FC2ブログ

〔記録〕2011年、楽天イーグルスの「走塁力」(2)──走者2塁または2,1塁、味方打者に外野単打が出た時の2塁走者本塁帰還率

スポンサーリンク

更新の励みになりますので、ぜひポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日のエントリ「〔記録〕2011年、楽天イーグルスの「走塁力」──走者1塁、味方打者に外野単打が出た時の1塁走者3塁到達率」の続きである。

今回は、走者2塁または2,1塁のとき、味方打者の外野単打によって、2塁走者がどれだけの確率で本塁に帰ってこれたか?本塁帰還率を調べてみたい。


■楽天の攻撃、塁状況が2塁または2,1塁、
味方打者が外野単打を打った場合の、2塁走者の本塁帰還率

※2011年シーズン終了
※ここで言う外野単打とはボックススコアの打席結果が単打表示されているもの。例えばサヨナラの局面で敵軍外野陣が前進守備を敷いていたため、飛球が外野の頭上を越えて「左越安」となった1例も含む。



味方走者を2塁または2,1塁に置いた得点圏で打者が外野へ単打を打った。このようなケースは昨年87回あった。そのうち32回で2塁走者は3塁にストップした。6回で本塁突入を試みるも惜しくもタッチアウトになった。49回でホームを踏むことに成功している。2塁走者の本塁帰還率は56.3%である。

楽天と戦った144試合の対戦相手を1つのチームとしてみなすなら同状況での対戦相手の本塁帰還率は59.3%だった。そのため、楽天が守備時に許してしまったそれと比較すると、少し低い数字になってしまった。

打球方向でいえば、センターに飛んだ時の本塁帰還率が最多の73.3%を記録している。これは対戦相手も同様で77.5%となっている。2塁または2,1塁のチャンスのときは、打者は基本のセンター返しに徹する打撃を心がけてもらいたいと思う。(ただし、2,1塁だと相手守備陣形によってはセンター前へゴロで打球を運ぶことが困難になる。理想は投手の頭上、内野手の上を超えていくライナーヒット、もしくはフライヒットが好ましい)


■同状況での味方2塁走者、本塁タッチアウト履歴


昨年、同状況で楽天の守備陣が敵2塁走者を本塁タッチアウトにした数は9回を数えたが、楽天の2塁走者が本塁でタッチアウトになったのは上記表のとおり6回である。

そのうち2度、西村が本塁でタッチアウトになっている。西村は63試合に出場したが、先発出場はなし。代走のみの出場が3試合、代走/守備での出場が29試合、守備からの出場が31試合と途中出場専門の控え選手だった。積極的なプレーで首脳陣にアピールすることが必要であり、その意味から言えば、クロスプレーになりながらも本塁を狙ったその走塁は、理解できるところだと思う。(セーフになって点が入ってもアウトになっても勝敗には影響のない負けゲームだった)

さて、細かなシチュエーション別に本塁帰還率を確認していこう。


■試合展開別でみる本塁帰還率

リード時・・・64.5%:31回(左10中11右10)のうち20回(左5中9右6)
0-0/同点時・・・51.9%:27回(左9中12右6)のうち14回(左2中9右3)
ビハインド時・・・51.7%:29回(左7中7右15)のうち15回(左5中4右6)


できれば、リードしている時でも、0-0/同点の時でも、ビハインドの時でも、ほぼ同一の本塁帰還率が欲しいところなのだが、実際はリード時が最も高く、64.5%を記録した。

点を必要とする場面の優先順位は、ビハインド時、0-0/同点時、リード時のはずだ。そのため、ビハインド時、0-0/同点時の本塁帰還率がもう少し高くても良いのでは?と思う。

負けている展開で掴んだチャンスで、味方打者がヒットを打ちながらも2塁走者が本塁で憤死してしまった...ということになると、試合の流れがますます悪くなってしまう。そのような考えからリスクをとることを自重しているのでは?という印象だ。


■アウトカウント別でみる本塁帰還率

0アウト・・・42.9%:7回(左3中2右2)のうち3回(左1中2)
1アウト・・・44.1%:34回(左11中11右12)のうち15回(左4中6右5)
2アウト・・・67.4%:46回(左12中17右17)のうち31回(左7中14右10)


アウトカウント別でみると2死の時が最多、67.4%を記録した。これはアウト1つで攻撃が終了してしまうという2死という状況がそうさせているのでは?と推測している。2塁走者を3塁にストップさせて、次打者の攻撃に期待させても、アウトカウントが2死のため、そうそう得点が入る可能性は低い、ならば、積極走塁で本塁を狙わせたほうが良い、という判断だと思われる。

無死2塁または2,1塁で味方打者が外野に単打を放ったケースが僅か7回しかないのは、前回エントリでも述べたが、この場面での強攻作戦は少なく、送りバント作戦が多いからだと思われる。


■2塁走者別でみる本塁帰還率

松井稼頭央・・・75.0%:12回(左3中6右3)のうち9回(左1中5右3)
聖澤諒・・・72.7%:11回(左3中5右3)のうち8回(左2中4右2) ※1度本塁タッチアウト1回有
山崎武司・・・18.2%:11回(左4中2右5)のうち2回(右2)
内村賢介・・・57.1%:7回(左6中1)のうち4回(左3中1)
牧田明久・・・66.7%:6回(左1中2右3)のうち4回(中2右2)

高須洋介・・・60.0%:5回(中3右2)のうち3回(中3)
鉄平・・・60.0%:5回(左1中2右2)のうち3回(左1中1右1) ※本塁タッチアウト1回有
西村弥・・・60.0%:5回(左1中2右2)のうち3回(左1中2) ※本塁タッチアウト2回有
草野大輔・・・20.0%:5回(左3中1右1)のうち1回(左1) ※本塁タッチアウト1回有
横川史学・・・75.0%:4回(左1中2右1)のうち3回(左1中2)

岩村明憲・・・66.7%:3回(中2右1)のうち2回(中1右1)
中村真人・・・33.3%:3回(左1中1右1)のうち1回(右1)
平石洋介・・・100.0%:2回(左1右1)のうち2回(左1右1)
嶋基宏・・・50.0%:2回(右2)のうち1回(右1)
ガルシア・・・50.0%:2回(右2)のうち1回(右1)

伊志嶺忠・・・100.0%:1回(中1)のうち1回(中1)
中島俊哉・・・100.0%:1回(左1)のうち1回(左1)
ルイーズ・・・00.0%:1回(右1)のうち0回 ※本塁タッチアウト1回有
枡田慎太郎・・・00.0%:1回(右1)のうち0回


3塁到達率では好成績を残した内村だが、本塁帰還率では57.1%と少々少ない。これは単打の打球方向も影響しているものと思われる。松井や聖澤は最も本塁帰還しやすい中堅の当たりも多くあったが、内村の場合は僅か1本だけであり、他は全て左翼の当たりだった。中堅の当たりがもっと多ければ、内村の本塁帰還率も上昇していたと思う。

昨年のBT5月増刊号を確認してみると、2010年の聖澤の本塁帰還率は88.5%であった。サンプルが少ないので1つでも成功したり失敗したりすると大きく率が上下するのだが、昨年もう1つ決めていれば、本塁帰還率は81.8%まで上昇していた。悔やまれるのは、Kスタでおこなわれた5/20ヤクルト戦、1点を追う1回1死2塁の場面である。打者・草野がセンターへヒットを放った。ここで聖澤は拙い判断をしてしまった。この打球がセカンドライナーになって2塁飛び出しての併殺を恐れるあまり、いったん2塁に戻りかけてしまたっため、3塁ストップになってしまった。この日の解説・鈴木健さんは「セカンドの守備位置を見ていれば完全にヒットコースだったんですよね」と評していた。

その他で気になるのは、数は少ないながらも牧田の数字が、80.0%を記録した3塁到達率とともに良いのでは?という印象だ。前述した西村は5回のうち5回とも本塁突入を試みている。うち、2回は前述のとおり本塁アウトになったが、この積極性は、評価できるところではないだろうか。

楽天の2塁走者の本塁帰還率、できれば今季はチーム全体で60%以上は欲しいところである。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕2011年、楽天イーグルスの「走塁力」──走者1塁、味方打者に外野単打が出た時の1塁走者3塁到達率
〔記録〕犬鷲外野守備陣の実力を測る!(その1)──2011年 パリーグ 球団別 被二塁打、被三塁打数
〔記録〕犬鷲外野守備陣の実力を測る!(その2)──走者の進塁、本塁突入を阻む「抑止力」を調べてみた!
〔記録〕拙守の広島、好守の横浜?!──2011年 セリーグ 球団別 被二塁打 被三塁打

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。皆様の応援の1票が更新の活力源になります。宜しくお願いします。現在、ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}