FC2ブログ

〔試合評〕2011年9月18日(日)●楽天イーグルス1-2X西武。日出ずる獅子と日没する鷲の彼我の差...

スポンサーリンク

クライマックスシリーズを共に争う4位・楽天と5位・西武の直接対決となった3ゲームシリーズの最終戦。

昨日までで9月月間成績は、楽天が6勝8敗1分、西武は11勝3敗1分。楽天はエースで落としこのカード2連敗で迎えた3戦目である。

楽天の先発は長谷部、西武は西口。この両先発による1点を巡る投手戦となった。スコア1-1で迎えた9回に現在のチームの勢いの差がそのまま表れた。そんなイメージの20回戦になった。

先制点は楽天。2回表1死3,2塁から聖澤が右翼へ飛距離十分の犠牲フライを放ち1点を先制する。一方、ライオンズは6回に同点に追いつく。長谷部が先頭の栗山に制球が乱れてボール先行の四球を与え、送りバントを挟んで1死2塁。ここで中島に左翼フェンス直撃となるタイムリーツーベースを浴び1失点した。(楽1-1西)

試合は振り出しに戻りスコア1-1のまま終盤に突入、9回の表と裏だった。

表の楽天の攻撃。先頭の横川が中前ヒットで出塁、好機の足がかりを作る。続く牧田が送って1死2塁。ガルシアのピッチャーゴロの間に三進して2死3塁。バッターボックスはここ最近終盤で「底力」を発揮する嶋だった。フルカウントからの6球目、高めのストレートをしっかり捉えたその打球は、センター前に落ちるか?という飛球。しかし、打球は無情にも伸び、前進するセンター・秋山の正面を突く.....

この楽天の攻撃と対照的なのが裏の西武の攻撃だった。

8回途中から三番手としてマウンドにあがったスパイアーは浅村、秋山を連続空振り三振にとって2アウトまで漕ぎづけるも、ここから明暗分かれる結果こととなる。3-0からの甘く入った球をひっぱった上本の当たりは一二塁間を破り、続く片岡にはシュート回転して外から中に入ったストレートを右翼前に運ばれて2死2,1塁のピンチを迎えてしまう。

打席は現在首位打者の栗山。楽天ベンチ&バッテリーは栗山との勝負を選択するも0-1からの2球目をレフト前へ──

レフト手前を襲うライナーを、途中出場した横川が前進して追いついたかに見えた......

が、捕りきることができず....

(いったんはグラブに収めたか?にみえたがこぼれてしまったと思うのだが、はっきりとは分からない)

この運命を分けた一打が記録上サヨナラ打となった。こぼした?横川は....悪くない。9/15オリックス戦での拙守とは違い、球際の懸命なプレーをみせてくれた。それよりも、チームの勢いの差を、のるか?そるか?の場面でまざまざと痛感させられてしまった瞬間であった。

楽天は今季8度目のサヨナラ負けで4連敗。西武は引分を挟んで4連勝。

楽天にとってはCSが遠のく大きな同一カード3連敗となり、もし今季CSを逃したら、このカードがターニングポイントとして回顧される、そんな節目の3連戦になってしまった。

これで楽天と西武のゲーム差は無くなり、3位・オリックスと4.0で共に追う展開。
唯一の明るい材料は、明日から本拠地Kスタで対戦成績で圧倒するロッテを迎え討つ、この1点だけである。

これでチーム成績は

・124試合56勝62敗6分の借金6
・対ライオンズ戦20試合8勝11敗1分、
・ビジターゲーム成績64試合26勝35敗3分

・1点差ゲーム成績40試合21勝19敗
・後半戦成績49試合23勝24敗2分
・9月月間成績16試合6勝9敗1分


9月月間成績と残り試合数は、

・オリックス・・・10勝5敗1分、22試合
・楽天・・・6勝9敗1分、20試合
・西武・・・12勝3敗1分、24試合
・ロッテ・・・4勝12敗、23試合


となっている。

(下記へ続く)

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス1-2X埼玉西武ライオンズ〔20回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・高須(三)、4番・山崎(指)、5番・草野左一)、6番・牧田(右)、7番・ガルシア(一)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・長谷部(左投)。

西武・・・1番・栗山(左)、2番・原(三)、3番・中島(遊)、4番・中村(一)、5番・フェルナンデス(指)、6番・浅村(右)、7番・秋山(中)、8番・上本(捕)、9番・片岡(ニ)、先発・西口(右投)。


BASEBALLIMAGE10

楽天はここ1週間で4度のサヨナラ負け......

9/13オリックス戦0-1X、9/15オリックス戦4-5X、9/16西武5-6X、9/18西武1-2X。

終盤に救援陣が打たれて、いずれも1点差でサヨナラ負けとなると、首脳陣の継投作戦の是非を問いたくもなるのが心情というもの。ぼくもどうにかならなかったのか?という気持ちなのだ。

しかし、冷静に考えてみると、なるべくしてなった事態だったのかもしれない。

9/16は試合前にラズナーが右足ふくらはぎに張りを訴えていたことが後日報道されている。そのためピンチで守護神を投入できず、さらに左の秋山に対して片山という継投も3連投だったためできなかった。また延長を見据えると青山を注ぎ込むにはまだ早く、結果として小山続投になった。

今日は9回にイニングまたぎで続投したスパイアーが2死から上本、片岡に連打を浴びた。2死2,1塁で栗山、原と左が続くところで左投手を持ってきたいところだったが、できず。現在1軍登録されている左の救援投手は片山と松崎であり、片山は二番手として7回アタマからマウンドに上がっていた。残るカードは松崎だったが、信頼感に欠ける。延長も考えられたため青山を投入することも憚られる場面だった。ましてや2夜連続で失意のサヨナラ打を浴びた小山をここで起用するわけにはいかなく、消去法でスパイアー続投しかなかった。

栗山を歩かせて原勝負という作戦も考えられた。しかし2死満塁だ。原も連日良い働きをしており、打者と塁状況をかんがみて前者と後者に「どちらが抑え易いのか?」その差は明確「ではなく」、どちらにもリスクはあり、首脳陣が栗山勝負を決断したのは、バッドだったかもしれないがワーストの選択肢ではなかったと言うこともでき、理解できるところではある。

ぼくの思いとしては、首脳陣の采配(にも疑問符がつくところはあるものの、どちらかというと)というより、チームの勢いの差を感じざるを得ない、そんなサヨナラ負けになった。

ラズナーが後ろにぴたりハマって安定感を増した救援陣は、ラズナーの戦線離脱で再び元の木阿弥になりつつある。このことを痛感させられる敗戦となった。


BASEBALLIMAGE07.jpg

長谷部と西口、見ごたえのあった投手戦

楽天の先発・長谷部は、6回、打者24人に109球を投げ(打者1人当たり4.54球)、被安打2、被二塁打1、奪三振4、与四球4、失点1、自責点1のクオリティスタート。ボール割合は109球のうち41.3%の45球、3ボールまでいった打席が24人中8人、四球4個と前回とは対照的に制球に苦しんだが、要所を締めるかたちで6回を1失点にまとめる内容だった。

嶋の好リードもあり、ストレートとスライダー、チェンジアップを巧く組み合わせることで緩急をつけて、打者の打ち損じを誘い、バットの芯をはずしていくピッチングも印象的だった。

さらに、前回同様、守備陣の好守備も長谷部を盛りたてた。3回裏1死、片岡のニ遊間深い当たりを松井稼が華麗にさばいて一回転して1塁でアウトにしてみせたプレー、5回裏1死2塁のピンチで上本の左中間深くの破られた!と思われた大飛球を聖澤がぎりぎり追いついてキャッチしてみせた好守備、6回1死2塁・同点の場面で中村の三塁線強襲の当たりを高須がダイビングキャッチで抑えたファインプレーなどがあり、ロースコアの投手戦に花を添えた。

課題点はやっぱり四球と先頭打者の出塁である。この点は継続課題だが、ともあれ、白星はつかなかったもののゲームメイクできたという結果が出たのは朗報である。

西武の先発で完全復調した西口もベテランらしからぬ勢いのある投球をみせてくれた。序盤は制球に精彩を欠いたが、回を追うごとに尻上がりで調子をあげて、9回1失点、133球の完投勝利。9勝目をあげている。

序盤高めに浮くケースが多かったストレートには球威があった。

象徴的だったのは3回表無死2,1塁の楽天がチャンスを迎えたシーン。ここで4番・山崎、5番・草野、6番・牧田がいずれも甘めのストレートを打ってでるも、一飛、一飛、捕邪飛、いずれも詰まったり差し込まれたりしたインフィールドプライ、ポップフライ。西口のストレートが見た目以上に走っていたことを裏付ける場面になった。

1回から5回まではストレートを中心にスライダーを織り交ぜる配球で、6回から9回まではストレート、スライダーの他にフォークを多投することで、イーグルスの打者に狙い球を絞らせなかったと言えるかもしれない。【終】

◎西口のイニング別球種割合
1回~5回の球種割合・・・St55.8%、Sl26.7%、Fo7.0%......
6回~9回の球種割合・・・St44.2%、Sl20.9%、Fo27.9%......



◎◎◎アンケート募集中◎◎◎
〔400号記念〕山崎武司選手のホームランで最も印象に残った一振りは?

◎◎◎関連記事◎◎◎
この試合の楽天イーグルス選手の採点&寸評
今季のCS進出は無理...そんな体感になったエースでの3連敗:9/17(土)●楽2-4西
星野楽天1年目の終わりの始まり...:9/16(金)●楽5-6X西
長谷部康平、人生最大の悪夢...:2010年9/3(金)●楽4-14西


■西武・西口文也の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110918DATA5.jpg
【球種別の投球成績】
20110918DATA7.jpg
vs右打者74球・・・・・・St42、Sl19、Fo7、Sh5、Ch1
vs左打者59球・・・・・・St25、Sl13、Fo11、Sh3、Ch5、Cur2

■楽天・長谷部康平の配球図、球種割合
【配球図】
20110918DATA6.jpg
【球種別の投球成績】
20110918DATA8.jpg
vs右打者76球・・・・・・St35、Sl17、Ch19、Cur5
vs左打者33球・・・・・・St16、Sl15、Cur2

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110918DATA2.jpg
20110918DATA3.jpg
20110918DATA4.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}