FC2ブログ

〔記録〕拙守の広島、好守の横浜?!──2011年 セリーグ 球団別 被二塁打 被三塁打

スポンサーリンク

【御願い】ブロランキングに参加中です。

現在「東北楽天ゴールデンイーグルス」カテゴリ2位です。

更新の活力源は、皆様の投票です。

何卒、引き続きの応援のクリック宜しくお願いします。m(_ _)m


人気ブログランキングへ


~~~


先日、下記エントリでパリーグの被二塁打、被三塁打を調べてみました。

・〔記録〕犬鷲外野守備陣の実力を測る!(その1)──2011年 パリーグ 球団別 被二塁打、被三塁打数

セリーグではどうだったの?と疑問を持ったので、今度はセリーグを調査してみました。

このエントリの趣旨は、被本塁打は打たれた投手の責任ですが、被二塁打、被三塁打は投手の責任だけではなく、そこには外野陣の守備力も大きく影響してくるのでは?ということです。被二塁打、被三塁打を調べることで、それぞれの外野守備力が「おぼろげながらも」見えてくるのではないか?ということです。

投手なのか?外野手なのか?守備側の責任の度合いを「あえて」数字で表すなら、

被本塁打・・・投手の責任100%
被二塁打・・・投手の責任75%、外野手の責任25%
被三塁打・・・投手の責任60%、外野手の責任40%

この数字がはたして妥当なのか?はさておき(実際は外野手の度合いはもっともっと少ないのかもしれないが・・・)、ぼくの中ではざっとこんなイメージになっています。(もちろん、これら長打には打者側の打力や走塁能力なども含まれてきますが、守備側の責任だけに注目するなら、という意味です)

さて、さっそく、確認してみましょう。


■2011年 セリーグ 球団別 被二塁打 被三塁打

※「プロ野球ヌルデータ置き場」さんを参照に記録集計をしました。


参考までにチーム防御率を記しておきます。中日2.46、ヤクルト3.36、巨人2.61、阪神2.83、広島3.22、横浜3.87。

気になる球団を簡潔に触れてみたいと思います。


最も長打を浴びなかった中日ドラゴンズ

打たれた二塁打、打たれた三塁打の合計本数が最も少なかったのは、優勝に輝いた中日でした。被三塁打は横浜に座を明け渡しているものの、被二塁打、合計でセリーグ最少でした。中日は被本塁打でも阪神の64に続く74という少なさのため、最も長打を浴びにくいチームだったと言えそうです。強力な投手陣に安定した外野守備陣、さすが、ですね。


阪神、実は狙撃はされていなかった?!

中日の次には阪神を見てみたいと思います。阪神といえば、右肩を痛めた金本選手です。相手打者は、守備力が著しく低下した金本選手が守る左翼に狙い撃ちしている傾向があるのではないか? よくこんなことを言われたりしますが、実はぼくもそう思っていたクチでした。

ところが実際は、左翼で記録した被三塁打は3本。セリーグでは最多の数ですが、ヤクルト、巨人、広島の2本で、阪神が突出して多いわけではありません。この数だけで判断するなら、狙い撃ちされている傾向は確認できません。もしそのような傾向があるのなら、もっと被三塁打が目に見えるかたちで増えてもおかしくないのかな?と思います。

もっとも、被二塁打の打球方向は未調査です。調べてみれば、レフトへ飛んだヒットが通常なら単打のところが二塁打になったケースが目に見えて多いのかもしれませんが。


拙守の広島?!

上記表をみて、え?と思った箇所の1つは広島の被三塁打数です。その数32はセリーグで最多を記録しました。岡田友輔氏の著書『日本ハムに学ぶ勝てる組織づくりの教科書』によると、広島は2010年その鉄壁な外野守備で12球団で最も失点を防いでいたチームでした。ぼくの中でもセリーグ有数の外野守備陣というイメージでしたが、ところがどっこい・・・の数字です。

打たれた三塁打の打球方向を調べてみます(下記表参照)


■被三塁打の打球方向
20120110DATA5.jpg


広島の打たれた三塁打32本の打球方向内訳は、左翼2、左中間1、中堅8、右中間18、右翼3となっています。一般に三塁打は右中間~右翼で多く発生しています。昨年のパリーグでは55.2%が、セリーグでは63.3%がココで記録されているのです。しかし、三塁打を防いでいるチーム(中日やヤクルト)は右中間で許した三塁打も少なくなっているのが確認できるのです。その点、広島の18本は突出しています。

もちろん、ホームのマツダスタジアムは広い球場として知られているため、他球場では二塁打コースも少しでも判断を誤ると三塁打になってしまう、そんな事例もあったかもしれません。それを考慮しても打たれた三塁打が32本という数は多いと言えますし、下記表のとおり、マツダスタジアム以外の球場でも15本を許しているのです。


■被三塁打の球場内訳
20120110DATA6.jpg


やはり、2010年12球団で最も失点を防ぐプレーをみせていたとセイバーメトリクスで判断されている名右翼手、廣瀬選手の故障離脱が大きく影響しているのでしょうか?
(2010年は135試合出場も2011年は73試合に止まった)

・Baseball Lab守備評価~Right Fielder(SMRベースボールLab)

そう考えるのが妥当なのでは?と思います。


好守の横浜?!

打たれた三塁打数でもう1つ「えっ!」という数字がありました。被三塁打が僅か7本でセリーグ最少を記録した横浜ベイスターズです。

昨年の横浜の外野守備で最も記憶に残っている大ファインプレーは、昨年5/25の楽天vs横浜(静岡)の交流戦で目撃しました。楽6-5横で1点リードして迎えた終盤8回表の楽天の攻撃でした。2死2,1塁のチャンスを迎えていました。中村真人選手が牛田投手の初球を完璧に捉えます。打球は右中間を襲います。完全に抜けるのでは?という当たりでしたが、ライトの金城選手の背走キャッチの好守備が飛び出しました。

■金城選手の好守備は2:04からです。


ですが、、、ぼくはセリーグでは横浜を応援していますが、およそ外野守備が達者なチームという印象は、ないです。

許した三塁打の数が僅か7本というのも驚きの少なさですが、さらにホーム球場での数はもっと少なくて2本になっています(上記表参照)

ホーム球場の横浜スタジアムは非常に狭い球場として知られています。(両翼94m、中堅118m)

他球場では三塁打コースの長打も、ハマスタは狭いですから二塁打になったり(実際、被二塁打数は最多です)、他球場では外野オーバーのスリーベースも、狭いですからフェンスを越えるホームランになったり。こういう事例が多かったのでは?と推測できるのです。

実際、被本塁打117本でセ最多を記録した横浜投手陣は、下記表のとおり、ホーム球場である横浜スタジアムで多くのホームランを浴びていました。


■2011年 横浜ベイスターズ 被本塁打 球場内訳



しかし、横浜はホーム以外の他球場で打たれた三塁打も5本を記録、ヤクルトと並んでセリーグで最少だったのです。この中には広いマツダスタジアムやナゴヤドームも当然含まれています。

狭いハマスタで許した三塁打数が少ないのは前述のような説明でおおかた納得できそうですが、広い球場も含まれている他球場でも少ないのは、その説明だけでは片づけられないのではないでしょうか?

ひょっとすると、ぼくらファンがイメージしている以上に、横浜の外野守備陣は(決して好守備とはいえないけど)まずまずまずまず守っていたのかな?、不思議なことではありますが、そんな印象にもなってくるのです。

それを裏付けるのかもしれないのですが、外野手の失策合計を確認してみると、中日6、阪神15、巨人9、ヤクルト13、広島6、横浜4となり、横浜がセリーグ最少を記録しているのです。(守備範囲が狭いから少ないのでは?という疑問の余地は大いに残りますが...ただ、守備範囲が狭いと被三塁打はもっと増えてもよいはず???)

もちろん、被二塁打、被三塁打だけで外野守備能力の優越は判断できるわけありません。レンジファクターやアルティメット・ゾーン・レーティング(UZR)など複数の守備指標で総合的に判断しなければなりませんし、なによりもぼくはもっとセリーグの試合を多く観戦しなければなりません(いつもは楽天を中心に観戦していますし、横浜のゲームはホーム試合が大半ですから)。しかし、個人の力でそれを調べるのには限界がありますので.....ここら辺でお茶を濁しておくことにします(笑)


◎◎◎最近記事◎◎◎
「マネーボール」に出てくるあのデータを調べてみた!──山崎武司編
山崎武司選手のホットゾーン、苦手コースは?──2011年ゾーン・コース打率&球種打率
犬鷲外野守備陣の守備力測定(1)──2011年パリーグ球団別・被二塁打・被三塁打

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。皆様の応援の1票が更新の活力源になります。宜しくお願いします。現在、ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI








このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}