FC2ブログ

私もそう思う「最近は乱闘もなくなったな。面白くないわ」星野談

スポンサーリンク




楽天市場


12月も半ばとなりました。
御多忙の中、訪問、誠に有難うございます m(_ _)m
オフですが、現在、定期更新中。原動力は皆様の1票です。
どうか、ブログ村への投票、よろしくお願いします。
おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------



先日、大谷投手の日本ハム入りに疑問符がつく怒りを露わにした星野監督が、またまた迷言を飛ばしたそうです。今日の日刊スポーツから記事を下記に引用します。


---引用開始---
星野監督、乱闘の勧め!?「面白くない」
(日刊スポーツ 2012年12月12日7時49分)

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121212-1058701.html

闘将らしく、乱闘の勧め!? 楽天星野仙一監督(65)が11日、今の野球に注文を付けた。「俺は怒った顔ばかりしてると思われてるが、テレビの映像は全部、乱闘を止めに行った時のだ。でも、最近は乱闘もなくなったな。面白くないわ」と嘆いた。「必死にやれば、ああいう顔になるんだ」と自身の顔を引き合いに、もっと闘争心を出すことを選手に求めた。
---引用終了---



この発言がどういう文脈で出てきたものなのか?これだけでは全く分からないので、なんとも言えないところがあるのですが・・・

「テレビの映像は全部、乱闘を止めに行った時のだ」という発言は、現役時代または中日で指揮を揮う若き日について言及したものなのでしょうか? その直後に「最近は乱闘はなくなったな」とも発言していますし、楽天で指揮を執った2011年、2012年のことを言っているのではないなとも思います。


それはさておき、最近は本当に乱闘が少なくなりましたよね。

統一球になって派手な空中戦など打ちあいが激減、淡々と進む試合展開が増えました。極端な投高打低で魅力が乏しくなったという声も聞かれますが、私はそれなりに「楽しさ」を見出していますし、少なくともあと1年は同じ仕様の球を使用するべきと思っています。

しかし、144試合は長丁場。既視感溢れる試合を何度も繰り返し観戦させられると、少しは「乱闘」でも起きてくれないかしら?と邪なことを考えてしまうのも、これまた本音でした。

ほら“水清ければ魚棲まず”って言うじゃないですか?(苦笑)

頻発するのは良くないにしても、たま~に目撃したいプロ野球ならではの一風景なんですが、そんな乱闘も、少なくとも、楽天戦では、めっきり御無沙汰の気がします。

さて、両軍入り乱れての乱闘が発生する要因は、その大半がデッドボールでしょう。

ということで、2012年、楽天投手陣が相手打者に与えたヒット・バイ・ピッチ、60個をつぶさに確認してみました。

乱闘はあったか?

結論から言えば、残念ながら???乱闘はなかったものの、なりかけたケースは1度ありました。

京セラドームでの9/14(金)オリックス21回戦(○E7-2Bs)でした。楽天が5点リードして迎えた最終の9回裏、セーブがつかないシチュエーションだったものの、青山がマウンドに向かいます。9/8西武戦以来中5日でした。

先頭バッターは後藤光尊。初球内角のスライダーがストライクゾーン中段に決まってストライク。2球今度は膝元に誘いのスライダーを投げ込み、これを後藤がひっかけて1塁側ファウルゾーンへのゴロファウル。

0-2と追い込んでからの3球目でした。嶋は外角高め寄りにミットを構えます。ところが、青山の142キロ速球がインハイに大きくすっぽ抜け、後藤の右腕に直撃。珍しく激昂した後藤が青山に鋭いガンと怒声を飛ばしながら、マウンドへ数歩歩み寄ったそのとき、両軍がベンチから飛び出してきました。

が、乱闘にはならず。

実はこの試合、伏線がありました。

6回に先発・辛島がT-岡田、スケールズにコントロールを乱し、連続死球を与えてしまっていたのです。後藤のデッドボールがこの試合3個目でした。

勝敗がどちらに転ぶか分からない展開だったらまだしも、楽天が大量5点リードした最終回です。試合の趨勢がほぼ決まった中での、怪我が怖いベテラン打者からすれば「貰い損にもみえる死球」でしたから、思わず後藤も怒りを露わにしてしまったのでしょうか。また、中継映像を確認する限りでは(その是非はさておき)青山も謝っていません。その態度も後藤の怒りのリミッターをはずすのに一役買ったのかもしれません。

でも、この場面は、両軍飛び出すも、まぁまぁまぁということになり、丸く収まりました。


両軍ベンチから飛び出さないまでも、険悪なムードになりかけたのが2つ、ありました。

1つは4/21(土)鹿児島でのソフトバンク4回戦(●E1-11H)でのできごとです。8回、ピンチで青山が登板。内川に5打数5安打となるタイムリーを打たれ、点差を6点に広げられてしまった直後の無死2,1塁でした。

バッターボックスはペーニャ。インサイド中段を要求した伊志嶺のリードに対し、青山の投じた138キロ初球がペーニャの顔付近を襲う肩直撃のデッドボールに。一瞬ペーニャの顔が険悪な表情に変わったものの、その後1塁でペーニャはフェルナンデスに慰められ、青山はセカンドを守る内村に声をかけられ、そのままノーアウト満塁で試合続行となっています。(直後、松田にグランドスラムを被弾・・・)

2つめは、6/3Kスタでの広島との交流戦(○E3-1C)です。楽天が2点リードしていた4回1死1塁、釜田vsニックの対戦でした。

外、外と続けて1-1となった後の第3球、リードする小山桂司のミットは一転、内角を指し示します。投げ込まれた143キロ速球が逸れて、よけにいったニックの臀部に直撃。ニックは静かな怒りを抑えながらもバットを放り投げ、1塁に歩いていきました。

次に、その逆、楽天のバッターが死球を受けて乱闘になった、あるいは、なりかけたシーンはあったのでしょうか?

調べてみました。

今シーズン、53個のデッドボールを相手投手から頂戴した楽天ですが、そういうシーンは1つもありませんでした。皆、おとなしいものです。うずくまって痛みをこらえることはあっても、マウンドへ向かって数歩歩み寄ることもありませんでした。

2012年の楽天戦、危険球は2度

最後に危険球を確認します。楽天戦では2度ありました。

◎5/17マツダスタジアムでの広島戦(○C4-1E)、2回無死2,1塁、堂林翔太vsヒメネス。1-2と追い込んでからの5球目、149キロ速球が打ちにいった堂林の頭部直撃。危険球で退場。

◎8/15Kスタでの日本ハム戦(○E2-0F)、1回裏1死走者なし、銀次vs八木智哉。1-1からの3球目が銀次のヘルメットのひさしに直撃。審判団による協議がなされ、危険球退場へ。


この2例でも、険悪はムードにはならず。もっとも危険球ですから、真っ先に心配されるのは直撃を受けた打者のぐあいでしょう。その次に継投などその後の試合展開。そちらに注意が注がれるためでしょうか、ぶつけた相手に向かっていくところまではいかないようです。

他球団の乱闘といえば、オリックスvs西武戦が近年の因縁になってはいますが、こと楽天戦での乱闘ということになると、私の記憶の限りでは、パッと思い出すことができなくなっているほど、遠くなりにけりという印象です。山崎がいた時はまだあったようにも思うのですが、もはや思い出すことができません・・・


◎◎◎最近の記事◎◎◎
【記録】楽天 銀次 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率
【比較】 楽天イーグルス主な選手の2012年OPSを、年齢別の平均と比べてみる!
【比較】 2012年パリーグ打撃成績。「年齢別」で31932打席を診断。年齢別平均OPSなど

---------------------------------------------------------



読書感想文を書きました>『セイバーメトリクス・マガジン1』『プロ野球ホントの実力』
『マガジン1』は“考える野球好き”にとって今オフ必読の1冊です。コチラで読書感想文を紹介しております
『ホントの実力』はセイバー初心者には嬉しい最適な入門本です。コチラで読書感想文を紹介しております
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました
120人達成!
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減だと私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}