FC2ブログ

〔試合評〕延長10回の「ちょっとした奇跡」。田中将大が許したのべ24人の猛打賞履歴──2012年9月25日(月)○楽天イーグルス3x-1ソフトバンク

スポンサーリンク

「いいね!」50人突破しました!
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。







ブログ村への投票御協力のお願い:只今2位の方と接戦中です。皆様の1評、なにとぞ、宜しくお願いします。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


○楽天イーグルス3x-1福岡ソフトバンクホークス
20120924DATA8.jpg

■ハイライト映像




先攻・ソフトバンクのスタメン・・・1番・本多(ニ)、2番・明石(三)、3番・内川(左)、4番・ペーニャ(指)、5番・柳田(中)、6番・長谷川(右)、7番・中村(一)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・攝津(右投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・藤田(ニ)、3番・松井(遊)、4番・ガルシア(指)、5番・銀次(一)、6番・草野(三)、7番・島内(左)、8番・嶋(捕)、9番・鉄平(右) 先発・田中(右投)。

エース対決にピリオドを打ったカズオ's Burn! 左翼席一直線のサヨナラ本塁打!

田中と攝津。パリーグを代表するエース対決は、実は初顔合わせとなった。

田中は斉藤佑樹と投げ合った7/13日本ハム戦に続く今季最多タイ2度目の13奪三振劇。3回に2死から、6番・長谷川、中村、今宮に3連打をくらって1点を失ったものの、9回まで投げて失点はこの1点だけという、上々の内容をみせた。

攝津も8回1失点の好投。今季の楽天戦の中では若干制球が甘めの場面もみられたが、楽天打線は攻略することかなわず、攝津の踏ん張りにも遭い、5回島内の同点左犠飛による1点のみに抑えられてしまった。

実は同点に追いついた翌6回裏、イヌワシ打線は絶好の勝ち越し機を演出していた。先頭・聖澤が一ニ塁間をしぶとく破る右前コース。追う本多のグラブに打球が当たり勢いが弱まった所をすかさず突いて好走塁。一気にニ進するツーベースとなる。藤田はバント。捕前に転がったゴロは細川の3塁野選を誘った(3塁送球が逸れ、聖澤は三進成功)。チャンス広がり無死3,1塁。しかし、松井、ガルシア、銀次のクリーンアップトリオが凡退した。

松井は2-2から緩急で打たされたセカンドゴロ。本多のバックホーム、細川の好ブロックで三走・聖澤が憤死。1死2,1塁、4番・ガルシアは高めの釣り球でファウルを打たされ、0-2から外の108キロ縦割れカーブの餌食となり、空振り三振。続く銀次は1-1から高めに甘く入った攝津の速球を捉えたかにみえたものの中飛。浅めの守備体系を敷いていたセンター後方を襲う快飛球は、中堅手・柳田の背走好捕に遭い、フライアウトとなっていた。

8回2死から得点圏。藤田の右前フライヒットをライト・長谷川が突っ込むも後逸。1ヒット1エラーで藤田は一気に三進し2死3塁で松井。カウント3-0とボール先行・打者有利の状況となったが、そこから修正され、フルカウントからアウトローのシンカーを振らされ、三振。

スコア1-1のゲームに終止符が打たれたのは、延長10回裏、楽天の攻撃だった。実は直前の9回裏、1死2塁からのサヨナラの好機を作るものの、森福の前にフェルナンデス、鉄平が倒れていた。

10回裏1死、藤田がサードへの内野安打で出塁して1塁、バッターボックスは前2打席チャンスで凡退していた主将・松井。時計の針は3時間30分を僅かに越えていた。

凡退で得点ならずだと引分けに終わるという状況。しかし、1-2からの4球目、「ちょっとした奇跡」が起きる。膝元低め、岡島の136キロ速球を完璧な一振り!!

打った瞬間、楽天応援団の左翼席一直線確定という当たりは、エース対決にピリオドを打つ今季7号。7/10オリックス戦の延長10回、枡田が岸田から打って以来、今季2度目のサヨナラホームラン、今季6度目のサヨナラ劇となった。

ソフトバンクにとっては、1位・日本ハムとのゲーム差が4.0に広がり、リーグ三連覇の道が大きく閉ざされようかという痛恨の敗戦となった。

田中にとっても痛い勝敗つかずの好投劇になった。8勝で足踏みの田中だが、残す登板は2試合か。二桁勝利ならなかったら、打線に大喝!なのだ。

■パリーグCS進出ライン
※2012年9/24終了時


これでチーム成績は、132試合61勝62敗9分の借金1。順位は4位変わらず。ゲーム差は1位・日本ハムと7.0、2位・西武と5.5、3位・ソフトバンクとの差が縮まって3.0、5位・ロッテとゲーム差なし、6位・オリックスと12.0となった。

パリーグCS進出ラインを更新してみた(上記表参照)。

本拠地で劇的勝利を収めたイーグルスだが、時すでに遅し感。黄色の網掛けが当ブログの予想。残りホークスが5勝4敗ペースと設定すると、イーグルスが上まわるには、ソフトバンク3試合、西武5試合、ロッテ2試合、日本ハム1試合、オリックス1試合、合計残り12試合の中で10勝しなければならないのだ。

とはいえ、この勝利で自力CS進出消滅は免れることができた。正直、遅かれ早かれだとは思うが、次にやってくる敗戦で、楽天も完全ストーブリーグに突入するだろうと思われる。今日、Twitterで高須引退の未確認の情報が流れた。情報源がはっきりしない怪情報だが、63敗目以降、来季の戦力構想、戦力外の発表が本格化すると思われるので、なんとか、踏ん張ってほしいとは思う。

なお、各種成績は下記のように推移している。

◎ソフトバンク戦・・・21試合10勝9敗2分 (Kスタ9試合6勝3敗1分)
◎後半戦成績・・・51試合21勝24敗6分、勝率.467
◎パリーグ内成績・・・108試合51勝48敗9分
◎9月月間成績・・・20試合11勝7敗2分
◎直近10試合成績・・・・10試合8勝2敗1分

◎Kスタ成績・・・64試合32勝26敗6分
◎ナイター成績・・・92試合43勝45敗4分
◎先制された試合・・・64試合18勝41敗5分
◎借金6からの巻き返し(8/22以降)・・・29試合16勝11敗2分、勝率.593

ブログ村への投票御協力のお願い:只今2位の方と接戦中です。皆様の1評、なにとぞ、宜しくお願いします。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20120924DATA3.jpg
HANREI.jpg


■楽天・田中将大 球種別投球詳細
vs右打者47球=St15、Sl18、Sh11、Fo3
vs左打者73球=St20、Sl26、Sh7、Fo18、Cur1、Ch1
20120924DATA5.jpg

9回、打者34人に120球(1イニング当たり13.33、1人当たり3.53)、被安打7(全て単打)、奪三振13、与四死球0、失点1、自責点1、対戦被打率.212(33-7)。

全体のストライク率70.0%(120球中84球)、初球ストライク率64.7%(34人中22人)、3球目で2ストライク率75.0%(24人中18人)。

早めに追いこむことに成功した田中は、その後の低め縦のスライダー、スプリットが冴えていた。

惜しむらくは2回2死から3連打で先制失点したシーンだけだ。長谷川、中村にはカウントを取りにいた速球が高めに入った所をしっかりバットを振り抜かれた。先制打を許した今宮に対しては、追いこんでからのスプリットが制球できず、ストラクゾーン真中近辺に入ってしまったところを、痛打された。

今宮健太、田中から3安打猛打賞

田中は7本のヒットを許したが、そのうち3本が今宮だった。2打席目の左安もコースは外の良い所だったもののゾーンが甘かった。落ち切らないスプリットをレフト右へ運ばれてしまった。3打席目も中安も内角球だったが、真中寄りだった。

田中将大からの猛打賞は、8/12の本多、ペーニャに続き、のべ23人目となっている。

■田中将大が許した被猛打賞履歴


■楽天・田中将大 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120924DATA4.jpg


■ソフトバンク・攝津正 球種別投球詳細
vs右打者23球=St11、Sl4、Sin4、Cur4
vs左打者96球=St34、Sl5、Sin36、Cur21
20120924DATA7.jpg

8回、打者30人に119球(1イニング当たり14.88、1人当たり3.97)、被安打7(ニ塁打1)、奪三振9、与四死球0、失点1、自責点1、対戦被打率.250(28-7)。

全体のストライク率68.9%(119球中82球)、初球ストライク率50.0%(30人中15人)、3球目で2ストライク率56.5%(23人中13人)

今季の対戦の中では、本人も認めているように、コントロールが幾分甘かった印象を受ける。

また、今季の楽天戦とは違い、配球もいくぶん変えてきていた。カーブを多投。特に左バッターに対しては、ここまでボール先行の局面ではほとんど速球使用だったが、この試合で、ボール先行時の速球割合45.5%に低下。代わりにシンカーを投げてくるケースが多かった。

■攝津vs楽天左打者 カウント別 球種割合



■ソフトバンク・攝津正 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120924DATA6.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
前回のロッテ3連戦
〔試合評〕ID野球はどこへいった?!楽天、3位・ソフトバンクと5.0差──2012年9月11日(火)●楽天イーグルス1-2ソフトバンク
〔試合評〕釜田佳直、新人王、高卒二桁勝利の夢、潰える?!──2012年9月12日(水)●楽天イーグルス3-5ソフトバンク
〔試合評〕約2年2ヵ月ぶりのグランドスラム。楽天の通算満塁ホームラン記録──2012年9月13日(木)○楽天イーグルス6-2ソフトバンク


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}