楽天・美馬学の名前が浮かび上がった。

年明け、打撃成績として管理されている盗塁企図記録を投手と結び付ける作業を約2週間実施した。79.2イニング投げて1度も盗塁企図されなかった投手がいた。オリックスの平野佳寿だ。

今回は牽制死を取り上げてみたい。

投手が牽制球で相手走者を刺した数。

例えば、1塁走者を牽制で誘い出して塁間で挟殺、これは盗塁刺として記録される牽制死だ。次に1塁走者が投手の牽制に帰塁できず、牽制を捕球した一塁手のミットによってタッチアウトになる。純粋な意味での牽制死はこちらになるかもしれない。

また、エラーが絡んだため走者はアウトにはならなかったものの、記録上は牽制による盗塁刺という珍しいパターンが数例ある。例えば、3/31札幌ドーム、西武対日本ハム戦、3回1死1塁、武田勝が1塁走者・中島裕之に対して投じた牽制球だ。塁間で中島を挟み、ファースト稲葉篤紀からセカンド田中賢介へ球が渡り、再度、田中から稲葉に送球された時、稲葉が球をこぼしたため(田中のエラー)、中島は事なきをえた。しかし、記録上は中島に盗塁刺がついている。

今回は、走者が3,1塁、2,1塁、2塁、1塁のとき2塁走者または1塁走者が牽制で刺された数が対象になる。

当ブログ調査で、2012年パリーグで合計68回を記録している。

(全試合のボックススコアに目を通していく確認作業になった。目を皿のようにして記録を追ったため、どこかで見落としが発生しているかもしれないが、あしからず)

さっそく、チーム別から確認してみよう。


■2012年パリーグ チーム別 投手牽制死数
20130207DATA8.jpg

最多は日本ハムとソフトバンク。最少は楽天とオリックス

味方投手による敵走者牽制死が最多となったのは、日本ハムとソフトバンクの2チーム。15個タイで並んでいる。この2チームは被出塁率が優れていた。ソフトバンクは.297でリーグ1位、日本ハムは.307でリーグ2位だった。対戦相手の出塁を他球団より防いだ両チーム。当然、塁上に走者を置く場面も少なかったはずで、にもかかわらず、牽制死が最多を記録したことは、特筆すべきことのように感じる.

ただ、私の目には両軍少々異なって映るのだ。

表に許盗塁企図数も併せて掲載した。日本ハムは119、ソフトバンクは153。明らかな差異だ。両軍を比較した場合、日本ハム投手陣はクセが少なくて走者にスタートを許さない。牽制が巧みなチームという印象になる。

しかし、ソフトバンクはクセのある投手が多いため、走者にモーションを盗まれ多くの盗塁企図を許してしまっている。牽制死が多いのは、ソフトバンク投手陣の牽制が上手いわけではなく、相手が積極的に盗塁作戦を仕掛けてきているがための数字だと思うのだ。

一方、最少を記録したのが楽天、オリックスの2チームだ。8個で並んだ。しかし、被出塁率を見ると、楽天が.311に対しオリックスは.323だから、被出塁率が多いオリックスのほうが事実上の最少と判断できる。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


表に掲載するのを忘れてしまったが、チーム別の左右を確認してみたい。

日本ハム=左10、右5
西武=左2、右10
ソフトバンク=左10、右5
楽天=左4、右4
ロッテ=左2、右8
オリックス=左5、右3

日本ハム、ソフトバンクは圧倒的に左投手が刺した牽制死が多い。一方、右投手が多いのは西武、ロッテ。リーグ全体では左投手が33、右投手が35となった。左投手のほうが多いのでは?というイメージが一般的だと思うのだが、結果は僅かに右投手が多くなった。ただし、投球回は右投手が多く、左投手が少ないだろうから、このことを踏まえると、やはり左投手のほうが多いと言えそうだ。


■2012年パリーグ 投手別の牽制死ランキング
20130207DATA7.jpg

最多は日本ハムの武田勝

投手別の牽制死ランキングになる。2個以上の牽制死を記録した投手を表にまとめてみた。表中の「9イニング当たり」は9イニング当たりの牽制死の数を表している。各々投球回がバラバラのため、9イニング当たりで出してみた数になる。

数で最多を記録したのは日本ハムの武田勝。5個は彼1人だけである。同じ走者から2つ牽制死を獲得している。前述した西武・中島裕之の他に楽天・牧田明久も2度刺されている。武田勝といえば多くの併殺打を獲得する投手でもある。

3個で7人の投手が並んだ。この7人の中で9イニング当たりの数で見れば楽天・ハウザーの0.559個がトップとなった。ただ、ハウザーの場合、牽制が巧みというよりは、クセが大きく(以前クイックを測ったら1.4~1.5秒かかっていた)、走ることに積極的になっている走者の気の緩みから来ている気がする。

西武・牧田和久の牽制技術

この7人の中で個人的に牽制が巧みだなと思うのはクイックにも定評がある西武・牧田ではないだろうか。一般的にアンダースロー投手の場合、どうしても走者に多く走られがちになってしまう。同じサブマリンの渡辺俊介は9イニングで1.67の盗塁企図を許しており、やはり多いなという印象だ。

しかし、牧田の場合、そのことを重々わきまえていて、走者への気配りに余念がない。楽天・山崎武司を手玉にとった高速クイックを身に付けたのも、アンダースローの欠点をカバーしようという意図があったであろうし、牽制技術も同様なのでは?と思う。実際、牧田は9イニング換算で0.86の企図しか許していない。渡辺俊介の数字と比べれば雲泥の差だ。その牧田に2度刺されているのが、楽天に移籍してくる前の横浜DeNA・藤田一也であった。

日本野球に順応をみせているグライシンガー

他に注目したいのは、ロッテのグライシンガーか。7/31日本ハム戦で陽岱鋼を、9/24オリックス戦でバルディリスを1塁牽制でアウトに仕留めている。元巨人で2度盗塁王に輝き、今度のWBCで外野守備走塁コーチを務める緒方耕一氏の著書『勝利に導くスチール&ラン』によると、巨人時代のグライシンガーはクイックモーションを苦手としていて、積極的に機動力を使ってくる広島戦の先発を回避することもあったという。

しかし、昨年9イニング当たりの許企図は0.64。今もクイックが苦手だったら、もっともっと走られてもおかしくはないのだが、9イニング当たりの数で言えば、唐川侑己(0.80)や小野晋吾(0.88)より少ない。巨人時代と比べると、クイックや牽制の技術を磨き、日本野球にアジャストしたと言えるのかもしれない。





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります






■2012年パリーグ 走者の牽制死数
20130207DATA9.jpg

最多牽制死は聖澤、ヘルマン

2回以上の牽制死を喫した走者を表にまとめてみた。

最多6回を記録したのは楽天・聖澤諒と西武・ヘルマンだ。共に2012年パリーグ盗塁ランキング1位2位の面々になる。それだけ多くの塁を盗んでいくには、塁上で相応のリスクを背負いながら投手と駆け引きを繰り広げているということになるのだろう。

とはいっても、聖澤の牽制死は多い気がする。

本当かどうか分からないが、年初に上梓した『頭で走る盗塁論~駆け引きという名の心理戦』(朝日新書)で赤星憲広氏は「私自身は牽制球でいえば、アウトになったのは、プロに入っても数える程度しかない。また誘い出されてしまってアウトになるというのもなかった」(同書71頁)という話なので、6個という数はやはり多いというイメージになってしまう。昨年盗塁34個のソフトバンク・本多雄一の牽制死が1つもなかったことも合わせて考えると、やっぱり多いのかなという印象になる。

西武・ヘルマンの場合、6個の牽制死のうち4個が5月4日までに記録されていた。来日1年目に日本野球に慣れていないというハンディキャップによる牽制死もあったのでは?と推測できる。




オリックス・西勇輝は聖澤に盗塁企図を1度も許していない

最後に、牽制死の記録がない・少ない投手=牽制が下手だ、というわけでもないことを付記したい。走者をあわよくば牽制で殺そうという意識で投げる投手もいれば、走者を殺さずとも塁に釘付けにするだけで良いと考えて牽制を投げる投手もいるはずだ。

個人的には、牽制死は1つしか記録されていないものの、オリックスの西勇輝も牽制技術に長けているのでは?と仮説を立てている。(というのは、しっかり意識して西の牽制を映像で確認していないから「仮説」扱いにしている)

昨年許した盗塁企図数は9イニング換算で0.44と少なかった。これは2011年の話だが、西といえば9/8楽天vsオリックス戦(△E4-4Bs)の7回1死1塁の場面を思いだす。楽天の1塁走者は聖澤。同点の場面、その足で2塁を陥れ、勝ち越しのチャンスを演出していきたいシーンだった。しかし、西に阻まれた。合計6度に及ぶ執拗な牽制で聖澤は1塁ベース釘付けにされた。バッターボックスの松井も結局併殺ゴロを打たされ、この回楽天は得点入らず、試合は引き分けた。調べてみると、西は聖澤に通算でも1度も盗塁企図を許していないのだ。

長くなってしまった。本エントリー、チーム別の投手牽制死履歴を掲載して終わりにする。【終】


※表中の点差は投手側のチームから見たもの


■北海道日本ハムファイターズ
20130207DATA2.jpg


■埼玉西武ライオンズ
20130207DATA6.jpg


■福岡ソフトバンクホークス
20130207DATA3.jpg


■東北楽天ゴールデンイーグルス
20130207DATA1.jpg


■千葉ロッテマリーンズ
20130207DATA4.jpg


■オリックスバファローズ
20130207DATA5.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】2012年パリーグ。投手別の盗塁記録を公開。多くの盗塁を許した投手、走者に走らせなかった投手ランキング(2013.1.21)
〔記録〕2012年パリーグ。投手別の併殺打記録を公開。併殺打を多く打たせた投手ランキング GDP allowed per 9 innings pitched(2012.11.2)

---------------------------------------------------------------
【アンケート募集!! 2/28(木)まで】「優勝」を取りにいく楽天
あなたが最も期待する野手、投手は?

---------------------------------------------------------------
◎投手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57828_0.html
◎野手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57827_0.html
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。140人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}