FC2ブログ

〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕岩隈、有終の美。2年目の可能性広がる9勝目──10/2LAA戦

スポンサーリンク

「いいね!」遂に60人に到達!
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。







当ブログは楽天からメジャー挑戦中の岩隈投手を応援しています。どうかブログ村への投票よろしくお願いします。只今「楽天イーグルス」部門1位!
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


○シアトルマリナーズ6-1ロサンゼルスエンジェルス




岩隈、メジャー1年目・有終の美

今季、楽天から2人目のメジャー挑戦に挑んだ岩隈が、10/2(日本時間10/3の11:10)、最終登板の先発に臨んだ。

相手は同地区のエンジェルス(LAA)。ここまで対LAA戦は4試合3勝負けなし、防御率1.54、WHIP0.90を記録している。この試合もその好相性どおりのピッチングをみせ、6回105球を投げ無失点。味方打線もしっかり岩隈を援護。“メジャー1年目・有終の美”となる9勝目となった。

三者凡退で終えた4回以外の5イニングはいずれも得点圏に走者を背負うピッチング。要所を締めた。指揮官の言葉を借りれば「走者を置いた時のピッチングとゲームを落ち着かせる」素晴らしい投球術で、この日も8度あった得点圏打席で8打数ノーヒット、4奪三振、3ゴロアウト、1外野ライナーアウトと、クマらしさが存分に出た芸術的な投球ができたと言えそうだ。

これで先発時の得点圏被打率は.145(83-12)となった。

なお、残念ながらこの試合、中継観戦できず、ハイライト映像を確認しただけだが、エンジェルス打線はクマに全くタイミングが合っていなかったのでは?と思うのだ。

圧巻は3番・プホルスへの3三振劇だろう。

1打席目は1回1死1塁でやってきた。0-2からの3球目、外のスライダーにまるでバットが当たるそぶりもみせない実にあっさりした空振りを奪い、三振!

2度目の対決は、先頭トラウトに捕前安打(???)、ヘッドスライディングのニ盗され、さらにワイルドピッチで三進された3回、1死3塁での局面。追いこんでからの低めのスプリッター2球ファウルで粘られたものの、最後はインハイに抜けた速球も球威で振らせたのか、プホルスのバットが空を切る。

圧巻だったのは3点リードの援護があったものの、2死3,1塁のピンチを迎えていた5回での第3打席だった。この打席も3球で1-2とプホルスを早々に追い込むことに成功。しかし、そこから3度ファウルで粘られる。最後は低めに誘う決め球スプリッターがワンバウンドで決まり、空振り三振。ベンチに引きさがっていくとき、プホルスが「やれやれ・・・」といった表情で首を何度か小刻みに振っていた様子が、なんとも印象的だった。

報道によると、なんだかんだいっても30本塁打104打点の数字を残しているプホルスからの1試合3三振劇は、史上2人目の快挙だという。

印象的といえば、1回2死2,1塁、5番・カヤスボを見逃し三振に討ち取ったシーンも記憶に残る一幕と言えそうだ。2球目をジェイソがパスボール。走者それぞれ進塁して3,2塁となった場面である。3-2からの7球目、スライダーがアウトコース低め際どい所に入っていく。ボールと判断したカヤスポ、1塁へ歩くためバットをくるり回転して、まさに放り投げようとしたすんでのところ、球審がストライクコールを告げていた。

打線は1回裏にいきなり先取点。3番・シーガーのバットが火を噴いた。アウトローに投げ切れなかった外角高めの球を完璧に振り抜いた痛烈ショットは、右翼席一直線へ吸い込まれていく20号ソロ。岩隈に1点のプレゼントとなった。

追加点は4回裏。直前の表、嫌な雰囲気で三進されたピンチで3番・プホルスを空振り三振、4番・モラレスには151キロから119キロ。緩急でタイミングをはずすイージーなセカンドゴロ、岩隈が正念場をゼロに抑えた直後の攻撃回だった。1死後、相手エラーの綻びを足がかりに、スモーク、ソーンダースにツーベースが飛び出し、2点を追加。(SEA3-0LAA)

さらなる追加点は6回裏に入る。直前の守り、岩隈が2死3,1塁のピンチで下位打線をしっかりゴロアウトに抑えて切り抜けると、その裏の攻撃回、女房役ジェイソの適時打、さらにその後、ソーンダースも2本目のツーベースで続き、リードを5点に広げていく。(SEA5-0LAA)

1イニング当たり17.50、6回で105球と球数過多ペースだった岩隈は、6回で御役目終了。7回からブルペン陣にバトンタッチ。7、8回をキャップス、9回はウィリヘルムセンとつないで、マリナーズが6-1の快勝。岩隈9勝目の好ゲームとなった。

■登板日別 先発投手成績


球団記録を塗り替えたクマの1年目

岩隈のメジャー1年目の最終的な防御率は3.16。3.90のダルビッシュ、3.34の黒田博樹より良い数字で、これはこれで物凄く立派なことだと思うのだが、さらに凄いのは、7月以降ローテ入りしてからの先発防御率である。その数字は2.65。

報道によれば、マリナーズの新人先発投手があげた最高防御率だという。今まではあのキング、フェリックス・ヘルナンデスが2.67で保持していた記録だったというから、今さらながら、結果的に海の向こうでもなんなく修正、力を発揮したクマのポテンシャルの高さに、目を見張る思いがしてならない。

2年目へ向けて、可能性広がる9勝

岩隈の1年目はオフにしっかり振り返っていきたいところだが、現時点での所感を綴るとすれば、9勝という数字は、2年目に向けて可能性が広がる、夢を描くことができる素晴らしい数字のように思えてくる。

もちろん、できれば二桁達成してほしかったという思いは強い。しかし、試合後、記者団に語った岩隈本人の弁「中継ぎを経験して米国の野球を体で覚えたのが、先発でも生きた。いい一年を過ごせた」や下記引用の日刊スポーツの記事などを合わせて考えると、前半戦での救援経験は、7月以降、一気に成績を爆発させるための充電期間だったとも言えるし、今後どのような進路をとるにせよ「視野が広がった」「引き出しが増えた」という意味では決してムダではなかった、と思えてくる。

なによりクマ本人がプラスで捉えている点に、ファンの1人としては、安堵感を覚えるのだ。

---引用開始---
岩隈9勝「米国野球体で覚えた、生きた」
(日刊スポーツ 2012年10月4日9時7分)
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20121004-1027345.html
(前略) 今季は中継ぎでスタートし、4月はわずかに2試合の登板だけ。本職の先発に回るまで約3カ月を要した。その理由についてグリフィン・ヘッドトレーナーは「右肩周辺の筋肉が(他のメジャー選手に比べて)弱く、先発での中4日では難しいと判断した」と明かす。キャンプから、右肩の回旋筋などの筋力を強化するための特別プログラムを提供。練習の前後に毎日取り組むよう指導した。「6月には直球の球速が80マイル後半から90マイル前半へとアップ。その時に肩の痛みもなかったので(先発)ゴーサインを出した」。この日、3回1死三塁でプホルスから94マイル(約151キロ)の直球で空振りを奪うなど、日本時代の力強さを取り戻した。(後略)
---引用終了---


後半戦防御率五傑にランクイン

オールスター後の後半戦、90イニング以上投げた投手メジャー全体53人の中での防御率五傑を確認してみよう(10/4現在)、

1位:クリス・メドレン(ATL) 0.94
2位:クレイトン・カーショウ(LAD) 2.10
3位:デビッド・プライス(TB) 2.27
4位:クリフ・リー(PHI) 2.45
5位:岩隈久志 (SEA) 2.50

5番目に岩隈の名前が上がってくるのだ。


■球種別 投球詳細
vs右打者61球=4Seam16、Curveball1、Sinker15、Slider19、Splitter10
vs左打者44球=4Seam6、Curveball4、Sinker7、Slider6、Splitter21
20121004DATA3.jpg

6回、打者26人に105球(1イニング当たり17.50、1人当たり4.04)、
被安打6(全て単打。うち内野安打2)、
奪三振7(空振り5、見逃し2、4Seam1、Slider4、Splitter2)
与四球1(3-2から)
失点0
自責点0
対戦被打率.240(25-6)

全体のストライク率68.6%(105球中72球)
初球ストライク率65.4%(26人中17人)
3球目で2ストライク率78.3%(23人中18人)

全18打球のうちゴロ12(66.7%)

ハイライト映像しか確認できていないので、なんとも言えないのだが、ヒット6本打たれたとはいえそのうち2本は内野安打、6本中4本がゴロヒット。いわゆるクリーンヒットはライナー性の5回ロマインの左安、同ケンドリックの中安の2本と言えそうで、打球の66.7%をゴロにしている点からも、目指すべきピッチングができていたのでは?と言えそうだ。

一方、エンジェルス打線は前述したように、タイミングを合わせることがなかなかできなかったのでは?と思う。というのも、記録をつけている段階で気付いたのは、エンジェルスのバッターを僅か2球で0-2と追い込むケースが多かったこと、この点だ。26人の打者と対峙し僅か2球で追いこんでみせたのは30.8%に当たる8人。実にあっさり、というイメージを抱く。調べたわけではないが、この割合、他の登板と比べても多い印象を受けるのだ。


■配球図
20121004DATA2.jpg


■10/2LAA戦 105球の詳細
20121004DATA5.jpg
20121004DATA6.jpg
20121004DATA7.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕エンジェルスキラーになりつつある岩隈、6回2失点で8勝目──9/27LAA戦
マリナーズ 岩隈久志、2球に1球スプリッターを投げてレンジャーズから7勝目──9/21TEX戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕
岩隈、ダルビッシュとの直接対決は6回途中2失点の粘投──2012年9/14TEX戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕
〔記録/前評〕岩隈久志vsダルビッシュ有。念願のメジャー初対決は日本時間9/15(土)9時から!(NPB時代の対戦成績を掲載)

----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}