FC2ブログ

〔記録〕楽天のチームスタッツをリーグ平均と比較するシリーズ4回目、今回はDIPS。楽天投手陣が改善していかなければならない課題では?

スポンサーリンク

更新の励みになりますので、ぜひポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

~~~~~~~~


楽天イーグルスの様々なチームスタッツをリーグ平均値と比較してみることでこの7年間を振り返ってみるシリーズの第4回目です。

第1回目はOPSを第2回目は長打率を第3回目は出塁率とIsoDを取り上げてきました。ここまでは打撃指標でしたが、今回は投手成績の指標で、DIPS(Defense Independent Pitching System)をクローズアップしてみたいと思います。

計算式は下記のとおり。この指標は数字が小さいほど優秀であることを示しています。

〔(被本塁打X13)+(与四球-故意四球+与死球)X3-(奪三振X2)〕÷(投球回)+3.12


『マネーボール』の第10章「サブマリナー誕生」に出てくるように、

ホームラン以外のフェア打球は、ヒットになろうとなるまいと、投手には無関係なのではないか?

いままで投手の責任と見られていた部分が、じつはただの運なのではないか?

という疑問を思いついたボロス・マクラッケンによって生み出された指標です。

投手の責任を被本塁打、与四球、与死球、奪三振の4つに限定している着眼点は大胆で鮮やか。

ボールがバットに当たった瞬間から責任は投手の手元を離れるという考え方に(その多寡はあれど)疑問符を抱いてしまう私のような立場の野球ファンでも、「奪三振が多く与四死球、被本塁打が少ない投手」が優れた投手であることは、全く異論がなく、理解できるところなのでは?と思います。

それでは、さっそく、イーグルスのDIPSの推移を確認してみたいと思います。
なお、DIPSは数字が小さければ小さいほど優秀になりますので、縦軸の上が小さい数字、下が大きい数字にしました。


■楽天イーグルスのチームDIPS、年度別推移グラフ



このようになりました。

イーグルスのDIPSがリーグ平均値を上回った、リーグ平均値より優れていたシーズンは、唯一2008年だけでした。上回ることはできなかったものの肉薄したシーズンは、2009年、2011年。まとまった差異をつけられてしまったのは、2005年、2006年、2007年、2010年になりました。

次に、参考までに、戒め?としてソフトバンク投手陣のDIPS推移グラフを掲載します。


■福岡ソフトバンクホークスのチームDIPS、年度別推移グラフ



ホークスは少なくともこの7年間、リーグ平均を上回るDIPSを記録し続けています。「奪三振が多く与四死球、被本塁打が少ない投手」が多く在籍していると言えるでしょうし、チーム戦略として全体でその方向性を目指そうとしているのかもしれません。

一方、イーグルスはそのあたりの意識はまだまだなのかな?という印象になってきます。DIPSが評価する指標の1つ、与四死球の削減は佐藤コーチの下で毎年頑張っていますが(与四死球削減できても被本塁打が増えたり、奪三振が減ったりするとDIPSは改善されないため、そういう事情もあるのだろうと思いますが)その結果がDIPSになかなか表れてこないと言えそうです。


2008年は規定投球回到達のパリーグDIPSランキングで沢村賞受賞した岩隈が1位、田中も4位と素晴らしい数字で上位にランクインしたことが大きかったと思います。リーグ平均に肉薄した2009年は長いイニングを投げた田中、岩隈、永井3人のDIPSが揃って良かったこと、また、救援陣では小山が素晴らしい値を出していた点があげられます。また、2011年は、やっぱり、田中の数字がズバ抜けていたことが大きかったですね。


田中将大の年度別DIPS

2008年は田中のプロ2年目。先日TV番組でも放送されていましたが、ストレートで三振を取りたいという田中に対してノムさんも賛成し、その結果、二桁勝利未達に終わってしまった・・・というネガティヴなイメージで捉えがちですが、DIPSで判断すると、さにあらずで、進化の軌跡をハッキリ確認することができるのです。


(カッコ内)はリーグ平均、その右の数字はリーグ平均との差異
2007年・・・3.38 (3.73) 0.35
2008年・・・2.88 (3.88) 1.00
2009年・・・3.00 (4.01) 1.01
2010年・・・3.04 (3.84) 0.80
2011年・・・1.87 (3.27) 1.40


1年目の3.38から2.88に改善された点も凄いですが、リーグ平均との差異が1年目は0.35だったのが、2年目の2008年は1.00と大きく広げることができた点も、注目すべきだと思います。統一球の追い風を味方にしてさらなる成長をみせた2011年はDIPS1.87、リーグ平均との差異は1.40にまでさらに広げることに成功しています。


小山伸一郎の年度別DIPS

次に、田中、ラズナーとともに、プロ16年目にして1億円プレーヤーの仲間入りとなった投手陣のリーダー的存在の小山のDIPSをみてみましょう。


(カッコ内)はリーグ平均、その右の数字はリーグ平均との差異
2005年・・・5.05 (4.16) ▲0.89
2006年・・・6.41 (3.85) ▲2.56
2007年・・・2.54 (3.73) 1.19
2008年・・・3.89 (3.88) ▲0.01
2009年・・・2.60 (4.01) 1.41
2010年・・・3.56 (3.84) 0.28
2011年・・・3.63 (3.27) ▲0.36


DIPSが最も良かったのは2007年ですが、リーグ平均との差異では2.60を記録した2009年と言えそうです。スリーマウンテンズが誕生した2010年は数値を下げて3.56。まだリーグ平均より良い値ですが、その差異は1.41から0.28に縮まり、DIPSでみる絶対的優位は失われてしまったと言えそうです。

統一球の恩恵を享受できるのでは?と思われた2011年はリーグ平均を遂に割り込む数字になってしまいました。昨年は指揮官の無謀な采配で中日戦に奇襲先発して炎上してしまったというアクシデントがありましたが、それを考慮して救援のみの数字でDIPSを算出したところ、3.63と変わらずでした。

このように小山のDIPSは2009年から悪化の一途を辿っているのです。原因の1つは三振が取れなくなってきていることが大きく影響しています。ちょうど奪三振率も2009年から年々悪化しているのです。今季もそのタフネスなピッチングでチームを救ってほしいと願うものの、一方で懸念されるのが、この点なのです。


2011年、イマイチなパフォーマンスだった?スリーマウンテンズ

次に、2010年、2011年、2年連続で投球回50イニング以上投げた投手を対象に、それぞれのDIPSがリーグ平均と比較してどのくらい良かったのか?悪かったのか?をみる表を作成してみました。リーグ平均より良値はプラス、悪値はマイナスで記しています。

20120308DATA3.jpg

これをみると、スリーマウンテンズはいずれも前年からDIPSを悪化させてしまっているのが確認できます。青山は2010年平均より1.83も良い素晴らしいDIPSを記録しましたが、2011年は平均を僅か0.21しか上回ることができませんでした。小山は前述したように平均を割り込んでしまっています。片山も微減。彼らスリーマウンテンズが少なくとも2010年並みだったら、楽天のDIPSや防御率はもっともっと良くなっていたであろうし、ひいては失点ももっと減らすことができたと思います。

最後に、投手別の年度別DIPSを掲載します。規定投球回未満は50イニング以上規定投球回未満の投手を掲載しています。赤字はリーグ平均より良いDIPS青字は悪いDIPSです。


(カッコ内)は投球回

2005年:リーグ平均4.16
規定投球回
岩隈久志3.82 (182回1/3)
規定投球回未満
有銘兼久4.30 (125回)
一場靖弘5.30 (102回)
ホッジス5.74 (95回)
ラス4.22 (91回)
金田政彦4.31 (88回1/3)

福盛和男3.91 (63回)
山村宏樹5.71 (60回2/3)
朝井秀樹5.40 (60回)



2006年:リーグ平均3.85
規定投球回
16位・・・一場靖弘4.20 (193回2/3) ※下から3番目
19位・・・山村宏樹5.26 (136回1/3) ※最下位

規定投球回未満
グリン3.74 (127回1/3)
有銘兼久3.25 (86回2/3)

愛敬尚史4.39 (74回)
青山浩二3.82 (65回2/3)
小倉恒2.72 (62回)
福盛和男3.02 (58回)

朝井秀樹4.05 (50回1/3)


2007年:リーグ平均3.73
規定投球回
5位・・・朝井秀樹2.93 (144回1/3)
7位・・・田中将大3.38 (186回1/3)

規定投球回未満
永井怜4.36 (127回)
有銘兼久4.21 (95回)

岩隈久志2.95 (90回)
青山浩二4.50 (84回2/3)
山村宏樹3.63 (66回1/3)
一場靖弘3.99 (58回2/3)
ドミンゴ4.54 (55回2/3)



2008年:リーグ平均3.88
規定投球回
1位・・・岩隈久志2.32 (201回2/3)
4位・・・田中将大2.88 (172回2/3)

17位・・・朝井秀樹4.17 (148回) ※下から3番目
規定投球回未満
永井怜4.42 (117回1/3)
ドミンゴ3.76 (102回1/3)
片山博視3.61 (79回)

青山浩二4.04 (78回2/3)
小山伸一郎3.89 (67回2/3)

川岸強2.76 (55回2/3)


2009年:リーグ平均4.01
規定投球回
5位・・・田中将大3.00 (189回2/3)
8位・・・岩隈久志3.69 (169回)
9位・・・永井怜3.71 (171回)

規定投球回未満
長谷部康平4.84 (109回1/3)
藤原紘通4.05 (84回2/3)
ラズナー4.99 (81回1/3)

小山伸一郎2.60 (63回2/3)
青山浩二4.85 (62回1/3)
井坂亮平4.82 (54回)



2010年:リーグ平均3.84
規定投球回
4位・・・岩隈久志3.01 (201回)
6位・・・田中将大3.04 (182回2/3)

12位・・・ラズナー3.98 (155回)
16位・・・永井怜4.36 (152回2/3) ※最下位

規定投球回未満
川井貴志4.95 (66回2/3)
片山博視3.10 (62回1/3)
小山伸一郎3.56 (59回2/3)
青山浩二2.01 (52回1/3)

川岸強4.44 (50回)


2011年:リーグ平均3.27
規定投球回
2位・・・田中将大1.87 (226回1/3)
15位・・・塩見貴洋3.53 (154回2/3) ※下から3番目
規定投球回未満
岩隈久志2.87 (119回)
永井怜3.73 (102回2/3)
青山浩二3.06 (71回)
小山伸一郎3.63 (68回2/3)
井坂亮平4.34 (66回2/3)
ヒメネス4.84 (63回1/3)

片山博視2.77 (57回2/3)
ラズナー2.54 (53回)

川井貴志4.07 (50回2/3)


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕杜の都に「打」の救世主は現れるのか?──楽天イーグルスのチームOPSとリーグ平均OPSを年度別推移グラフで表してみた!
〔記録〕今季、犬鷲大砲の出現はあるのか?ないのか?──楽天イーグルスの長打率をリーグ平均と比較!
〔記録〕東北楽天の打撃成績をリーグ平均と比較するシリーズ第3回、今回は昨年パ最下位を記録した出塁率だっ!
〔図表〕1試合平均失点と防御率、またはDIPS。その相関関係、相関係数をグラフにし、計算して確認してみた!

---------------------------------------------------------
2012年、当ブログが推薦する選手名鑑はコレだ!
書店にずらりと並ぶ選手名鑑の数々。幾つかピックアップして比較と紹介をしてみました。さらに、当ブログが推薦する選手名鑑を決定! みなさんの購入の御参考になれば幸いです。記事の詳細は下記URLからどうぞ。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-919.html

---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログ更新情報をメインに、ブログやTwitterに掲載しないココならではの話題や情報もなるべくお届けします。もしよろしければ「いいね!」をお願いします

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI








このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}