FC2ブログ

楽天イーグルス、星野監督が考える粛清人員整理リスト。来季戦力外候補の顔ぶれを予想してみた?!

スポンサーリンク

9月に入って猛暑がぶり返してきた感のあるニッポン列島ですが、ぼくの在住する信州では朝晩はめっきり涼しくなり、確実に秋の季節を感じる今日このごろです。

2年ぶりのクライマックスシリーズ進出を狙う楽天イーグルスは週末ライオンズとの3連戦でよもやの3連敗。CSの自力進出の可能性は消え、前カードのオリックス戦とあわせて4連敗と苦しい状況が続いています。

残り20試合で3位・オリックスと4ゲーム差は大変厳しく、また、5位・ライオンズが9月に入ってギアを上げてきている中、良い材料に乏しいイーグルスが劣勢に立たされた三つ巴の戦いを征するのは、かなりの至難の業と言えるでしょう。

もちろん、ぼく自身まだ諦めてはいませんし、どんな状況になってもイーグルスを淡々と粛々と応援していくことには変わりありませんが、秋の足音が確実に聞こえてくるこの季節、同時に気になってしまうのは、星野楽天2年目の陣容なのです。

そこで、一昨年も昨年も行った恒例の「来季戦力外候補リスト」を実施します。

最初に謝っておきますが、冷静に見つめてみて書いたつもりなのですが、もし読者の皆さんに特定選手のファンの方がいましたら、お気を悪くされましたら、ごめんなさい。m(_ _)m また、遠方に在住のためどうしても2軍は成績だけの判断になりがちな点も付記しておきます。

星野監督は阪神時代の1年目オフに24人もの選手を整理したとのことで、今回は24人の人数縛りで行いたいと思います。ここで言う戦力外とは、どんなかたちであれ来季イーグルスのユニフォームに袖を通さない選手、という意味です。

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天イーグルス2010年来季戦力外候補リスト


~投手~

◎山村宏樹・・・・・・怪我からの復活2年目となった今季は7/10に1軍登録されると夏場の救援陣の好調を支える立役者の1人に。主に敗戦処理も好投が評価されて8月下旬からは接戦、勝ち試合での起用も増加。しかし8/31西武戦、9/9日本ハム戦で大量失点、9/11に抹消された。燻し銀の投球術は健在だが、これといった決め球がないのも実際。35歳という年齢もネックか。

◎岩隈久志・・・・・・楽天を支えてきた元エース。9/12に海外FA権を取得。その時は「チームにとって大事な時期なので、試合に集中したい。FAはシーズンが終わってから、じっくり考える」とのコメントに止まったが、春先に代理人を団野村氏からポール・コブ氏に変更したこと等も報道されており、昨オフ果たせなかったMLBへの再挑戦は必至。本人の夢である。応援したい。

◎有銘兼久・・・・・・今や数少ない創設時からのはえぬき。09年までは貴重な左の1軍戦力としてチームに貢献するも、ここ2年は登板回数が激減。今季は18試合中13試合で敗戦処理と日陰を歩くことに。防御率こそ1.35だが3割超えの左打者被打率は致命的か。同じ立ち位置の佐竹と天秤にかけた場合、新陳代謝を図る闘将は近鉄組で高額年俸のベテランの名前をリストに書きこむと診る。

◎鎌田祐哉・・・・・・昨年6/14渡邉恒樹とのトレードでヤクルトから楽天入り。しかし昨年、今年ここまで1軍登板がなく、10数試合で投げている渡邉とは対照的な結果になってしまっている。ただ、9月に入ってから2軍戦の先発ローテに入り、6回0失点、5回0失点と好内容が続いており、1軍の厳しい先発事情を考えるとぎりぎりでの召集の可能性も。今後の活躍しだいと言えそう。

◎ヒメネス・・・・・・昨年12/17に楽天と契約合意。今となっては「どうしてこんな選手をとったのか?」の一言だ。ノーコン投手の典型。投げた球数の約4割がボールになる投手であり与四球率は4.12。佐藤コーチが掲げる四死球数の削減という大命題に反するタイプで、フロントと現場の意志疎通はうまくいっているのか?と疑問符をつけざるをえない「象徴」になってしまった。

◎寺田龍平・・・・・・07年高校生ドラフト1位もはや4年目。昨年の契約更改では「最低でも一軍登録はされるように」と語っていた抱負もかなわず、ここまで1軍どころか2軍でも僅か1試合1イニングのみ。サイドスローに変えたフォームを再びオーバースローに戻す試行錯誤と怪我との戦いが続く。闘将は自著で「高卒出の選手なら5、6年」はみてやりたいと書くが、はたして...

◎石田隆司・・・・・・07年高校生ドラフト3位。この年の高校生ドラフトで入団した寺田、石田、菊池の3選手は(菊池は昨年初勝利を挙げたが)いずれも結果が出ていない。もちろん、石田はここまで1軍登板はゼロ。昨年は2軍のローテに入り課題が明確になるも、今年は2軍での先発もゼロとなっている。試合で投げる以前の問題ということなのだろうか? 闘将の判断はいかに?!

◎木谷寿己・・・・・・05年の大学生・社会人ドラフト6巡目。王子製紙から入団。08年09年10年と3年連続で1軍登板はあるものの年々試合数は減少、今季はここまで1軍からお呼びはなし。3月4月に2軍先発ローテに入るものの5月以降は僅か1試合の出場。どこかまた怪我でもしたのだろうか? 社会人上がりということで伸びしろはあまり期待できず、正念場のシーズンだったはずだが...

◎岡本真或・・・・・・中日~西武~韓国球界で活躍したベテラン。入団テストを経て昨年11/19に楽天入り。中日時代はなかなかの投げっぷりをみせていたので、楽天ブルペン陣をうまく支えてくれるのでは?という期待もあったが、今季ここまで1軍登板はなし。ファームでの成績も防御率4.18、WHIP1.44とかんばしくなく、37歳という年齢を考えると戦力外は既定路線?!

◎サンチェス・・・・・・開幕直前4/1に楽天入りした「期待はずれの」クローザー候補。やったことといえば、波に乗りたかった交流戦、その最初の巨人2連戦で2夜連続の敗戦投手になったこと。それまで抑えだったスパイアーの邪魔をしたこと。この2点。下で僅か2イニング投げただけで1軍行きを命じられた気の毒な面も。抹消後は2軍で好成績を出し、再び昇格するも結果出せず。

◎金炳賢・・・・・・MLBで通算54勝の“コリアンサブマリン”。1/25楽天と契約合意。キャンプ~オープン戦では抑え候補の筆頭として名前が上がるものの、フタを開けてみれば肩すかしでここまで1軍でのお披露目はナシ。結局、開幕前の話題作りのためだけの獲得だったのか...と邪推したくもなる。本人はまだまだアメリカ野球に未練たっぷりなのではないか?!

◎佐藤充・・・・・・元中日、春季キャンプ中に入団テストを経て育成枠で2/16に楽天入り。ここまで1軍登板はなし。2軍では13試合、16回1/3を投げて、被安打19、8失点、7自責点、6与四死球、7奪三振、防御率3.86、意味のない数字の羅列。座右の銘は「投魂」だというが......

◎松本輝・・・・・・・06年途中にトレードで楽天入り。16年目の右腕も楽天ではピリっとしない内容が続く。08年は21試合、09年は7試合、10年は8試合、そして今季は1軍登板なし。ファームでは14試合中5試合で先発する等しているが、WHIPが1.55とすこぶる悪く、そのため防御率も4.74とかんばしくない。ジリ貧続きのシーズンが続いているため真っ先に粛清候補の筆頭になりそう。

◎川岸強・・・・・・06年秋に楽天入りの苦労人32歳。昨年は4月5月に抑えとして好活躍をみせるも、一転、6月以降は明暗分かれるかたちとなった。初の球援出場もほろ苦いものに。この後遺症を打開できずに今季もひきずっていると診る。3600万円という楽天の中では比較的高年俸もネックとなりそう。


~捕手~

◎河田寿司・・・・・・05年大学生・社会人ドラフト4巡目の32歳。今季から再び捕手登録も2軍公式戦での先発マスクは5/26、6/5の僅か2試合のみ。やはり、球団は捕手として考えていない。監督変わった今季も1軍召集はなく、完全に戦力外という判断か。その選球眼の良さは評価できるところで、2軍でのIsoDは.100、出塁率は.374なのだが。トレード要員か?!

◎山本大明・・・・・・06年高校生ドラフト3位。田中と同期入団の4年目。精彩を欠く中谷の立場も危ういものだが、嶋より年長者という点から来季も戦力という判断。それよりも山本だ。1軍登録はまだなし。今季は2軍101試合中11試合でスタメンマスクをかぶる。40試合で先発マスクをかぶる井野、後輩で13試合の小関の後塵を拝するかたちに。


~内野手~

◎ルイーズ・・・・・・昨年途中に楽天入り。昨年は後半戦その片鱗を垣間みせ、今季その当たればデカイ長打力に期待していたが、肩すかしも良いところ。弱点である外角低めに逃げていく変化球にまるっきり修正・対応ができておらず、打率.195、OPS.615と大不振。唯一、交流戦明けの西武戦で4番に座り、涌井相手に良い活躍をしてみせたのだが...

◎塩川達也・・・・・・04年ドラフト4位。内野のユーティリティも近年は出場機会が激減。昨年は1軍出場なゼロに終わり、オフには岩村に慣れ親しんだ背番号1を明け渡し、自身は6に。それでも一桁台である。球団の期待の高さが伺えたが、今季もここまで1軍での出番は僅か4試合。2軍では56試合出場で打率.196。Twitterなんてやっている場合ではないぜよ!

◎大廣翔治・・・・・・04年ドラフト6位の29歳。春先打撃が好調、オープン戦でも打率3割を残したことが評価されて久々の開幕1軍切符を掴む。5/21ヤクルト戦での今季2度目のサヨナラ勝利は大廣のバットから生まれた。Kスタでヒーローになるものの、結果が残せず現在は2軍。長く期待される右の大砲候補は今年もまた...巡ってきた好機を掴むか?どうか?も力量のうちである。

◎松井宏次・・・・・・四国九州アイランドリーグを経て09年育成ドラフト1位で入団の27歳。良くない、正念場の2年目シーズンだが、「良くない」「厳しい」「非力すぎる」という評判を方々で耳にするが、はたして? この選手のようなタイプは楽天は特に多いだけに、他とは違った色があれば...といったところなのだが。

◎丈武・・・・・・米独立リーグ、四国九州アイランドリーグを経て08年育成ドラフト1位。31歳。09年はチームが苦しい時に平石、西谷らと1軍昇格して霧のKスタで初ヒットを放つ活躍をみせるも、ここ2年はいずれも2試合どまり。これといった特徴がみえづらい選手だと思うが、今季2軍の規定打席は到達、球団の育成するという意図が感じられるため、その辺がどうなるか?

◎草野大輔・・・・・・05年大学生・社会人ドラフト8巡目の35歳。守備位置を流浪するバットマンである。今季は岩村が不調で本職のサードでの守備機会が増えたが、7月中旬から高須がサードに定着することとなり、再び守備位置を探し求めて流浪の旅に。バットでは波が激しく打率は.246止まり。海老で鯛を釣るために必要なトレード要員候補という見方もできるかも?!


~外野手~

◎中島俊哉・・・・・・ミスターイーグルスの背番号を受け継ぐ左キラーも近年は精彩を欠く。今季もまとまったチャンスを貰いながらも打率.175、対左投手打率も.180と期待に応えられていない。右の外野手は確かに戦力不足の感は否めないイーグルスだが、星野楽天の外野構想は「鉄平、聖澤、牧田」であることから、余剰戦力という捉え方もできる。その去就が大変気になる1人。

◎平石洋介・・・・・・04年ドラフト7巡目。チームのまとめ役も近年は1軍と2軍を往来するエスカレーター選手の典型例。今季は代走、1塁の守備固めが多く、スタメンは僅か2試合止まり。ベンチ内での貢献は大かもしれないが、フィールド上では結果残せず。2軍では90打数33安打の打率.367と打ちまくるも、もはや闘将の眼にはアウト・オブ・眼中(死語でスミマセン!)なのかも。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI









このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}