FC2ブログ

〔試合評〕2年3億円の男がいよいよ始動開始?!──2012年7月5日(木)●楽天イーグルス1-2千葉ロッテ

スポンサーリンク







チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


●楽天イーグルス1-2千葉ロッテマリーンズ


■ハイライト映像


先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・松井稼(遊)、4番・フェルナンデス(一)、5番・岩村(三)、6番・枡田(左)、7番・河田(指)、8番・鉄平(右)、9番・岡島(捕)、先発・川井(左投)

後攻・ロッテのスタメン・・・1番・清田(右)、2番・根元(遊)、3番・井口(ニ)、4番・サブロー(指)、5番・角中(左)、6番・今江(三)、7番・大松(一)、8番・里崎(捕)、9番・岡田(中)、先発・唐川(右投)。


話題に乏しいロッテ10回戦

2回裏1死2塁で飛び出した大松の先制2ランがそのまま決勝点になってしまう10回戦だった。ストライクゾーンの中寄りの外角高めに入った川井のスライダーを左翼席へ運ばれてしまった。楽天の得点は8回1死3,1塁から銀次の左犠飛でもぎとった1点だけ。

楽天が作った得点圏チャンスは2回1死2塁(~2死3,1塁)、8回無死2,1塁(~1死3,1塁)、9回2死3塁の3回、ロッテは2回1死2塁、3回1死2塁、5回1死2塁(~1死2,1塁)のこちらも3回、楽天は唐川の前に合計4イニングを三者凡退、ロッテは走者を出すものの後続が続かず、試合は淡々と進み、2時間14分。楽天にとって2時間12分を記録した今季最短試合の4/8オリックス戦(木佐貫95球完封勝利)に迫るゲーム時間の短い1戦となった。

これでチーム成績は70試合34勝33敗3分の3位は変わらず。ゲーム差は1位・ロッテと6.5、2位・日本ハムと2.0、4位・西武と1.5、5位・ソフトバンクと3.5、6位・オリックスと6.0となっている。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎ロッテ戦・・・10試合3勝6敗1分
◎直近10試合成績・・・10試合6勝3敗1分
◎ナイトゲーム成績・・・45試合22勝22敗1分

◎ビジターゲーム成績・・・36試合18勝17敗1分
◎先制された試合・・・34試合9勝23敗2分
◎1点差試合・・・30試合18勝12敗


20120705DATA4.jpg
HANREI.jpg


見るべきところがほとんどなかった10回戦だが、それでも幾つかあるので、書き留めておきたい。


超攻撃的オーダーの始動

打撃好調の枡田を左翼にコンバートする超攻撃的オーダーがお披露目した。もう1度スタメンを再掲すると、

1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・松井稼(遊)、4番・フェルナンデス(一)、5番・岩村(三)、6番・枡田(左)、7番・河田(指)、8番・鉄平(右)、9番・岡島(捕)、先発・川井(左投)

7番・DHで河田。2007年10/5ロッテ戦で5番・ファーストで出場して以来の1軍スタメンとなった。その河田は初打席でセカンド左への内野安打、2打席目は一ニ塁間を破る右前安打で4打数2安打。

(アマ時代は外野手も)プロでは慣れない左翼に入った枡田は3回1死走者なしで巡ってきた初の守備機会でエラー。根元の平凡レフトフライを落球してしまうという拙さはあったものの、その後、バットで取りかえそうという意志はみられるバッティングだった。5回の2打席目は初球を叩いて、いったか?!と思わせる右翼フェンスぎりぎりまで飛ばす快飛球、9回1死1塁での4打席目は右中間を割る二塁打をみせてくれた。

守備がおぼつかない枡田を左翼にまわすことに不安を覚えるファンもいるかもしれない。しかし、前のエントリ「〔記録〕楽天イーグルスの得点、失点をリーグ平均との比較 (7/4終了時データ)」を確認すれば、楽天の課題が依然として得点力にあるのは明らかだ。

チームの得失点差はほぼゼロと言ってよい-4。34個の勝ち星の中で1点差勝利が53%の18試合。18試合のうち3得点以内での1点差勝利が14試合。つまり、投手陣・守備陣が最少失点で踏ん張ることができているからこその1点差勝利と言えるものの、打線が相変わらず得点が取れずにぎりぎりの厳しい薄氷の勝利とも言えるのだ。

救援防御率3.34はリーグ4位。盤石なブルペン陣を擁しているわけでもない楽天にとって、今後も薄氷の勝利が連続して続くと考えるのはあまりにもご都合主義的な判断。守備に難がある打撃好調の枡田を起用しないという運用もありえない話で、首脳陣がこのような攻撃的なオーダーを組むのは、理解できるところである。


岩村、攻守で躍動

前日マルチ安打を放ち、この試合5番サードで先発出場した岩村が攻守で躍動した。1回、先頭・清田のサード頭上を襲う痛烈な打球をジャンプ一番の好守備。その後2死1塁で4番サブローにひっぱられた3塁線強襲の当たりを逆シングルで落ち着いてさばき、サードの深い位置から1塁へ正確なスローイングをみせて、悠々のゴロアウトにしてみせる、軽快なフットワークをみせた。

バットでも2試合連続マルチとなる2安打。2回1死走者なしでの第1打席では高めの球を完璧におっつけ、左翼フェンス直撃となる二塁打でチャンスメイクすると、4回の第2打席もアウトにはなったものの唐川の肝を冷やすには十分の左翼フェンスぎりぎりの飛球を放ってみせた。1点を追う9回は1死から一ニ塁間を破る右前安打で出塁、その後枡田の二塁打で本西コーチの制止があったにも関わらず、三塁を大きくオーバーランして挟殺になってしまった判断(規則上では打者走者の枡田がアウト)はいただけなかったが(続報をみると本西コーチの判断ミスだったという)、それでも、今後の活躍に期待を寄せたくなる働きぶりをみせた。この日の解説・黒木智宏氏は、故障後の岩村がかかと体重だったが、今はしっかりつま先に重心が乗っていることを指摘していた。


■岩村明憲 2012年 全打席 打撃成績
※網掛け行は良い当たり


今シーズン、安打か?凡打か?その結果いかんに関わらず、良い当たりだったか?どうか?を調べている(上記表の網掛け行)。これで打率が2割に乗った岩村だが、良い当たりの割合を示すウェルヒット率は、当ブログ調査では、30打球中11打球の.367。特に6月後半からその頻度が増加しているのが確認できるのだ。

また、岩村はボール球に手をだして三振したり凡退することが少ない。三振・凡打に倒れた30打席のうちボール球でアウトになったのは僅か3打席のみだ。これは昨年同様、選球眼が良いのでは?と私が考えていることを裏付けるものになりそうだ。実際、フルカウントまで戦う打席も多く、その割合は39打席で8打席、20.5%を占めている。岩村の状態がこのまま完全に上向いてくれば、これは相手投手にとって相当脅威になると言えそうだ。

2年3億円の巨額の投資の回収は始まったばかりである。これからどんどんバットで好戦果をあげてもらわなければ、ペイしないことになるのだが、それでもここへきて、この人のバットから快音が飛び出す(それも長打が多い)ようになってきたのは、イーグルスにとって、悪い話ではない。


■楽天・川井貴志 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sin=シンカー、Cur=カーブ
vs右打者39球=St15、Sl16、Sin6、Cur2
vs左打者31球=St18、Sl10、Sin1、Cur2
20120705DATA6.jpg

前回とは一転、球を低めに集めることができなかった川井

4回2/3、打者20人に70球、被安打5、被本塁打1(大松)、奪三振2、与四球1、失点2、自責点2

この日のQVCは珍しく、スコアボード上のフラッグが終始しなびてしまっているという風速0mの無風状態でゲームがおこなわれた。これはいつもなら独特の風によって制球を悩ますことになる投手にとっては恵まれた環境だったかといえる。しかし、その状況を活かしきることができず、ボール球が増え(ボール率38.6%)、球は総じて高かった。

配球図で確認してみよう。配球図を横5分割して、下の2段を「低めゾーン」とする。すると、前回好投した6/26日本ハム戦では「低めゾーン」に右打者の60.3%が、左打者の56.7%の球が集まっていた。しかし、この試合は下記のとおり、右打者には28.2%、左打者には13.0%と大きく落ち込んでいることが確認できる。被安打5本のうち4本が「高め~中段」のゾーンで浴びていた。

5回1死2,1塁で根元に外野の頭上を越えていきそうな当たりを打たれたものの、ここは聖澤の好守備でアウト、2死2,1塁で右の井口を迎えたところで降板となったのは、球が高めに集まり過ぎていたのを考えれば、妥当な判断だったかもしれない。


■楽天・川井貴志 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120705DATA5.jpg


■ロッテ・唐川侑己 球種別投球詳細
vs右打者6球(ホセ3打席)=St2、Sl4
vs左打者74球=St28、Sl36、Cur6、Ch4
20120705DATA8.jpg


■ロッテ・唐川侑己 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120705DATA7.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
前回のロッテ3連戦
〔試合評〕星野楽天、リーグ戦再開の初戦、首位ロッテを下し、白星発進!──2012年6月22日(金)○楽天イーグルス3-2千葉ロッテ
〔試合評〕開幕カードの借りを返す挑戦権獲得!──2012年6月23日(土)○楽天イーグルス2-1ロッテ
〔試合評〕万事休すの9回、土壇場で草野の全力疾走で同点。延長戦ドローに──2012年6月25日(日)△楽天イーグルス4-4千葉ロッテ


---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}