FC2ブログ

〔試合評〕田中、オリ打線の待球作戦に遭い二桁勝利黄信号。約2カ月ぶりの四番打者ホームラン──2012年9月16日(日)○楽天イーグルス3-1オリックス

スポンサーリンク

「いいね!」50人突破しました!
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。





-------------------------------------


○楽天イーグルス3-1オリックスバファローズ


■ハイライト映像


先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・西田(ニ)、3番・松井(遊)、4番・ガルシア(指)、5番・銀次(三)、6番・フェルナンデス(一)、7番・牧田(右)、8番・嶋(捕)、9番・定岡(左) 先発・田中(右投)。

後攻・オリックスのスタメン・・・1番・川端(右)、2番・野中(中)、3番・後藤(ニ)、4番・李大浩(一)、5番・T-岡田(左)、6番・バルディリス(三)、7番・スケールズ(指)、8番・横山(捕)、9番・安達(遊)、先発・海田(左投)。

ブログ継続更新の活力は皆様の1票です。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

9/2以来2度目の田中将大vs海田智行

エース、田中の登板試合である。しかし、先手を取ったはオリックスだった。3回裏、順調にみえた田中が2アウトから1点を失ってしまう。新人王を狙う1番・川端に、追いこんでからの低めのスプリットを巧打され、打球は三塁線を破っていく二塁打に。2死2塁、野中には打たせることに成功。ゴロはショート左へ。連日攻守で存在感を放つ主将も、この打球、取りきれない。逆シングルで捕球しにいったグラブに当たり、打球は球足が弱まり左前へ抜けていき、この間に川端の生還を許した。(楽0-1オ)

オリックス先発はドラフト4位の海田。Kスタでの9/2楽天戦のプロ初先発で田中と投げ合い、7回をヒット4本のゼロに抑える好投をみせた相手だった。イヌワシ打線はその新人左腕から今日も得点が取れない。牧田、嶋の連打で掴んだ序盤唯一のチャンス、3回無死2,1塁では、その後1死3,2塁から、聖澤、西田がいずれもゴロを打たされ、得点入らず。

4回は2死から銀次が右前にひっぱり出塁するものの、フェルナンデスが一ゴ。5回、6回は三者凡退に抑えられてしまう。

約3カ月ぶりの4番打者ホームランで同点に追いつく

出塁することすらままならなくなり、1点が徐々に重くなってきた7回表だった。4番・ガルシアのバットが火を噴いた。ボール先行2-0からの3球目、海田がストライクを取りにきた甘いカウント球をバット一閃。打った瞬間の当たりは左翼席前列に飛び込む同点弾(楽1-1オ)。

ガルシアの一発は6/17巨人戦以来の5号。4番のホームランは7/7西武戦で4番スタメン出場した岩村が、藤原から放った日本球界復帰初の右本以来、実に約2カ月ぶりとなった。


■2012年 楽天の4番打者ホームラン履歴
◎4/15日本ハム戦(札幌ドーム)、ガルシア、武田久から右本2ラン
◎6/17巨人戦(Kスタ)、ガルシア、杉内から中本2ラン
◎7/7西武戦(西武ドーム)、岩村、藤原から右本ソロ
◎9/16オリックス戦(ほっともっと神戸)、ガルシア、海田から左本ソロ

4番が固定できず“中心なき組織は機能せず”に陥っている今季の楽天。しかし、まさか4番が打ったホームランが僅か4本だったとは、お口あんぐり状態である。

では、どの打順で何本記録しているのか?というと、チーム42本の本塁打のうち、1番が3本、2番が3本、3番が7本、4番が4本、5番が5本、6番が9本、7番が5本、8番が2本、9番が4本という内訳になっていた。

決勝点劇の戦端を切り開いたリードオフマンの活躍!

追いついた直後の7回裏、二番手・高堀がしっかり三人で片づけると、8回表の攻撃、イーグルスは決勝点となる2点勝ち越しに成功する。

バッターボックスは聖澤。ここまで投ゴ、一ゴ、ニゴと良い所がなかったリードオフマンも、この4打席目、切込役の仕事を敢行。追いこまれながらも打球を中前へ運び、2点決勝劇の起点となる。

出塁後は足で揺さぶって、相手のミスを引き出すことに引き出すことに成功する。

西田が送って、松井が勝負を嫌ったようなフォアボールで歩き、1死2,1塁。4番・ガルシアの打席でのことだった。ニ塁上の聖澤が頻繁に大きなリードを取り、代わったばかりの二番手・比嘉にプレッシャーをかけていく。それが奏功した。比嘉のニ塁牽制時の直前、ボークを誘うことに成功。労せず走者進塁して1死3,2塁。

この後、4番・ガルシアのバットが再び火を噴いた。内角球をひっぱった一撃は、レフト左を完全に割っていく2点決勝二塁打に。ガルシアは今季初の3打点の大活躍。みごと4番打者の務めを果たしてみせた。

終盤2点の勝ち越しに成功した楽天は、8回裏をラズナー、9回を青山で締め、このカード3連勝!

同一カード3連勝は、下記のとおり、今季4度目の快挙となり、前カードと合わせて連勝街道はこれで4に伸びている。

■楽天イーグルス 2012年 同一カード3連勝
◎5/11~5/13オリックス3連戦(京セラドーム)
◎6/29~7/1ソフトバンク3連戦(Kスタ)
◎9/7~9/9西武3連戦(Kスタ)
◎9/14~9/16オリックス3連戦(京セラ、ほっと神戸)


これでチーム成績は、126試合58勝60敗8分の借金2。順位は4位のまま。ゲーム差は1位・日本ハムと6.5、2位・西武と6.0、3位・ソフトバンクは勝利したため3.0変わらず、5位・ロッテと0.5、6位・オリックスと8.0となった。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎オリックス戦・・・23試合13勝7敗3分 (京セラドーム10試合6勝3敗1分)
◎後半戦成績・・・45試合18勝22敗5分、勝率.450
◎パリーグ内成績・・・102試合48勝46敗8分
◎9月月間成績・・・14試合8勝5敗1分
◎直近10試合成績・・・・10試合8勝2敗

◎ビジターゲーム成績・・・64試合27勝34敗3分
◎デーゲーム成績・・・38試合18勝15敗5分
◎相手先発左投手試合・・・51試合18勝31敗2分
◎先制された試合・・・61試合16勝40敗5分
◎借金6からの巻き返し(8/22以降)・・・23試合13勝9敗1分、勝率.591

20120916DATA2.jpg
HANREI.jpg

楽天救援陣、9月に入って防御率1.53

9月に入って8勝5敗1分の白星先行。直近10試合では2度の4連勝で10勝2敗と、一縷の望みをかけて土壇場の頑張りをみせている星野楽天。

今月どこが機能しているのか?というと、その1つに「救援陣の頑張り」が挙げられる。

■パリーグ チーム別 9月救援投手成績
※9/16試合前時点
日本ハム・・・防御率4.40、2勝2敗、10ホールド、6セーブ
西武・・・防御率3.71、3勝4敗、9ホールド、4セーブ
ソフトバンク・・・防御率1.97、0勝2敗、9ホールド、6セーブ
楽天・・・防御率1.53、2勝0敗、8ホールド、2セーブ
ロッテ・・・防御率1.46、1勝1敗、2ホールド、1セーブ
オリックス・・・防御率1.25、2勝2敗、10ホールド、4セーブ

上記のとおり、楽天救援陣の9月の防御率が1.53と上々なのだ。1.53は月別で今季最も良い数字となっている。

下位のロッテ、オリックスも1点台と好数字だが、黒星がついている。9月に入って救援陣に敗戦投手が記録されていないのはイーグルスだけということで、今日のような終盤での継投作戦で逆転勝利はあっても、その逆を許していない。1点リードの8回3点を失い逆転負けとなった9/4日本ハム戦は、先発・美馬をひっぱりすぎて美馬が打たれての敗戦で、救援陣が打たれた訳ではなかった。

9月のイニング別得失点を確認してみると、終盤7回~9回の合計は、失点が11、得点が23。7回以降も得点できている点も、今月に入っての終盤の安定感につながっているといえそうだ。

9回、青山はしっかり三者凡退。2006年に福盛和男が作った球団記録(21セーブ)に迫る、20セーブに到達している。(hatiさんに教えてもらいましたm(_ _)m)


■楽天・田中将大 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者67球=St23、Sl22、Sh10、Fo9、Cur3
vs左打者51球=St16、Sl11、Sh9、Fo11、Cur4
20120916DATA4.jpg

オリックス打線の待球粘り作戦に遭い、田中、9勝目ならず...

6回、打者26人に118球(1イニング当たり19.67、1人当たり4.54)、被安打7(ニ塁打1)、奪三振10、与四球1、失点1、自責点1、対戦被打率.280(25-7)。

全体のストライク率70.3%(118球中83球)、初球ストライク率69.2%(26人中18人)、3球目で2ストライク率77.3%(22人中17人)。

9勝目を目指して登板した田中だったが、打線が海田に苦しめられたこともあって、勝敗つかずに終わった。

1-1の7回裏から継投作戦に入った采配は、妥当としたい。7回裏も続投となれば、次回登板に差し障りが出る130球を超える可能性は否定できない状況だった。その後、8回表に勝ち越しに成功したのは、7回裏に高堀がしっかり仕事を務め上げて「流れ」を呼び込んだという見方もできるので、6回118球で降ろしたのは、理解できるところである。

しかし、もどかしい試合になった。勝敗つかずで8勝で足踏み。残り登板は恐らく3試合。最低限の二桁勝利へ向けて、黄信号が灯り始めたといえそうだ。

ストライク率70.3%、空振り率16.1%、奪三振は10と上々にみえた田中だが、球数がかさんだ。15球が目安の1イニング当たりの球数は19.67。田中らしくない数字になってしまっている。

原因はオリックスの(それが指示された作戦だったのか?たまたまだったのか?はさておき)徹底した待球の粘り作戦にあったといえそうだ。

下記のとおり、相手打線がファーストストライクから打ってきたのは僅か1打席に止まった。1ストライクも5打席、その大半が2ストライクと追い込まれてからの対決だった。

■ストライクカウント別 被打率
◎0ストライク・・・被打率.000、1打数0安打
◎1ストライク・・・被打率.200、5打数1安打
◎2ストライク・・・被打率.316、19打数6安打、1ニ塁打、10三振、1四球

田中はオリックス打線に29本のファウルを打たせた。ストライク寄与ファウルも15個と多く記録したものの、2ストライク以降の粘られたファウルも14個記録していた。

その象徴が、5回、横山の粘りの10球だ。結局10球目、アウトコース縦のスライダーで空振り三振に倒れた横山だったが、1イニング10球前後で終わらせることが常の田中に、1打席で10球も投げさせた横山の粘りは、敵ながら、あっぱれである。僅か3球で1-2と追い込まれるものの、そこから4度ファウルで粘り、低めの誘いの変化球を(1球は完全ボールだったものの)2球みきわめてみせた。

今季、田中に10球以上投げさせたのは、6/6阪神戦9回のブラゼル(10球、空振り三振)、同阪神戦9回の今成(14球、右越ニ)、6/22ロッテ戦の6回大松(10球、見三振)に続く、4人目になった。

追いこんでから制球が甘めに入ってしまった所を、粘りのオリックス打線にヒットにされた。そのうち1回野中の中安、6回李大浩の中安、同T-岡田の右安は誰が見ても甘い球だった。

■楽天・田中将大 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120916DATA3.jpg

■オリックス・海田智行 球種別投球詳細
vs右打者77球=St39、Sl2、Cut25、Cur3、Ch8
vs左打者29球=St9、Sl4、Cut14、Cur2
20120916DATA7.jpg

楽天の右打者、海田の厳しい内角攻めに屈する...

7回1/3、打者30人に106球(1イニング当たり、1人当たり)、被安打6、被本塁打1(ガルシア)、与四球2、失点3、自責点3、対戦被打率.231(26-6)。

全体のストライク率61.3%(106球65球)、初球ストライク率53.3%(30人中16人)、3球目で2ストライク率(20人中10人)。

8回、聖澤に安打、松井に四球を与え、1死2,1塁で二番手にマウンドを託した海田。比嘉がボーク等のミスも絡んでガルシアに2点決勝打を打たれたため、敗戦投手となった。

しかし、その内実は海田を攻略したとはとても言えない。対戦打率は.231。6回までゼロに抑えられ、そのうち4イニイングは三者凡退。獲得アウト22個のうち半分にあたる11個がゴロアウトだったことを考えると、事実上の軍配は海田に上がるといえる。

楽天打線はなぜ苦しんでしまったのか?

1つは、右バッター(ガルシア、定岡、嶋、西田、フェルナンデス、牧田、松井)が、海田─横山のオリックスバッテリーの内角攻めに苦しんだことが挙げられる。その結果、楽天の右打者の対戦打率は18打数3安打の.167と抑えこまれてしまっていた。

下記に右打者の配球図を、1回~4回、5回以上の2つに分けて出してみた。

■海田vs楽天右打者、1回~4回、5回以降の配球図
20120916DATA6.jpg

特に顕著だったのは2回だ。ニ飛に倒れたガルシア、空振り三振を喫したフェルナンデスは徹底した内角攻めをされた。

3回、連打でチャンスを作った牧田、嶋に対しても内角攻めだった。追いこんでからのインコースの決め球が制球甘くなりストライクゾーンのど真中に入ったのをヒットにしていた。

上記表のとおり、4回まで、海田は31球を右バッターに投げたが、そのうちインコースは71.0%に当たる22球。内角球で凡退に倒れた右打者は8人にも上った。

5回以降、その配球に変化の兆しが表れていく。楽天の右打者に十分にインコースを意識させたオリックスバッテリーはアウトコースも積極的に使うようになる。46球のうちインコースの割合は半減(32.6%に当たる15球)、代わって外角球割合が19.4%から50.0%に増えていた。

結果、楽天の右バッターは的を絞ることがままならなかった、といえそうだ。

同点弾を放ったガルシアは、調子を上げてきた本人の問題もあるが、他方でカウントが2-0とボール先行、打者有利になった点が大きい。思い切ってバットを振っていくことができるカウントなのだ。

■オリックス・海田智行 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120916DATA5.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
前回のオリックス3連戦
〔試合評〕最下位のお得意様とはいえど・・・楽には勝たせてもらえない──2012年8月31日(金)○楽天イーグルス3-2オリックス
〔試合評〕岡島豪郎、拙守を取りかえすべく執念をみせた粘りの14球──2012年9月1日(土)●楽天イーグルス4-7オリックス
〔試合評〕楽天饅頭はファンを失望させる毒饅頭だ。書く気も失せる0-0のスコアレスドロー──2012年9月2日(日)△楽天イーグルス0-0オリックス


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}