FC2ブログ

〔記録〕楽天 岩村明憲選手の2軍打撃成績(左右投手別成績、対戦投手別成績)

スポンサーリンク



チケットぴあ
ビックカメラ.com

ブログ更新の原動力は、皆さんの投票にかかっています。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


開幕前、右ふくらはぎ肉離れで戦線離脱、2軍で療養と調整を続けてきた岩村が本日1軍に合流した。岩村の1軍登録に伴い、どろんこ三兄弟の阿部が抹消となっている。

右ふくらはぎ肉離れから回復、動けるようになった岩村はファームで4/21日本ハム戦で今季初出場。ここまで2軍で23試合に出場し、62打数20安打の打率.323を残し、1軍に合流した。

昨年秋に就任した田代富雄2軍打撃コーチが岩村を評して「下半身に粘りが出て、体が開かなくなってきたのがいい。凡退しても打撃の内容は良い」と好評を与えているのは、期待ができるところだ。田代コーチは昨年楽天にいなかったので、まっさらな眼で岩村を評価できると思うからだ。

しかし、この件、ファンの反応は、期待というよりも、残念なことに、眉唾もの扱いだ。過去の人としての受け止められ方がどうやら大半のようである。それもそのはずだ。2年総額3億円の大型契約の鳴り物入り入団にも関わらず、昨年は極度の打撃不振──改めてここにその数字を書き記す必要はないだろう──で、ファンの期待を大きく裏切ってしまったのだから、この反応は当然で仕方がないと言える。

今さら1軍に上げてどうするのか?というファンの反応が多いのももっともで、もし1軍でなかなか結果が出てこなかった場合、どこまで我慢して使い続けるか?どこで見切りをつけるのか?が、首脳陣、特に自ら積極的に獲得に動いた星野監督にとっては難しい判断のしどころとなる。

岩村本人にとっても、今回の1軍昇格はおそらく最後のチャンス。高いハードルを乗り越えていかなければならない試練だ。田淵1軍ヘッドコーチは、岩村昇格の理由を、得点力の底上げのためと記者陣に説明したという。そして「岩村は相手投手の左、右によって高須と三塁で併用になる」という起用プランを明かした。


■岩村明憲 2軍 打撃成績



「楽天・岩村、1軍復帰へ準備万端 けが回復し調子上向き」。5/22の河北新報ではこのような記事が掲載されたが、実際の復帰がそれから2週間経過したこの時期になったのは、2つの理由があるように思う。1つは高須の調子が下降気味であること。そしてもう1つは、右投手から結果を残すことができていなかったということ。

上記表のとおり、2軍での右投手打率は5/27時点では.207しかなかった。相手先発の左右で左は高須、右は岩村という併用案になる中で、この.207という数字はあまりにも酷い。そのため、結果が出るのを待って、6月に入り右投手から安打を量産し、数字が.275と整ったところでの、ゴーサインということだったのかもしれない。

現在、楽天の1試合平均得点は3.24。昨年の3.00を上まわる値だが、リーグ平均3.34を下回り、リーグ4位となっている。(ちなみに5位はソフトバンクの3.20。6位はオリックスの2.96)。一方、1試合平均は3.16。こちらはリーグ平均3.23より良い数字で、リーグ3位につけている。投手陣の踏ん張りが楽天が現在貯金生活をおくることができている大きな要因と言える。

得点力がいまひとつな主な理由のは、先日のブログでも触れたように、リーグ最下位のチーム長打率にある。このテコ入れをしなければ、経験に乏しい投手陣が持ちこたえられなくなったとき、失速するリスクが高いのでは?と書いた。

ということはだ。1軍に合流した岩村に求められる数字は、昨年のこともあいまって、当然高くなってくる。打率は3割近くが要求されるだろうし、また、長打力も同様だ。しかし、1軍と比較すると守備もおぼつかず球場も狭いところが多い2軍で、ニ塁打が僅か3本、本塁打も1本止まりしか打てていないという点に、少々不安を覚えてしまう。

ここで、もう1度、田淵コーチの発言を思いだしてみよう。「岩村は相手投手の左、右によって高須と三塁で併用になる」。右投手なら左打の岩村を、左投手なら右打の高須を、というツープラトン体制だ。しかし、これは、岩村が右投手に、高須が左投手に良い結果を残さないと、意味がないプランだ。その点で、今季の高須が右投手からは打率.305(82-25)を残しているものの、左投手からは.196(56-11)と打てていないのが、少々気がかりなのだ。杞憂に終わればいいが。

とにかく、岩村にとっては最後のチャンスだ。このままだと「楽天球団史上最も失敗した補強例」として後世まで語り継がれることになってしまうはずだ。その汚名をバットで返上してもらいたい。ヤクルト時代、華々しい戦歴をあげたあの名選手が、楽天へきて何も成し遂げずにユニフォームを脱ぐなんてことは、あまりにも寂しいではないか。

一方、首脳陣にはシビアな判断を求めたい。なかなか結果が出ない場合に我慢してひっぱることができる最終期日は、最悪、前半戦終了時までにしてもらいたい。

どんな結果になろうとも、岩村明憲の何苦楚魂、冷静に見届けようではないか!


■岩村明憲 vs 右投手 2軍 投手別 打撃成績
20120607DATA3.jpg

■岩村明憲 vs 左投手 2軍 投手別 打撃成績
20120607DATA2.jpg


◎◎◎最近の記事◎◎◎
〔試合評〕腰痛明けの田中将大を酷使させる、星野監督・佐藤コーチの理解しがたい意味不明な9回続投劇──2012年6月6日(水)〇楽天イーグルス8-3阪神タイガース
〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕ゴロックマの本領発揮で3イニング無失点! 31球の詳細──2012年6月5日LAA戦
〔試合評〕楽天・星野監督の頭を悩ませる2つの懸案。テレーロの賞味期限と聖澤の打撃不振──2012年6月5日(火)●楽天イーグルス1-3阪神タイガース

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
19位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}