FC2ブログ

〔記録〕2011年パリーグ三塁手のレンジファクターを調べてみた!~ゴールデングラブは松田宣浩選手だったが、範囲係数でみる名手は?

スポンサーリンク

そのうえ、誰もが打者を中心にして試合を眺めている。打者の動きを見つめ、スコアカードを開いて名前を確認する。三塁線に鮮やかな打球が飛び、それを三塁手が横っ飛びにつかんで一塁送球アウトにした場合、三塁手に拍手を送る。だが、打球が飛ぶ前、三塁手の動きに注目していた観客がいるだろうか? 三塁手がもし打球の方向をうまく予測して守備位置をずらしていたら、2歩だけ動いて、当たり前にバックハンドでつかめただろう。そして誰も拍手しない。

 そこでジェイムズは、従来にない評価基準を作るべきだと訴える。スコアブックからは誰が上手な野手なのか判断できないし、じかに観戦しても正しく評価できない。では、どうすればいいのだろうか?

 ジェイムズによれば、答えはこうだ。《計算法を工夫するにかぎる》

 新しい基準として“範囲係数(レンジファクター)”を提案している。範囲係数とは、各選手が1試合当たりで成功したプレーの数をさす。



「マネーボール原作」116~117頁に出てくる一節を引用した。

当ブログでは、ビル・ジェイムズが提案している守備指標・レンジファクターを、昨年暮れから調べてきた。

レンジファクターは、9×(刺殺+補殺)÷守備イニングで算出され、簡単に言えば、1試合当たりその守備位置でどのくらいのアウトを取ることができたか?を示すデータである。

原作でも「じつはこの数字にも歴然たる短所があって、たとえば、飛球を打たせる投手が多いチームと、ゴロを打たせる投手が多いチームで比較した場合、前者のチームの外野手のほうが成功率が高いだろう」と出てくるように、欠点がある。他には、奪三振が多い投手のチームは、そもそも打球が飛んでこないわけだから、不利なのだ。


調べようと思えば比較的簡単に調べられるパリーグのレンジファクター

しかし、調べようと思えば比較的簡単に調べることができるのもこの指標の良いところ。最も知りたい守備指標にUZRがあるが、これは個人で調べるのは到底、無理である。

今回調べたレンジファクターは、ここまでと同様、簡易版ではなく、しっかりと守備イニングを調べて算出した。

パリーグ6球団はオフィシャルサイトの試合速報がしっかりしている。セリーグと違い、選手の守備交代まで明記されているため、根気の良さがあれば、守備イニングを算出することは可能だ。チームの守備イニング合計は投手の投球回の合計と同じである。刺殺、補殺は日本野球機構オフィシャルサイトで公表されている。外野手は左翼、中堅、右翼がひとくくりになってしまっているが、内野手は守備位置ごとの数字が掲載されているため、計算しやすいのだ。

ということで、パリーグのチーム別・選手別の中堅手遊撃手ニ塁手と調べてきて、今回はホットコーナーを守る三塁手にスポットを当ててみたい


■パリーグ 2011年 選手別 チーム別 三塁手のレンジファクター
※西武のデータは「ピーナッツとクラッカージャック」さんを参照しました。
20120204DATA2.jpg
20120204DATA3.jpg

20120204DATA4.jpg


昨年のパリーグ平均は、レンジファクターが2.35、守備率が.980となっている。


チーム別で確認すると、、、

ソフトバンク・・・2.75
日本ハム・・・2.40
西武・・・2.46
オリックス・・・2.27
楽天・・・2.30
ロッテ・・・2.46



選手別で確認すると、、、(300イニング以上対象)

松田宣浩・・・2.75 (144全試合全イニング三塁手で出場)
中村剛也・・・2.48
高須洋介・・・2.47
今江敏晃・・・2.35
小谷野栄一・・・2.35
バルディリス・・・2.27
岩村明憲・・・2.17


となった。

主に記者の主観に委ねられているゴールデングラブ賞では、松田99票、今江42票、小谷野30票で松田がダントツで受賞したが、レンジファクターで見ても昨年の松田はダントツであったのが確認できるのだ。もっと言えば、昨年最も多くの三振を奪った投手陣はソフトバンクである。打球がそれだけ飛んでこなかった状況だから、松田の数字はこれ以上の価値がある、と言えそうだ。

ちなみに、2010年300イニング以上サードを守った三塁手のレンジファクターを掲載しておく(鳥越規央・著『9回裏無死1塁でバントはするな』祥伝社新書109頁より)

草野大輔3.16、今江敏晃2.86、阿部真宏2.63、原拓也2.58、中村紀洋2.58、小谷野栄一2.36。

これと比較すると前年より数値が低下したのは2.30の草野、2.35の今江、2.39の原で、小谷野は2.35から2.36とほぼ同値となっている。

次に、三塁と遊撃のレンジファクターの合計値、三遊間のレンジファクターを出してみた。


■2011年 パリーグ チーム別 三遊間のレンジファクター



日本ハムの三遊間はリーグNo.1、RFでも評価された楽天・高須の三塁コンバート

日本ハムの三塁(主に小谷野)はそれほどでもないが、遊撃が素晴らしい値を叩き出しているため、ニ遊間同様、三遊間でもパリーグ1位を記録した。

一方、楽天イーグルスである。松井稼頭央が主に守った遊撃は平均的な数字に、岩村や高須、草野らが守った三塁は平凡な数字に終わったため、三遊間の合計ではリーグ5位に沈むこととなった。

昨年、楽天は不調の岩村、好調の高須、内村というチーム事情から、7/14ソフトバンク戦から、セカンドに内村を、それまでニ塁を守ってきた高須をサードにコンバートするプランを実行した。結果的にはこれが当たったかたちとなったが、レンジファクターでもこの起用が当たっていたことが確認できる。ニ塁レンジファクターで高須(5.41)より良い値を残す内村(5.82)をセカンドのレギュラーに、三塁レンジファクターでは岩村(2.17)より良い値の高須(2.47)をサードスタメン起用した、というわけなのだ。

今季、イーグルスでサードのレギュラーを掴むのは誰になるのだろう?

もし岩村が復活できなければ、そのまま高須で良いと思う。
もし岩村がある程度復活する目処が立つのなら、攻撃面と合わせて考えて、岩村に任せるのが良いのでは?と思っている。

フェルナンデスのサードは......NGでオネガイシマス m(_ _)m【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕球界きっての小兵、楽天・内村賢介選手の守備範囲はどれくらいか?──2011年ファインプレー&2011年パリーグニ塁手レンジファクター
〔記録〕日本球界復帰元年。楽天・松井稼頭央選手のファインプレー特集&2011年パリーグ遊撃手のレンジファクター
〔記録〕2011年パリーグ主な中堅手のレンジファクターと楽天・聖澤諒選手の主なファインプレー

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。皆様の応援の1票が更新の活力源になります。宜しくお願いします。現在、ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}