FC2ブログ

〔試合評〕ハム7継投リレーの前に零封負け。星野楽天がリーグ制覇できないその理由──2012年8月15日(水)●楽天イーグルス0-2日本ハム

スポンサーリンク

当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。






おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


●楽天イーグルス0-2北海道日本ハムファイターズ


強調文■ハイライト映像


先攻・日本ハムのスタメン・・・1番・陽(中)、2番・田中賢(ニ)、3番・糸井(右)、4番・中田(左)、5番・稲葉(一)、6番・小谷野(三)、7番・ホフパワー(指)、8番・鶴岡(捕)、9番・金子誠(遊)、先発・八木(左投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・枡田(三)、4番・フェルナンデス(一)、5番・中島(指)、6番・松井稼(遊)、7番・牧田(右)、8番・嶋(捕)、9番・鉄平(左)、先発・美馬(右投)。

八木、僅か8球で危険球退場。波乱含みの幕開けも・・・

1回裏、1死走者無し、2番・銀次の打席時だった。カウント1-1からの3球目、八木の140キロ速球がすっぽ抜けた。鶴岡が要求したインサイドを狙って投げこまれた白球が、大きくのけぞる銀次のヘルメットのひさしに直撃。この1球で日本ハム先発・八木は僅か8球を投げ終えたところで、危険球退場。1回表に美馬が4連打で2点を失っていた。このこともあり、荒れた展開になるのでは?と思われた17回戦だったが、終わってみれば、真逆。内容は引き締まったロースコアの1戦になった。

結局、危険球が日本ハム投手陣の団結力を高めてしまったのか、楽天打線は、矢貫、森内、モルケン、宮西、増井、武田久とつながれた7人の継投リレーの前に4安打。先頭打者出塁もかなわず、1点もあげることができず、Kスタに集まった16,851人のファンを失望させる、今季10度目の零封負けを喫することとなった。

楽天先発・美馬は2回以降は修正し、スコアボードにゼロを並べていく。しかし、打線の援護に恵まれず、初回の2失点が重すぎるかたちになってしまった。

これでチーム成績は、98試合44勝47敗7分の借金3。順位は5位変わらず。ゲーム差は1位・日本ハムと5.5、2位・西武と4.0、3位・ロッテと3.5、4位・ソフトバンクと1.0、6位・オリックスと4.5となった。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎日本ハム戦・・・17試合7勝8敗2分 (Kスタ8試合4勝3敗1分)
◎後半戦成績・・・17試合4勝9敗4分
◎パリーグ内成績・・・74試合34勝33敗7分
◎8月月間成績・・・12試合4勝5敗3分
◎直近10試合成績・・・・10試合4勝3敗3分

◎Kスタ成績・・・45試合21勝20敗4分
◎ナイトゲーム成績・・・65試合30勝32敗3分
◎相手先発左投手試合・・・42試合14勝27敗1分
◎先制された試合・・・48試合11勝32敗5分

20120815DATA2.jpg
HANREI.jpg

楽天打線、イニング先頭打者出塁できず・・・

零封リレーを許してしまったイヌワシ打線だが、その1つにはイニング先頭打者が出塁できなかった点も大きい。1回は1死2,1塁、3回は2死2,1塁、6回は1死3,1塁、7回は2死3,1塁からだった。

ホセの四球に代打・ハーパーが右安でつないだ6回1死3,1塁のチャンスでは、ローボールヒッターの松井稼が低めの球を捉えたか?に見えたものの、当たりがセカンド正面を突き、4-6-3の併殺ゴロに倒れてしまう。

7回は2死から鉄平、聖澤が連打で3,1塁のチャンスを演出。聖澤がニ盗を決め3,2塁となり、銀次のバットから外野に一打出れば同点のチャンスも高まるシチュエーションを作ったが、センター右へのフライ、凡退してしまった。

楽天のチームOPSはリーグ最下位

こういう局面を打開するのは、他チームなら長打ということにもなるのだろうが、長打が出ない。6回1死1塁、代打・ハーパーは強引にひっぱっていった右前安打でつないでみせたものの、ハーパーに期待されている一発はこの日もお預けとなった。

■8/15終了時 パリーグ チームOPS


先日エントリでも触れたが、上記表のとおり、楽天のチームOPSは.626でリーグ最下位。出塁率は.305でソフトバンク、オリックスと並んでいるものの、長打率で水を空けられてしまい、そのため、OPSに差がつくかたちとなっているのだ。

長年の課題である長打力の解消ができていない楽天。チームOPSがこのまま最下位で推移するなら、Aクラス入りはありえても、悲願のリーグ優勝は難しいのでは?という印象になってくる。大久保コーチに期待するのは、ホームランが打てないのなら、せめてニ塁打を打てるそんな打線にしていってほしいという要望なのだ。


■楽天・美馬学 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Sin=シンカー、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者68球=St21、Sl20、Sh11、Fo2、Cur14
vs左打者54球=St26、Sl10、Sin2、Sh7、Fo1、Cur8
20120815DATA4.jpg

先発が7回以上2失点以内に抑えた試合の勝敗、18勝15敗2分

7回、打者30人に122球(1イニング当たり17.43、1人当たり4.07)、被安打9(ニ塁打1含む)、奪三振3、与四球1、失点2、自責点2。対戦被打率.310(29打数9安打)。

全体のストライク率69.7%(122球中85球)、初球ストライク率66.7%(30人中20人)、3球目で2ストライク率69.6%(23人中16人)

被安打9、対戦被打率.310はヒットを打たれすぎの感が否めないが、2回以降はしっかり試合を作ったと言える。

拙かったのは、1回に2番・田中賢の中安を皮切りに、3番・糸井の右安、4番・中田の中安、5番・稲葉の左安の4連打で2点を失った所だけと言えそうだ。美馬が1イニング内に打たれたヒットの最多は6/20DeNA戦の4点を失った4回の6本があるが、1イニング内で許した連打は、この1回の4連打が最多となってしまった。

2回以降、3度の得点圏ピンチを背負うも、いずれも1死以降が幸いした。落ち着いて要所を抑えた。2回は2死から鶴岡のニ塁打でスコアリングポジションに進出されるものの、内角を突いて金子誠を詰まらせたニ飛に討ち取っている。6回も2死から小谷野、ホフパワーに連打されたが、代打・西川を右翼へのイージーフライに抑えた。陽、田中賢の連打で1死2,1塁となった7回は続く糸井をサード正面の併殺網にかけて、難を切り抜けている。

この日の美馬のように、先発が7回以上を2失点以内のピッチングをみせた試合は今季35試合あるが、チームの成績は18勝15敗2分。先発の頑張りに打線がなかなか応えることができていないと言えそうだ。

■楽天・美馬学 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120815DATA3.jpg

■日本ハム・矢貫俊之 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者31球=St19、Sl9、Fo1、Cur2
vs左打者27球=St15、Fo4、Cur8
20120815DATA6.jpg

左投手対策の中島がブレーキに

2回2/3、打者12人に58球(1イニング当たり21.76、1人当たり4.83)、被安打1(枡田の遊安)、奪三振3、与四球3、失点0、自責点0。

全体のストライク率58.6%(58球中34球)、初球ストライク率66.7%(12人中8人)、3球目で2ストライク率60.0%(10人中6人)。

僅か8球で危険球退場となった先発・八木の後を受け、急遽緊急登板となった矢貫に試合の主導権に握られてしまうピッチングを許してしまったと言えそうだ。矢貫は与四球を3個出すなど、制球に苦しんでいるかのように見えたものの、速球が走っており、かつ、途中までのカウント構築もまずまずだったことが上記数字から伺える。

楽天にとって矢貫攻略のチャンスは3回に訪れた。2死から枡田、フェルナンデスが連続四球で歩いた場面である。特にホセに対しては、力んだのか?制御不能な明らかなボール球が多く3-1から貰った四球だった。2,1塁となり、打席には5番・中島を迎えていた。

相手先発が左腕の八木ということで5番・先発起用された中島だったが、既に八木はマウンド上にいない。まだ序盤3回で、ここで中島に代えて右の代打を告げるには相当の決断が必要とされる、楽天ベンチからしてみれば難しい状況だったかもしれない。中島は外の速球で追い込まれて、最後は緩急をつけられ、アウトローに決まる大きな縦割れカーブの餌食になり、空振り三振に倒れてしまった。

■日本ハム・矢貫俊之 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120815DATA5.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
美馬の直近3試合
〔試合評〕今季、楽天相手に2度の完投勝利を演じているのはオリックス・木佐貫ただ1人だけ──2012年7月25日(水)●楽天イーグルス1-5オリックス

〔試合評〕楽天の左バッターを苦しめた攝津のシンカー──2012年8月1日(水)●楽天イーグルス0-3ソフトバンク
〔試合評〕8連敗の鬱憤を晴らす、球団タイ記録の1試合20安打・14得点の圧勝!──2012年8月9日(水)○楽天イーグルス14-1オリックス


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI












このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
37位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}