FC2ブログ

〔試合評〕楽天4位以下確定。青山浩二をスケープゴートにしてはならない!──2012年10月4日(木)△楽天イーグルス5-5西武ライオンズ

スポンサーリンク

「いいね!」遂に60人に到達!
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。





-------------------------------------


△楽天イーグルス5-5埼玉西武ライオンズ
20121004DATA11.jpg

■ハイライト映像




先攻・西武のスタメン・・・1番・浅村(左)、2番・秋山(中)、3番・ヘルマン(三)、4番・中村(指)、5番・オーティズ(一)、6番・大崎(右)、7番・原(ニ)、8番・炭谷(捕)、9番・永江(遊)、先発・野上(右投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・松井稼(遊)、2番・藤田(ニ)、3番・銀次(三)、4番・フェルナンデス(一)、5番・草野(指)、6番・島内(左)、7番・鉄平(右)、8番・岡島(捕)、9番・聖澤(中) 先発・ダックワース(右投)。

ブログ村への投票お願いm(_ _)m
4位以下が確定しましたが、
残り4試合もいつもどおりエントリを書いていきます。
おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。
引き続き応援宜しくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


9回表、青山、暗転。楽天の4位以下が確定

1回裏、ダックワースがゴロで相手打線を退けた直後の楽天攻撃回だった。降板後「もっと腕を振れば良かった」と悔やんだ西武先発・野上から楽天がいきなり4点の先制。初回に3点以上の先取点をあげた試合は、大量7得点を獲得した「楽天デー」の9/19ロッテ戦(東京ドーム)と本戦、2ゲームのみである。

リードオフの松井が口火を切った。追う中堅・秋山を越えていくツーベースで出塁すると、藤田のサード前方へのバントをヘルマンが1塁悪送球。銀次が左翼への浅い飛球に倒れたものの、フェルナンデスがフルカウントから四球で歩き、1死満塁。

この後、草野のセカンドゴロの間に1得点(一走・フェルナンデスが直接タッチにきたセカンド・原のグラブをひらりとかわしたため、併殺にならずに得点が入った)。2死3,2塁、追いこまれた島内も続いた。及び腰ながらも球にくらいつき、三塁線を破る流し打ちで走者2人をホーム呼び込む適時打。本塁上でニ走・フェルナンデスと炭谷が激突する激しいクロスプレーの間に島内は一気に三塁を陥れ、鉄平の右前安打で生還している。(楽4-0西)

2回表、楽天がミスから1点を失う。銀次の1塁悪送球が起点となった1死3,1塁、上本の3-6-1の併殺崩れのファーストゴロの間に三走に生還を許してしまう。(楽4-1西)

3回裏、ダックワース最大のピンチ。自らの3四球で塁上全て埋まって1死満塁。打席にオーティズ、大崎を迎えたが、ここは緩急をつけたピッチングで空振り三振、ショートゴロに討ち取り、踏ん張った。

すると、4回裏、楽天に追加点が。前の3回楽天打線(フェルナンデス、草野、島内)を三者連続空振り三振に取り、立ち直りをみせた野上の内角速球を、聖澤が振り抜き、右翼席中段に放りこむ4号ソロ。(楽5-1西)

もったいなかったな・・・というのが5回表の2死からの1失点劇だ。中村にデッドボールを与えて2死1塁後、オーティズの単打、2つのボークで1点を返されてしまい、終わってみれば、2回表と合わせてミスから点を与えてしまったこの2失点が、痛かった。

4回までヒット6本5得点をあげた楽天打線だったが、5回以降、西武投手陣の前に散発2安打に抑えこまれてしまう。6回、8回はいずれも先頭打者が安打出塁してスコアリングポジンションに走者を進めたが、適時打が出ない。

6回から継投に入った楽天投手陣も、6回ハウザー、7回小山、8回ラズナーとしっかり零封リレーでつなぎ、9回表、3点リードで迎えて、抑え・青山が登場。先頭・上本を鉄平の好守備にも助けられ左飛に討ち取って、あとアウト2個というところから、暗転した。

代打・カーターに右翼線への二塁打、浅村には四球、1死2,1塁で秋山が三遊間を割る左前安打。三塁を蹴って本塁突入を試みたニ塁代走・鬼崎を、ここは鉄平がワンバウンドのストライクバックホームで刺し、2アウト!

状況は3,1塁だが、アウトカウントは2アウト。リードは3点。打席は3番・ヘルマン、西武の主軸を迎えていたが、青山なら抑えてくれると思ったのだが・・・

ヘルマン中安、中村右安、オーティズ右安と西武クリーンアップに三者連続適時打を喫して、まさかの同点。

スライダーにタイミングが合っていないヘルマンにスライダーを決め球として選択できず、逆にスライダーを狙っていた中村にはスライダーを続けてしまった岡島のリードを、解説・杉山賢人氏は指摘。確かに配球の拙さもあったとは言えるのだが・・・

引分けでは意味がない。楽天は勝ってこそCS進出へのかすかな希望をつなぐことができるという状況だった。

9回裏、3時間30分、時間との戦い。岡島、聖澤が倒れ2アウト。聖澤のバットが折れたショートゴロ後、折れたバットの破片を丁寧に拾う西武内野陣。その後、一度、マウンド上に内野陣が集まり、さらに遅れて杉本投手コーチがマウンドへいき、時間を稼いだ後、渡辺監督がベンチを出て涌井の継投を告げる。投球練習の間にも刻々と時が流れていく。松井への初球が外れた直後、渡辺監督が再びベンチを飛び出した。時間稼ぎが目的の守備変更を球審に告げた直後、時計の針が3時間30分を超えていった。松井は結局ファーストゴロに倒れ、

ジ・エンド

東北楽天ゴールデンイーグルスの2012年、星野政権2年目のシーズンが、完全に終わった。

9回裏、西武が採った作戦は、ルール範囲内のものであり、逆の立場だったら楽天も同様のことをしていたはずだ。観ていて決して心地よいものではないのは確かだが、これも野球である。過度な批判はどうか?と思うので、悔しさをグッと心の奥底に押しこんで、パリーグTVのログイン画面を閉じた──

これでチーム成績は、140試合64勝66敗10分の借金2、順位は4位。ゲーム差は1位・日本ハムと8.5、2位・西武と5.5、3位・ソフトバンクと3.5、5位・ロッテと0.5、6位・オリックスと10.5となった。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎西武戦・・・24試合10勝12敗2分 (Kスタ11試合5勝4敗2分)
◎後半戦成績・・・59試合24勝28敗7分、勝率.462
◎パリーグ内成績・・・116試合54勝52敗10分
◎直近10試合成績・・・・10試合4勝5敗1分

◎Kスタ成績・・・67試合33勝27敗7分
◎ナイター成績・・・99試合45勝49敗5分
◎先制した試合・・・71試合45勝23敗3分
◎借金6からの巻き返し(8/22以降)・・・37試合19勝15敗3分、勝率.559


HANREI.jpg

青山をスケープゴートにしてはならない!

9回表、青山がオーティズに同点打を打たれ救援失敗となった直後、Kスタの観客席から白いジェット風船が打ち上がった。「がんばろう東北デー」で3点差あった勝ち試合を勝利にむすびつけることができない青山への「怒り」のジェット風船だったのだろう。引分け、負けなら4位以下が確定するという状況だったが、勝っていた。本拠地で4位以下を濃厚にしてしまったピッチングに対し「異議申し立て」のジェット風船だったのかもしれない。

十分理解できるところなのだが、青山1人だけに2012年の責めを負わせてしまうのは、お門違い、見当違いのなにものでもない。

これで青山は最終回、リードした展開でマウンドに上がったのが28試合になった。そのうち失点し敗戦投手になったのが2試合、敗戦に近い引分けが本戦の1試合で、勝ち試合をしっかり勝利の二文字に変換するという意味での抑えの役目を果たせなかったのは、28分の3になる。賛否両論あるのかもしれないが、シーズン途中から抑えにまわってこの数字は、しっかり評価したいという思いのほうが強い。前半戦Aクラスで折り返すことができたのは、ひとえに青山の頑張りだ。青山がいなかったら、144試合の140試合目までCS進出の可能性が残されていただろうか?

2012年4位以下で終わってしまった楽天。今季の総括はいずれオフにしっかり時間を設けておこなっていきたいところなのだが、4号ソロを放った聖澤のコメントが的を得ている。

木で例えるなら、幹ではなく枝に手を加えることで大きな花を咲かせることもある。

解説・杉山氏いわく、打線の主軸・中心打者ではなく下位打線・脇役でも大きな戦果をあげることができるという意味だという。

杉山解釈が正しいとすると、2012年の楽天はまさにこれ、中心なき組織は機能せず。枝に手を加えることしかできなかったということになってしまった。

丁寧に書くが、今季の楽天を象徴する銀次、枡田、後半戦良い働きをした島内等は近い将来、中心打者になる素質を持ち合わせている。本塁打を打った聖澤も同様だろう。

しかし、今季はいずれの打者も経験を積む段階で、どこまでも枝の存在であった。4番にすわったこともあった枡田(の活躍は評価できるものの)も消去法的に選ばれた4番バッターだった。中心として期待された外国人打者、主将の松井、復活を期待された鉄平は、その所々では素晴らしいプレーを魅せてくれたものの、シーズントータルでは物足りないものになってしまった。

楽天の4位以下確定、最大の要因はここにあると思う。

さて、残り4試合だ。まだ4位5位は確定していない。しっかり4位を決め、願わくば、現在プラス14点ある得失点差をプラスのまま終わらせて欲しいと思う。あと、田中の二桁、これは必須だ。


■楽天・ダックワース 球種別投球詳細
vs右打者50球=St1、Sh21、Cut14、Cur10、Ch4
vs左打者43球=St3、Sh17、Cut9、Cur2、Ch12
20121004DATA13.jpg

5回、打者24人に93球(1イニング当たり18.60、1人当たり3.88)、被安打4、奪三振3、与四球3、与死球1、失点2、自責点1、対戦被打率.200(20-4)。

全体のストライク率58.1%(93球中54球)、初球ストライク率54.2%(24人中13人)、3球目で2ストライク率52.9%(17人中9人)。

獲得アウト15個のうち、ゴロアウト9個。全打球17個のうちゴロ13個。

■楽天・ダックワース 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20121004DATA12.jpg

※西武先発・野上の投球データは割愛します。

◎◎◎関連記事◎◎◎
今季最終章8連戦の試合評
〔試合評〕岡島豪郎、2012年最も憂鬱な1日。四球から診る聖澤諒の成長──2012年10月1日(月)●楽天イーグルス2-3オリックスバファローズ
〔試合評〕田中将大、二桁勝利へ「希望」をつなぐプロ通算16度目のシャットアウト劇──2012年10/2(火)○楽天イーグルス2-0ソフトバンク
〔試合評〕首を振って速球を投げた釜田の選択は正しかったのか?──2012年10月3日(水)●楽天イーグルス2-4西武ライオンズ
ダックワースの前回登板
〔試合評〕ダックワース白眉のバックドア。球団記録に並ぶ青山21セーブ──12年9月26日(水)○楽天イーグルス3-2西武ライオンズ


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}