FC2ブログ

〔記録〕銀次選手のバットコントロールの良さをデータで証明!──楽天イーグルス・銀次2011年ボールゾーン・スイング率

スポンサーリンク


先日30~40分直接お話しをお伺いする機会に恵まれました。2011年のシーズンを振り返っていただきました。
・開幕戦を振り返って
・苦しかった夏場の過密日程、それを乗り越えての球団初の全試合出場
・自己との戦いだった「年間50盗塁」
・盗塁王争いのさなか、打順が9番に固定された、その真相とは?
・2012年の目標は「年間60盗塁」
・聖澤選手がバント作戦で狙うもの
・ノムラの教えで出塁率改善だ!

URLはこちら↓↓↓です。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-847.html



~~~


ボール球への手出しは厳禁!

「マネーボール」原作に出てきたボールゾーン・スイング率に魅せられ、昨年の楽天イーグルスの主要打者をただひたすら(?)調べている。残すところ、嶋基宏選手、鉄平選手の2人で終わるはずなので、もうしばらくお付き合い頂きたい。m(_ _)m

今回は、昨年2軍イースタンの首位打者を獲得、シーズン終盤に不調の山崎と入れ替わるように先発出場の機会を与えられ、きらりと光る好活躍を披露してくれた若手代表格のバットマン、銀次選手を取り上げてみたい。

まずは下記表。

20120112DATA3.jpg

1打席当たりの平均球数を診るP/PAは3.54。牧田選手に匹敵しそうな早打ち傾向にあったと言えそうだ。ストライクカウントが0ストライクのときに打っていったのは全体の打席の23.7%、1ストライク時は44.1%を占めていた。打者が不利な立場に立たされる追い込まれてから打つより、その前に積極的に打っていこうという思想であったことが伺える。

これは、1軍でまとまった機会を与えられて結果を出さなければならないという立場がそうさせているともいえる。

銀次選手に期待されるのはバットマンの部分であるから、とにかく打って出塁しなければならない。四死球でも安打(銀次は昨年全て単打だった)でも同じ出塁には変わりはないが、首脳陣はヒットでの出塁を求めたであろうし、銀次選手もそのつもりでいたに違いなく、その結果が四球数の少なさにもつながっていると言えそうだ。

さて、さっそく、ボールゾーン・スイング率をチェックしてみたい。


■全体:25.3%



銀次選手のボールゾーン・スイング率は25.3%を記録した。これは下記表どおり、多い部類に入る。


●ボールゾーン・スイング率〔全体〕
・ルイーズ・・・36.3%
・牧田明久・・・28.0%
・聖澤諒・・・26.4%
・松井稼頭央〔左打席〕・・・25.5%
・銀次・・・25.3%
・ガルシア・・・24.8%
・山崎武司・・・24.8%
・松井稼頭央〔右打席〕・・・23.9%
・内村賢介〔左打席〕・・・23.1%
・中村真人・・・22.2%
・横川史学・・・19.4%
・岩村明憲・・・19.1%
・草野大輔・・・17.2%
・内村賢介〔右打席〕・・・16.6%
・高須洋介・・・16.0%


ボールゾーンの高低別にみると、高めボール球に手を出す頻度はやや多いと言えるものの、低めボール球に手を出してしまう割合は、どちらかというと、やや少ないと判断できそうだ。


●高めボールゾーンのスイング率
・ガルシア・・・42.7%
・牧田明久・・・30.6%
・聖澤諒・・・30.5%
・横川史学・・・23.8%
・岩村明憲・・・23.8%
・銀次・・・23.1%
・中村真人・・・22.7%
・高須洋介・・・19.6%
・内村賢介〔左打席〕・・・19.0%
・山崎武司・・・18.2%
・松井稼頭央〔左打席〕17.1%
・草野大輔・・・16.6%
・ルイーズ・・・14.8%
・松井稼頭央〔右打席〕13.5%
・内村賢介〔右打席〕・・・4.9%


●低めボールゾーンのスイング率
・ルイーズ・・・52.0%
・松井稼頭央〔右打席〕37.3%
・松井稼頭央〔左打席〕36.2%
・内村賢介〔左打席〕・・・29.7%
・山崎武司・・・29.2%
・牧田明久・・・28.0%
・中村真人・・・27.7%
・聖澤諒・・・27.1%
・岩村明憲・・・23.8%
・内村賢介〔右打席〕・・・23.5%
・銀次・・・23.4%
・ガルシア・・・21.4%
・草野大輔・・・20.7%
・高須洋介・・・18.0%
・横川史学・・・18.8%


非凡なバットコントロール能力をデータで探る!

次に、ボール球に手を出しにいってバットに球が当たった確率を確認。銀次選手は63.6%を記録した。


●ボールゾーン・コンタクト率
・中村真人・・・72.8%
・内村賢介〔右打席〕・・・66.7%
・内村賢介〔左打席〕・・・66.0%
・草野大輔・・・64.6%
・銀次・・・63.6%
・高須洋介・・・60.5%
・聖澤諒・・・58.4%
・松井稼頭央〔右打席〕・・・55.2%
・牧田明久・・・54.4%
・松井稼頭央〔左打席〕・・・53.1%
・岩村明憲・・・47.2%
・ガルシア・・・40.5%
・横川史学・・・32.3%
・山崎武司・・・30.7%
・ルイーズ・・・20.4%


63.6%という数字は多い/優れていると言え、銀次選手の非凡なバットコントロール能力を表す1つの数値だと思う。

さて、ここでクイズ。


【問い】昨年イーグルスの打者で「1打席で」相手投手に最も球数を多く投げさせて粘りに粘ったのは、誰か?


以前この質問をTwitter上で投げかけたところ、ウッチーの回答が多かったものの、この問いの答えは、銀次選手である。前述したように銀次選手は全体として早打ち傾向にあったが、昨年10/2オリックス24回戦での第4打席では、その素晴らしいバッティング技術で粘りに粘ってみせた。

楽5-3オで2点リードして迎えた7回表・楽天の攻撃。この回の先頭打者としてバッターボックスに入った6番・銀次選手は、平野投手に実に16球投げさせることに成功した。

僅か3球で1-2と追い込まれてしまうものの、そこから実に10回ファウルで粘り、10球目でフルカウントまで持ち込んでみせた。結局は143キロストレートを打ってレフトフライに倒れたが、この打席は銀次選手の巧みなバットコントロール能力を語る上で欠かせない1打席になったかと思う。

ちなみに、次に粘りをみせたのが山崎選手で5/26横浜戦での5回の打席で加賀投手に13球投げさせている(結果は空振り三振)。

銀次選手のバットコントロール能力の高さを示す「もう1つのデータ」を用意してみた。(下記表)


20120112DATA4.jpg
※2011年シーズン終了データ


これは、打者が何回バットを振りにいって、そのうちどれくらいの割合で空振りやファウルをしたのか?を調べた表である。

表のスイング割合、スイング率の分母は球数に対して、空振り率やファウル率の分母はスイング数に対してとなっている。

ルイーズ選手を例にとると、相手投手はルイーズ選手に516球投げ、そのうちルイーズ選手がバットを振りにいったのは55.0%を記録した。ルイーズ選手がバットを振りにいった中で、空振りしたのは40.1%、ファウルになったのは30.3%だった。つまり、ルイーズ選手がバットを10回振ったら、そのうち4回は空振りに、3回はファウルになったというわけだ。

これで銀次選手を確認してみると、49.3%でバットを振りにいっている。つまり2球に1球はバットを積極的に振っていっていたことが確認できる。バットを振りにいった中で空振りをしたのは僅かに11.7%。10回振ったら約1回空振りする頻度であり(比べる相手が悪いのかもしれないが)ルイーズ選手とは大違いなのだ。

バットに球を当てる技術は、同じ左の好打者の草野選手に匹敵する数値となっていた。


銀次選手の課題点

2012年シーズンに向けて、銀次選手の課題点・修正点は色々あるかと思われるが、その中の1つが下記の値ではないだろうか?


■2ストライク以降:55.6%
20120112DATA2.jpg


2ストライクと追い込まれてしまった状況でのボールゾーンスイング率は55.6%を記録。この数字は下記のとおり、ここまで調べてきた選手の中で、ルイーズ選手をも上回り、ワーストだ。


●2ストライク以降のボールゾーン・スイング率とボールゾーン・コンタクト率
・銀次・・・スイング率55.6%、コンタクト率53.3%
・ルイーズ・・・スイング率47.0%、コンタクト率31.9%
・聖澤諒・・・スイング率46.7%、コンタクト率・・・現在調査中
・中村真人・・・スイング率44.6%、コンタクト率72.9%
・松井稼頭央〔左打席〕・・・スイング率41.9%、コンタクト率49.4%
・草野大輔・・・スイング率40.4%、コンタクト率63.9%
・牧田明久・・・スイング率39.6%、コンタクト率50.0%
・松井稼頭央〔右打席〕・・・スイング率39.4%、コンタクト率58.0%
・内村賢介〔左打席〕・・・スイング率39.1%、コンタクト率65.6%
・ガルシア・・・36.9%、コンタクト率46.1%
・岩村明憲・・・スイング率32.3%、コンタクト率47.5%
・高須洋介・・・スイング率31.4%、コンタクト率67.8%
・山崎武司・・・スイング率28.7%、コンタクト率38.7%
・内村賢介〔右打席〕・・・スイング率27.3%、コンタクト率66.7%
・横川史学・・・スイング率23.2%、コンタクト率34.0%


特に目につくのは2ストライク以降の低めボールゾーンのスイング率だ。全体では23.4%とやや少ない部類の数字を示していたが、2ストライク以降だと56.3%まで跳ね上がってしまっていた。


●銀次選手の低めボールゾーンスイング率〔ストライクカウント別〕
全体・・・23.4%
0S、1S・・・6.5%
2S以降・・・56.3%


上記のように、追い込まれる前は低めボール球に手を出す割合は極めて少ない。ほとんどというか全く手を出さなかったというイメージになってくる。しかし、追いこまれてしまうと、2球に1球以上は手を出しており、これは皮膚感覚で言えば、必ず手をしてくる頻度といえそうだ。

克服すべきは、追い込んでから打者の空振りを誘うために投手が投げてくる低めのボール球、ウイニングショットの変化球といえるのでは?

昨年まとまった1軍での場数を与えられた銀次選手、相手にとっても銀次選手の1軍でのデータがないため、それを探るべく、ストライクゾーン内の球を多めに投げてきた傾向がある。相手投手は銀次選手に合計209球を投じたが、そのうちストライクゾーンの球は58.4%に当たる122球、ボール球は41.6%に当たる87球だった。このストライクの割合は他打者と比べると、多いように感じる。

今年、相手投手はもっとストライクゾーンとボールゾーンの境目のどっちつかずともいえそうなクサい球を「より多く」、ストライクゾーンからボールゾーンに変化させる球を「より多く」投げてくるはずだ。そのためにも、低めボール球のみきわめは、最重要課題の1つのように思う。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
昨年のシーズン終盤は選手それぞれのプレーに10点満点の採点と寸評をつけてみる試みをしました。ここでは銀次選手の採点&寸評のリンクになります。
10/1オリックス戦の採点&寸評:7.0
10/2オリックス戦の採点&寸評:6.0
10/4日本ハム戦の採点&寸評:5.0
10/5日本ハム戦の採点&寸評:7.5
10/6日本ハム戦の採点&寸評:5.0
10/7ロッテ戦の採点&寸評:6.0
10/9ロッテ戦の採点&寸評:6.5
10/10ロッテ戦の採点&寸評:5.5
10/15西武戦の採点&寸評:5.5
10/16日本ハム戦の採点&寸評:7.0
10/18ロッテ戦の採点&寸評:8.0
10/19ロッテ戦の採点&寸評:5.0

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。皆様の応援の1票が更新の活力源になります。宜しくお願いします。現在、ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}