FC2ブログ

〔記録〕2012年パリーグ全てのニ塁手レンジファクター。セカンド守備で最も貢献したのは?

スポンサーリンク

100人目前!現在「いいね!」92人
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。







ブログ村投票のお願い(*・人・*)
只今2位と激戦中!!
何卒何卒1票を!!
どうか御支援よろしくお願いします。
おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------



2012年パリーグのレンジファクター調査。

主な中堅手全ての三塁手全ての遊撃手の調査は既に終了済み。

今回は全てのニ塁手のレンジファクターを確認してみたい。

なお、レンジファクターは、9×(刺殺+補殺)÷守備イニングで表される、一般的に守備範囲の広さと奪アウト能力を診る守備指標である。今回は各々のニ塁手がセカンドで何イニング守備に就いたか?を調べたので、いわゆる簡易版RFではなく、正規のRFであることをお伝えしたい。

このブログでも何度も書いてきているが、できればUZR(Ultimate Zone Rating)の値が知りたいのだ。しかし、私のような個人・素人でそれを算出するのは、逆立ちしても無理な話のため、守備イニングさえ判明すれば算出できるレンジファクターを調べているというわけ。守備率に代表される従来指標よりも、一歩踏み込んだイメージをつかむことができるのでは?という思いからだ。

なお、イニング調査は全て私のコツコツコツコツとした手作業のため、どこかで誤差が生じてしまっている可能性も否定できない。もし誤りに気付いた方いましたら、是非御一報頂けたら幸いです。


※私が良く愛読しているブログ「野球の記録で話したい」さんでも、全くの偶然で、同じテーマを取り上げています。ぜひ下記エントリも御参照下さい。
◎参照エントリ>「二遊間の研究、パリーグ|2012NPBペナントレース」
◎参照エントリ>「二遊間の研究、セリーグ|2012NPBペナントレース」




まずはチーム別を確認。


■2012年 パリーグ チーム別 ニ塁レンジファクター
20121101DATA3.jpg


二塁レンジファクター。チームではソフトバンクがトップ

昨年の数値をおさらいしておこう。

日本ハム5.78、楽天5.61、西武5.43、オリックス5.35、ソフトバンク5.12、ロッテ4.91となっていた。

今年は上記表のとおり、ソフトバンク5.70、楽天5.61、オリックス5.60、日本ハム5.47、西武5.44、ロッテ5.20、リーグ平均が5.51となっていた。

2年連続で楽天が同値で2位。ソフトバンクが前年の4位から大きく順位をあげてトップ。逆に1位の座を明け渡した日本ハムは4位交代となった。西武は数字自体は昨年とほぼ変わらないものの順位を3位から5位へ下げてしまっている。

特筆すべきは、今までのレンジファクター調査でも何度も触れてきたが、ソフトバンクの傑出度だろう。

下記表のとおり、今季もソフトバンク投手陣は奪三振がリーグトップの数字を記録していた。レンジファクターは9イニング当たりのアウト寄与率と言うことができるので、奪三振が多いチームほど、少ないチームより、処理すべきフィールド内の打球は少なくなると言える。よって、ニ塁に飛んでくる打球の数も少なくなるわけなのだ。

その意味で、味方投手陣が983奪三振でリーグ最多を記録したソフトバンクニ塁手の5.70という数字は、見た目以上に価値大と言えそうなのだ。2位の楽天との差は僅か0.09だが、0.09以上の開きがあるのでは?と想像している。

一方、ワーストを記録したロッテの5.20は他球団と数字以上の差が存在すると言えそうだ。というのは、ロッテ投手陣は今季もリーグ最少の奪三振数だったからだ。それだけフィールド内の打球が増え、セカンドの処理機会も増えてくるということが予想される。ロッテ投手陣の奪三振数は今季762で、最多を記録したホークスと実に221個分のアウト、8.19試合分の開きがあった。

ちなみに、レンジファクターの順位は、偶然の一致なのか?それとも何らかの関係性があるのか?はさておき、投手陣による奪三振の多い順にピタリ重なっていることを付記しておく。

RRFではどうか?

レンジファクターの改良版にRRFという指標がある。算出方法が煩雑をきわめるのだが、投手の奪三振率、ゴロ/フライ傾向、右投手と左投手の割合、チーム全体の守備力等を考慮して補正を施した指標だという。先頃発売された『セイバーメトリクスマガジン1』では、このRRFで今季の守備の利得を棒グラフで表している。その利得順位を確認すると、1位はソフトバンク、2位・オリックス、3位・楽天、ここまでがプラスで4位以下が、ロッテ、西武、日本ハム、となっていた。


■2012年 パリーグ チーム別 獲得アウト内訳
※獲得アウトの中から、ゴロアウト、フライアウト、奪三振のものを集計した。三振%、ゴロ%はこれら3つの合計値に占める割合を表す。なお、盗塁死や牽制死などそれ以外のアウトは数としては少なくなるため、ここでは考えないことにした。
※データは「プロ野球ヌルデータ置き場」さんの投手データの中のアウト時内容一覧をもとに集計。


ニ遊間RF調査

次に、三遊間で試みたように、ニ塁と遊撃のレンジファクターの値を合計してみた。ニ遊間のレンジファクターを確認してみたかったからだ。

昨年の順位は?というと、日本ハム10.66、西武10.12、楽天10.05、オリックス9.79、ソフトバンク9.35、ロッテ9.24を記録していた。

今年は上記表のとおり、日本ハム10.51、楽天10.34、オリックス10.27、ソフトバンク10.13、西武10.07、ロッテ9.46、リーグ平均は10.14となった。

2年連続で日本ハムが1位となったが、前述のとおり実際は10.13を記録したソフトバンクと良い勝負なのでは?というイメージでいる。

一方、トップの日本ハムと1.05差ついてしまったロッテのニ遊間は、そういうことで実際は1.05以上の開きがあるはずだ。1試合=9イニング1.05アウトの差と言えるので、144試合換算だと約151個のアウトの差異が生まれてしまっている。いまだ埋まらない西岡の穴と、加齢に加えて守備範囲が狭いことで知られる井口のセカンド起用。ロッテはニ遊間の守備での立て直しが急務と言えそうだ。


■2012年 パリーグ チーム別 ニ塁+遊撃レンジファクター合計値



次に、300イニング以上ニ塁の守備に就いたパリーグの主なセカンドベースマンのレンジファクターを確認してみたい。(下記表参照)

リーグトップは楽天・銀次の5.85

なんと、なんと、今季の楽天を象徴する銀次が5.85を叩き出してトップに立っていた。広大な守備範囲を活かしたファインプレーが魅力的な内村賢介、守備職人というイメージが強い藤田一也ら、どちらかと言うと守りでアピールする選手を指し置いて、バットマンの銀次の値がリーグでもチームでもトップになった。また、内村は5.48、藤田は5.26で、もっと高いイメージがあったのだが、低い数字にとどまっている。これは大いなる意外だ。

銀次は確かに場数を踏むにつれて、球際に強くなった印象は受けている。シーズン終盤でも試合前に打撃練習より守備練習に力を注いでいるとも報じられていた。手元のメモをひっくり返してみると、私が好守備と記したセカンド・銀次のプレーは今季14個あり、失策の5個を大きくうわまわった。


■2012年 パリーグ 主なニ塁手 レンジファクター
※300イニング以上対象
20121101DATA4.jpg


事実上のトップはソフトバンク・本多雄一の5.80

とはいえ、前述の奪三振の関係から、事実上のトップはソフトバンク・本多雄一の5.80だ。今季は首痛などの怪我の影響で、打撃や盗塁では精彩を欠く内容となってしまったが、少なくとも、守備ではチームに多大なる貢献をもたらしていたと言えそうだ。

イーグルスファンから見る本多の好守備というと、勝負所の9月にはいって好守備連発されてしまった印象が大変強い。手元の観戦メモには楽天戦での本多の好守備は9個記録されている。そのうち6個が9月に集中しているのだ。幾つか例を上げてみると、


9/11ヤフーでの16回戦(●E1-2H)、楽天は序盤2失点。一方、打線は相手先発・攝津の前にノーヒットで抑えられていた。4回表イーグルスの攻撃、先頭は聖澤。追い込まれてから3度ファウルで粘る等した7球目、外のシンカーをひっかけてセカンド前方へのバウンドゴロ。一塁は本多の守備と聖澤の俊足による間一髪の勝負となったが、機敏な身のこなしをみせた本多のランニングスローの前に出塁を阻まれてしまった。

9/13敵地での18回戦(○E6-2H)、1回表1アウト、藤田の当たりは一ニ塁間。打球を追うファースト・江川が捕りきれない。右前へ抜けようか?と思われたゴロを深いゾーンで本多がまわりこんで処理。ベースカバーに入った岩崎に送球して、藤田は凡退に倒れてしまった。

9/24Kスタでの21回戦(●E1-3xH)、スコア1-1の同点で迎えた6回裏ノーアウト3,1塁、勝ち越しの好機でバッターボックスは松井稼頭央。三走は俊足の聖澤という場面だった。2-2から攝津が投じた外の変化球をひっかけるかたちとなった当たりは、セカンド前方へのバウンドゴロに。ダッシュして処理した本多が素早いバックホームをみせ、細川の好ブロックにも阻まれ、聖澤は本塁憤死。ここで得点入らなかったのが響くかたちとなり、結局、延長10回裏にサヨナラ負けを喫した。

300イニング対象でリーグワーストはロッテの井口資仁

ワーストはロッテの井口資仁となった。井口は昨年も4.92で300イニング以上対象者の中では唯一の4点台を記録。2年連続のワースト記録となった。


最後に、全ての選手のレンジファクターを掲載して、終わりにする。次回レンジファクター調査は更新の日時は未定だが、左翼または右翼の予定。【終】


■2012年 日本ハム 選手別 ニ塁レンジファクター
20121101DATA8.jpg


■2012年 西武 選手別 ニ塁レンジファクター
20121101DATA10.jpg


■2012年 ソフトバンク 選手別 ニ塁レンジファクター
20121101DATA9.jpg


■2012年 楽天 選手別 ニ塁レンジファクター
20121101DATA5.jpg


■2012年 ロッテ 選手別 ニ塁レンジファクター
20121101DATA7.jpg


■2012年 オリックス 選手別 ニ塁レンジファクター
20121101DATA6.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕2012年パリーグ全ての遊撃手レンジファクター。楽天・松井が越えた37歳の壁。いまだ埋めることができないロッテのアキレス腱
〔記録〕2012年パリーグ全ての三塁手レンジファクター。パで最強の「ホットコーナー」の番人は?
〔記録〕2012年パリーグ主な中堅手のレンジファクター。昨年のゴールデングラブ受賞者、ロッテ・岡田の上を行く中堅手とは?!

---------------------------------------------------------


読書感想文を書きました>『セイバーメトリクス・マガジン1』
“考える野球好き”は今オフ必読の1冊です。コチラで読書感想文を紹介しております
---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}