FC2ブログ

【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(3)盗塁阻止率。2012年楽天捕手陣の許盗塁企図履歴を掲載

スポンサーリンク



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります





当ブログのfacebookページを作成しました。130人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa


皆様のブログ村への一票が
ブログ運営の活力源に。宜しくお願いします。
現在「楽天イーグルス」部門1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

---------------------------------------------------------------
【アンケート募集!! 2/28(木)まで】
「優勝」を取りにいく楽天、あなたが最も期待する野手、投手は?

---------------------------------------------------------------
星野体制3年目。オフには田中投手がメジャー挑戦する可能性もあり、闘将イズムの真価・集大成が問われる非常に大切な1年になりそうです。長打力不足解消へ大型補強も施し、KスタにEウィングを設置して初優勝を本気で取りにいくペナントレースと言えます。そこで皆さんにお訊きします。「最も期待している野手、投手は?」。ぜひお気軽にご参加ください。下記アンケートフォームでお待ちしてます。
◎投手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57828_0.html
◎野手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57827_0.html
-------------------------------------


昨年、新人の岡島が台頭したことでチーム内で正捕手争いが巻き起こった楽天イーグルス。恐らくこのエントリーをお読みの皆さんも誰が正捕手に相応しいか?1度は思い巡らし一家言を持っている方、多いはずだ。

2013年開幕までのしばらくの間、プロ7年目・29歳を迎える嶋基宏と、プロ2年目・24歳になる岡島豪郎、この両者の捕手像の違いを、2012年データを用いて眺めてみる「嶋基宏vs岡島豪郎、数字で診る両者の違い」を実施している。

第1回目は各々がスタメンマスクをかぶった時のチーム勝敗、勝率を取り上げた。ロースコアの1点差を勝利につなげた岡島の勝率の高さが際立つ結果となった。一方、精彩を欠いた嶋も印象ほどは悪くはないことも確認できた。打線が打てなかった相手先発が左投手の時に多くのマスクを被っていたため、打線の援護を受けられず割を食った「不運」な要素も多かったのだ。

第2回目は被本塁打率を取り上げた。こちらは嶋の数字が輝くかたちになった。Kスタでマスクをかぶった時の嶋は驚くほどホームランを打たれていないことが判明した。一発をくらわない配球の妙、みたいなものを習得したのかもしれない。一方、岡島も頑張っており被弾してもソロ弾が多く、流血を最小限に止めていたことが確認できた。

しばらく間が空いてしまったが、第3回目の今回は予告どおり、盗塁阻止率に迫ってみたい。

まずは、パリーグのチーム別の数字を確認してみたい。


■パリーグ 2012年 チーム別 盗塁阻止率


許した企図数はリーグ平均も、阻止率最低となった楽天

上記表、許企図や盗塁刺が内訳合計数とイコールになっていないケースがある。これは打者側の記録では2個記録されるダブルスチールが、盗塁阻止率を計算時にはひとくくり扱いになるためである。盗塁刺も投手の牽制球によって誘い出されるなど捕手が関与しなかったものは対象から除かれる。そのためイコールではないことを予めお断りしておきたい。

ということで上記表を眺めてみると、楽天捕手陣の許盗塁企図数は119個を記録。リーグ平均が128個であることを考えると、多く走られていたわけでも、走られるのを良く防いでいたわけでもなく、平均的レベルだったことがうかがえる。

(癖のある投手が多く走り易いと聖澤が言うソフトバンクの許盗塁企図数は153。私の予想どおり最多となった。リーグトップの防御率を持つ投手陣を考慮すると、走者を出す回数自体は少なかったと推測できる。にもかかわらず153だ。明らかに多すぎだ。一方、リーグ最少はロッテの100となった)


許した盗塁企図がリーグ平均レベルとはいえ、楽天捕手陣がワーストを記録した数字がある。.218を記録した盗塁阻止率だ。

次に掲げた表は、楽天戦での対戦チーム側からみた盗塁成績になる。


■2012年 楽天戦 チーム別の盗塁成績
※ここでの本塁生還率の分母は企図数。
20130120DATA9.jpg

2013年楽天の課題=ホークスの足を釘付けにせよ!!

対戦チーム別にみると、約1/3をソフトバンクに走られていた。その次に日本ハムの25だが、ホークスの42がぶっちぎりで圧倒的であることが確認できる。

ホークスといえば昨年の4/3~4/5のKスタでの3連戦、特に4/4の一戦はホークスに7盗塁を許すなど今なお記憶に残る試合になったが、あのときは雪混じりで強風が吹くなど悪天候に苦しんだ部分も多かった。楽天も5個の盗塁を決めており、お互い様と言えそうだが、この4/4の一件に目をつぶっても、ホークスには盗塁を多く許しすぎである。(ちなみに楽天もホークス戦で多く走った。企図数は39を記録している)

盗塁を試みられた企図数は最多、盗塁成功率も80%越えと高く(ということは楽天捕手陣の阻止率が低かった)、本塁生還数も二桁を記録されており、盗塁阻止は対ホークス戦の最重要課題なのだ。


次に、捕手別にデータを確認してみよう。


■楽天イーグルス 2012年 捕手別 盗塁阻止率


年々悪化していく嶋の盗塁阻止率

予想どおりの結果となった。嶋の盗塁阻止率が悪いのだ。.182という数字は2012年20試合以上出場したパリーグ捕手17人の中でワーストという数字である。嶋の年度別盗塁阻止率を振り返ってみると、ルーキーイヤーで125試合に出場した2007年の.365がキャリアハイで、以下2年目から.357、.286、.231、.228ときて、昨年は遂に.182まで落ち込んでしまった。

9イニング当たりに許した企図数をみても嶋の0.93は岡島の0.66、小山桂の0.50より悪い結果となった。嶋がマスクをかぶっている時、塁上に出た相手走者は積極的に仕掛けてきていると言えそうな数字と感じる。

相手走者の本塁生還率を確認してみよう(カッコ内の数字は盗塁成功を起点とした場合の生還率)。

嶋29.3%(36.4%)、岡島18.2%(26.7%)、小山桂16.7%(33.3%)、伊志嶺50.0%(66.7%)。

ここではカッコ内の数字に注目してみよう。盗塁を成功させた走者がその後ホームを踏んだかどうか?の割合になる。ご覧のとおり、岡島より嶋のほうが走者の本塁生還を多く許してしまっていた。

象徴的な試合を1つ挙げてみよう。

CSへ向けてぎりぎり可能性を繋いでいた9/27西武戦だ。先発は美馬。1-0の1点リードで迎えた6回裏だった。2アウトを取るところまでノーヒットノーランペースの快投を演じていた美馬だったが、2死後まさかの落とし穴にハマってしまう。浅村に単打を打たれると二盗を許して2死2塁、さらに続く秋山にはワイルドピッチの四球を与えて2死3,1塁。ヘルマンの打席時に一走の秋山にも二塁を盗まれてしまい(嶋投げず)2死3,2塁。

ヘルマンの打席はフルカウントまでもつれた。ラスト美馬が投げた129キロスライダーが高めに甘く入ってしまう。これを弾き返され、1-2の逆転となる2点タイムリー...

味方打線もヒット9本を放ちながら松井の初回先頭打者本塁打の僅か1点に抑え込まれたこともあって、結局1-3で惜敗した。許した2つの盗塁のうち、どちらかで刺すことができていれば・・・というシーンだった。




嶋には送球の正確さ・安定性を求めたい

昨年の嶋を見ていてもどかしく感じたのは、とにかく送球に安定性がなかった点である。2塁送球がショート方向へ逸れてしまうケースが多かった。一方、新人の岡島のスローイングは安定していた。強肩という意味で言えば、嶋も岡島も強肩だ。それ以上に明暗を分けたのが送球の安定度にあったと私は考えている。

先日上梓されたばかりの元阪神タイガース・赤星憲広氏、初の盗塁理論『頭で走る盗塁論~駆け引きという名の心理戦』で、赤星氏もこのように指摘している。


盗塁を阻止するには、送球にかかる時間を3.2秒からどれだけ縮めることができるか、もしくは一ニ塁間を走る時間をどれだけ遅らせるかにかかっている。

 この二つの要素で走者の足との勝負が決まる。そこにいわゆる肩の強さが介在する要素は案外少ないのだ。

 それよりも送球の正確さのほうが大事だ。ニ塁ベースのカバーに入った野手の構える、ベース上にあるグラブにまっすぐ送球できるかどうか。(本書107頁より)



先日、沖縄で自主トレに励んでいる嶋の模様が報道された。1/18付河北新報「東北楽天・嶋 巻き返しへ着々 安定した送球課題」によると


 課題にしているのがスローイング。昨季の盗塁阻止率は1割8分2厘と過去最低。骨折した親指の影響で、捕った球を右手に持ち替える際、しっかり握れず、送球が不安定になったという。今オフはリハビリをやり直し、秋季キャンプでは送球練習に積極的に取り組んだ。「春季キャンプでも続け、安定させたい」と意気込む。


とあった。

やはり、右手親指骨折の影響があったことを気づかされた。そういえば、盗塁企図されても送球せずというケースも多かった。年々低下していた盗塁阻止率だが、昨年に限っていえば怪我の影響も大きかったのだ。

記事によると、このことは嶋もよく認識しているようで、積極的に取り組んんでいるとのことなので、あとは今季、結果を出すだけだ。ぜひ盗塁阻止率3割以上を目指してやってほしい。

もちろん、盗塁阻止は主に投手と捕手の共同作業のため、投手陣にもクイック技術の向上などのより一層の対策を要求したい。

それにしても、走者と投手、捕手、ベースカバーに入る内野手などでやりとりされる、舌を巻く情報戦の妙、駆け引きの妙を堪能できるのが、前掲の赤星氏の『頭で走る盗塁理論』。盗塁成功するにも、捕手が走者を刺すにも、いろんなファクターが絡んできた上での結果なのだと改めて教えられることが多々あった。盗塁について深く知りたい方にはお薦めできます!!




2012年楽天の盗塁阻止率算出方法

下記に参考までに、楽天戦で相手が試みた盗塁企図全履歴を掲載した。

盗塁阻止率の計算方法についてここで詳しく振れておきたい。

まず、盗塁成功の数え方だが、下記表の4/5ソフトバンク戦での松田、長谷川の重盗、4/21ホークス戦での証、内川のダブルスチール、5/23中日戦でのブランコ、山崎のダブルスチール、これは2つ一括で1個とカウントする。企図数も1個計算になる。

次に盗塁刺。5/1西武戦の中村、8/11ソフトバンク戦の中村、8/28ロッテ戦の岡田、9/29ソフトバンク戦の明石は投手の牽制球に誘いだされてアウトになったもので、盗塁阻止率を出すときの盗塁企図、盗塁刺にはカウントしない。5/31巨人戦の高橋由、6/5阪神戦の藤井彰はスクイズ失敗で飛び出した3塁走者を挟死させたものになるので、これも対象外になる。

そのため、許盗塁企図数は119となり、許盗塁は93、盗塁刺が26で、26÷119=.218になる。

嶋基宏vs岡島豪郎、数字で診る両者の違い、4回目となる次回はワイルドピッチ、パスボールの予定。

【終】


■楽天イーグルス 2012年 許盗塁企図履歴
※「点差」は敵軍から見たときのもの
※「捕手」の「嶋」=嶋基宏、「岡」=岡島豪市、「伊」=伊志嶺忠、「小」=小山桂司
※「備考」の「走」=代走、「重」=重盗、「牽」=牽制で誘い出されてアウトになったもの
20130120DATA1.jpg
20130120DATA2.jpg
20130120DATA3.jpg
20130120DATA4.jpg
20130120DATA5.jpg
20130120DATA6.jpg
20130120DATA7.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【捕手論】新連載「嶋基宏vs岡島豪郎:数字で診る両者の違い」をスタートさせます!! (2013.1.8)
【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(1)先発マスク時の勝敗と勝率 (2013.1.8)
【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(2)被本塁打 (2013.1.11)

---------------------------------------------------------

『頭で走る盗塁論』『プロ野球「最強捕手」大全』読書感想文書きました
『頭で走る盗塁論』は1月11日に発売されたばかりの赤星憲広氏、初の盗塁本です。読書感想文をコチラに書きました。『プロ野球「最強捕手」大全』はA5判207頁に古今68名のキャッチャーを、インタビューやエピソード、記録を交えて紹介した1冊です。読書感想文をコチラに書きました。
---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}