FC2ブログ

〔試合評〕2012年3月5日(月)●横浜DeNA0-3福岡ソフトバンク〔オープン戦〕中畑DeNAオープン戦4連勝ならず...

スポンサーリンク

更新の励みになりますので、ぜひポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

~~~~~~~~


●横浜DeNAベイスターズ0-3福岡ソフトバンクホークス
〔オープン戦〕(ヤフードーム)






週末、長崎で星野楽天を降してオープン戦3連勝と幸先の良い横浜DeNAは、本日、福岡に乗り込んでソフトバンクとのオープン戦。

昨年の日本一チームの胸を借りて、できれば4連勝といきたかったところだったが、逆に力の差をみせつけられるかたちになった。DeNA打線は終盤6回までホークス投手陣に完璧に抑え込まれ、得点圏での打席は僅か3打席だけ。スコア0-3の零封負けを喫し、オープン戦初黒星となった。

先攻の横浜DeNAのスタメンは

1番・啓ニ朗(右)、2番・渡辺直(遊)、3番・石川(ニ)、4番・ラミレス(指)、5番・中村(三)、6番・後藤(一)、7番・森本(左)、8番・鶴岡(捕)、9番・荒波(中)、先発・三浦。

後攻のソフトバンクのスターティングオーダーは

1番・本多(ニ)、2番・長谷川(中)、3番・内川(左)、4番・松中(指)、5番・カブレラ(一)、6番・松田(三)、7番・福田(右)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・大隣。


20120305DATA2.jpg
HANREI.jpg


ホークス、“無駄のない”攻撃で連日の初回先制劇。序盤に主導権を握る

ソフトバンクは昨日ロッテとのオープン戦でも初回に先制点を挙げている。1番・本多が安打で出塁、すかさずニ盗を成功させ、2番・明石の中飛で3塁へタッチアップ。1死3塁から3番・内川のショートゴロの間に、本多がホームへ帰ってくるという“隙のない”攻撃をみせていた。

この試合でも、ホークスが1回に1点を先制した。ショート内野安打で出塁した本多がニ盗を成功させ、2番・長谷川が四球で出塁し、1死2,1塁の場面で、3番・内川が三遊間を痛烈なゴロで破っていく左前安打で、本多を本塁に迎え入れる。出塁すべき人が出塁し、走るべき人が走り、返す人が返す、それぞれが任務を全うする“無駄のない”攻撃で、3連勝で波に乗りかけている横浜DeNAの出鼻をくじいた。

2回にも1死から、今宮が中前へフライヒットを運んで出塁すると、続く細川の3球目にニ塁を陥れ、足で得点圏を演出。この好機は後続が凡退してしまったが、3回にはカブレラの適時二塁打など長短打を3本集めて2点を追加、序盤で試合をモノにした。


ホークス先発・大隣の好投に翻弄されるDeNA打線

一方、DeNA打線はホークスの先発・大隣の緩急を使った投球に翻弄されるかたちとなってしまった。チェンジアップやカーブが効果的に決まっていた。この日、緩急を上手く使って投げることをテーマに掲げていたという大隣は、自身納得のいく投球だったという。特にカーブがどのカウントでも投げ切ることができたことを、登板後のコメントで収穫としてあげていた。

その代表例が2回中村を空振り三振に討ち取った打席だろう。ストレートでファウルを打たせて、その後、ストライクゾーンの良い所から落とす緩いチェンジアップで緩急を生み、ノリのバットに空を切らせることに成功していた。その回の森本の打席も、チェンジアップを空振りさせて1-2と追いこんでから、意表を突くような内角速球で見逃し三振に取るなど、狙い球を絞らせまいとする投球が光った。

下記打席結果表でDeNA打線の1回~3回の欄を見ていただきたい。大隣と対戦したのべ10人の打者のうち実に8人が2ストライクと追いこまれてしまってから打席結果が出ていることに気づく。大隣有利のシチュエーションで勝負せざるをえなかった、と言える。大隣は緩急、球種の組み合わせも上手く利用していたが、カウント構築の面でも上手いことできていたのだ。

結局、DeNAは二番手・巽にも4回5回と好投を許し、5回までノーヒットと沈黙してしまう。このままだと無安打試合になるのでは?・・・というこちらの不安を払拭してみせたのが、6回先頭打者として打席に入った荒波の機転だった。巽の初球を、1塁線ぎりぎりに絶妙なプッシュバント。転がった打球はラインと並行で切れずに、バントヒット! その後、啓ニ朗の犠打、梶谷の進塁打で走者を3塁まで進めるも、得点を入れることはできなかった。

DeNAは7回にも2死2,1塁のチャンスを作るも黒羽根が右飛に倒れ、9回には先頭打者の石川が出塁に成功するも、藤田が併殺に倒れるなど、12球団随一の防御率を残るホークス投手陣の前に、力の差をみせつけられる結果に終わった。

序盤に3点のビハインドを抱えてしまったため、目指すべき機動力も不発。代わりにホークスに2盗塁を許すも、終盤7回に本多のニ盗を、黒羽根が見事なストライク送球で刺してみせたプレーは、DeNAファンとして数少ない溜飲を下げるシーンだったか。

この敗戦でDeNAはオープン戦順位3位に後退した。



選手採点&寸評

横浜DeNAの選手のプレーを10点満点で採点、寸評をつけます。5.5が普通のプレー時の基準値、05.幅の増減で点数をつけていきます。


~スタメン~

◎啓ニ朗・・・5.0:1番・右翼。2打数0安打1三振、1犠打。オープン戦初スタメン。緩急を効果的に用いた大隣の好投の前に、1打席目は体勢を崩され当てただけの中途半端な当たりに倒れる。2打席目は振り遅れの三振。6回無死1塁での3打席目は結果的に投犠になったが、自分も生きようとするセーフティバントの試みは評価できる。

◎渡辺直人・・・4.5:2番・遊撃。2打数0安打1三振。守備では初回中前へ抜けようか?という本多の当たりを横っ飛び好捕した場面が印象に残ったものの、打撃では良い所が無かった。外の微妙な球に三振に倒れた1打席目もそうだが、初球アウトローの難しい球をあえて打ちにいき凡打に倒れた2打席目が特に。期待の裏返しで辛めの採点。

◎石川雄洋・・・6.0:3番・ニ塁。3打数1安打1三振1四球。6回得点圏で3-2からチェックスイングを取られての三振は、球をよく見きわめようという意識の表れと診る。集中してプレーに臨めていると判断。守備では2回1死2塁のピンチ、細川の内野を越えていきそうなニ塁後方、センター前方の飛球を、背走でしっかりとフライアウト処理。

◎ラミレス・・・5.0:4番・指名。3打数0安打1三振。これでオープン戦4試合4番出場で12打数0安打。頼みの助っ人のバットから早く快音を聞きたいところなのだ。一方、4戦のうち3戦はパリーグ球団相手での結果。また、NPBが私の野球と言い切るベテランならではの調整法もきっとあるのだろう。この人に一喜一憂は失礼というもの。

◎中村紀洋・・・5.5:5番・三塁。2打数0安打1三振。1打席目は大隣の実験台に。2打席目は高めの球を叩いていくも、伸びずに平凡なライトフライに終わる。守備については変わらず問題なし。福田がマウンド上空に打ち上げた飛球や、本多のライナーをしっかり処理している。5回攻撃終了で御役御免、藤田にバトンタッチ。

◎後藤武敏・・・5.0:6番・一塁。2打数0安打。1打席目は右中間へ飛球を飛ばすも、差し込まれたかたちになった平凡なライトフライに倒れる。2打席目は真中近辺の甘い球を振っていき捉えたか?という当たりだったが、ウォーニングゾーン手前で失速するセンターフライに終わる。

◎森本稀哲・・・5.5:7番・左翼。2打数1安打1三振1四球。7回は2死2塁で右打ち、右前へ運ぶライナーヒットで最後の得点圏を演出。3回1死2塁で松中の左前フライヒット、この当たりで懸命に前進して捕球を試みたプレーが2塁走者の進塁を止まらせる結果になったが、全盛期だったら捕れていたかもしれない。

◎鶴岡一成・・・5.0:8番・捕手。2打数0安打。本多、今宮にニ盗を許すなど投手陣を守備でバックアップすることができなかった。2打席は先頭打者、走者を置いた状況も凡退に。リード面では特に拙いところは見当たらなかったという印象になるのだが。

◎荒波翔・・・6.5:9番・中堅。3打数1安打。8回カブレラの中堅後方、ウォーニングゾーン内への大飛球を背走しながら半身の体勢で追い着くプレーは見事。打撃では、なんといっても、チーム初安打となった6回先頭打者での芸術的なバントヒット。その持ち味は出していたのでは?と思う。


~投手陣~

◎三浦大輔・・・4.5:先発。2回、打者10人に41球。被安打3、1奪三振、1四球、1失点。制球力の良さで知られるエースも、この日はストレートが高く、その高めを狙われるかたちになってしまった。本人も反省の弁しきりだったようだが、まだまだこれからだろう。ただ、直球に球威・球速が出てこないと2010年の二の舞になりかねない。

◎ブランドン・・・4.5:二番手。4回、打者16人に67球。被安打4、1四球、2失点。3回から6回までの4イニングを投げた。ブランドンといえば2/18楽天との練習試合に登板し、カーブなど緩急を使った投球で楽天の打者を抑えていたが、この日は制球も芳しくなく(42%に当たる28球がボール)それほど有効的ではなかった感。辛めかなあ?

◎林昌範・・・5.5:三番手。1回、打者3人に16球、被安打1、0失点。1死後、本多に内野安打で出塁を許しニ盗を企図されるも、黒羽根の強肩のおかげでアウトにする。黒羽根の貢献がなければ、その後どうなっていたか・・・。ボール先行ながらも、相手に思いどおりのスイングをさせず討ち取った所は、評価できるのだが。

◎山口俊・・・5.5:四番手。1回、打者3人に11球、1四球、0失点。抑え投手で一番やってはいけないことの1つは先頭打者の出塁を許すことだと思う。その点、かつての同僚・内川をしっかり討ち取ることができた点は評価できる。カブレラの大飛球を荒波の好捕するバックの守りにも助けられた。


■両軍の打席結果とカウント推移表
20120305DATA3.jpg
20120305DATA4.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔試合評〕2012年3月4日(土)千葉ロッテマリーンズ1-1福岡ソフトバンクホークス。両軍打者のカウント推移、ファウル・空振り有無を網羅
〔試合評〕2012年3月4日(日) ●楽天イーグルス3-4横浜DeNA〔オープン戦〕横浜DeNA実り多き対楽天戦2連勝&楽天選手採点・寸評

---------------------------------------------------------
2012年、当ブログが推薦する選手名鑑はコレだ!
書店にずらりと並ぶ選手名鑑の数々。幾つかピックアップして比較と紹介をしてみました。さらに、当ブログが推薦する選手名鑑を決定! みなさんの購入の御参考になれば幸いです。記事の詳細は下記URLからどうぞ。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-919.html

---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログ更新情報などをお届けします。もしよろしければ「いいね!」をお願いします

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI












このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}