FC2ブログ

〔記録〕併殺打を多く打たせる投手ランキング~~GDP/9(GDP allowed per 9 innings pitched)

スポンサーリンク


チケットぴあ
ビックカメラ.com

ブログ更新の活力源ですので、投票をお願いします。ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


ネット上に多数存在するプロ野球関連のサイト。なかでも個人的に多用しているのが「yahooスポーツ プロ野球」などの試合速報や選手情報、記録を掲載するサイトだ。幾つか愛用するサイトがあって、中には個人で運営しているのでは?という所もありその運営には頭の下がる思いでいます。

しかし、便利になったそれらのサイトでも、掲載されていない記録は存在する。

その1つが併殺打なのだ。(もし掲載されているサイトを御存じでしたら教えて下さい)

併殺打は打者の打撃成績にその記載はあっても、投手の投手成績には記録がない。

この点、長い間、残念だなあ・・・と思ってきたことなのだ。

というのも、併殺打が多い・少ない打者が存在するように、併殺打が多い・少ない投手も存在するはずだからだ。

プロ野球の中継を見ていると、「ここはゲッツーを狙いたい場面ですね」と実況アナや解説者が発言するシーンにしばしば出くわす。その時、今、目の前で投げている投手は他の投手と比べてゲッツーを多く取ることができる投手なのかどうか?知りたくなってくる。しかし、残念ながらすぐに知ることができないのが現状だ。


というわけで、2012年5/1終了時データで、パリーグ投手別の併殺打を出してみました。

※ここで言う併殺打は、公式記録に掲載されている併殺打です。三振ゲッツーや、ライナーで1塁走者が戻れずに併殺になってしまったものなどは含まれていません。

◎シーズン終了時記録はコチラのエントリです>〔記録〕2012年パリーグ。投手別の併殺打記録を公開。併殺打を多く打たせた投手ランキング GDP allowed per 9 innings pitched


■2012年5/1終了時 パリーグ 投手別 併殺打


現在、併殺打を記録している投手はパリーグで48人。
最も多いのが武田勝の5個。その次に4個でウルフが続く。
3個でヒメネス、フィガロ、吉川、新垣、攝津、野上が並ぶという状況だ。

ただし、この表は、投手の併殺打の数を表しているだけに過ぎず、
この表だけをみて、併殺打の獲得頻度が多い投手を見つけることは難しい。
なぜなら、投球イニングがそれぞれバラバラだからだ。

そこで、投球回を加えて、指標を作成してみた。

GDP/9、GDP allowed per 9 innings pitched

奪三振率や与四球率、被本塁打率と同じく、9イニング当たりの併殺打の数を出してみた。
計算式は、(併殺打×9)÷投球回。

■GDP/9、GDP allowed per 9 innings pitched
※2012年5/1終了時
20120502DATA2.jpg

パリーグでは1326イニングを消化し、併殺打が80記録されているから、GDP/9のリーグ平均は0.54となる。

ただ、GDP/9はある程度の頻度を確認するのには良いかもしれないが、明らかな欠点もある。

例えば、毎回、走者無しから投げ始める先発投手と、走者を背負った状況で登板することも多い救援投手では、併殺打獲得の機会がおのずと異なってくる可能性がある。また、出塁を許さない好投手は、走者を1塁や2,1塁に置く状況自体が少なくなってくるため、どうしても必然的に獲得する併殺打は少なくなると考えられそうだ。

そのため、より正確性を期すなら、GDP/9の数値に、それぞれの被出塁率に応じた係数をかけるなどする工夫が必要になってくるかもしれない。このことは、オフシーズンに考えてみたいと思う。

というわけで、鵜のみにすることができない指標なのだが、一方、確かに見えてくるものもある。


それは、球団別のGDP/9だ。

日本ハム・・・0.76 (249イニング、併殺打21)
ロッテ・・・0.25 (213回1/3イニング、併殺打6)
ソフトバンク・・・0.57 (237イニング、併殺打15)
楽天・・・0.63 (214イニング、併殺打15)
オリックス・・・0.57 (220イニング、併殺打14)
西武・・・0.42 (192回2/3イニング、併殺打9)
リーグ平均・・・0.54 (1326イニング、併殺打80)



5/1終了時で、併殺打を多く取ることができている球団は日本ハム、一方、取れていない球団はロッテとなった。日本ハムというと、『日本ハムに学ぶ勝てる組織作りの教科書』が鋭く指摘しているように、優れた内野守備陣がゴロを打たせる能力のある投手を「エース級」に仕立てるチーム戦略で知られている。

上記表で、リーグ平均0.54を越えるところに日本ハムの投手が多く名を連ねているのは、彼らが併殺打を取りたいときに取ることができる能力を所持している、そのことを裏付けているように思う。

特に規定打席到達内の投手で被出塁率が4番目に良い(.237)武田勝の9イニング当たりの獲得併殺打が、リーグ平均0.54を上まわる1.21を記録している点は、武田勝、日本ハム内野陣の真骨頂といえるかもしれない。

相手からすれば、ただでさえ出塁することが難しいのに、出塁しても併殺打を打たされ、チャンスの芽を摘まれてしまう恐れがある、ということで、相当手強い相手と言えそうだ。

一方、被出塁率が.356とかんばしくないウルフが、防御率が1.69、2勝という優れた成績をここまで残している背景には、併殺打の4という数が示すとおり、出塁を許してもゲッツーで難を切り抜けている、前述のチーム戦略が機能しているといえそうだ。

被出塁率.397の楽天・下柳のGDP/9はほぼリーグ平均の0.53。まだ1個しか記録していない。これが、もしウルフ並みの数を記録していたなら、いまだ勝ち星がないということもないのでは?、そんなイメージになってくる。

とりとめのないエントリになってしまったが、この件に関しては、オフにもう1度考えてみたい。投手の併殺打の数、できれば追いかけていきたいと思う。

【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕WHIPの改良版、WTBIP(Walks plus TB per Inning Pitched)。楽天投手陣とパリーグ規定投球回内の投手

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}