FC2ブログ

〔試合評〕パリーグCS争い決戦関ヶ原第1章:息詰まる1点を巡る攻防は、両軍痛み分けに──2012年9月21日(金)△楽天イーグルス1-1ソフトバンク

スポンサーリンク

「いいね!」50人突破しました!
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。







おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


△楽天イーグルス1-1福岡ソフトバンクホークス
20120921DATA3.jpg

■ハイライト映像




先攻・ソフトバンクのスタメン・・・1番・本多(ニ)、2番・明石(三)、3番・内川(左)、4番・ペーニャ(指)、5番・小久保(一)、6番・長谷川(右)、7番・柳田(中)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・大隣(左投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・藤田(ニ)、3番・松井(遊)、4番・ガルシア(指)、5番・銀次(三)、6番・フェルナンデス(一)、7番・牧田(右)、8番・嶋(捕)、9番・中島(左) 先発・辛島(左投)。

決戦関ヶ原の第1幕は、延長10回、1-1。両軍痛み分けに・・・

1つ前のエントリ:〔前評〕パリーグCS進出ライン。決戦関ヶ原、ソフトバンク4連戦、星野楽天が3勝1敗ではアウトの理由にも書いたけど、3ゲーム差で3位・ソフトバンクを追いかけるイーグルスは、この決戦関ヶ原のホークス4連戦、是が非でも4戦全勝を必要としていた。

その意味で言えば、3時間45分、延長10回の両軍痛み分けのドローという結果は、CSを目指すイーグルスにとって、黒星に近い痛手になったと言えそうだ。

9/21終了時でパリーグCS進出ラインを更新してみた。

■パリーグCS進出ライン
※9/21終了時更新


ソフトバンクは残り11試合。楽天と5試合、オリックスと4試合、日本ハムと2試合残している。カモにしているオリックスとのゲームが4つあるため、11試合を6勝5敗でいくのでは?と予想してみた。もちろん、7勝4敗の可能性もあるのだが、そうすると、楽天は12勝2敗で戦わなければならず、CSの芽がほぼゼロになってしまう。そのため、6勝5敗とした。

ホークスを6勝5敗の勝率.523に設定すると、イーグルスが上まわるには残りを11勝3敗で戦い抜かなければならない。前回エントリで予想してみた時よりも、この日の引分けで状況はさらに厳しさを増したと言えるのが、納得頂けると思う。

もちろん、ホークスが5勝6敗の可能性もありえる。この場合だと楽天は10勝4敗でホークスの勝率を上まわることができるのだが、とはいえ、依然としてイーグルスに吹く風はアゲインストの強風なのだ。

もうここまできたら、本当の意味で1戦必勝の体制だ。先取点を許すことはあってはならない。先発投手陣の踏ん張りは大前提。その上で打線が何点取ることができるのか?に、かかってくる。

聖澤に始まり、聖澤で終わる・・・

そういう訳で引分けは、できれば避けてほしい結果だったのだが、とはいえ、両軍、1点を巡る引き締まった好ゲームだったかと思う。久々に中継映像に目が釘付けになるナイスゲームを見た思いがした。決戦関ヶ原の第1ラウンドが、いきなりこのようなハイレベルの1戦になったから、明日からの2戦目以降はもっともっと凄いものが見れるんじゃないか?! 高まる期待で、今なお興奮気味でいる!

先発は楽天が二桁勝利に望みを残す辛島。敵軍ホークスが最優秀防御率争いをリードする大隣。両軍左腕の投げ合いになった。

1点取るのはなかなか容易ではないのでは?と思われていたが、試合はいきなり1回裏に動く。

1番・聖澤が大隣の初球、高めに入った141キロ速球をフルスイング。会心の一撃はほぼ無風だったKスタの上空を切り裂き、打球はぐんぐん伸びて、左中間スタンド前列に吸い込まれていった。

「大量得点を取った次の試合なので、第1打席で今日もいけるんだと勢いをつけたいと思っていました」と語った聖澤の3号ソロは、自身通算4度目の初回先頭打者ホームランになった。

防御率1.76の左腕からよーいドン!で幸先よく1点を先制したイーグルスだったが、その直後の2回表、守りの綻びから同点とされてしまった。

しっかりゼロに抑え、試合を締めていきたい場面だったが、辛島が先頭の長谷川に、追いこんでからのインローの縦割れカーブをツーベースにされてしまう。長谷川のすくいあげの巧打は左前フライヒットコースになるはずだった。しかし、飛んだコースがレフト前方の微妙なゾーンだったこともあるのだろう、この日1軍召集され9/8西武戦以来久々のスタメンで左翼の守りに就いていた中島が、勇み足の守備をみせてしまった。突っ込んでの捕球を試みたものの及ばず。手前でワンバウンドした打球を後逸させてしまう(記録上はニ塁打)。その後、進塁打で三進した長谷川は、今宮の、ショート左、横っ飛びの松井の先を抜けていく左前安打で、同点の生還を果たしている。

拙い判断が失点につながったベテランの中島だったが、4回2死2塁のピンチではミスを取りかえす好プレーで、チームを救った。今宮の左前へ放った矢のようなライナーヒットで、ニ走・柳田が三塁を蹴って、本塁へ突入。しかし、打球処理した中島からワンバウンドのダイレクト好返球がバックホームされ、嶋の好ブロックもあり、完全タッチアウト! ホークスの勝ち越しを許さないシーンとなった。

6回、9安打浴びた辛島に最大のピンチがやってきた。先頭・内川、続くペーニャの3、4番に連打を許し、5番・小久保が送りバントで1死3,2塁という場面。打席は長谷川、柳田。両打者ともフルカウントまで粘られるものの、長谷川を最後はアウトローの絶妙な誘い球で空振り三振に、柳田をセカンドゴロに討ち取り、ゼロで切り抜けてみせた。

7回は1死後、細川にヒット、本多に四球でスコアリングポジションに走者を背負ったものの、続く明石をサードライナー。ニ走・細川が飛び出しての併殺で、難を逃れることに成功した。

再三のピンチもゼロに抑える粘りの好投を見せる辛島に対し、なんとか援護点が欲しかったイヌワシ打線だったが、相手の大隣の調子がすこぶる良かった。聖澤のリードオフホームランの後、7回1死に松井がショート内野安打で出塁するまで、実に打者19人連続アウト。2回から6回までの5イニング連続三者凡退、特に5回は銀次、フェルナンデス、牧田が、球を低めに集めていた大隣の快投に当てられ、三者連続三振劇に。

しかし、見せ場はやってきた。8回裏だった。1死後からだった。中盤以降、徐々に制球に甘さが見られるようになっていた大隣から、牧田、嶋が連打。この試合初のチャンスを演出する。いずれも、低めの落ち切らないチェンジアップを振り抜き、三遊間を割ってみせた。

1死2,1塁で打席に鉄平という場面で、秋山監督は快投乱麻の投げっぷりだった大隣を諦め、二番手に森福を投入。

鉄平は追いこまれてから2度ファウルで粘ったものの、最後はアウトコースいっぱいのスライダーにバットが回り、空振り三振。今季4打数3安打と森福に相性の良い聖澤も、2ストライク以降4度ファウルで粘り、10球投げさせるものの、最後はフルカウントからの甘いスライダーにしてやられ、空振り三振。得点が入らない。

楽天は9回裏にも2死から、三番手・藤岡を攻め、2死2,1塁を作ったが、フェルナンデスがニ飛に倒れてサヨナラならず。

結局スコア1-1のまま延長戦に突入。10回は楽天が青山が3人で片づけると、ソフトバンクの岡島もゼロに。楽天は2死から鉄平が安打出塁したが、聖澤が内角球を詰まらせての平凡な左飛に倒れ、ゲームセット。

聖澤に始まり、聖澤で終わった決戦関ヶ原第1ラウンドは、両軍投手が踏ん張り、攻撃陣は決め手を欠き、1-1のドローに終わっている。

これでチーム成績は、130試合60勝61敗9分の借金1。順位は4位変わらず。ゲーム差は1位・日本ハムと7.0、2位・西武と5.5、3位・ソフトバンクとは変わらず3.0のまま、5位・ロッテとは1.0、6位・オリックスとは9.5となった。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎ソフトバンク戦・・・19試合9勝8敗2分 (Kスタ7試合5勝1敗1分)
◎後半戦成績・・・49試合20勝23敗6分、勝率.465
◎パリーグ内成績・・・106試合50勝47敗9分
◎9月月間成績・・・18試合10勝6敗2分
◎直近10試合成績・・・・10試合6勝3敗1分

◎Kスタ成績・・・62試合31勝25敗6分
◎ナイター成績・・・91試合42勝45敗4分
◎カードの初戦・・・48試合21勝22敗5分
◎相手先発左投手試合・・・52試合18勝31敗3分
◎先制した試合・・・55試合43勝20敗2分
◎借金6からの巻き返し(8/22以降)・・・27試合15勝10敗2分、勝率.600

20120921DATA4.jpg
HANREI.jpg


■ソフトバンク・大隣憲司 球種別投球詳細
vs右打者75球=St31、Sl9、Fo12、Ch23
vs左打者26球=St10、Sl8、Fo6、Cur19、Ch1
20120921DATA8.jpg

大隣、キレの良い変化球を低めに集める圧巻の内容

7回1/3、打者26人に101球(1イニング当たり、1人当たり)、被安打4、被本塁打1(聖澤)、奪三振9、失点1、自責点1、対戦被打率.154(26-4)。

全体のストライク率64.4%(101球中65球)、初球ストライク率57.7%(26人中15人)、3球目で2ストライク率50.0%(18人中9人)。

この試合を終えての大隣の奪三振率は6.85。日本ハム・吉川の8.25、楽天・田中の9.06と比べると、決して高い数字ではない。7/1での対戦でも7回で奪三振は1、8/11では7回で奪三振は5に止まっていた。

しかし、今日は、低めに落ちる、縦に変化する変化球のキレが抜群だった。空振り率をみてみると、7/1は3.2%、8/11は11.5%だったのに対し、この試合では14.9%と今季の楽天戦では最多を記録。低めの誘い球に楽天の各バッターのバットがいとも簡単に空を切っていた。

下記配球図のとおり、打者の左右とわず、球が低めに集まっているのが一目瞭然だ。大久保コーチの指示は「(大隣投手)聖澤に1発食らってから低めに丁寧に投げてきている。各バッターがしっかり自分のスイングができる高さを打ちにいくこと」ということだったが、自分のスイングができる高さに、そもそもボールがやってこなかった、というのが真相だ。

■楽天・大隣憲司 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120921DATA7.jpg

■楽天・辛島航 球種別投球詳細
vs右打者47球=St17、Sl4、Sh7、Cur4、Ch15
vs左打者64球=St28、Sl20、Sh6、Cur6、Ch4
20120921DATA6.jpg

辛島、粘りの好投、報われず・・・

7回、打者29人に111球(1イニング当たり15.86、1人当たり3.83)、被安打9(ニ塁打2)、奪三振4、与四球1、失点1、自責点1、対戦被打率.333(27-9)。

全体のストライク率58.6%(111球中65球)、初球ストライク率44.8%(29人中13人)、3球目で2ストライク率61.9%(21人中13人。被安打3のため実際は47.6%)。

■楽天・辛島航 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120921DATA5.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
前回のロッテ3連戦
〔試合評〕ID野球はどこへいった?!楽天、3位・ソフトバンクと5.0差──2012年9月11日(火)●楽天イーグルス1-2ソフトバンク
〔試合評〕釜田佳直、新人王、高卒二桁勝利の夢、潰える?!──2012年9月12日(水)●楽天イーグルス3-5ソフトバンク
〔試合評〕約2年2ヵ月ぶりのグランドスラム。楽天の通算満塁ホームラン記録──2012年9月13日(木)○楽天イーグルス6-2ソフトバンク


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI








このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}