FC2ブログ

〔試合評〕2011年10月4日(火) ●楽天イーグルス0-2日本ハム。塩見、新人王レースから大きく後退か?...今季15度目の零封負け...塩見のイニング別失点

スポンサーリンク

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 現在「楽天イーグルス」部門2位陥落中。。。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


楽天の先発は中6日で「新人賞」を狙う塩見貴洋。

9/18と9/15オリックス戦、9/27西武戦とここ3試合は不甲斐ないピッチングで白星を伸ばすことができていなかった。そのため、何よりも結果が欲しかった1戦になったのだが、またしても「足踏み」となってしまった。

とにかく点の取られ方が拙かった・・・そんなイメージにどうしてもなってしまう。

立ち上がりの1回裏、1番・陽に対して制球が定まらず3-1から四球を与えてしまう。結局、この陽を出塁させてしまったことが、今日の「全て」になってしまった。

杉谷の送りバントを挟み、3番・糸井にもボール先行3-1カウントから四球になってしまった。ゾーンのクサイ所を突いてカウントを悪くし、最後は嶋の構えた外角と真逆のインサイドに抜けていく逆球となって四球。続く4番・小谷野のファーストファウルフライ(この飛球をファースト・銀次が背走でよく捕った)の間に2塁走者・陽がタッチアップで三進。2死3,1塁でバッターボックスには稲葉を迎えた。このベテラン打者に先制打&決勝打を浴びてしまう。1-0からの2球目、内角のストレートをうまくおっつけてレフト前へ弾き返す好打撃をされてしまい、1失点。(楽0-1日)

すると、塩見は続く2回にも1点を失った。

先頭のスケールズに外角高めの球を振り抜かれ、打球は鋭く三遊間を抜けてレフト前へ転がる。無死1塁から大野の犠打で1死2塁、金子誠を外いっぱいの見逃し三振に切ってとり2死3塁までこぎつけるも、続く陽にタイムリー二塁打を打たれてしまい、2失点目。(楽0-2日)。アウトコースからシュート回転してストライクゾーンの中に流れ落ちていくフォークを打たれ、右翼ポール付近に着弾する二塁打を浴びてしまう。

スコアはこれで動かずにゲーム終了。楽天打線は武田勝以下ファイターズ打線に2安打、無四死球に抑えこまれ、1度の得点圏も演出できずに今季15度目の零封負けを喫してしまった。(一方、日本ハムの零封勝利は今季21度目だそう)

1試合チーム安打が2本以下というのは、先発・大隣に6回終了までノーヒットノーランペースを許した7/14ソフトバンク戦、先発・中山にプロ初完封勝利を献上した9/7オリックス戦に続く今季3試合目となった。

これでチーム成績は

・134試合60勝68敗6分の借金8
・対日本ハム戦21試合8勝13敗
・先制された試合の成績73試合17勝53敗3分

・ビジターゲーム成績68試合28勝37敗3分
・後半戦成績59試合27勝30敗2分
・10月月間成績3試合2勝1敗


ゲーム差は、

3位・オリックスと7.0、4位・西武と2.0、6位・ロッテと6.5

となっている。

(下記へ続く)

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 現在「楽天イーグルス」部門2位陥落中。。。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス0-2北海道日本ハムファイターズ〔21回戦〕


■両軍のスターティングオーダー
楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・高須(三)、4番・ガルシア(指)、5番・牧田(右)、6番・銀次(一)、7番・中島(左)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・塩見(左投)

日本ハム・・・1番・陽(右)、2番・杉谷(左)、3番・糸井(中)、4番・小谷野(三)、5番・稲葉(指)、6番・中田(一)、7番・スケールズ(ニ)、8番・大野(捕)、9番・金子誠(遊)、先発・武田勝(左投)。



塩見貴洋のイニング別失点


※表中の水色網掛けは先制点を失ってしまったイニング

とにかく、初回に先制点を与えてしまった、それもエンジンが温まりきらない中、制球を乱しカウントを悪くしてしまい、先頭打者の出塁を許し、そこを起点に失点してしまい、やはり、後味の悪さが残ってしまった。

上記に塩見のイニング別失点表を掲載してみた。

この表のとおり、塩見は初回、2回に失点をする傾向が多く、さらにその失点が相手の先制点につながっているケースが多いのだ。例えば、この試合入れて塩見は22試合に登板したが、初回に失点した試合は41%に当たる9試合、そのうち相手の先制点となってしまったのは8試合になる。2回も失点した5試合のうち相手先制点になったのは3試合という内容だ。

どのチームも先制されると不利になるが、今季の楽天は特にめっぽう弱い。前述のとおり、先制された試合はこれで17勝53敗3分である。そのため先発投手は早い回で相手に先制点を与えないピッチングが要求されるのだが・・・・・・

確かに2安打と打てなかった打線にも原因があるのだが、自身の範囲内のことをしっかりこなす投球ができず、打線にも悪影響を与えてしまったと言える。

そんな打線は、相手先発・武田勝の前に5回先頭のガルシアがヒットを放つまで1人の走者の出塁もかなわずに三者凡退を繰り返した。容易にストライク先行のピッチングを許してしまった。初球ストライク、3球目に1-2となっているケースが多いこと(下記のカウント推移表を参照)

5回、7回にはガルシア、内村が安打出塁してノーアウト1塁の得点の足がかりを作るも、後続がその走者を2塁にすら進めることができない凡退ぶりを発揮。これでは、どうやったって点は取れないはずである・・・。



選手採点&寸評

楽天イーグルスの選手のプレーを10点満点で採点、寸評をつけます。5.5が普通のプレー時の基準値、05.幅の増減で点数をつけていきます。

こういうメリハリのない試合の採点って難しいですね。

~スタメン~

◎松井稼頭央・・・4.5:1番・遊撃。4打数0安打1三振。1回と4回に先頭打者として打席に立つも、いずれも内野ゴロ凡退に倒れて切り込み隊長としての仕事ができず。4回のゴロはショート・金子誠の右の当たりも守備名人による無駄のない流れるプレーで簡単に1塁アウトになってしまった。6回の武田勝の131キロ直球に振り遅れ気味の空振り三振や、9回武田久相手に差し込まれてしまったレフトファウルフライなど、最後までタイミングが合わない1日になってしまった。

◎内村賢介・・・6.0:2番・ニ塁。4打数1安打1三振。最初の2打席はあえなく凡退。しかし先頭でまわった7回には、うまくおっつけてライト前に運ぶヒットで無死1塁の出塁を獲得。しかし後続凡退で本塁帰還できず。(2点を追う終盤の盗塁作戦は滅多にないので)これは無理な注文かもしれないけど、ここで足を使ってほしかった。好守備あり。6回2死3,1塁、塩見が大野に粘られた挙句の12球目を一二塁間を痛打される。そのライナー性の当たりは内村の右上を襲うも、これをジャンピングキャッチ。

◎高須洋介・・・4.0:3番・三塁。3打数0安打。7回無死1塁ではライトへ伸びない平凡なフライを打ち上げてしまい凡退に。右打ちの意識はあったと判断するが、結果として走者を進めることができず。守備ではエラーが1つ記録されている。6回1死2塁で中田が打った三塁線強襲のゴロをうまく捕ったところまでは良かったが、1塁への送球が逸れてしまい、1死2,1塁とピンチを拡大させてしまう。送球が逸れていなかったらアウトになっていただけに、画竜点睛を欠いたプレーになった。

◎ガルシア・・・5.5:4番・指名。ここ5試合で20打数7安打の打率.350、3本塁打と調子を上げてきているガルシアが今日も4番スタメン。3打数1安打。他の打者が芯やタイミングを外されていく中、ガルシアだけがしっかり捉えていた印象。2回先頭の1打席目は結果としてライトフライになったが、鋭いライナー性の飛球が野手の守備範囲内になってしまったという感。5回先頭の2打席目は一ニ塁間を強い当たりで抜いていく右前ヒットで無死1塁を作っている。

◎牧田明久・・・5.5:5番・右翼。あと一伸び、あと1メートル伸びていれば・・・という大飛球があった。2点を追う5回無死1塁での第2打席、甘く入った武田勝のチェンジアップを完璧に捉えた打球は、センター奥深くウォーニングゾーンを超えて飛んでいくも、フェンス際での糸井ジャンピングキャッチに阻まれてしまう「幻の」タイムリー。守備では2点目の適時打となった陽の右翼ポール際の二塁打をしっかり処理。俊足の陽。少しでももたついた守備なら三塁を狙われたかもしれない場面だった。

◎銀次・・・5.0:6番・一塁。4試合連続の先発出場となった。今日は相手先発が左腕だったがスタメンに。首脳陣の期待の表れ。だが、この日は3打数0安打2三振と一休みという結果に。1打席目は泳がされての空振り三振、5回1死1塁では(併殺崩れになったが)併殺コースのセカンドゴロ。8回先頭での3打席目は、増井にストレートで押されて最後は良いところからフォークを落とされ空振り三振に倒れてしまう。守備では難しいファウルフライを良く捕る場面が1回にあったものの・・・

◎中島俊哉・・・4.0:7番・左翼。2打数0安打。左腕対策としてスタメンに名を連ねるものの、首脳陣の期待に応えることができなかった。先頭でまわった3回の第1打席は初球を打ち返したライナー性の飛球が武田勝の右上を襲うも、好フィールディングに阻まれてピッチャーライナーに。5回2死1塁での2打席目は、追い込まれてからアウトローのチェンジアップに体勢泳がされながらのゴロは三塁線ぎりぎりの当たりに。しかし、サード・小谷野の機敏なプレーによりなんなくサードゴロに。

◎嶋基宏・・・4.5:8番・捕手。この日の解説・西山秀ニ氏が嶋の配球に注文をつけるシーンが度々。初回の陽。3-1から内角の厳しいところに要求するのはどうか?とか稲葉に適時打を打たれた不用意な内角球はどうか?等。だが、どちらかと言うと投げ切れなかった塩見の問題というイメージ。バットでは3打数0安打。いずれも対応できずに凡打を重ねてしまった印象が強いバッティングに。3回1死の1打席目はフルカウント、7球目まで粘ってみせたが・・・

◎聖澤諒・・・4.5:9番・中堅。3打数0安打。この2年間、武田勝には好相性。昨年は15打数5安打の対戦打率.333、今年は13打数6安打の.462。そのバットに期待高まったが今日は快音なし。1打席目、2打席目はいずれもカーブで緩急つけられてタイミングをはずされてしまった平凡な内野ゴロに。先頭でまわった9回の第3打席は、抑えの武田久相手に粘りをみせるも、最後はセカンド正面のゴロに。


~途中出場~

◎鉄平・・・6.0:8回1死、中島の代打として途中出場。その後、レフトの守備に就く。代打では増井が投げた甘めも威力ある152キロストレートにかなりの振り遅れでのファウル、最後も鈍い音がする球威に押されたかたちのセカンドゴロに倒れてしまう。守備では好プレーが1つ。8回先頭の糸井が放ったレフトへ伸びていった大飛球をフェンス際でぎりぎりどうにかキャッチ。抜けていれば当然長打で得点圏ピンチだった。キャッチした後の鉄平は思わず苦笑い。


~投手陣~

◎塩見貴洋・・・5.5:立ち上がりの1回に先制点を失ってしまい、2回にも1失点。試合の流れを悪くした。いずれも先頭打者の出塁を許して失点につながったのは、いただけないところ。だが、8回、被安打4、2失点はクオリティスタートで試合は作った。相手先発・武田勝の状態が良好で打線が苦しんでしまう状況に対応した投球をすべきだが、これを望むのは、ルーキーにはまだ時期尚早で酷な注文という判断。そのため、差し引きで考えて5.5の普通のプレーとした。(もしくは6.0でも良かった)


◎◎◎最近の記事◎◎◎
選手の採点&寸評:10/1(土)○楽4-2オ
楽天イーグルス 選手別 2010年、2011年のPA/K、三振に占める見逃し三振の割合
楽天ヒメネス残留ってマジっすか?!
今季のBs戦を勝ち越しで終了。楽天選手のプレー採点&寸評:10/2(日)○楽5-3オ


■日本ハム・武田勝の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20111004DATA4.jpg
【球種別の投球成績】
20111004DATA6.jpg

■楽天・塩見貴洋の配球図、球種割合
【配球図】
20111004DATA5.jpg
【球種別の投球成績】
20111004DATA7.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20111004DATA2.jpg
20111004DATA3.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は現在「楽天イーグルス部門」2位陥落中。。。PCの場合SHIFTキーを押しながらマウスで次から次へクリックして頂けるとスピーディーです

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}