FC2ブログ

【記録】楽天 嶋基宏 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率

スポンサーリンク







御訪問有難うございます m(_ _)m
オフですが、現在、定期的に更新できております。
原動力は皆様の1票です。
どうか、ブログ村への投票、よろしくお願いします。
おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


ここまで、聖澤諒松井稼頭央中島俊哉牧田明久銀次鉄平藤田一也まで終了した。


今回は、来季からプロ野球選手会会長の要職に就くことが決まった楽天の正捕手、嶋基宏のゾーン・コース打率を取り上げてみたい。

まずは対右投手データを見ていこう。


■対右投手 年度別 打撃成績
20121218DATA9.jpg


下記に掲載する対左投手の年度別打撃成績と合わせて確認すると、嶋は右投手が苦手なのだ。通算打率、OPSは、対右が.586、.236。対左が.690、.277。右投手から3割を記録したのは、シーズン.315の率を残しリーグ8位に名前を刻んだ2010年だけ。1割後半~2割前半に落ち着くシーズンが多かったことが確認できる。

ここまでの成績と比べれば、.268という率を残した今シーズンは、嶋の中ではそれなりに右投手を打っていた、と言えるのだろう。しかし、惜しむらくはあと3本ヒットを上乗せし.287で終えてほしかった。そうすればシーズン打率も.302で終えることができたのだ。


■対右投手ゾーン・コース打率
打率.268、157打数42安打、1本塁打、32三振




得意=「ストライクゾーン外角中段・外角低め・真中」
不得意=「ストライクゾーン外角高め・内角高め・内角中段」


両サイドで言えば、アウトコースを得意とし、(上記図の黄色網掛けゾーン、73打数24安打の.329)
インコースを苦手としていたと言えそうだ。(同・水色網掛けゾーン、43打数8安打の.186)

昨年はアウトコースが.138、インコースが.206だったから、今年は右投手が投げてくるアウトコースの球の対応が改善となった。

球種別で見てみよう。

得意とした右投手のアウトコース。ここでは下記のとおり、

速球.342、38打数13安打、10三振、2内野安打
変化球.314、35打数11安打、7三振、1内野安打、1ニ塁打、1三塁打、1本塁打

速球、変化球の区別なく、3割の率を残すことに成功。今季、嶋は右投手から3本の長打を記録しているが、その全てがアウトコースの変化球打ちから誕生したものとなった。

◎関連エントリ>〔記録〕楽天イーグルス・嶋基宏2011年ゾーン・コース打率&球種打率

ゾーンの高低でいえば「高め」でも苦労していたことがうかがえる。(上から1段、2段目まで。51打数12安打の.235)

右打ちはどのコースから生まれているのか?

ここで少し脱線して、.328を記録した外角(黄色網掛け)、.244の真中(ピンク網掛け)、.186と低迷した内角(水色網掛け)、この3コースでの打球方向を見てみたい。



上記表、「中/右/二/一/投」は中堅から右翼方向の打球の合計、「中~右打球割合」は全体の打球に占める中堅から右翼方向の打球割合を表している。

嶋といえば右打ちである。

その技術は球界でも屈指と私は考えているのだが、右投手が投げたどのコースの球を、右方向に運んでいるのだろう?

中堅から右方向に多く打球を飛ばしたのは、右投手が投げた外角球、真中の球と言えそうだ。外角では82.1%が、真中では88.2%の打球が中堅から右方向に飛んでいた。

一方、66.7%と下落しているのが.186の率しか残せなかった内角だ。一般論として右打者に右打ちさせたくないとき、バッテリーは内角攻めが有効とされる。内角球を右方向へ運ぶには相当の技術が必要になってくる。球にバットを合わせにくく、球威負けせずに逆方向へしっかりおっつけて弾き返すのは、なかなかできることではないからだ。

嶋も御多分に漏れず、苦しんでいたと言えそうだ。球種別でみると、インコースでは速球でも変化球でも結果が出なかった。

速球.200、30打数6安打、5三振、2内野安打
変化球.154、13打数2安打、2三振


■対右投手ゾーンOPS
20121218DATA3.jpg

OPS診断の最強ホットゾーンは外角中段

ゾーンOPSでは.964を記録した「ストライクゾーン外角中段」が最強ホットゾーンと言えそうだ。このゾーンで三塁打(4/4ソフトバンク戦でペニーから)、本塁打(5/2西武戦で岸から)が各1本ずつ生まれている。

OPSでも「内角高め・内角中段」といったインコースで数字が極端に低くなっているのが確認できる。


■対右投手ゾーン空振り率
20121218DATA7.jpg

誘い球になる「低めボールゾーン」空振り率、僅か2.8%

対右投手のゾーン空振り率、全体では4.1%を計測している。ゾーン別で見ると、14.8%と10%を超えたのが「真中高めボールゾーン」。速球に手を出しにいき、空を切らされてしまっている。しかし、20%を越えてくる顕著なゾーンはなく、嶋もバットコントロール能力が高いことが確認できる。

特に、ストライクからボールに落とされることが多い「低めボールゾーン」(上記配球図の最下段)では177球中、空振りは5球だけ、率にして僅か2.8%という特筆すべき低さなのだ。フォークやチェンジアップといった変化球の見きわめがしっかりできていたと言えそうだ。


■対右投手球種打率
20121218DATA5.jpg


右投手が嶋に投げた球種割合を確認してみよう。速球(St+Sh)が60.6%、スライダーが20.0%、フォークが5.6%の順だ。

そのうち速球では.280。ストレートでは.305だったものの、シュートで11打数1安打の.091。トータルして3割未達となった。スライダーも3割近い.294。球種割合の多い速球、スライダーでまずまずの率だっただけに、対右投手打率3割まで惜しいところだったと言える。

47球空振りなし、右投手が投げるカーブは見切ったり!

緩急をつけるときに最もポピュラーな球種、カーブ。今シーズン、相手右投手は嶋に47球のカーブを投じてきたが、嶋は1度も空振りすることせずに.333の球種打率を残している。47球のうち17球でバットを振りにいき、6球でファウルになり、11球で球が飛んで結果が出た。1個の見逃し三振を加えて、12打数4安打、1三振、1三塁打を記録した。これは、おみごとと言えるかもしれない。

次に対左投手データを諸々確認していこう。


■対左投手 年度別 打撃成績
20121218DATA10.jpg


対右投手のところでも触れたとおり、嶋は右投手が苦手で、左投手を得意としている。

プロ2年目、2008年までは対左でも1割後半から2割前半と対右と同程度の低迷ぶりだったが、2009年から対左は改善されてきているのだ。シーズン3割を記録した2010年では.344を記録、一転、様々なプレッシャーで自分の打撃を見失った2011年でも対左では.263を残していた。今年は再び.324と3割を打ってきた。


■対左投手ゾーン・コース打率
打率.324、108打数35安打、0本塁打、19三振
20121218DATA2.jpg


ゾーン打率を見てみよう。面白いことが判明した。

参考までに下記に掲げた昨年の対左ゾーン打率、傾向が同じなのだ

ホットゾーン=「ストライクゾーンの高め全般、外角中段、真中」
苦手な所=「ストライクゾーンの内角中段と低め全般」


しかし、今季は苦手とされているストライクゾーンの内角全般での成績も改善傾向となった。

2011年=打率.121、33打数4安打
2012年=打率.241、29打数7安打

このように、率を1割2分改善したことも、対左3割の要因となっている。


■2011年:対左投手ゾーン・コース打率
20120208DATA4.jpg

ゾーンOPSで見ると、ホットゾーン、苦手ゾーンが、くっきり浮かび上がってくる。前述した箇所がそのまま当てはまっているのが確認できる。

昨年も今年もほぼ変わらないホットゾーン、苦手ゾーン。

これは対左投手時の嶋が自分なりの「型」をもって打席に入っていることを意味する。得意・不得意が激変する打者も中にはいるが、そういう打者は自分のバッティングスタイル、まだ模索中なのだ。

その点、嶋は左投手と対峙するとき、それを既に体得し、投手に向かうことができていると言えるのではないだろうか。


■対左投手ゾーンOPS
20121218DATA4.jpg


次に、対右でしてみたように、コース別の打球方向を確認してみよう。(下記表参照)

対右と同様、中堅から右翼方向に多くを記録したのは「外角」。全打球の84.8%に当たり、外野に飛んだヒット11本のうち実に10本が中堅から右翼方向で発生している。「真中」でも78.6%高い割合。

一方、64.3%と低くなったのが「内角」だ。内野を見てみると面白い。「外角」「真中」ではセカンドへの打球が最多だったものの、「内角」では遊撃が最多。ひっぱりにいったのか、ひっぱらされたのか、とにかくショートへの当たりが多かった。しかし、外野へ飛んだ15打球のうちヒットになった9打球は全て中堅から右翼を記録している。

中堅から右方向に飛ぶ打球割合は「内角」が少なくなっていると言えるものの、嶋もひとたび外野に飛ばしたら、中堅から右方向、自身の「型」と言える右打ちの打撃がしっかりできていたと言えそうだ。「内角」では苦しみながらも、一定の結果を残してと見ることもできそうだ。





■対左投手ゾーン空振り率
20121218DATA8.jpg


対左のゾーン空振り率。「アウトコース低めボールゾーン」で10%を超えたものの、対右同様、20%超えとなったゾーンは1つもない。

スライダー打ちには苦戦も、チェンジアップで.583

最後に球種打率。左投手が嶋に投げてきた球種割合は速球58.4%、スライダー22.9%、チェンジアップ10.4%の順になっていた。

速球では上々の.324だったが、2番目に多い球種のスライダー打率が.227と低迷した。どうやら調べてみると、ストライクゾーン内の甘いスライダー、真中気味に入ったスライダーでも打ち損じたケースが多かったようだ。

スライダーでは結果が出なかったものの、3番目に多いチェンジアップで12打数7安打の.583を記録することに成功。落ち切らないチェンジアップ、高めに浮いてきたチェンジアップをしっかり弾き返すことができていた。これが対左3割の好因だ。


■対左投手球種打率
20121218DATA6.jpg


■まとめ
〔全体〕
◎右打ち=投手の左右に関係なく「外角」「真中」で約80%の割合で中堅から右方向に打ち返していた。

〔対右投手〕
◎右投手が苦手・・・前年.205から.268に改善も、3割を超えたシーズンは2010年のみ
◎ホットゾーン・・・ストライクゾーン外角中段・外角低め・真中。OPSでは外角中段
◎苦手ゾーン・・・ストライクゾーン外角高め・内角高め・内角中段
◎空振りは少ない・・・20%を超える空振り率のゾーンはない。「低めボールゾーン」は僅か2.8%
◎速球、スライダーでまずまずの球種打率。47球のカーブで空振りゼロ。

〔対左投手〕
◎右投手より左投手が得意。2010年以来の3割超え
◎得意・不得意ゾーンは昨年とほぼ同様⇒自分の「型」をもって投手と対峙できている。
◎20%を超える顕著な空振り率のゾーンはなし
◎球種打率=速球.324、スライダー.227、チェンジアップ.583


◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】楽天 藤田一也 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 鉄平 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 聖澤諒 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 松井稼頭央 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 中島俊哉 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 牧田明久 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【記録】楽天 銀次 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率

---------------------------------------------------------



読書感想文を書きました>『セイバーメトリクス・マガジン1』『プロ野球ホントの実力』
『マガジン1』は“考える野球好き”にとって今オフ必読の1冊です。コチラで読書感想文を紹介しております
『ホントの実力』はセイバー初心者には嬉しい最適な入門本です。コチラで読書感想文を紹介しております
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました
120人達成!
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減だと私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}